水のない湖底に広がる風景 (タウシュベツ川橋梁/北海道 上士幌町)

タウシュベツ川橋梁ばかりに目が行きますが、例年のこの時期は糠平ダムのためにできた人造湖の糠平湖(ぬかびらこ)の湖底となる部分が辺り一面の緑の風景となっており、とても貴重に思えます。

絶景探しの旅 - 1037 水のない湖底に広がる風景 (タウシュベツ川橋梁/北海道 上士幌町)

水のない湖底に広がる風景 (タウシュベツ川橋梁/北海道 上士幌町)   Photo No.1037

湖底と言えば泥の世界を思うのですが、どこにこの植物たちの根が残っていたのでしょうか、こんなわずかな時間の間に、こんなにも広範囲をびっしりと緑のカーペットが覆いつくしていました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  38mm f8 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/08/09 00:00 ]   北海道(帯広・十勝) | TB(-) | コメント(18)

目にとても癒しです

真ん中の幹が今も動きだしそうな勢いですよ
これ生きてますね

生命力に満ち溢れていますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[ 2019/08/09 04:41 ] [ 編集 ]

おはようございます。この木の根はどのくらい昔の物なのでしょうか。

想像が広がってしまいます。
[ 2019/08/09 06:46 ] [ 編集 ]

今日も素敵なお写真です。
お写真からロマンを感じますよ!
[ 2019/08/09 09:28 ] [ 編集 ]

おはようございます。
今日あたりにここの橋梁の絵が出てくるとばかり思っていました。
裏をかかれましたねー。
低位置から狙った木の株が水位の足りなさを表していますね。
今日の台風(8号)の影響での雨降りで久しぶりにこの辺りが水浸しになるのではと思います。
すると狙い通りの絵になりますね。
今日も考え方の勉強をしました。
[ 2019/08/09 09:49 ] [ 編集 ]

おはようございます♪

普段、湖底に沈む大地とは思えない緑豊かな風景 感動ですね。
大きな木の株も内部に逞しい命が満ちているようです。
[ 2019/08/09 09:53 ] [ 編集 ]

こんにちは。

ここが本来なら湖底になる場所なんて信じられないくらいグリーンの絨毯ですね。

植物の生命・繁殖力は素晴らしいものがあります。
自然って素晴らしいと感じます。
[ 2019/08/09 16:10 ] [ 編集 ]

これが湖底の写真だとは
全く思えないですねぇ。

大きな木の株も
やがて朽ち果てていくのかなぁ。

応援ぽち
[ 2019/08/09 20:28 ] [ 編集 ]

MTさん
こんばんは。
本当に今回のタウシュベツ川橋梁も、湖底も、まさに貴重な写真ですよね。
素晴らしい緑と、神秘的な橋梁、、
底からのこの緑、不思議としか言い表せませんね。
とても、素敵です。
[ 2019/08/09 20:32 ] [ 編集 ]

本当に植物もたくましいものですね。こうした環境に強い種なのかなあ。
切り株は低音の水中ではバクテリアの活動が活発じゃなく、あまり朽ち果てないのかもしれませんね。
[ 2019/08/10 06:38 ] [ 編集 ]

デコさん

コンクリートならいざ知らず、木の根本がいまもしっかりと形をとどめて残っているのには驚きです。
おっしゃるように同じ時期に沈むことになったタウシュベツ川橋梁は風化が激しいのに、木はしっかりとしているところに生命力の強さを感じますよね。
[ 2019/08/10 07:09 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

こちらも沈む時に切ったようですが、本当に長持ちしています。
この後もう1枚切り株の写真が登場しますが、あれこれ想像を思いめぐらせるのも楽しいものですよね。
冬にここを訪れればこの切り株もまた違った風に見えるようなのでちょっと楽しみです。
[ 2019/08/10 11:06 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

北の大地はあれこれロマンを私たちに与えてくれます。
こんな素晴らしい場所がこの先も時を止めたようにして残ってくれるように祈らざるをえません。
再びロマンを求めに北海道にまた行きたくなってしまいました。
[ 2019/08/10 11:08 ] [ 編集 ]

さゆうさん

台風の雨の影響で少しは水が溜まるといいですね。
どうしても似たような写真が多くなってしまいますのでちょっと変化球をつけてみました。とにかく湖底に残る切り株が印象深くとても気になっていまして何枚も写真を撮ってしまいました。この後もう1枚切り株をついた写真がでてきますのでそちらのほうもお楽しみ下さいますようお願いします。
[ 2019/08/10 11:11 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

まさにその通りで、アイヌの世界ではカムイという神さまのような存在があって、動植物や、人造物、自然現象など、あらゆるものに宿っているとされます。まさにこの切り株にも、タウシュベツ川橋梁にもカムイがいるのではないかと思うような風景を狙ってみました。
[ 2019/08/10 11:25 ] [ 編集 ]

ayaさん

北の大地の自然は本当に素晴らしいものを感じます。ここに立っているともののけ姫の1シーンの草原に風が流れていくような雰囲気を味わえます。そして、改めて俺われは自然の中に生き生かされているのだなぁと言うことを実感できる場所でもありました。
[ 2019/08/10 11:30 ] [ 編集 ]

よっちんさん

上高地の大正池や美瑛の青い池なども木々が残っていますが、意外と強いものですよね。
この切り株もあれらの木々もできるだけ長く皆んなの目を楽しませてくれますようにと祈りたいです。
[ 2019/08/10 12:33 ] [ 編集 ]

amiさん

私もこのような光景を見るのが初めてで撮影に夢中になってしまいました。
今まで見ることのなかった貴重な風景をこのような時期に見ることができ本当に幸運だったと思います。
このような緑の世界が見られるのは今年だけなのか、それとも当面はないのか、来年のこの時期も待ち遠しいです。
[ 2019/08/10 14:55 ] [ 編集 ]

AzTakさん

この切り株の形がとてもしっかり残っているのがとても不思議ですよね。
多くの切り株もこのような状態で、切られてもしっかりと頑張っている姿に自然の力強さを感じました。
[ 2019/08/10 14:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する