景勝地 さくらの滝 (北海道 清里町)

北海道周遊編はここまで第1部として旭岳・美瑛・富良野・トマムからの写真をご紹介しました。次は第2部として帯広・十勝エリアを紹介予定でしたが、シーズン的な話題もありまして前倒しで第3部で予定していた道東・清里エリアからの一部を前倒しで差し込みたいと思います。差し込むのはオホーツクエリアの清里町の「さくらの滝」からの3枚です。

絶景探しの旅 - 1027 景勝地 さくらの滝 (北海道 清里町)

景勝地 さくらの滝 (北海道 清里町)   Photo No.1027

斜里岳を源とする水系のひとつ斜里川で産まれたサクラマスはオホーツク海に下り、大きく成長したのちに再び産卵のために故郷の川に遡上します。7月から8月にかけてはまさにサクラマス(ヤマメ/サケ科)の遡上がピークとなるようです。更なる上流にある産卵場所に向かうために「さくらの滝」を通過せねばならないのですが、3mもの高さがあるために容易に乗り越えることが出来ません。ここでサクラマスたちの命がけの戦いが始まります。お腹が赤いサクラマスがいますが、こちらは産卵時期の兆候を示す目印となっているようです。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  105mm f4 1/500 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/07/30 00:00 ]   北海道(オホーツク) | TB(-) | コメント(20)

すごいの撮影しましたねぇ
一度もみたことないんですよっ

千歳でも見られるようですが(#^.^#)
命がけで帰ってくる^^

素晴らしいシーンに涙だなぁ
[ 2019/07/30 04:48 ] [ 編集 ]

サクラマスの遡上がピークですか。子孫を残すべく、命がけなんですねえ。
少子化の現状に思いが行ってしまいます。日本はこの先、どうなるのだろう?
[ 2019/07/30 05:33 ] [ 編集 ]

お早うございます
良いタイミングでしたね
3Mの滝を元気に登るんですか  
凄いですよね こんな流れに逆らって上れるんですね
私は新潟で、酒の遡上は見ましたが、50CM程の小さな滝をやっと上っていましたよ(笑)
[ 2019/07/30 06:02 ] [ 編集 ]

おはようございます。
タイミングの良い素晴らしい絵を撮影されましたね。
真ん中のサクラマスが婚姻色でおなかが桜色、見事です。
このような魚ほどこの滝を超えてもらいたいものですね。
[ 2019/07/30 10:45 ] [ 編集 ]

すごいお写真ですわー!
サクラマス、一度だけ長野で食べました。
上品な味なんですよねー。
[ 2019/07/30 11:21 ] [ 編集 ]

こんにちわ♪ いつもありがとうございます!

高さ3メートルもの落差のある滝 それも もう瀑布といってもいいくらいの滝を遡上するサクラマスの生命力に
感銘を受けました。
滝を遡上する魚体が太陽の光に照らされて銀色に輝く姿は何とも例えようがありません。素晴らしいですね。
[ 2019/07/30 17:03 ] [ 編集 ]

こんにちは。ヤマメが海に下って遡上するとサクラマス、その姿で滝のおおよその落差がわかりますね。

清里は自治大学校の同期の一人が住んでいる町です。風光明美な所と聞いていますが、訪れたことはありません~
[ 2019/07/30 17:12 ] [ 編集 ]

大自然の素晴らしさ
そして、大自然の厳しさを
感じる写真ですね。

どれだけの桜鱒が遡上する事が出来て
産卵をすることが出来るのでしょう。

応援ぽち
[ 2019/07/30 18:22 ] [ 編集 ]

おはようございます!!
北海道に乗込まれて、方々で撮られた写真を愉しく拝見しています。
このサクラマス!!迫力が在りますね!!魚体がやや大きいので、こういう場面は見応えも在ると思います。正直、北海道内に在っても、頻繁に視られるような場面でもないと思います。「少し貴重な記録」という性質も帯びた画になる感です。
「街の景色」と違う「自然の景色」は、写真を撮る場合には随分勝手は違うと思いますが、何方も各々に魅力が在ると思います。
[ 2019/07/31 07:08 ] [ 編集 ]

デコさん

千歳でも見られるのですね!ちょうど時期でしょうか?
今回はなかなか見ることの出来ないものを撮影できてとてもよかったです。
少しでも多くのサクラマスたちが滝を乗り越えられるように祈りたいですよね。
[ 2019/07/31 17:15 ] [ 編集 ]

AzTakさん

サクラマスを見て、我々のことも心配になって来ますよね…。
それにしても日本の社会はいったいどうなるのでしょうか。
若い人も大変だし、高齢者も大変…。この先が心配でなりません。
[ 2019/07/31 17:23 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

いくらなんでも3mはすごすぎです。さらに新潟のマスの50cmの壁越えもすごいですね!
私なんて今やおそらく50cmジャンプもやっとかも?!
[ 2019/07/31 19:20 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。今回はいくらか赤い個体が混じっていたのですが、これぞ、サクラマスですね!
運がいいことにそれをなんとか写真に収めることができてよかったです。
[ 2019/07/31 19:23 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

サクラマスを頂いたのですか。私は頂いたことがあるようなないようなで曖昧です。
この頑張りを見たら食べずらくなってしまいました。
[ 2019/07/31 19:25 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

いつも励みになるコメントありがとうございます。ひたすらザーッという音の中で滝越えに挑み続けるサクラマスの様子は感動いっぱいで応援せざるを得ない感じでいっぱいでした。諦めないその頑張りに強い生命力を感じました。
[ 2019/07/31 19:28 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

そうなんですか、清里にお友達がお住まいなんですね!都市生活からは掛け離れた自然の中での素朴な様子に魅力を感じました。清里は神の子池や裏摩周などもあるスポットでもあります。
[ 2019/07/31 19:32 ] [ 編集 ]

よっちんさん

精一杯頑張って登った滝も産卵後は新しい生命と引き換えに逝ってしまうのですよね。
自然の摂理とわかっていても、ちょっと悲しくなります。
[ 2019/07/31 19:46 ] [ 編集 ]

Charleさん

北の大地はどこもかしこもスポットだらけで魅力いっぱいです。おかげさまで、無理してでも毎年のように出かけてしまいます。
今回は北海道の写真の大先輩に連れてきてもらったのですが、やってきて本当によかったです。
[ 2019/07/31 19:52 ] [ 編集 ]

こんにちは

水しぶきが吹き上がる(この表現が正しいかどうかわかりませんが)滝の中を、勢いをつけて上がっていくマスたち。
涼しい写真ですが、一方でマスたちの必死な戦いがあるんですね。勇気をもらいました!私たちもがんばりましょう♪
[ 2019/08/01 04:30 ] [ 編集 ]

Roseさん

ありがとうございます。私たちもサクラマスに負けないように頑張りたいものですね!
今回も北海道の自然の中での生き物たちの営みはとても過酷だと改めて思いました。
この先に何があるか稚魚の時の記憶でもあるのでしょうか。それともただ本能なのでしょうか。とても不思議な光景でした。
[ 2019/08/02 06:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する