周南コンビナートを背景に鹿児島に向かう水色の新幹線さくら (山口県 周南市)

山口県周南市(しゅうなんし)にある徳山駅付近にやってきました。周南と言えば目の前に広がるのは出光興産を主軸にした周南コンビナートです。

絶景探しの旅 - 0695 周南コンビナートを背景に鹿児島に向かう水色の新幹線さくら (山口県 周南市)

周南コンビナートを背景に鹿児島に向かう水色の新幹線さくら (山口県 周南市)   Photo No.0695

徳山駅を西に向かう薄い水色の新幹線が出発です。水色なんて珍しい色ですよね。この新幹線は何と鹿児島中央駅行きの新幹線さくら451号(N700系)です。今さらお恥ずかしい限りですが、撮影のために時刻表を確認していた時に、初めて新大阪と鹿児島中央駅が直通の新幹線で結ばれていることを知りました。

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  47mm相当 f7.1 1/2000 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/01 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(18)

周南コンビナートと富田川のパノラマ風景 (山口県 周南市)

瀬戸内海に続く周防灘(すおうなだ)に流れる山口・富田川(とんだがわ)沿いに広がる周南市の街のパノラマ風景です。

絶景探しの旅 - 0696 周南コンビナートと富田川のパノラマ風景 (山口県 周南市)

周南コンビナートと富田川のパノラマ風景 (山口県 周南市)   Photo No.0696

i Phone6s にはSONY製といわれる1/3型 (4.8×3.6mm) の1,200万画素の裏面照射型センサーが組み込まれています。いったいどのくらいの大きさかと計算してみますと、フルサイズの1/50、APS-Cの1/22、M4/3の1/13、1インチの1/7の大きさでした。とても小さなセンサーですが天気がいいときにはこんな精細な写真が撮れたりします。

Apple iPhone6s AUTO (29mm f2.2 1/1399 ISO25)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/02 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(10)

澄んだ空と周防灘とコンビナートの風景 (山口県 周南市)

この日は気温は上がっているものの久しぶりに湿度も低く快適な一日になっています。そんな日の山口・周南市の周南コンビナートの風景です。

絶景探しの旅 - 0697 澄んだ空と周防灘とコンビナートの風景 (山口県 周南市)

澄んだ空と周防灘とコンビナートの風景 (山口県 周南市)   Photo No.0697

空も瀬戸内海に続く周防灘も青くきれいで気持ちがいい風景となっています。遠くにはプラントに原料を届けるタンカーが何艘も浮かんでいるのが見えます。映画の近未来的な世界に出て来るようなコンビナートのプラントの建造物もその景色に溶け込んだ美しさを見せてくれています。

Apple iPhone6s AUTO (29mm f2.2 1/1748 ISO25)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/03 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(14)

夏の終わりの大畠 住吉波止場 (山口県 柳井市)

旧大畠町の辺りの住吉神社の近くにある小さな港にやってきました。こちらは大畠漁港からいくらか西の方にあります。何という港かと思い、あれこれ調べてみたら住吉波止場ということがわかりました。

絶景探しの旅 - 0698 夏の終わりの大畠 住吉波止場 (山口県 柳井市)

夏の終わりの大畠 住吉波止場 (山口県 柳井市)   Photo No.0698

この小さな波止場には悩みもあって、漁をやめる人が増え、ここに停泊する船もずいぶん減ってきているそうです。海と空のきれいさに思わず写真を撮りますが、そんなこともあってか、少しどこかに寂しい秋の空気を感じました。そんな寂しさを感じるこのエリアですが、こちらの風景のすぐ背中側にある屋代島(周防大島町)で起きた2才の男の子の行方不明事件をボランティアのおじいさんが見つけてくれたということと、高校野球では下関国際の快進撃の話題で大いに盛り上がっていました。

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  24mm相当 f7.1 1/2500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/04 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(14)

秋芳洞の青天井と彩の壁 (山口県 美祢市)

ちょっと足を延ばして秋芳洞(あきよしどう)にやってきました。何年ぶりでしょうか。この日も暑い日が続いていましたが、そこはやはり鍾乳洞です。湿度が高いものの空気が冷やりとして心地よく感じます。

絶景探しの旅 - 0699 秋芳洞の青天井と彩の壁 (山口県 美祢市)

秋芳洞の青天井と彩の壁 (山口県 美祢市)   Photo No.0699

秋芳洞には、15万年という歳月をかけてできたという高さ15mの黄金柱、傘づくし、百枚皿、千畳敷などの見どころもいっぱいです。こちらは入り口に入ってすぐに見られる青天井と呼ばれる天井が見られる場所です。直接あるいは反射光などの外の光を受けてでしょうか、鍾乳洞の天井が青みがかっていて、それが外から入ってくるとまるで青空が広がっているようにも感じます。また、青天井の下に広がる壁の様子も実に見事です。自然の織り成す不思議な光景が続く秋芳洞に興味深々です。暗い洞窟ですが明るめに画像を補正しています。

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  27mm相当 f8 5s ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/05 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(18)

周南コンビナートの蒼い工場夜景 (山口県 周南市)

おまちどうさまでした。せっかく周南コンビナートの街にやってきたのなら、やっぱり楽しまなければ行けないのは工場夜景。この日は徒歩での移動ですので徳山駅からすぐ近くの工場夜景にチャレンジです。

絶景探しの旅 - 0700 周南コンビナートの蒼い工場夜景 (山口県 周南市)

周南コンビナートの蒼い工場夜景 (山口県 周南市)   Photo No.0700

ついに憧れの工場夜景を撮影です。こちらの周南では工場夜景を町興しに活用しているようでして、日ごろは節電を呼び掛けてる自治体も工場夜景撮影ツアーがある日は工場に現場の電灯を多くつけてくださいとの協力要請があるそうです。この日はそういったツアーでもなく、個人撮影ですので、特別な照明が灯っているわけではありませんが、やっぱり何か素敵な雰囲気があります。

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  108mm相当 f16 13s (+1) ISO800 WB手動

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/06 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(14)

港夜景と工場夜景のハーモニー (周南コンビナート/山口県 周南市)

夜の防波堤にいます。船の停泊する港の光と工場夜景の光がともに輝き徳山港の夜を彩ります。

絶景探しの旅 - 0701 港夜景と工場夜景のハーモニー (周南コンビナート/山口県 周南市)

港夜景と工場夜景のハーモニー (周南コンビナート/山口県 周南市)   Photo No.0701

工場夜景を撮って見て思うのは、やはり一筋縄には行かないという印象です。いつもの煙突からの煙の流れも違えば空の様子も違います。ゴルフ同様、止まっているものを上手く処理するというのはなかなか奥が深そうだと感じました。

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  64mm相当 f16 50s (+1) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/07 00:10 ]   山口 | TB(-) | コメント(16)

青いジャカルタ湾 (インドネシア ジャカルタ)

今年のアジア大会で盛り上がった都市と言えば、ジャカルタですよね。ということで、ジャカルタ編を開始です。いつも南半球の場所には憧れがありました。今回は赤道を越えた南半球に位置するインドネシア・ジャカルタのスナップ写真を通して街の様子を数回に渡って紹介していきたいと思います。

絶景探しの旅 - 0702 青いジャカルタ湾 (インドネシア ジャカルタ)

青いジャカルタ湾 (インドネシア ジャカルタ)   Photo No.0702

ジャカルタの混雑する道を行けば、日本の援助を受けての鉄道事業も目に入りますし、日本の都心を走っていた電車もしっかり活躍したりとどこか親近感もあります。ただ、まだまだ市内はゴミゴミしていまして、微妙な気分だったりします。そんな中、やって来たのは海の見えるショッピングセンター。展望デッキの上から見る海の景色は視界が広々として空や海の色がとても綺麗で別世界の眺めが広がっていました。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f13 1/500 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/08 00:00 ]   インドネシア(ジャカルタ) | TB(-) | コメント(12)

独立記念塔モナスとバザーの風景 (インドネシア ジャカルタ)

インドネシアはオランダの植民地から1945年に独立しました。それを記念して1975年にムルデカ広場にモナス(国家独立記念塔/MONAS (Monumen Nasional))が建設されました。オリンピックのトーチの様にも見えますが、消えることのない火をイメージしているそうです。

絶景探しの旅 - 0703 独立記念塔モナスとバザーの風景 (インドネシア ジャカルタ)

独立記念塔モナスとバザーの風景 (インドネシア ジャカルタ)   Photo No.0703

ジャカルタは南半球ゆえ日本とは春秋逆な感覚でしょうか。また赤道に近いということもあって年間を通して日の出、日の入りの時間は日本ほど大きな差はつかないそうです。影が長くなってきました。この日は暑いにも関わらず、モナスの前の広場や通路ではバザーが開催され、多くの人たちでにぎわっていました。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 66mm相当 f9 1/400 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/09 00:30 ]   インドネシア(ジャカルタ) | TB(-) | コメント(10)

バザー (インドネシア ジャカルタ)

インドネシア・ジャカルタの通称モナス広場のバザーを見て回ります。いかにもイスラム教徒が多い土地らしいものも並べられています。

絶景探しの旅 - 0704 バザー (インドネシア ジャカルタ)

バザー (インドネシア ジャカルタ)   Photo No.0704

ジャカルタではお金のある人は中華系の人が多いそうです。そんな人たちはモールと呼ばれるショッピングセンターでの買い物が多いそうですが、庶民はこういったバザーなどでの買い物が多いようです。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 58mm相当 f7.1 1/160 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/10 00:00 ]   インドネシア(ジャカルタ) | TB(-) | コメント(24)

イスラムの国のカトリック教会 (ジャカルタ大聖堂/インドネシア ジャカルタ)

インドネシアはイスラム教の国のように感じますがパンチャシラという政策によってさまざまな宗教が平等に扱われているそうです。とはいうものの、87%ほどはイスラム教徒ということもあってか毎日決まった頃にイスラムの祈りの声が街中に響き渡ります。

絶景探しの旅 - 0705 イスラムの国のカトリック教会 (ジャカルタ大聖堂/インドネシア ジャカルタ)

イスラムの国のカトリック教会 (ジャカルタ大聖堂/インドネシア ジャカルタ)   Photo No.0705

ちょうど今、イスラム寺院「イスティクラル・モスク」を背に建っているのですが、道の向かいにはカトリック教会の「ジャカルタ大聖堂」が見えます。こちらはオランダの統治時代の1901年に建設されたそうです。オランダではカトリック教会が少数派のようですが、植民地としていたこちらではその活動の後をしっかり残していたようです。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 47mm相当 f7.1 1/200 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/11 00:00 ]   インドネシア(ジャカルタ) | TB(-) | コメント(16)

夕日に染まるBank Negara Indonesiaビル (インドネシア ジャカルタ)

インドネシア ジャカルタにはBNIビル(Bank Negara Indonesiaビル)と呼ばれるちょっと変わった形の美しいビルがあります。こちらのビルの35Fにはニコンのデジタルカメラの拠点のPT Nikon Indonesiaが入っていたりします。私はティアラを装飾したビルのように感じますが、中には万年筆のようだという人もいます。

絶景探しの旅 - 0706 夕日に染まるBank Negara Indonesiaビル(インドネシア ジャカルタ)

夕日に染まるBank Negara Indonesiaビル (インドネシア ジャカルタ)   Photo No.0706

見る人によって想像を掻き立てられるバンクネガラインドネシアビルですが、こちらのバンクネガラインドネシア(Bank Negara Indonesia) は、会社案内によりますと、1946年7月5日に、インドネシア政府設立によるインドネシア最初の銀行として誕生、同年、中央銀行としてインドネシア政府による最初の通貨を発行したそうです。しかしながら、1949年オランダ系銀行である Bank Indonesia が中央銀行となったために、こちらは開発銀行となり、その後の1955年には国有の商業銀行となり、現在に至るようです。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 66mm相当 f9 1/400 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/12 00:00 ]   インドネシア(ジャカルタ) | TB(-) | コメント(16)

高層ビル屋上ガーデンからのジャカルタの夜景 (インドネシア)

ジャカルタの高層ビルの屋上ガーデンレストランに食事を取りに来ています。夜景を見ようと端の方に来てみれば・・・、何と、何と、何の柵もないように見えます!?

絶景探しの旅 - 0707 高層ビル屋上ガーデンからのジャカルタの夜景 (インドネシア)

高層ビル屋上ガーデンからのジャカルタの夜景 (インドネシア)   Photo No.0707

屋上ガーデンの端にはお日様の絵の描かれた水溜がありそれが青くきれいに光っています。その先には植え込みが少しありますが、さらにその先は・・・?! ほろ酔い気分で気持ちも大きくなれそうです。解放感もたっぷりもちょっと怖いジャカルタの夜景の眺めです。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f2.8 1/15 ISO4000 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/13 00:00 ]   インドネシア(ジャカルタ) | TB(-) | コメント(18)

東インド会社時代の建物の残る広場 (ファタヒラ広場/インドネシア ジャカルタ)

ジャカルタにはオランダ植民地時代に当時の中心地だったという場所があります。そこはファタヒラ広場と呼ばれ、今も人が集まる場所となっています。ジャカルタは当時バタヴィアと呼ばれ、オランダ東インド会社はが進出していました。Wikipediaによりますと、オランダ東インド会社は1602年に世界初の株式会社としてオランダで設立されたそうです。そしてその活動は商業活動のみでなく、条約の締結権・軍隊の交戦権・植民地経営権など喜望峰(ケープタウン)以東における諸種の特権を与えられた勅許会社であり、帝国主義の先駆けとして、アジアでの交易や植民に従事し、一大海上帝国を築いたとのことです。

絶景探しの旅 - 0708 東インド会社時代の建物の残る広場 (ファタヒラ広場/インドネシア ジャカルタ)

東インド会社時代の建物の残る広場 (ファタヒラ広場/インドネシア ジャカルタ)   Photo No.0708

オランダ東インド会社の本社はアムステルダムに設置され、支店の位置づけとなるオランダ商館は、ジャワや長崎出島などに置かれたそうで、18世紀末の1799年12月31日にオランダ政府により解散させられたそうです。そんな東インド会社の建物が残るファタヒラ広場からです。日本でおなじみのアニメキャラの着ぐるみも人の目を引きます。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f8 1/400 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/14 00:00 ]   インドネシア(ジャカルタ) | TB(-) | コメント(12)

ジャカルタの宙に浮く男 (ファタヒラ広場/インドネシア)

インドネシアがジャワと呼ばれた頃に猛威を振るった(?)東インド会社の建物が残る、ジャカルタ・ファタヒラ広場で見かけた宙に浮く人です。タネがわかっていてもそのバランスがうまく取れていて不思議に感じてしまいます。バランスを崩さないように膝から先を伸ばしていますのでそこは苦労しているところかなとも思います。

絶景探しの旅 - 0709 ジャカルタの宙に浮く男 (ファタヒラ広場/インドネシア)

ジャカルタの宙に浮く男 (ファタヒラ広場/インドネシア)   Photo No.0709

ジャカルタ・ファタヒラ広場にはインドネシアはもちろんのこと世界中から、大人から子供まで大勢の人々が集まってきます。そこでは何か記念ということで、非公認・非公式の日本のアニメやディズニーキャラたちにチップ(カンパ)を払って、一緒に写真を撮ってもらうことが多いようです。そんな広場ではピエロの化粧をした宙を浮く男たちも奮闘中です。着ぐるみは勝手に子供たちのところにやってくるのですが、こちらは我慢で人が来るのをじっと待ちます。街のストリートならいいのでしょうが、広場でポツンは人の往来の点ではややつらそうにも感じます。お隣はクジャク男のようです

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 41mm相当 f8 1/400 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/15 05:00 ]   インドネシア(ジャカルタ) | TB(-) | コメント(16)

パサールブルンのフクロウを売る少年 (ジャカルタ インドネシア)

インドネシア・ジャカルタ最大の鳥市場「パサールプルーン(PASAR BURUNG)」にやってきました。広い市場に色とりどりの熱帯のインコのような小さな鳥たちがかごに入れ売られています。 そもそも何のためにたくさんの鳥たちが売られているのかというと、インドネシアには「男は家と妻と馬と短剣と鳥を持つと真の男になる」という言葉があるそうで、鳥はオトコたちのちょっとしたロマンもあるのではと思います。

絶景探しの旅 - 0710 パサールブルンのフクロウを売る少年 (ジャカルタ インドネシア) 

パサールブルンのフクロウを売る少年 (ジャカルタ インドネシア)   Photo No.0710

そんな男を真の男にしてくれるというパサールブルン市場の場外の小さな露店を見ながら歩いていると、かわいいフクロウを置いているお店がありました。何という種類なんでしょうか。とにかくフクロウをうれしそうに見ていると、少年がフクロウを手に乗せて私の目の前で見せてくれました。この少年はいつもこうやってフクロウをお客さんに見せて売っているのでしょうね。後ろは彼のお父さんです。   (生き物のいる風景)

*インドネシア・ジャカルタの街角スナップ編はこちらまでとなります。お付き合いいただきありがとうございました。次回からは国内編が始まります。お楽しみに。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f3.5 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/16 00:00 ]   インドネシア(ジャカルタ) | TB(-) | コメント(14)

富士山に飛ぶフライボード (山中湖/山梨県 山中湖村)

富士山エリアの空模様は実に不思議で、いきなり低く一直線の雲が横に流れて来たり、部分的に雲が低く立ち込めたりで、東京から見ている様子と近くから見る様子がずいぶん違うこともあります。そんなこともあって富士山の景色を近くで拝むときはいつも来てのお楽しみです。この日も何かを期待して、夏から秋へと移りゆく山梨県の山中湖と富士山の眺めを楽しみにやってきました。

絶景探しの旅 - 0711 富士山に飛ぶフライボード (山中湖/山梨県 山中湖村)

富士山に飛ぶフライボード (山中湖/山梨県 山中湖村)   Photo No.0711

夕暮れの景色を楽しもうとやって来たのは山中湖の交流プラザの公園です。晴れて暑い状態なのですが、富士山は雲に覆われ全く頭を出していない状態でがっかりです。場所を変えようかとどうしようか考えていると、やはり待ってみるものですね。しばらくすると徐々に雲が流れて行き、富士山が顔を出し始めました。ちょうど湖面では、フライボードを楽しんでいる人もいましたので、富士山をバックに撮影してみました。  (富士山のある風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f6.3 1/1300 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/17 00:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(10)

巾着田の曼殊沙華 (埼玉県 日高市)

敬老の日の月曜日は自宅から車で1時間ちょっとかけて埼玉県日高市の「巾着田(きんちゃくだ)」に出かけてきました。満開予想の1週間前の早朝にもかかわらず、すでにたくさんの車が駐車場に停められていました。

絶景探しの旅 - 0712 巾着田の曼殊沙華 (埼玉県 日高市)

巾着田の曼殊沙華 (埼玉県 日高市)   Photo No.0712

巾着田は日和田山(305m)を背景に高麗川(こまがわ)が「ひ」の字型に流れていく内側にあることからその名がついたものと思われます。秋の彼岸の頃になると500万本もの曼殊沙華の群生の様子が最高潮になります。昭和40年代後半(1972〜74年頃でしょうか)に当時の日高町が、巾着田の用地を取得、やぶや竹林、葦に覆われていた現地を整地したところ、9月になると一斉に曼殊沙華が咲き始めたそうです。河川の増水等ににより流れてきた球根が漂着して根付いたものと考えられているようです。

SONY α7RⅡ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 17mm相当 f16 1/8 SO100 WB手動 (LA-EA3) 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/18 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(18)

曼殊沙華デザイン (巾着田/埼玉県 日高市)

今週末が見ごろと言われている埼玉・日高の巾着田の曼殊沙華(彼岸花)の写真を続けたいと思います。日高の巾着田は曼殊沙華のシーズン時は三脚だけでなく一脚も禁止になります。そのため、望遠レンズを使っての花の撮影は苦しい姿勢での撮影ばかりでしたが、それでも素敵な被写体を撮ることができるひと時が幸せに感じます。

絶景探しの旅 - 0713 曼殊沙華デザイン (巾着田/埼玉県 日高市)

曼殊沙華デザイン (巾着田/埼玉県 日高市)   Photo No.0713

私は花や風景をデザイン調に撮るのも好きでして、そんな写真をよく狙ったりします。今回も日高の巾着田に咲き誇る曼殊沙華をデザイン調に撮って見ようと考えてシャッターを押してみました。

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 150mm f2.8 1/60 (-2/3) ISO100 WB手動

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/19 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(20)

曼殊沙華の花とつぼみ (巾着田/埼玉県 日高市)

埼玉・日高の巾着田の曼殊沙華(彼岸花)はいよいよ今週末が見頃ではないかと言われています。私の行ったときは見頃1週間前だったこともあり、場所によってはつぼみも多く見られました。このつぼみがパカンと弾けたようにして不思議な長い雄しべと花びらが出てくるのでしょうね。

絶景探しの旅 - 0714 曼殊沙華の花とつぼみ (巾着田/埼玉県 日高市)

曼殊沙華の花とつぼみ (巾着田/埼玉県 日高市)   Photo No.0714

日当たりのいい場所から花が開き始めているような巾着田の曼殊沙華です。影になっている場所の曼殊沙華のつぼみもこれから開花に向けてどんどんと握りしめたこぶしを少しずつ開き始めています。

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 140mm f2.8 1/25 (-2/3) ISO100 WB手動

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/20 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(14)

緑に浮く曼殊沙華のじゅうたん (巾着田/埼玉県 日高市)

日本最大級の5百万本の曼殊沙華群生地と言われる、埼玉県日高市の巾着田でしっかり曼殊沙華の撮影を楽しみました。最後はいかにも巾着田というような定番のような1枚で締めたいと思います。

絶景探しの旅 - 0715 緑に浮く曼殊沙華のじゅうたん (巾着田/埼玉県 日高市)

緑に浮く曼殊沙華のじゅうたん (巾着田/埼玉県 日高市)   Photo No.0715

日高の巾着田には2時間と決めて訪問でしたが、時の経つのはあっという間でした。曼殊沙華のじゅうたんの上に描き出される光と影を探してみたり、きれいな背景の場所を選んでみたりと、まさに思うような撮影ができる上質な場所だと思いました。明日からいよいよ曼殊沙華(彼岸花)のピークになると予想されているお彼岸の3連休ですが、目を閉じれば、満開の曼珠沙華で辺り一面真っ赤となったその様子が思い浮かぶようです。

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 140mm f4 1/200 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/21 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(18)

朝靄のアムステルパーク (オランダ アムステルダム)

いよいよ、オランダ・アムステルダム編の最終章です。朝の真っ暗いうちにホテルを出て路線バスに乗り、アムステルダムの南の方に向かいます。30分ほど走ったところで降り、目的地に向かってアムステルパークの南端の道を歩きます。

絶景探しの旅 - 0716 朝靄のアムステルパーク (オランダ アムステルダム)

朝靄のアムステルパーク (オランダ アムステルダム)   Photo No.0716

予定通り日の出前になんとか現地に着き、目的地に向かって歩きます。途中にある小さな川に架かる橋に差し掛かります。目の前に朝靄に覆われるモノトーンの世界が広がります。静けさの中、2匹のカモメを横目に見ながら先を急ぎます。  (野鳥のいる風景)

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  87mm相当 f8 1/125 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/22 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(20)

アムステル川越しに昇るオランダの朝日 (アムステルダム)

さらに先に進み、目的地にやってくれば目に前に大きな湖が現れ始めました。何という湖なのだろうかと調べてみれば、それは湖ではなくアムステルダムの語源にもなったアムステル川だったのです。(アムステルダムの名前はアムステル川をせき止めていたダムが市内中心部にあったことから来ているそうです。)

絶景探しの旅 - 0717 アムステル川に昇るオランダの朝日 (アムステルダム)

アムステル川越しに昇るオランダの朝日 (アムステルダム)   Photo No.0717

アムステル川の向こうに日が昇り始めました。ちょうどバンがいいタイミングでこちらに向かって泳いできてくれました。 海外に出かけたときはほとんど都市部での宿泊となるために朝夕の自然の風景を撮る機会もあまりありませんが、この日は路線バスを上手く活用し郊外に出ることができとても幸運だったと思います。 (野鳥のいる風景)

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  60mm相当 f6.3 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/23 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(16)

朝日に染まるリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)

今回の朝の郊外への散策の一番の目的は、オランダのいくつかある風車のひとつ、「Riekermolen(リーカーモレン)」の風車を訪ねに来たのです。アムステル川の朝日を見た後は、すぐにこの風車のところにすっ飛んできました。今度は日の出と風車の写真を撮ろうというのです。この風車は1636年にもともと違う場所に作られたそうですが、1961年にこの場所に今の場所に移され、再建設されたようです。 そしてこちらの風車の近くにはレンブラントの像がありましたが、レンブラントの父は風車を所有していたとのことです。

絶景探しの旅 - 0718 朝日に染まるリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)

朝日に染まるリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)   Photo No.0718

それにしても朝日の風車も実にいいものですね。朝の素敵な瞬間をしっかり楽しむことができました。現在、こちらの風車には人が住んでいまして、ちょうど朝、お庭で出てきたご主人にお目にかかることができ、挨拶させていただきました。 実はこちらのご主人の愛車はHONDAで、風車の脇に停められてました。そんなこともあってちょっと親近感もありました。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 22mm相当 f9 1/640 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/24 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(14)

光芒差し込むリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)

いよいよ長い間、ご覧いただきましたオランダ・アムステルダム編の最後の1枚です。最後の1枚は引き続きアムステルダムの南の郊外にあるリーカーモレン(Riekermolen)の風車の風景です。天気が悪くて残念な空模様ですが、せっかくやってきた私のためにか、空が少しずつ明るくなってきて、雲が覆う空のすき間からお日様の光が差し込んできました。

絶景探しの旅 - 0719 光芒差し込むエケルモレンの風車 (オランダ アムステルダム)

光芒差し込むリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)   Photo No.0719

晴れている日も雨の日も曇りの日も長い時を風を受け続けてきたリーカーモレンの風車です。1636年に作られてから、移転、再建を受けながら今日もオランダの風を受け続けています。 

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 24mm相当 f8 1/1300 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/25 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(16)

雲と光の富士山と山中湖 (山梨県 山中湖村)

富士山の夕暮れの景色を見ようと山中湖にやってきています。先ほどまで雲に覆われていた富士山の雲が風に流れて行きます。

0720 雲と光の富士山と山中湖 (山梨県 山中湖村)

雲と光の富士山と山中湖 (山梨県 山中湖村)   Photo No.0720

雲が流れ富士山が姿を現し始めるとともに、お日様もそのまばゆい光を輝かせ始めました。待ちに待った富士山の姿に感動です。  (富士山のある風景)

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 22mm f16 1/100 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/26 00:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(14)

白い夕暮れの山中湖 (山梨県 山中湖村)

いよいよ夕暮れ時になってきました。これまで数日の夕方の焼けを遠くから見ていましたので、この日も山中湖と真っ赤に燃えるような空を期待していますが、せっかく顔を出した富士山が再び雲に覆われ始めてきました。

絶景探しの旅 - 0721 白い夕暮れの山中湖 (山梨県 山中湖村)

白い夕暮れの山中湖 (山梨県 山中湖村)   Photo No.0721

そして、この日の夕刻はこの雲のためか、焼けることなく終わろうとしています。まさに白い静寂の夕暮れでした。これはこれで純白のきれいさのようなものを感じいいものが見られたような気がします。  (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 29mm f11 6s ISO50 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/27 00:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(16)

満月の昇る山中湖 (山梨県 山中湖村)

この日のお月様はちょうど満月を迎えようとしています。昇り始めた月は半分雲に覆われた状態なのですが、その光は山中湖の湖面をまぶしく輝かせています。

絶景探しの旅 - 0722 満月の昇る山中湖 (山梨県 山中湖村)

満月の昇る山中湖 (山梨県 山中湖村)   Photo No.0722

富士山と湖の組み合わせが楽しめるのが富士五湖エリアの魅力ですが、印象的なものがあれば富士山を絡めない景色も狙うのもたまにはいいのではないかと思い、満月と山中湖、車の光のラインなどで写真を構成してみました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 24mm f11 8s ISO400 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/28 00:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(16)

初秋の夜の富士山 (山梨県 山中湖村)

空が焼ける富士山を撮りに来たのですが、白い夕刻の撮影となってしまいました。たまにはこのような景色もいいものだとそう思いながら着いた帰路の途中、今まで目の前を覆っていた雲も切れ富士山が眼前にその雄姿をしっかりと見せてくれました。

絶景探しの旅- 0723 初秋の夜の富士山 (山梨県 山中湖村)

初秋の夜の富士山 (山梨県 山中湖村)   Photo No.0723

富士山の裾野に帯のような低い雲が流れています。空には星が見え、富士山には登山の人々を示すような光のラインが輝き始めました。気が付けば日の落ちる時間もずいぶん早くなったものです。最後にようやく富士山の雄姿をしっかり見ることができ、ホッとひと安心の初秋の山中湖訪問でした。   (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 24mm f16 30s ISO400 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/29 00:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(18)

朝の光に包まれるサイゴン川 (ベトナム ホーチミン・シティ) 

日本や世界の風景や街角スナップなどをご紹介している間にベトナムに2回ほど行ってきました。ベトナム社会主義共和国は北から南まで細長くS字のように伸びる国土を持っていて、北には首都のハノイ、南には同国最大の都市ホーチミン・シティがあります。その両方に1回ずつ行ってきましたが、天気も微妙な上に空気もモヤモヤしていて、コントラストも低くなりがちな撮影にかなり手こずりました。

<strong>絶景探しの旅</strong> - 0724 朝の光に包まれるサイゴン川 (ベトナム ホーチミン・シティ)

朝の光に包まれるサイゴン川 (ベトナム ホーチミン・シティ)   Photo No.0724

ベトナムは以前は、北ベトナム、南ベトナムに別れていたこともあり、その時の南の首都がサイゴンで、今はホーチミン・シティと呼ばれます。現在は首都は北のハノイ(人口約790万人)ですが、ホーチミンは人口約850万人のベトナム最大の都市となっています。そんな南の街、ホーチミン・シティを流れるサイゴン川の朝の風景です。大きな船が往き来したりしていました。上流で雨でも降ったのか、川の上には次から次へと流されたような枝葉丸ごとの根っこ付きの木々がぷかぷかと流れてきている様子にはちょっと驚きでした。

SONY RX100 28mm相当 f11 1/320 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/30 05:00 ]   ベトナム | TB(-) | コメント(18)