マクタン島とセブ島の眺め (フィリピン)

東南アジアでいちばん混沌とした国のひとつと言えば、フィリピンだと信じて疑わない私です。そんなフィリピンですが、海がきれいでダイバーさんたちを魅了してやまないスポットもたくさんあるようです。そんなフィリピンのリゾート地として有名なのはセブ島ですが、実はセブ島のお隣のマクタン島がいわゆるセブ・リゾートとして機能していたりします。

絶景探しの旅 - 0603 マクタン島とセブ島の眺め (フィリピン)

マクタン島とセブ島の眺め (フィリピン)   Photo No.0603

フィリピン航空の機内からです。海を挟んで奥がセブ島で、手前の島がマクタン島です。二つの島はいくつかの橋で結ばれていて、同じ経済圏となっています。ちなみにセブ空港はマクタン島にありますが、セブから空港へ向かうのに便利な大きな橋は日本の支援で作られた橋となっています。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 68mm相当 f8 1/400 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/01 00:00 ]   フィリピン(セブ) | TB(-) | コメント(22)

セブリゾートでのひととき (フィリピン マクタン島)

セブリゾートと言っても、セブ島もマクタン島も決して裕福な人々の街ではない印象です。実際のリゾートはほとんどホテルのプライベートビーチのみと言っても過言ではなく、リゾートホテルを離れば、街は粗末な家々が並びます。

絶景探しの旅 - 0604 セブリゾートでのひととき(フィリピン マクタン島)

セブリゾートでのひととき (フィリピン マクタン島)   Photo No.0604

マクタン島にあるセブ空港の前にあるウォーターフロントと名前が付くホテルにいますが、実際はウォーターフロントではありません。ただ、そこは南国。中庭に出ればリゾート気分もそこそこ感じられたりします。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 43mm相当 f5 1/400 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/02 00:00 ]   フィリピン(セブ) | TB(-) | コメント(18)

南の島のスモールコテージ (フィリピン マクタン島)

先ほど新しい旅から帰ってきました。1週間の間、留守中にも関わらず、多くの皆さんに日々の作品をご覧いただきありがとうございます。また、貴重なコメント、暖かいメッセージなどいただきまして心より御礼申し上げます。新シリーズは近日中に公開いたしますのでよろしくお願いします。それでは引き続きフィリピン編からです。

フィリピン・マクタン島のバノビーチに来ています。そこには、まぶしいばかりの青い空が広がっていました。ここは数少ないパブリックビーチのひとつで、しっかりと手の行き届いたホテルのプライベートビーチとは違った素朴な雰囲気が楽しめます。

絶景探しの旅 - 0605 南の島のスモールコテージ (フィリピン マクタン島)

南の島のスモールコテージ (フィリピン マクタン島)   Photo No.0605

パブリックビーチ「バノビーチ」はホテルのプライベートビーチのような立派なものではありませんが、海辺の砂浜には簡単なコテージが並びます。こちらはちょっと小さめのスモールコテージと呼ばれる形態のものですが、その姿は見ての通りの南国気分がいっぱいのものでした。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f10 1/500 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/03 00:00 ]   フィリピン(セブ) | TB(-) | コメント(16)

フィリピンの海の家 (マクタン島 バノビーチ)

マクタン島のパブリックビーチのバノビーチのコテージっていうのはひょっとしたらこれかなと思いながら見ていました。ミニコテージより確かに大きいし、海にも近いです。

絶景探しの旅 - 0606 フィリピンの海の家 (マクタン島 バノビーチ)

フィリピンの海の家 (マクタン島 バノビーチ)   Photo No.0606

華やかなプライベートビーチも質素なパブリックビーチも雰囲気は違えども同じ青空に同じ海の色の青さが体験できます。こちらのコテージと呼ばれる海の家で地元の人たちと話などしながら気負わずゆっくりするのもアリかも知れませんね。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f10 1/500 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/04 00:00 ]   フィリピン(セブ) | TB(-) | コメント(22)

マクタン島バノビーチのバンカーボート (フィリピン)

マクタン島のパブリックビーチのバノビーチの目玉といえば、バンカーボードでの離れ島へのミニトリップでしょうか。
バンカーボートに多くの人々が乗り込んでいきます。

絶景探しの旅 - 0607 マクタン島バノビーチのバンカーボート (フィリピン)

南の島のスモールコテージ (フィリピン マクタン島)   Photo No.0607

海風を浴びながら始まる素敵な海の旅がとても楽しそうです。一方で、こちらの労働力のメインは子供たちのようでもあり、ちょっと複雑な気持ちもあります。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f14 1/400 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/05 00:00 ]   フィリピン(セブ) | TB(-) | コメント(20)

海を臨むそよ風のチェア (シャングリラ マクタン リゾート/フィリピン マクタン島)

フィリピン・マクタン島のパブリックビーチの様子はいかがでしたでしょうか。今度はその対極にある、島でいちばんのプライベートビーチといわれているシャングリラ マクタン リゾートからです。

絶景探しの旅 - 0608 海を臨むそよ風のチェア (シャングリラ マクタン リゾート/フィリピン マクタン島)

海を臨むそよ風のチェア (シャングリラ マクタン リゾート/フィリピン マクタン島)   Photo No.0608

優雅な気分で海風を浴びながら過ごすひととき・・・。リゾートは楽しんだり、リフレッシュしたりするために訪れる場所です。やっぱり、気分も大事ですよね。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f8 1/400 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/06 00:00 ]   フィリピン(セブ) | TB(-) | コメント(20)

南の島のビーチリゾート(シャングリラ マクタン リゾート/フィリピン マクタン島)

フィリピン マクタン島のシャングリラ マクタン リゾートからです。

絶景探しの旅 - 0609 南の島のビーチリゾート(シャングリラ マクタン リゾート/フィリピン マクタン島)

南の島のビーチリゾート(シャングリラ マクタン リゾート/フィリピン マクタン島)   Photo No.0609

いつまでもここでゆったりと何も考えずに過ごしたい、そんな気持ちになるような景色を眺めながらも、こちらを立ち去り、日本に戻らねばなりません・・・。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f11 1/400 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/07 00:00 ]   フィリピン(セブ) | TB(-) | コメント(20)

未開発の青い島 「バンタヤン島」 (フィリピン)

フィリピンのマクタン・セブ国際空港を飛び立ったフィリピン航空機は成田空港に向かって北上を開始しました。眼下に見えるのははセブ島の北に位置する、まだまだ未開発の青い島「バヤタン島(バヤタンアイランド)」です。

絶景探しの旅 - 0610 未開発の青い島「バンタヤン島」 (フィリピン)

未開発の青い島 「バンタヤン島」 (フィリピン)   Photo No.0610

セブからも船で渡れる未開発の青い海がとても人気のスポット「バンタヤン島」。この珊瑚礁に囲まれた宝石のような島を横目に眺めながら、現実に少しずつ戻る旅の移動に入っています・・・。 (航空機のある風景)

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 32mm相当 f11 1/400 ISO200 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/08 00:00 ]   フィリピン(セブ) | TB(-) | コメント(24)

夕陽に染まる成田空港 (千葉県 成田市)

最近は羽田空港が便利になりまして、海外に出かけるときに成田空港に行くことが減ったと言う人も多いのではないでしょうか。都心の羽田空港はアクセスがいいということ以外にも、成田は2時間前、羽田は1時間前に到着すればOKという余裕も忙しい人たちの成田離れの一つかなと思います。

絶景探しの旅 - 0611夕陽に染まる成田空港 (千葉県 成田市)

夕陽に染まる成田空港 (千葉県 成田市)   Photo No.0611

私も同様ですが、それでも便や行き先によっては成田空港の発着便を使うこともあります。この日もひと仕事終えて、、夕暮れ時の成田空港への到着です。窓の外から見える地平線の先のビル群はどこの街なのでしょうか。ちょっと気になります。ミニ特集「空から見る黄昏の風景シリーズ」を始めたいと思います。 (航空機のある風景)

LUMIX GX7MK2 G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 103mm相当 f5 1/250 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/09 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(14)

黄金に輝く東京ウォーターフロント (東京都)

引き続き空から見る黄昏の風景シリーズです。前回は成田空港からでしたが、今回からは羽田空港に向かう航空機の窓からです。最近は6月21日の夏至に向かって日没時間がかなり遅くなり、旅や出張時などいい時間帯に空からの風景を楽しめまるようになって来ました。先週のお出かけ時は席を取るのもラスト1席で、そんなこともあって窓際の席は最後の最後まで取ることが出来ませんでした。しかし、帰り便のチェックインを済ませたもののに乗り込む直前にダメ元で待合室の座席変更機で試してみたらなんといい席がひとつ空いていました。おそらく直前の直前でキャンセルが出たのでしょう。富士山の見える側ではありませんでしたが、これでも御の字です。羽田空港着陸に向かってANA機は最後の旋回に入った時に素晴らしいドラマが待っていました。

絶景探しの旅 - 0612 黄金に輝く東京ウォーターフロント (東京都)

黄金に輝く東京ウォーターフロント (東京都)   Photo No.0612

東京湾と埋め立て地、そして隅田川と東京スカイツリーの風景です。スカイツリーができてから陸のランドマークができて小さくても空からの写真も締るようになりました。この日は日没時にスカイツリーを中心とした梅雨の時期の薄靄がかかる街が黄金に輝く瞬間に着陸態勢となり大興奮です。写真の神様に感謝です。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  33mm相当 f7.1 1/100 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2018/06/10 00:00 ]   東京(羽田・東京上空) | TB(-) | コメント(16)

日没直前の東京ゲートブリッジ (東京湾 東京都)

東京湾の橋の中でも特に夜のライトアップがきれいと言われているのが、東京ゲートブリッジです。2012年2月12日に開通した新しい橋でもあります。東京観光公式サイトGO TOKYOによりますと、東京ゲートブリッジは、大田区城南島と江東区若洲を結ぶ東京港臨海道路のうち、東京東航路(第三航路)を横断する橋梁区間2,618mの橋で、海面からの高さは87, 8m。若洲海浜公園から歩道に上ることができ、東京港を一望することも可能です。東京の新たなランドマークとなるとともに、観光スポットとしても期待されているとのことです。

0613 日没直前の東京ゲートブリッジ (東京湾 東京都)

日没直前の東京ゲートブリッジ (東京湾 東京都)   Photo No.0613

東京ゲートブリッジのライトアップは日没から(0:00まで)で、照明デザイナーの石井幹子氏が担当の素晴らしい照明が楽しめます。私も先月に見たのですが、その綺麗さに感動しました。ちなみに照明は、毎月色変わりをしまして、1月白金色、2月真珠色、3月若草色、4月新緑色、5月青葉色、6月水色、7月海色、8月空色、9月桔梗色、10月秋草色、11月紅葉色、12月緋色 、さらに正時は照明に動きがあるとのことです。日没まであとわずか。この後に綺麗な水色に輝くライトアップが楽しめます。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  33mm相当 f7.1 1/80 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2018/06/11 00:00 ]   東京(羽田・東京上空) | TB(-) | コメント(24)

マジックアワーに包まれる羽田空港 第2ターミナル (東京都 大田区)

私を乗せたANA機はとても珍しいことに定時前に羽田空港に着陸です。日没後のマジックアワーの空港を到着GATEに向かって移動します。

絶景探しの旅 - 0614 マジックアワーに包まれる羽田空港 第2ターミナル (東京都 大田区)

マジックアワーに包まれる羽田空港 第2ターミナル (東京都 大田区)   Photo No.0614

久しぶりの空港でのマジックアワーのひと時を楽しんだ後は、これからリムジンバス乗り場に向かって走ります!?

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  91mm相当 f7.1 1/100 (-2/3) ISO200

* 空から見る黄昏シリーズはこちらまでとなります。お付き合いいただきましてありがとうございました。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2018/06/12 00:00 ]   東京(羽田・東京上空) | TB(-) | コメント(20)

白壁の町並みの金魚ちょうちん(山口県 柳井市)

山口県柳井市の玄関口「柳井駅」から少し歩いた場所にある白壁の町並みにやってきました。柳井市によれば、中世の町割りがそのまま今日も生きており、約200mの街路に面した両側に江戸時代の商家の家並みが続いています。藩政時代には岩国藩のお納戸と呼ばれ、産物を満載した大八車が往来してにぎわった町筋で、昭和59年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

絶景探しの旅 - 0615 白壁の町並みの金魚ちょうちん(山口県 柳井市)

白壁の町並みの金魚ちょうちん(山口県 柳井市)   Photo No.0615

白壁の町並みの軒下をずらりと飾るのはかわいい金魚のミニちょうちん。今回はお昼をいただきにちょっとの間だけ立ち寄っただけですが、夜は明かりが灯って綺麗だと聞きました。こちらにはまた来れそうなのでちょっと楽しみです。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  91mm相当 f3.9 1/2500 (-2/3) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/13 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(22)

関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

北九州市門司に出かけて来ました。せっかくなので関門海峡沿いにある和布刈神社(めかり神社)に立ち寄ってみました。Wikipediaによりますと、神社名となっている「和布刈(めかり)」とは「ワカメを刈る」の意味だそうです。毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える「和布刈神事」(めかりしんじ)が行われ、和銅3年(710年)には神事で供えられたワカメが朝廷に献上されているとの記述が残っているそうで、福岡県の無形文化財に指定されているとのことです。

絶景探しの旅 - 0616 関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)   Photo No.0616

仲哀天皇9年(200年)に創建とされ、古くは「隼人明神」とも呼ばれ、壇ノ浦の戦いの前夜には平家一門が酒宴を開いたとのことです。海峡の守護神として崇敬を集め、建武3年(1336年)足利尊氏、応永年間(1394年~1428年)大内義弘、天正3年(1575年)仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられている。現社殿は明和4年(1767年)小倉藩主小笠原忠総の再建によるものだそうです。今はこの狛犬が関門橋のたもとで、関門海峡を往来する700隻/日とも言われる多くの船の航行を見守ってくれています。

SONY RX100 51mm相当 AUTO (f5.6 1/640 ISO125)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/14 00:00 ]   福岡 | TB(-) | コメント(20)

上野東照宮 唐門の青い獅子 (東京都 台東区)

せっかく東京・上野界隈までやってきたので、上野公園内にある上野東照宮を見て回ることにしました。東照宮は徳川家康公(東照大権現)をお祀りする神社で、日光東照宮が最も有名ですよね。こちらの上野東照宮は1627年に作られ、現存する社殿は1651年(慶安4年)に三代将軍・徳川家光公が造営替えをしたものだそうです。遠く日光までお参りに行くことができない江戸の人々のために日光東照宮に準じた豪華な社殿を建立したと言われ、境内には多くの大名から寄進された灯篭も多く並びます。(*上野東照宮案内より)

絶景探しの旅 - 0617 上野東照宮 唐門の青い獅子 (東京都 台東区)

上野東照宮 唐門の青い獅子 (東京都 台東区)   Photo No.0617

上野東照宮には重要文化財が多く、こちらの唐門と呼ばれる門もその一つです。1651年(慶安4年)造営で国指定重要文化財に指定されています。唐門と言えば、左甚五郎(ひだりじんごろう)の昇り龍・降り龍の彫刻が有名です。今回は龍の上に設置された青い色が鮮やかな獅子をUPしました。こちらの上野東照宮は、とてもきらびやかでその豪華な雰囲気や徳川家の御紋も印象的で、江戸時代初期の文化に触れることができました。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  124mm相当 f4 1/250 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/15 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(18)

上野大仏 落ちた青銅のマスク (東京都 台東区)

上野公園の名物の中にはこんなものもあったのかと言われる筆頭は、こちら上野大仏ではないかと思います。顔だけ大仏のようですが、そんな不思議な仏さまの存在をJR東日本の駅ナカポスターで知り、気になって探し出して見てきました。

絶景探しの旅 - 0618 上野大仏 落ちた青銅のマスク (東京都 台東区)

上野大仏 落ちた青銅のマスク (東京都 台東区)   Photo No.0618

動物園の入り口や上野東照寺のすぐ近くの丘にひっそりと上野大仏のお顔が祭られていました。こちらに現存する上野大仏は3代目の成りの果てのようで、元は高さ約6メートルの釈迦如来坐像だったようです。Wikipediaによりますと以下のような変遷を繰り返し今日に至っているようです。 (*①初代、②2代目、③3代目)

① 寛永8年(1631年)越後村上藩主 堀直寄が漆喰の釈迦如来坐像を建立。
  正保4年(1647年)地震により倒壊。
② 万治年間(1658年 - 1661年) 遊行僧浄雲が金銅像として再興。
  天保12年(1841年)火災により損傷。
③ 天保14年(1843年)堀直央の寄進により大仏を新鋳再建。
  安政2年(1855年) 安政大地震により、頭部が破損。再び修復。
  大正12年(1923年)関東大震災で頭部落下、大仏解体。寛永寺が保管。
  昭和15年(1940年)軍需金属資源として顔面以外の頭部、胴部を供出。
  昭和47年(1972年)寛永寺に保管の顔面をレリーフとして旧跡に安置。

とまあ、3代目は頭部が繰り返し落下するという凄まじい歴史を繰り返し今のような形に収まっているようです。そんなこともあって、この状態だとさすがにこれ以上はお顔も落ちようがないということで、落ちない御利益を求める受験生たちの合格祈願の名所となっているようです。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  124mm相当 f7.1 1/20 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/16 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(22)

尾形光琳 「風神雷神図屏風」 (東京国立博物館/東京都 台東区)

ここ数日上野公園の写真をご覧いただいていますが、そういえば上野関連でと思い出して、探し出した写真がありましたのでUPします。以前、東京・上野公園内にある東京国立博物館の特別展で何年ぶりかの一般公開という、俵屋宗達(たわらや そうたつ)の国宝 「風神雷神図屏風」が公開されていました。子どもの頃から教科書などで見ていてやたら感動を覚えていたということもあって、絶対に見なければいけないと思い出かけました。絵画はまったくの素人ですが、そのきめ細かく迫力のある作品に息をのんだ記憶があります。俵屋宗達のものは撮影禁止でしたが、同時の特別展示で東京国立博物館所蔵の重要文化財の尾形光琳の「風神雷神図屏風」も比較展示されていまして、こちらは撮影OKでしたのでしっかりカメラに収めさせていただきました。

絶景探しの旅 - 0619 尾形光琳 「風神雷神図屏風」(東京国立博物館 東京都 台東区)

尾形光琳 「風神雷神図屏風」 (東京国立博物館/東京都 台東区)   Photo No.0619

いずれも18世紀の江戸時代の作品ですが、尾形光琳のものは俵屋宗達の作品を模写し、それに少々オリジナリティを加えたものだそうです。国宝のオリジナルに対して、重要文化財のこちらはさほど人気がなく、人々は俵屋宗達のものに群がっていましたが、今は東京国立博物館でも尾形光琳の「「風神雷神図屏風」を公開していない時期ですので、今思えば貴重ですね。  (世界の芸術品)

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 30mm f2.8 1/60 ISO2500

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/17 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(20)

映し出される心 金銅弥勒菩薩半跏思惟像 (国立中央博物館/ソウル市 龍山区)

芸術品つながりということで、韓国・ソウルに飛びます。やって来たのはソウル市龍山区二村洞にある国立中央博物館です。前回の写真の時に話題に出た俵屋宗達の国宝 「風神雷神図屏風」ですが、国宝登録番号は48のようです。やはり素晴らしい作品は番号が若いですね。となると気になるのは国宝登録番号1は何かですよね。1号は皆さんご存知の京都・広隆寺の「木造弥勒菩薩半跏像」でして、飛鳥時代(592~710年)頃の作品だそうです。とても素晴らしい作品で、その微笑みのたたずまいは人々の心を魅了してやみません。それと同じようなものがソウルの国立中央博物館にも所蔵されています。こちらは高句麗、百済、新羅の三国時代(紀元前1世紀から紀元後7世紀)の金銅製のもので、韓国でも国宝83号に指定されています。

0620 映し出される心 金銅弥勒菩薩半跏思惟像(国立中央博物館/ソウル市 龍山区)

映し出される心 金銅弥勒菩薩半跏思惟像 (国立中央博物館/ソウル市 龍山区)   Photo No.0620

韓国でも「金銅弥勒菩薩半跏思惟像」もかなり貴重なようで、私が訪ねたときも広くて暗い部屋にこれ1体のみの展示でした。ガラスケースに入れての展示でしたが、横に回った時に見たガラスに映し出されている弥勒菩薩半跏思惟像の様子が、まるで悟りの心を映し出しているようにも感じられました。  (世界の芸術品)

SONY α77 70-300mm F4.5-5.6G SSM 105mm相当 f4.5 1/6 ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/18 00:00 ]   韓国(ソウル) | TB(-) | コメント(20)

パンダのシャンシャン1歳になりました (上野動物園/東京都 台東区)

昨日は大阪で大きな地震がありびっくりです。皆さんはご無事だったでしょうか。余震などもあり大変かと思いますが、少しでも早く皆さんの心が落ち着くよう祈っています。

上野公園に作品を戻します。今、上野公園で一番熱い場所と言えば上野動物園でしょうか。先週火曜日に1歳になったばかりというジャイアントパンダのシャンシャン(香香)が大人気。初めての誕生日を迎えたシャンシャンを見るために多くの人々で連日、数時間待ちの長蛇の列が続いています。とても可愛いと評判と言うこともあって私も見に行って来ました。特に混みのひどさが予想される日曜日でしたので、前日夕方に入場券を購入しておくとともに当日は朝7時に上野動物園に到着です。作戦が功を奏して50人ほどが前にいるだけです。携帯チェアも準備でゆっくり現場で9時30分の開門を待ちます。朝一番にこだわったのは、混みももちろんですが、一番動き回るのもその頃だからなのです。(せっかく見れてもお昼寝してたらがっかりですものね!)

絶景探しの旅 - 0621 パンダのシャンシャン1歳になりました (上野動物園/東京都 台東区)

パンダのシャンシャン1歳になりました (上野動物園/東京都 台東区)   Photo No.0621

上野動物園は9時30分開園なのですが、この日は5分程早い開園になりました。朝一番から待っていたこともあり、恐ろしい待ち時間の列を並ぶこともなく、すぐにパンダ館に向かいます。パンダ館に入って順番を待つことしばし。ついにシャンシャンに会える時がやってきました。すっかり大きくなったシャンシャンですが、そこはまだ1歳。目がクリクリしてとてもカワイイです。シャンシャンが丸太の台の上に上ってきました。おやっ、そこにある笹の小枝を発見したようです。シャンシャンの目がキラリと輝きます。何かを思いついたようです。 *次回に続きます。  (生き物のいる風景)

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 200mm f2.8 1/400 ISO800 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/19 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(24)

笹を口にくわえ木に登るパンダのシャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)

2017年6月14日、上野動物園のジャイアントパンダにメスの赤ちゃんが生まれました。その時の体長は何とも小さい14.3㎝、体重は147gでした。その後、名前はシャンシャン(香香)と名付けられましたが、シャンシャンは、1972年から上野動物園で飼育してきたジャイアントパンダの歴史の中で、自然交配で、かつ順調に成長している初めてのパンダとのことです。今はすっかり外での遊びにも慣れ、いろいろなものに興味いっぱいの日々を送っているようです。

絶景探しの旅 - 0622 笹を口にくわえ木に登るパンダのシャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)

笹を口にくわえ木に登るパンダのシャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)   Photo No.0622

最近は切ったリンゴを見つけ両手で持ってかじったりするようになったそうですが、笹にもいよいよ興味を持ちだしたのでしょうか。丸太の台の上で見つけた笹の枝の束を見つけたシャンシャンが何をするかを見ていたら、それを口にくわえながら何と木に登り出しました。あっという間の動きなのですが、その動きもなかなかかわいくてくぎ付けです。さて一体、笹の枝をどうしようというのでしょうか!?  *次回に続きます。  (生き物のいる風景)

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 200mm f2.8 1/320 (-2/3) ISO800 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/20 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(22)

目の中に入れても痛くないパンダのかぐや姫シャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)

1歳の誕生日を迎えた東京・上野動物園の人気者、パンダのシャンシャン(メス)は笹の枝を口にくわえて木の上に上ることができました。さてシャンシャンはここで笹の枝をどうしようというのでしょうか。

 絶景探しの旅 - 0623 目の中に入れても痛くないパンダのかぐや姫シャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)

目の中に入れても痛くないパンダのかぐや姫シャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)   Photo No.0623

笹を口にくわえてようやく木の上に上ったパンダのシャンシャンです。しかし、次の瞬間、思わず口を開けてしまいました。油断大敵、せっかくここまで運んだ笹の葉が真下にストンと落ちてしまいました・・・。落ちた枝を思わず残念そうな顔で見つめるシャンシャンも可愛いかったです・・・。イソップ寓話の「犬と骨」(「よくばり犬」)の話を何故か思い出してしまいました。そんな失敗もかわいいシャンシャンもかぐや姫のように、2歳になるとたくさんの仲間の暮らす遠い中国に帰らねばならない掟があるようです。ちょっと悲しいですが、日本で遊んだ日のことをいつまでも忘れないでいて欲しいものです。  (生き物のいる風景)

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 200mm f2.8 1/250 (-2/3) ISO800 PL

*1歳の誕生日を迎えた東京・上野動物園の人気者、パンダのシャンシャンの紹介シリーズはここまでです。お付き合いいただきましてありがとうございました。次回より、この前の長旅編を開始予定です。お楽しみに。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/21 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(24)

雨雲広がるモンマルトルの丘のサクレクール寺院 (フランス パリ)

今月はちょっと遠出をさせていただいたのですが、今回の行先は欧州2か国でした。いつものように駆け足ですが、蒸し暑くてヘトヘトだったり、天気も悪い日が多くやや不満の残るところでした。まずはフランス・パリからです。やってきたのはパリ市内の展望が見事なモンマルトルの丘です。

絶景探しの旅 - 0624 雨雲広がるモンマルトルの丘のサクレクール寺院 (フランス パリ)

雨雲広がるモンマルトルの丘のサクレクール寺院 (フランス パリ)   Photo No.0624

名所にやってきても青空と曇り空では印象も180度変わります。展望のいい丘も、空に雨雲がどんどん広がって雨がポツリポツリと落ち始めました。せっかくの名所なのに、かなり恨めしいところです。こちらは市内のパノラマを背にサクレクール寺院を見上げた風景です。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f9 1/500 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/22 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(20)

ギャラリーラファイエットとオペラ座の風景 (フランス パリ)

いつものようにパリの老舗百貨店「ギャラリーラファイエット」にやってきました。こちらは以前ご紹介の天井のガラスと鋼鉄のドームなどとてもきれいなのですが、今回は道路を挟んで建っている二つの建物を結ぶ渡り廊下の上からのものになります。

絶景探しの旅 - 0625 ギャラリーラファイエットとオペラ座の風景 (フランス パリ)

ギャラリーラファイエットとオペラ座の風景 (フランス パリ)   Photo No.0625

夕刻(17時30分ごろ)のパリの通りのひとコマなのですが、さすが緯度も高く(日本の近くですと樺太の中央くらい)、斜めに影が伸びてはいるのですが、初夏はとにかくここから日没までの時間が長いのです。(今だと22時くらいでしょうか。)

両脇のビルがギャラリーラファイエットで、中央の三角屋根がパリ・オペラ座です。今のような形のギャラリーラファイエットができたのが1910年代と認識していますが、昔も今もパリのお金持ちの家の方のお買い物がこちらで行われているものと思います。今回はこちらで前回買いそびれていたパリの夕方の風景の写真集を1冊購入しました。以前は山積みだったものもあと何冊かの在庫で危ないところでした。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f9 1/500 (-2/3) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/23 04:30 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(16)

大時計裏の光が差し込むカフェ (オルセー美術館/フランス パリ)

先日、パリの街を見渡せるモンマルトルの丘に立つサクレクール寺院の1枚をご紹介しましたが、そういえば面白い場所からサクレクール寺院が見えるところがあることを思い出しました。以前にパリを訪ねた時のものを1枚差し込みます。その場所はどこかと言いますとセーヌ川沿いのオルセー美術館です。ルノワール、ゴッホ、ゴーギャンなどの作品の所蔵が有名ですが、その建物は1900年のパリ万国博覧会の時に建設された駅舎を改装し使用されていることでも知られています。そのために、広々と上階には採光も兼ねた大きな時計の文字盤があり、その文字盤の向こうにモンマルトルの丘が見えたりするのです。

絶景探しの旅 - 0626 大時計裏の光が差し込むカフェ  (オルセー美術館/フランス パリ)

大時計裏の光が差し込むカフェ (オルセー美術館/フランス パリ)   Photo No.0626

その採光も兼ねた大時計の文字盤はいくつかありまして、そのひとつは美術館のカフェ「Café Campana(カフェ カンパナ)」にもあります。そしてそのカフェは文字盤を透過して差し込む光がとても印象的な空間となっています。ちなみにこちらのカフェはスイーツもランチも楽しくいただけたりするようです。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/125 ISO500)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/24 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(18)

ノートルダムを駆ける少女 (ノートルダム寺院/フランス パリ)

やっぱり、パリはフレンチブルーの晴れた青空が似合います。そんな青空の下、ノートルダム寺院の建物を拝みにやってきました。すでに展望台はもちろんのこと、門が閉ざされ中に入ることもできません。なぜならば、こんなに明るいので時計を見れば、まもなく19時00分になろうとしています。

絶景探しの旅 - 0627 ノートるダムを駆ける少女 (ノートルダム寺院/フランス パリ)

ノートルダムを駆ける少女 (ノートルダム寺院/フランス パリ)   Photo No.0627

さすがの人気スポットですね。ノートルダム寺院の前の広場は多くの人であふれかえっていました。地面すれすれからノートルダム寺院の正面を撮影することにしましたが、ちょうどその時、風のように少女が目の前を駆け抜けて行きました。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f11 1/800 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/25 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(18)

I amsterdam (オランダ アムステルダム)

初夏の欧州編は、本日よりオランダ・アムステルダムの風景のご紹介です。朝早くアムステルダム国立美術館前の池の場所にやってきました。

絶景探しの旅 - 0628 I amsterdam(オランダ アムステルダム)

I amsterdam (オランダ アムステルダム)   Photo No.0628

朝ゆえ、人が少ないかと思いきや、さすが名所ですね、すでに多くの人々がこちらで記念撮影をしていました。バックの建物がアムステルダム国立美術館で、その前の文字のモニュメントが「I amsterdam」です。I am と Amsterdam を重ねた文字と一緒に撮る写真はインスタ映えする1枚のようです。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  24mm相当 f20 1/80 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/26 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(21)

運河の街 アムステルダム (オランダ)

運河の街といえば、イタリアの水の都ベニス(ベネチア)が有名です。私も行きそびれてしまっていたのですが、オランダのアムステルダムもそんな場所でした。街の四方八方に張り巡らされた運河に観光船が忙しく行ったり来たりしていました。

絶景探しの旅 - 0629 運河の街 アムステルダム (オランダ)

運河の街 アムステルダム (オランダ)   Photo No.0629

ホテルに荷物を預け、アムステルダム中央駅前にやって来ました。夕暮れ時の駅前周辺を散策します。アムステルダムは運河の街と言うだけあって、アムステルダムを代表する駅前もこの通りです。うっすらと色付く夕刻の空と運河、そして聖ニコラス教会の風景に行き交うトラムに遊覧船がとても印象的でした。   (鉄道のある風景) 

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  87mm相当 f3.9 1/320 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/27 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(24)

サッカーの強豪 「アヤックッス」 のホームスタジアムとカラフルタウン (オランダ)

今日はいよいよワールドカップサッカーの日本代表の運命の日ですね!皆で力を合わせていい結果を出して欲しいところです。今回のロシア大会では、欧州の強豪オランダ、イタリアがまさかの予選落ちでちょっと寂しい大会にもなっていますが、今日はそんな残念なオランダのサッカーつながりの1枚です。

地下鉄でアムステルダムの南の郊外アムステルダム・ベイルマー・アレーナ駅 にやってきました。今は、先進国であればスマホのアプリGoogle Mapを使えば、行き方はもちろんのこと、バスや電車の運行時間までわかってしまって、はっきり言ってもう行けないところがないくらいです。おかげさまでアムステルダムの旅も楽ちんでした。

絶景探しの旅 - 0630 サッカーの強豪 「アヤックッス」 のホームスタジアムとカラフルタウン (オランダ)

サッカーの強豪 「アヤックッス」 のホームスタジアムとカラフルタウン (オランダ)   Photo No.0630

駅を降りて向かうのは、フェイエノールト、PSVと共に、オランダの強豪クラブとされるアヤックスのホームスタジアム 「アムステルダム・アレナ (ヨハン・クライフ・アレナ)」 です。アムステルダム・アレナは開閉式屋根を備えた53000人収容のドーム型スタジアムです。そしてそのスタジアムの手前にはショッピングタウンがあったり、とてもカラフルなホテル(Easy Hotel)があったりと、ちょっと楽しそうな街になっています。それにしても、電線の張り巡らされた様子も面白いですね!あ、今回はこのエリアのショッピングセンターにやってきただけで、サッカーを見に来たわけではありません。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f8 1/1000 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/28 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(14)

夕暮れ時 (オランダ アムステルダム)

夜の22時を回りました。夜の帳が落ちて行きます。
初夏の欧州の街はサマータイムが適用されていることもあって、早朝活動する私にとっては1日が2倍にも感じます。

絶景探しの旅 - 0631 夕暮れ時(オランダ アムステルダム)

夕暮れ時 (オランダ アムステルダム)   Photo No.0631

運河沿いの街角に赤いネオンが輝き出しました。アムステルダムの街は様々な表情を見せてくれます。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  24mm相当 f6.3 1/320 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/29 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(12)

未明のアムステルダムの裏通り (オランダ)

深夜から未明のアムステルダムの街の裏通りを散策します。さすがに人通りは少ないのですが、ふらつきながら歩く人たちを見かけます。用心のためにそんな人たちからは一定距離おくようにしています。

0632 未明のアムステルダムの裏通り

未明のアムステルダムの裏通り (オランダ)   Photo No.0632

朝の4時30分頃のアムステルダム中央駅から近い場所にある、裏通りを歩いています。多くの人たちが寝静まっている未明の街歩きはいつもワクワクする発見があったりします。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  33mm相当 f3.6 1/10 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/30 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(20)