青い地中海ビーチサイドの夜明け (ニース/南フランス)


大きな海岸線の道路を横切り、ついに海辺に出てきました。目の前に見えるは地中海。 この辺りはパブリックビーチなのかプライベートビーチなのかわかりませんが、夜間泳ぐ人たち用か、散策する人たち用か、浜辺をライティングしています。沖を見ればビーチの先に海を区切るようなマーキングも見えます。浜のポールの先の小さな塊りは、先ほどマセナ広場で見かけた日本の女の子です。しゃがんで写真を撮り始めました。その子の大きさを参考に見ていただくとわかるのですが、ニースのビーチは砂浜ではなく、石ころがゴロゴロなビーチがどうも一般的なようです。

絶景探しの旅 - 0510 青い地中海ビーチサイドの夜明け (ニース/南フランス)

青い地中海ビーチサイドの夜明け (ニース/南フランス)    Photo No.0510

ニースの地中海の海を無事に間近で眺めることができて一安心です。なぜならば、今日はこれから山間部に移動してしまっておそらく海を間近に見れるのはこの瞬間でしかないのです。 また、この日の天気予報は曇りですが、、空にはお月様が見えます。 たぶん、晴れ間が残るのは朝のうちだけかと思われます。

そろそろ夜明けの時間です。 東の空が明るんで来るとともに、空が青く変わりつつあります。また、足元を照らすライトの光をう拾う波打ち際の海が何とも言えないようなコバルトブルーの波となり、何ともいえないきれいな瞬間を私に見せてくれました。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f11 10s ISO400

*現在、海外に出かけています。そのため、コメントのお返事等は帰国後になる見込みです。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/01 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(12)

グラースへの山道で (グラース/南フランス)


ニースを離れてグラースに向かいます。グラースは山の中腹にあり、その街の眺めが素晴らしいということでそんな街の様子を見るのがとても楽しみです。

絶景探しの旅 - 0511 グラースへの山道で (グラース/南フランス)

グラースへの山道で (グラース/南フランス)    Photo No.0511

グラースの中心地へと続く山道の途中です。山道と言っても日本の峠道のようではなく、ちょっとした町が点在しています。そしてそちらで見える建物はいかにも南仏・プロバンスで、窓や壁のパステルカラーがかわいくもあります。

SONY RX100 100mm相当 AUTO (f5.6 1/200) ISO125

*現在、海外に出かけています。そのため、コメントのお返事等は帰国後になる見込みです。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/02 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(16)

プロバンスのローズ&ジャスミン農家の庭先 (グラース/南フランス)


グラース市内中心部に向かう途中で立ち寄った花のオーガニック栽培農家。農場の案内やお土産物なども販売しています。また、こちらの生産農家はディオールやシャネルの香水に使われるローズやジャスミンの契約栽培を行っているとのことです。

絶景探しの旅 - 0512 プロバンスのローズ&ジャスミン農家の庭先 (グラース/南フランス)

プロバンスのローズ&ジャスミン農家の庭先 (グラース/南フランス)    Photo No.0512

農家の家と思えないようなきれいな色彩の建物です。こちらの庭の反対側に広がる緩やかな斜面にちょうど摘み取り時期を迎えたジャスミン花畑が広がります。まさにこの日は早朝からご近所の女性たちが応援にやってきてジャスミン摘みをやっています。こちらの農家の花畑で摘み取られたローズ(この時は季節外)やジャスミンは蒸留所に運ばれて高級香水に配合されるオイルになります。

SONY RX100 37mm相当 AUTO (f4.5 1/100) ISO125

ジャスミン こちらはデイオールの高級香水になるという朝摘みのジャスミンの花。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/03 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(16)

南仏の香水の街 グラース (南フランス)


山の中腹にあるグラースの街の高台にやってきました。実に風光明媚な場所です。快晴になればよかったのですが、あいにくの天気でちょっとポツポツ雨が降ることもありました。しかし、何とか曇り空で持ちこたえてくれています。

絶景探しの旅 - 0513 南仏の香水の街 グラース (南フランス)

南仏の香水の街 グラース (南フランス)    Photo No.0513

高台の場所からのグラースの街の様子です。ここから見るとどうも街は教会を中心に街が広がっているようです。またここだけ山の中腹なのにずいぶん民家が密集しています。坂の街にこれだけ民家が集中しているのは、この街が香水の街として栄えてきた証ではないかと思います。

SONY α77Ⅱ Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 120mm相当 f8 1/320 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/04 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(16)

高台からのグラースの街 (南フランス)

グラースの街がどうして香水の街として栄えたのかというとこの標高にも理由があって、街のエリアの標高差がかなりあり、上から下までそれぞれ異なった植物栽培に適していたことによるとも聞きました。

絶景探しの旅 - 0514 高台からのグラースの街 (南フランス)

高台からのグラースの街 (南フランス)    Photo No.0514

高台からグラースの街を臨みます。なかなか風光明媚ないかにも南フランスの町といった雰囲気のある場所です。今回はあいにくの曇り空で残念でした。晴れていたら青い空と赤い屋根の組み合わせがとても素晴らしそうです。機会があればもう一度この街を眺めにやってきたいものです。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 29mm相当 f4.5 1/2000 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/05 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(16)

北欧の街に立つ (フィンランド ヘルシンキ)

南仏・グラースの街から、再びニースに戻り、オランダ・アムステルダム経由でやってきたのは今回の欧州の旅の最終地 “フィンランド・ヘルシンキ” です。なんたって近頃は北欧&ムーミンが人気!ムーミンと言えば、今年のセンター試験でも登場し、どこの国かなんて出題もありましたが、正解はフィンランドらしいのですが、ファンからはムーミン谷じゃないの?!なんて声も聞こえて来たりしていましたね。

絶景探しの旅 - 0515 北欧の街に立つ (フィンランド ヘルシンキ)

北欧の街に立つ (フィンランド ヘルシンキ)    Photo No.0515

今回は行く先々でずいぶん寒かったのですが、北欧フィンランドのヘルシンキは予想に反して暖かくて拍子抜け・・・。私も思わずコートを脱いでしまいました。そんなヘルシンキはムーミンの作者「トーベ・ヤンソン」の生誕の地でもあります。比較的名前をよく聞く街なのでさぞかし大都会かと思えば、人口61万人程度で都市圏でも100万人程の中規模な都市でした。

SONY α77Ⅱ Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 120mm相当 f8 1/60 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/06 00:00 ]   フィンランド | TB(-) | コメント(20)

路面電車の街 (フィンランド ヘルシンキ)

今回の旅はとにかく天気が悪くて雨や曇り空が多くてがっかりが多かったのですが、ヘルシンキではようやく日中青空に会えたという感じです。

絶景探しの旅 - 0516 路面電車の街 (フィンランド ヘルシンキ)

路面電車の街 (フィンランド ヘルシンキ)    Photo No.0516

ヘルシンキに来てびっくりしたのは、街の中心地が狭いことと、そのほとんどのエリアを路面電車(トラム)が網羅していることです。そのために道路で空を見上げれば路面電車の架線が縦横無尽に張り巡らされていて、道路脇のビルからも電線を支える線があちこちつながれているのを見ることができます。そんなこともあって今回のフィンランドの旅の写真ではたくさんトラムが登場します。澄み渡る青空の下、目の前を 『はとバス』 のような黄色のトラムが走り抜けていきました。 (鉄道のある風景)

SONY α77Ⅱ Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 24mm相当 f3.5 1/2000 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/07 00:00 ]   フィンランド | TB(-) | コメント(30)

青い空と青いトラム (フィンランド ヘルシンキ)

フィンランド・ヘルシンキの街で最初はどこに行こうかと悩みましたが、ここはまずはマーケットでショッピングなどしようと思います。ネットで調べていたいくつかスポットに行くために、まずはヘルシンキ駅前の券売機でトラムの2日券を購入しました。 そして、カタカナとフィンランド語の表記をにらめっこしながらやヘルシンキ駅前からトラムでやってきたのはこの写真の場所、「ハカニエミ駅」です。

絶景探しの旅 - 0517 青い空と青いトラム (フィンランド ヘルシンキ)

青い空と青いトラム (フィンランド ヘルシンキ)    Photo No.0517

この停留所「ハカニエミ駅」前には1914年から続くというハカニエミ・ マーケットホール(Hakaniemen kauppahalli)というショッピングセンターがあるのです(右側の四角い建物です)。1階は食品のお店、2階には雑貨店などがたくさん入居していて、つい時間を費やしてしまいました。 ちなみに左のOXYGENOLのビルはフィンランドで見かける有名な歯磨き粉の会社かと思いますが、異国にあってこれまた異国情緒たっぷりのビルの姿に感動が尽きませんでした。   (鉄道のある風景)

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f4 1/2000 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/08 00:00 ]   フィンランド | TB(-) | コメント(22)

雨宿りは港のオールドマーケットホール (フィンランド ヘルシンキ)

ヘルシンキと言えばヘルシンキ大聖堂ということで、ヘルシンキ大聖堂にやって来たら、空がにわかに曇り出しました。ポツポツ降り出した雨はやがて土砂降りに。さすがにこれでは行動範囲が狭くなってしまいます。ヘルシンキ大聖堂から港にあるオールドマーケットホールに駆け足でやってきました。こちらでお昼ご飯でも食べながら雨宿りとしたいと思います。

絶景探しの旅 - 0518 雨宿りはオールドマーケットホール (フィンランド ヘルシンキ)

雨宿りは港のオールドマーケットホール (フィンランド フィンランド)    Photo No.0518

ヘルシンキで一番古い屋内市場と言われているオールド・マーケットホール (Vanha Kauppahalli) にやってきました。こちらは1889年にできた約130年の歴史のマーケットホールです。蔵のような建物の中に入れば、そこには生鮮品や雑貨、お食事の店が所狭しと並んでいます。ヘルシンキは冬は暗い時間が長く寒いのでこういうマーケットが発達しているのかも知れませんね。雨宿りを兼ねて、お店の様子をしっかり楽しんだ後は、人気のスープのお店「スオッパケイティオ (Soppakeitio)」に並びます。こちらで食べたスープはマヨネーズがスープの上に乗ったような味わい(チーズとも言われています)で、これが取っても美味で、素敵なランチタイムにもなりました。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 22mm相当 f4 1/13 (-2/3) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/09 00:00 ]   フィンランド | TB(-) | コメント(18)

水たまりとヘルシンキ大聖堂 (フィンランド ヘルシンキ)

いきなり黒い雲に覆われ激しい雨が降り出したヘルシンキの街。港のオールドマーケットホールでの雨宿り&ランチを済ませ表に出れば、雨も上がり始めていました。再び、街歩きに出発です。

絶景探しの旅 - 0519 水たまりとヘルシンキ大聖堂 (フィンランド ヘルシンキ)

水たまりとヘルシンキ大聖堂 (フィンランド ヘルシンキ)    Photo No.0519

雨上がりの街は水たまりがいくつもできていて、目の前を通り過ぎる車に水をはじき飛ばされて服が濡れてしまいました・・。 車の入ってこない裏路地に入っていきます。それにしても、青空の空の下の水たまりって、子供の頃の気持ちに帰ったようでとってもウキウキしませんか?

Apple iPhone6s AUTO (29mm f2.2 1/311 ISO25)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/10 00:00 ]   フィンランド | TB(-) | コメント(12)

夜の港町に浮かび上がる大聖堂 (フィンランド ヘルシンキ)

地元フィンランド料理のお店で夕食をいただいた後は、夜のヘルシンキ大聖堂の夜景を眺めに出かけます。
もうすっかりトラムにも慣れ、目的地には自由自在?!

絶景探しの旅 - 0520 夜の港町に浮かび上がる大聖堂 ( フィンランド ヘルシンキ)

夜の港町に浮かび上がる大聖堂 (フィンランド ヘルシンキ)    Photo No.0520

ヘルシンキ港に面するように立ち並ぶビル街のオレンジ色の光の後ろに青白く光るヘルシンキ大聖堂が浮かび上がります。あれだけたくさんの人でにぎわっていた港町も今は人影もまばらで、落ち着きを取り戻していました。 *フィンランド編 第1部はここまでになります。

SONY α77Ⅱ Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 39mm相当 f4 1/10 ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/11 00:00 ]   フィンランド | TB(-) | コメント(12)

朝の光が差し込む大下沢梅林 (東京都 八王子市)

今年は年明けからずっと週末は仕事や旅であちこち出かけることが続いていました。そんなこともあって今年は地元の梅の写真を撮ることができなかったと思っていたら、どうも遅れているようで、私の住むエリアでもようやく見ごろになったと聞きました。 日曜日は、日の出の時間になるとともに、高尾山の北側にある裏高尾と言われる場所にある「大下沢梅林 (こげさわばいりん)」に出かけてきました。調べて見たら昨年より約2週間ほど遅い時期の撮影です。  * フィンランド編第1部は昨日までとなります。第2部は国内編ののち再開予定です。

絶景探しの旅 - 0521 朝の光が差し込む大下沢梅林 (東京都 八王子市)

朝の光が差し込む大下沢梅林 (東京都 八王子市)    Photo No.0521

日曜の朝は曇り空。大丈夫かなと大下沢梅林 (こげさわばいりん)に向かって車を走らせます。現場に到着したときも曇り空で少々残念な気持ちです。それでも、せっかくやってきた梅林ですので撮影を始めることにしました。場所を決め、撮り始めているとラッキーなことに朝のお日様が時折、雲の隙間から顔を出してくれるようになりました。その度ごとに浮き出し鮮やかな色に変わる梅の花の色を楽しむことができました。

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 70mm f8 1/15 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/12 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(24)

夕霞の富士山 (静岡県 伊豆半島沖)

久しぶりに富士山の見える席に座りました。西の方で仕事を終えた帰りの航空機は夕暮れ時の光に包まれ始めた太平洋の上を海岸線に沿って東に向かって航行中です。

絶景探しの旅 - 0522 夕霞の富士山 (静岡県 伊豆半島沖)

夕霞の富士山 (静岡県 伊豆半島沖)    Photo No.0522

航空機は駿河湾の前をいったん通り過ぎ、富士山をコンパスの中心のようにして、伊豆半島の先を回り込むように進行方向の向きを変えます。窓の外から見える富士山は夕霧に包まれたようにかすんでいます。富士山のすぐ前には駿河湾も見えます。 (富士山のある風景)

LUMIX GX7MK2 G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 143mm相当 f6.3 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/13 00:00 ]   静岡 | TB(-) | コメント(20)

沖縄リゾートの思い出 (沖縄県 恩納村)

3月の沖縄本島編です。朝夕は少々肌寒いですが、日中は水に入れるくらい温度が上がります。今年は1月に仕事で沖縄・那覇に出かけていたのですが、本州とのあまりの温度の違いに今日はとても暑いですね~、とタクシーの運転手さんに話しかければ、本土からのお客さんで温度が暑いとか寒いとかいう話をしてくるのは、大体、年寄りじみた人が多いとか。若い人はまず温度とか気候の話をしてこないそうです。余計なお世話です。

絶景探しの旅 - 0523 沖縄リゾートの思い出 (沖縄県 恩納村)

沖縄リゾートの思い出 (沖縄県 恩納村)    Photo No.0523

沖縄北部エリアの恩納村(おんなそん)にある 「ルネッサンスリゾート オキナワ」のホテル敷地内の海に浮かぶレストランです。こちらは卒園時期を利用してご家族3人で沖縄リゾートを楽しまれているのでしょうか。子供がお母さんを追いかけます。ご家族にとっていい思い出となるといいですね。一見、HDR風に見えますがこちらの照明がそのようなセッティングになっておりまして、ちょっと驚きでした。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 iA (f2.8 1/30 ISO3200)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/14 00:00 ]   沖縄(本島) | TB(-) | コメント(20)

異国情緒のある BEER BAR (沖縄県 恩納村)

3月の沖縄編、前回に続き、 「ルネッサンスリゾート オキナワ」のホテル敷地内の海に浮かぶレストランからです。さらっと流したかったのですが、こちらのレストランの建物は屋外、室内とも光の使い方がとても上手な設計になっていて、気に入ってしまいましたのでこちらの写真を多くご紹介することにしました。

絶景探しの旅 - 0524 異国情緒のある BEER BAR (沖縄県 恩納村)

異国情緒のある BEER BAR (沖縄県 恩納村)    Photo No.0524

こちらはバーベキューのいただけるレストラン&BARで、ご家族やグループの食事にぴったりなのですが、やっぱり海風を感じながら食事をしたいということもあり、屋外のテラス席はほぼ満席です。一方で、屋内はガラーンとしていましたが、そこが私にとっては好都合のいい被写体状態です。(私も外でお食事です。) こちらのレストランでは世界中のビールが味わえます。私はせっかくなので沖縄の地ビールと思われる「ゴーヤビール」をいただきました。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 iA(f2.8 1/60 ISO1000)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/15 00:00 ]   沖縄(本島) | TB(-) | コメント(16)

夜のビーチと花火 (沖縄県 恩納村)

春先でもすっかりシーズンインの雰囲気の沖縄です。1月の訪問の時から日中は暑かったので、3月ならばそんな日も多くなるのも当然でしょうね。今日も沖縄県恩納村(おんなそん)にあるホテルリゾートのプライベートビーチからです。中央の三角屋根の建物が前回ご紹介の2枚の写真の被写体の海上レストランです。

絶景探しの旅 - 0525 夜のビーチと花火 (沖縄県 恩納村)

夜のビーチと花火 (沖縄県 恩納村)    Photo No.0525

買い出しした飲み物を手に海の風を感じようと外に出て見れば、目の前に花火が打ちあがっていることに気がつきました。イベントでもあったのでしょうか。沖縄では3月でも花火が上がるのですね。恩納村の北の先の港でしょうか。まずい、早く撮らねば焦りながら、急いでカメラをセットしシャッターを押します。しかしながらこのワンショットが最後の花火でこれ1枚となりました・・・。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 72mm相当 f5.6 3.2s ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/16 00:00 ]   沖縄(本島) | TB(-) | コメント(22)

ウエイター 「C-3PO」に会う?! (沖縄県 北谷町)

沖縄のお楽しみ数あれど、今回の旅の最大のお楽しみのためにやってきたのは北谷町(ちゃたんちょう)。今回の沖縄本島の旅はとにかくずっと曇りか雨の週間予報。これでは楽しさも半減状態ですが、天気予報は外れるのがお約束!? 直前の天気予報とにらめっこ状態で行先を調整します。しかしながら、行く先々ではお日様が顔を出してくれることもあり、いつものラッキーが嬉しいです。

絶景探しの旅 - 0526 ウエイター 「C-3PO」に会う?! (沖縄県 北谷町)

ウエイター 「C-3PO」に会う?! (沖縄県 北谷町)    Photo No.0526

直前の天気とにらめっこしながら、この日に予約を入れやってきたのは恩納村と那覇市の間にある、北谷町(ちゃたんちょう)の港にある、「うみんちゅワーフ (北谷町開業振興センター)」です。少しの間、うみんちゅワーフの中をいろいろ歩き回って見ます。この時に、こちらの売店で見かけたのがウエイター「C-3PO」です。映画「STAR WARS(スターウォーズ)」好きにはたまらない人気キャラクターに沖縄で会うことができうれしい限り?! 写真を撮りながら時計を見れば、そろそろ時間です!

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 39mm相当 f2.8 1/60 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/17 00:00 ]   沖縄(本島) | TB(-) | コメント(6)

春の沖縄ホエールウォッチング (沖縄県 北谷町沖)

今回の沖縄本島の旅の一番のお楽しみはホエールウォッチングです!沖縄ではシベリア海域に生息しているザトウクジラが毎年12月下旬くらいになると暖かい沖縄の海に出産と子育てのためにやってくるそうです。沖縄でのホエールウォッチングは4月上旬まで楽しめるとのことです。見られないときは100%返金とのことで安心感もいっぱい。運がいいと海面から飛び出して反り返るザトウクジラが楽しめるとのことです。 (野生動物のいる風景)

絶景探しの旅 - 0527 春の沖縄ホエールウォッチング (沖縄県 北谷町沖)

春の沖縄ホエールウォッチング (沖縄県 北谷町沖)    Photo No.0527

沖縄中部の街、北谷町(ちゃたんちょう)からホエールウォッチングのクルーザーに乗り込みます。クルーザーはザトウクジラを探してどんどん北上していきます。北谷町から嘉手納町(かでなちょう)、読谷村(よみたんそん)辺りまで移動しながらクジラを探します。なかなかクジラが見つからなかったのですが、ようやくクジラを発見。すでに別の場所から出発したクルーザーやボートがザトウクジラをとらえているようです。我々を乗せたクルーザーもこれからザトウクジラに接近です。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f11 1/400 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/18 00:00 ]   沖縄(本島) | TB(-) | コメント(20)

野生のザトウクジラ (沖縄県 北谷町沖)

沖縄・ホエールウォッチングを船上から楽しみます。ザトウクジラは体長約11〜14m、体重30tほどの中型のクジラで、冬から春にかけて北洋から出産や子育てのために沖縄の海やってくるとのことです。そんな沖縄でのホエールウォッチングの目玉はブリーチと呼ばれる水面から反り返って飛び上がる大ジャンプです。

絶景探しの旅 - 0528 野生のザトウクジラ (沖縄県 北谷町沖)

野生のザトウクジラ (沖縄県 北谷町沖)    Photo No.0528

ようやく発見したザトウクジラは親子で3匹ほどがいるようです。潮吹き、背びれと背中、尾びれをしっかり確認しました。後は海面から全身を出して反り返るザトウクジラの大ジャンプの瞬間を待つだけです。船長さんたちもかなり粘ってくれたのですが、今回はここまで。残念とは言え、生クジラを見られることができたことに感謝です。日本は北洋から南洋までの様々な景色を手軽に楽しめる何とも恵まれた国だと改めて思います。 (野生動物のいる風景)

LUMIX GM1S PZ 45-175mm/F4.0-5.6 326mm相当 f11 1/500 ISO200

* 3月の沖縄本島編 第1部はここまでとなります。次も同じ3月、まさかウソでしょうの・・・、次の作品をお楽しみに。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/19 00:00 ]   沖縄(本島) | TB(-) | コメント(22)

知床連峰 海別岳をバックにホーツクを飛ぶ (北海道 網走市)

春3月の沖縄の海でのザトウクジラの大ジャンプは見ることができませんでしたが、作品はいきなり北のオホーツクの海の特集へのまさかの大ジャンプです! 現在、北欧・ヘルシンキ編、春の沖縄編を並行して進行していますが、これに冬から春へ移りゆく3月の北海道編がさらに重なって、さらに桜の差し込みもあるかも知れません。 いったいどれだけ喰い散らかしているのかとご指摘を受けそうですが、季節性の高いをものを優先してUPしていきますので、ご了承お願います。 ということで、ここからは3月のオホーツクの街・網走から始まる駆け足の北国の旅編スタートです。

絶景探しの旅 - 0529 知床連峰 海別岳をバックにホーツクを飛ぶ (北海道 網走市)

知床連峰 海別岳をバックにホーツクを飛ぶ (北海道 網走市)    Photo No.0529

急遽やって来ることになった網走の街。生まれて初めてのオホーツクの海を眺めます。海を挟んで対岸に見えるのは、知床半島の知床連峰・海別岳(うなべつだけ)です。 海別岳は標高1,419mでアイヌ語のウナペッ(灰の川)に由来しているとのことです。 その海別岳を背景にオホーツク海の上を海上保安本部のプロペラ機が西に向かって飛んでいきました。  (航空機のある風景)

SONY α99 70-200mm F2.8G 200mm f5.6 1/1250 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/20 00:00 ]   北海道(オホーツク) | TB(-) | コメント(18)

青い流氷 (オホーツク海/北海道 網走市)

今回のオホーツク海訪問の天気予報は晴れ。流氷砕氷船オーロラ号をしっかり予約です。ただ、残念なことに夕日と流氷を楽しめるサンセットクルーズ(16:30発)は直前の3月11日で終了とのことで、タイミングが悪くてがっかりしながらお昼過ぎの13:30発の便を予約しましたが、気がかりは、流氷が私の乗る3日前に網走沖から消滅していることです。流氷は風、潮の流れなどに影響を受けながら、海の上を大きく移動しているようです。そのため、前日は見ることができた流氷が、翌日は見れないということもあるようです。はたして流氷は戻ってくるのでしょうか。天に祈りを捧げます・・・。

絶景探しの旅 - 0530 青い流氷 (オホーツク海/北海道 網走市)

青い流氷 (オホーツク海/北海道 網走市)    Photo No.0530

幸運なことに私のやって来た日は、流氷が再び沖に戻って来ているとのこと。よって、流氷砕氷船オーロラ号の13:30便の運行が決定しましたが、13:30発のオーロラ号が、な、なんと13:00には沖へと出発してしまいました。個人や団体の予約者が全員そろったせいでしょうか、これにはびっくり。早く来ていてよかったです。 

オーロラ号は網走の乗船場からゆっくりと沖に出て行きます。しばらく走行後についに流氷群に遭遇です! ブロック状の青みがかかった流氷に大興奮。南極やバイカル湖の氷は青く見えるのは知っていましたが、ここオホーツクの流氷も青くて感動いっぱいです。ちなみにこの青さについては空気が押し出された密度の高い氷は赤色の長い波長の光などを吸収する一方で、短い波長の青い色の光は吸収されずに氷の中で反射することから、我々には青く光って見えるとのことです。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 17mm f8 1/800 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/21 00:00 ]   北海道(オホーツク) | TB(-) | コメント(22)

オホーツクの流氷に乗るオオワシ (北海道 網走市)

冬から春先の南洋のお楽しみがザトウクジラのホエールウォッチングならば、北洋は流氷のオオワシにオジロワシですよね! ただ、時期も時期だし、ネットに特別な情報もなく網走のオーロラ号では半分も期待していませんでしたので、流氷のオオワシが目の前にいるなんて、まさかのうれしい誤算です。

絶景探しの旅 - 0531 オホーツクの流氷に乗るオオワシ(北海道 網走市)

オホーツクの流氷に乗るオオワシ (北海道 網走市)    Photo No.0531

オーロラ号の乗組員の方から、前方左側にオオワシが見えると乗客にアナウンス。何ともラッキーです! 同じオホーツクの流氷砕氷船でも網走の流氷砕氷船は、動物狙いというよりは純粋に流氷を楽しむ運行となっているようでしたので、万一、見られればラッキーくらいの気持ちでした。しかし、いざ流氷のオオワシを見れば、どうしてマイクロフォーサーズのカメラと100-400mmレンズ (実質200-800mm)を持ってこなかったのかと一瞬後悔もしましたが、今回は悔いなしです。それにしても流氷は所々でこんなブロック状に積み上がっていることもあるものなのですね。 (野鳥のいる風景)

SONY α99 70-200mm F2.8G 200mm f8 1/1000 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/22 00:00 ]   北海道(オホーツク) | TB(-) | コメント(26)

流氷から飛び立つオオワシ (オホーツク海/北海道 網走市)

北海道・網走のオホーツク海の流氷について、アムール川の河口の氷が流れてきたものと聞くことも多いようですが、「北海道立オホーツク流氷科学センター」の研究によりますと、今から25年ほど前に発信機付きのブイを使って調べたところ、アムール川河口に放ったブイは、北海道まで流れ着かずにサハリン北方の海岸に凍りついて動かなくなったそうです。その後の調査結でわかったことは、シベリアからの寒い北風が海に吹き出し、サハリン北東部の海岸を冷やし続けることで、海岸で次々と薄い海氷が発生しては流され流氷が生まれ北海道までやってくるとのこと。そんなことで、我々が今見ている流氷は、ロシア生まれの氷に北海道沖の氷がプラスされたもののようです。

絶景探しの旅 - 0532 流氷から飛び立つオオワシ (オホーツク海/北海道 網走市)

流氷から飛び立つオオワシ (オホーツク海/北海道 網走市)    Photo No.0532

船が近づいて来るとオオワシが飛び立とうと姿勢を変えました。そんなときがまさにチャンス。飛び立つシーンもしっかり撮ることができました。今回のオオワシは中望遠レンズによる遠景での撮影ですが、次の機会があれば超望遠レンズもしっかり持ってこようかと思います。  (野鳥のいる風景)

SONY α99 70-200mm F2.8G 200mm f8 1/1000 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/23 00:00 ]   北海道(オホーツク) | TB(-) | コメント(20)

夕暮れ時の硫黄ガスの山 アトサヌプリ (北海道 弟子屈町)

3月の北海道・道東の旅はオホーツクの町・網走を離れ、やってきたのは内陸部の弟子屈町(てしかがちょう)です。今回の旅の最大のお楽しみはこちらのエリアです。アットホームなかけ流し温泉の宿も楽しみのひとつです。網走から南下する道を走っていて弟子屈町に入った頃、目の前に見える山の向こうからモクモクと大量の水蒸気の煙が見えます。なんだろう、とても気になり車の向きを変えて現場に近づいてみます。

絶景探しの旅 - 0533 夕暮れ時の硫黄ガスの山 アトサヌプリ (北海道 弟子屈町)

夕暮れ時の硫黄ガスの山 アトサヌプリ (北海道 弟子屈町)    Photo No.0533

目の前の道路にやってくればアトサヌプリ(硫黄山)という山ということがわかりました。山の中腹や麓からすごい勢いで硫黄ガスを含水蒸気が吹き上げられています。車を駐車場に止め、遠くからアトサヌプリの様子を見て楽しんでいるうちに空もそろそろ夕暮れどきの空になって来ました。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 18mm f18 20s ISO50 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/24 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(14)

朝日を受ける北の大地のスモークモンスター (アトサヌプリ/北海道 弟子屈町)

北海道・弟子屈町(てしかがちょう)のアトサヌプリ(硫黄山)で驚くのが、硫黄ガスを含む白煙の上がり方が半端ないことです。それはまるでこの前に見た釧路の蒸気機関車のようです。この大地の下に豊富な湧き水と強力な熱源があるということなのかと思います。また、いくつかの噴き出す噴口のおかげで水蒸気爆発も起こることなく大地のストレスが緩和されているのでしょうね。人の世界と同じようにガス抜きは必要なようです!? それはさておき、翌日の朝、もう一度アトサヌプリにやってきてガスの噴口のすぐそばに近づいてみます。

0534 朝日を受ける北の大地のスモークモンスター (アトサヌプリ 北海道 弟子屈町)

朝日を受ける北の大地のスモークモンスター (アトサヌプリ/北海道 弟子屈町)    Photo No.0534

澄み切った青空の下でいつかは見てみたい冬の風物詩と言えば、私の場合は、蔵王や八甲田山などで有名なスノーモンスター(樹氷)です。あれは実に素晴らしいですよね。そんな思いを持ちながら日々過ごしているときに、に思いがけずに見ることができたのが、これです。名付けて、北の大地の 「スモークモンスター」。

硫黄がこびりついた レモンイエローの岩に、野球のボールほどの小さな穴から勢いよく沸騰したやかんのにように噴き出すスモークが見事なアトサヌプリですが、そのスモークがモコモコな形のミシュランのキャラのようにも見えます。私はそのモコモコなスモークに笑いながら口を開けている大きな顔のスモークモンスターが見えたりするのですが、皆さんはいかがですか? ちなみに台湾のアイスモンスター(*)はもう経験済みです!(* 注:カキ氷です)

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm f8 1/1000 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/25 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(18)

神聖なる湖 鏡の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

夕暮れ時が近づく硫黄の山アトサヌプリの撮影をササッとすませ、今回の北海道の旅のメインの屈斜路湖(くっしゃろこ)に向かいます。この時期の北海道の湖は湖面が凍っている場所が多いですが、屈斜路湖は温泉効果なのか一部水面が広々と見えているところがありました。また御神渡りと呼ばれる現象も運がよければと思っていたのですが、残念ながらそちらはまた次回のお楽しみとなりました。今回はわずかな時間でしたが、冬から春への3月の屈斜路湖の魅力を満喫することができました。それでは、これからメインの3月の屈斜路湖編となりますので、お付き合いただければうれしく思います。

絶景探しの旅 - 0535 神聖なる湖 鏡の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

神聖なる湖 鏡の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)    Photo No.0535

今回は湖面の氷結が最も少ない場所を選んでいます。日没までもう少し。これから日没までの刻々と変わって行くその瞬間を待ちます。 日没時間に近づき、空がどんどん薄暗くなっていきます。湖面の小さな波が消え、屈斜路湖の湖面には対岸の藻琴山(もことやま)から続く山々の景色が浮き出します。その澄み切った鏡のような湖面に神聖なひと時を感じました。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm f11 2s ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/26 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(28)

湯気立ち上る夕日の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

屈斜路湖の湖畔に陣取っています。 湖面に倒れた木が横たわるその光景が気に入ってしまい、今回はその木を取り入れた写真を多く撮っています。この日は雲ひとつない天気だったのですが、屈斜路湖付近では藻琴山の影響でしょうか、雲が低い位置にあり夕日も隠れていましたが、次の瞬間に雲と山陰のわずかな間から沈む太陽の光が差し込んで来ました。

絶景探しの旅 - 0536 湯気立ち上る夕日の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

湯気立ち上る夕日の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)    Photo No.0536

屈斜路湖の湖面に夕日の光が差し込み始めました。するとみるみるうちに湖面が温められて湯気が立ち上がってきます。夕方でも朝日と同じようなことが起きるものなのですね。目の前で素敵な景色が変わり続ける瞬間瞬間に出会え感動の屈斜路湖の夕刻が続きます。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm f11 1/40 (-1 1/3) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/27 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(24)

輝く金の帯と燃える日没の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

運よく、山と雲の隙間から屈斜路湖に顔を出してくれたお日さまがいよいよ山影に落ちて行きます。そして最後のドラマを見せてくれ始めました。

絶景探しの旅 - 0537 輝く金の帯と燃える日没の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

輝く金の帯と燃える日没の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)    Photo No.0537

この日の最後で最大の燃えさかるひと時。湖面に金の帯が輝き出すとともに小さな波が出始めました。屈斜路湖に静寂の夜がまた訪れようとしています。

SONY α99 70-200mm F2.8G 120mm f11 1/100 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/28 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(20)

天の川と氷の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

日没の後はいったん宿で夕食をいただき、再び撮影に出かけます。この日は新月なので屈斜路湖と星空撮影を行おうと思います。撮影場所候補は明るいうちに決めてあります。宿からそう遠くない場所に移動し、湖畔から星空を狙いますが、とにかく空気がきれいなこともあり、見える星の数の多さに大感動です。

絶景探しの旅 - 0538 天の川と氷の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

天の川と氷の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)    Photo No.0538

山の向こうに美幌町(びほろちょう)辺りの光が漏れていますので、その灯りをアクセントに屈斜路湖の対岸の美幌峠辺りを狙おうと思います。湖面には手前の道の明かりが届きますので、氷で覆われた屈斜路湖の様子もしっかり写せます。撮影中には、時々、バキッと湖面の氷が割れる音やバチャという水の音も聞こえて、まるでそこに動物でもいるんじゃないかと、都度、ビクッとしながらの撮影となりました。 いつまでも撮影をしたかったのですが、寒さも厳しくバッテリーの消耗も早いので、早く片づけて、宿に帰り、かけ流し温泉をしっかり楽しもうと思います。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm  f2.8 30s ISO6400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/29 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(24)

美幌峠の夜明け 雪に覆われた屈斜路湖 (北海道 美幌町)

暗いうちに眠い目をこすりながら起き、身体にいつものようにカイロを8個装備し、これから屈斜路湖の湖畔の宿泊先から美幌峠(びほろとうげ)に向かいます。屈斜路湖を挟んでちょうど向かい側にあるのですが、その距離は何とちょうど30km!いかに屈斜路湖が大きいかお分かり頂けると思います。およそ40分後に美幌峠(びほろとうげ)の展望台の駐車場に到着。暗闇の中、展望台の一番高い場所に向かって上りの道を登って行きます。昨日の日没写真の後に、こちらもロケハン済みです。靴にスパイクを取り付けてところどころ凍った雪の道を急いで登って行きます。

絶景探しの旅 - 0539 美幌峠の夜明け 雪に覆われた屈斜路湖 (北海道 美幌町)

美幌峠の夜明け 雪に覆われた屈斜路湖 (北海道 美幌町)    Photo No.0539

ようやく一番高い場所に到着です。いい運動をしたので身体も温まってポカポカです。カイロなんか要らなかったかなと思ったのも束の間、周りがよく見渡せる明るさになったと思った瞬間、猛烈な横風が吹き始めました。暖かさも一瞬、いきなり体感温度−10度は急降下気分です。3月なのに顔や耳、頭が凍りそうです。耳当て付きの帽子をしっかり被り直し、さらに風でカメラが揺れないように、三脚を安全柵に絡みつけながら寒さに耐えながら朝日が顔を出す瞬間を待ちます。待つ事しばし、湖面が雪で覆われた屈斜路湖の向こう側から日の光が差し込み始めました。その光景は、ここまでの苦労や寒さを一瞬のうちに忘れさせてくれるくらい素晴らしいものでした。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 18mm f11 1/100 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/30 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

朝日に輝く雪の屈斜路湖 (北海道 美幌町)

北海道に来るたびにいつも新しい喜びを覚えます。また、今回、訪問のメインである屈斜路湖の素晴らしい風景をたくさん見ることができ、本当によかったと思います。

絶景探しの旅 - 0540 朝日に輝く雪の屈斜路湖 (北海道 美幌町)

朝日に輝く雪の屈斜路湖 (北海道 美幌町)    Photo No.0540

屈斜路湖の向こうから昇り始めたお日様がどんどんまぶしい輝きを放ち始めます。その光を受け、雪面も黄金の反射を始めます。それはまるで大地が息を吹き返したようです。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f11 1/160 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/31 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(14)