白い息を吐き鳴くタンチョウ (北海道 鶴居村)

新年あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。鶴は千年、亀は万年という縁起のいい言葉がありますが、長生きにはやっぱり健康が大切ですよね。ということで今年1年の皆さまの健康を祈念しまして、2018年のスタートは北海道・道東の鶴居村からのタンチョウの1枚です。今年も素敵と思っていただけるような写真をいっぱいお届けしたいと思います。本年も「絶景探しの旅」を何卒よろしくお願い致します。

絶景探しの旅 - 0451 白い息を吐き鳴くタンチョウ (北海道 鶴居村)

白い息を吐き鳴くタンチョウ (北海道 鶴居村)   Photo No.0451

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリに到着しました。朝も早くまだ人影も少ないサンクチュアリに雪が降り始めるとともに、どんどんとタンチョウたちが集まり始めました。しばらくするとサンクチュアリにタンチョウの鳴き声が聞こえます。辺りを素早く探して見れば、タンチョウの家族でしょうか。雪の降る中で白い息を吐きながら鳴くタンチョウの夫婦がいます。いつも鳴くのはたまに見れても、条件のせいか白い息が見られるなんてなかなかありませんでしたので狙いを定めます。入れ乱れるタンチョウたちからもしっかり分離できたとともに、タンチョウの向きもよく、さらに舌までもしっかり写すことができラッキーでした。  (野鳥のいる風景)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  581mm相当 f5.6 1/400 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/01/01 00:00 ]   北海道(釧路・鶴居) | TB(-) | コメント(28)

雪とタンチョウの瞳 (北海道 釧路市)

釧路地区には、冬の間、タンチョウたちに餌を与えている場所がいくつかあります。今回はそのひとつの釧路空港からも近い「阿寒国際ツルセンター」にやってきました。こちらは、入場料が必要なことと、いるいないのムラがあるようですが、タンチョウが人のすぐ近くまでやってきます。その距離感は他の場所に比べ信じられないくらい近いと感じました。

絶景探しの旅 - 0452 雪とタンチョウの瞳 (北海道 釧路市)

雪とタンチョウの瞳 (北海道 釧路市)   Photo No.0452

タンチョウはその目の作りの特徴から、小鳥のようなキャッチアイなどの目の描写が難しいという話を聞きました。また冬になると雪の中にくちばしを差し込んでその先の地面の中のえさを捕るしぐさを繰り返すことから、雪の付いたくちばしもねらい目だと教えていただきました。そんなこともあって、目がしっかり写ってくちばしに雪が付着した写真を狙ってみました。 (野鳥のいる風景)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f6.3 1/200 (+1) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/01/02 00:00 ]   北海道(釧路・鶴居) | TB(-) | コメント(16)

雪降る北の大地の守り神 エゾフクロウ (北海道 阿寒郡)

自然の中で生きるフクロウが見たい!と思ってもう何年にもなります。北海道ではそのチャンスが高いと楽しみに出かけることも多いのですが、あちこちで最近はあまり見かけなくなったという話をよく聞きます。北海道を連続して襲った台風以来、特にそんな傾向があるという話も聞きました。そんな中でついに長年の夢がかなう瞬間がやって来たのです。現場に来れば、あ!いる〜、と大感激。嬉しさを抑えて、近寄りすぎず離れた場所から刺激せずに静かにエゾフクロウを見守ります。

絶景探しの旅 - 0453 雪降る北の大地の守り神 エゾフクロウ (北海道 阿寒郡)

雪降る北の大地の守り神 エゾフクロウ (北海道 阿寒郡)   Photo No.0453

雪が降りしきる中、動かず、じっとしているつがいのエゾフクロウです。観察した人の情報として聞いたのは小さい方がオスだそうです。雪が降り続き寒さが増しますがお互いに体を寄せ合えば少しは暖かそうです。また、時々、お互いに毛づくろいなどしてあげるそうですが、そんな話を聞けば寒さも忘れてほのぼのした気分になります。短い時間ではありますが、時々うっすらと目を開けたり閉じたりする姿を感謝しながら眺めさせていただき、早々に引き上げました。   (野鳥のいる風景)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f8 1/500 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/01/03 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(26)

雪の五箇山 菅沼合掌作り集落 (富山県 南砺市)


世界遺産の合掌造り集落と言えば、岐阜の白川郷の合掌作り集落が有名です。そういえば、先日のゆく年くる年は白川郷からの中継でしたね。その白川郷から北の方角に20㎞程離れた場所にあるもうひとつの世界遺産の合掌作り集落、富山・五箇山の合掌造り集落を目指し、雪が降り積もる東海北陸道に車を走らせます。

絶景探しの旅 - 0454 雪の五箇山菅沼合掌作り集落 (富山県 南砺市)

雪の五箇山 菅沼合掌作り集落 (富山県 南砺市)   Photo No.0454

五箇山の菅沼合掌作り集落付近に到着しました。冬の日本海側特有の鉛色の空から小康状態となった雪が山村に舞い降ります。車を降りて高台の集落がよく見える位置に向かいます。そこから見える風景は、日本有数の豪雪地帯の厳しい冬に耐え続ける伝統的な家屋が点在するとともに、家々の明かりが灯る前のモノクロームの世界が広がっていました。

SONY RX100 44mm相当 AUTO (f5.6 1/250) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/04 00:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(24)

白山麓からの白山冬景色 (石川県 白山市)


富士山や立山は比較的近くからでも認識しやすい印象がありますが、白山については灯台下暗しという言葉のとおり、近くに寄れば寄るほど、手前の山々に邪魔されて、その姿が見えなくなります。石川県側の白山市の白山山麓(白山市)の地方道「てどり桜街道」沿いに晴れていれば手前の山々の奥に白山をしっかり見ることのできる場所があります。この日は天候がそれほど良くないのですが、白山が見え隠れしています。てどり桜街道の道路脇に車を止めて冬の白山や白山連邦の眺めを楽しみます。

絶景探しの旅 - 0455 白山麓からの白山冬景色 (石川県 白山市)

白山麓からの白山冬景色 (石川県 白山市)    Photo No.0455

200mmレンズで遠くの白山山頂の様子を引き寄せます。直線的に30㎞前後程でしょうか。奥の方に雪が吹雪く白山の影が見えます。晴れていればきっと素晴らしい雄姿を見せてくれることでしょう。

SONY α99 70-200mm F2.8G 200mm f11 1/100 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/05 00:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(20)

おぼろ月と加賀百万石「尾山神社」 (石川県 金沢市)


2018年1月2日の満月はいきなりその年の一番大きな月となるスーパームーンでした。冬の月と言えば、天気の比較的よい太平洋側では思いっきり見やすくなる時期ですが、北陸地方では雲の多い時期が続き鑑賞しにくい時期となります。冬の時期は厚い雲の切れ間にぼんやりと滲むように光るおぼろ月を見ることが多いのではないかと思います。

絶景探しの旅 - 0456 おぼろ月と加賀百万石 尾山神社(石川県 金沢市)

おぼろ月と加賀百万石「尾山神社」 (石川県 金沢市)    Photo No.0456

ステンドグラスが特徴的な金沢のシンボルのひとつとされる尾山神社の“神門 (国指定重要文化財)”です。尾山神社は加賀藩祖前田利家公と正室のお松の方を祀る神社で、夜になればライトアップとともにステンドグラスが光りだします。おぼろ月を入れて湿度の高い冬の北陸・金沢らしさが表現できたのではないかと思います。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 40mm f8 3.2s (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/06 00:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(20)

冬の日本海に突き出す東尋坊 (福井県 坂井市)


冬の北陸と言えば、鉛色の空と荒れ狂う日本海の海が似合います。この日、やってきたのは福井の名所、東尋坊。柱状節理と呼ばれる六角形などの黒い支柱が海に張り出します。似たようなものを韓国・済州島で見たことがありまして、済州島をはじめとした限られた場所でしかそれを見ることができないのではと思っていたら、ここ東尋坊にもそれがあり、ちょっと嬉しく思います。

絶景探しの旅 - 0457 冬の日本海に突き出す東尋坊 (福井県 坂井市)

冬の日本海に突き出す東尋坊 (福井県 坂井市)    Photo No.0457

荒れる波の様子をスローシャッターで撮影しました。先ほどまではただ曇っているだけだったのですが、雨雲が近づいて来たらしく雨がポツリ、ポツリと落ち始めました。弁当忘れても傘忘れるなという言葉があるくらい北陸地方の天気は変わりやすいのです。しかしながら、そんな言葉も忘れてしまって肝心の傘は車の中。慌てながら大急ぎで、いかにも冬の北陸らしいいくつかのカットを撮って、濡れながら離れた場所にある駐車場まで退散です。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 35mm f22 13s ISO50 PL + ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/07 00:00 ]   福井 | TB(-) | コメント(12)

雨のち晴れ 冬の東尋坊 (福井県 坂井市)


雨が降ってきたので、いったん撮影を終了し車に戻りました。そのまま立ち去ろうと思ったのですが、東尋坊には美味しそうなカニやウニなどの海鮮丼をお手軽価格で食べさせてくれるお店がいくつもあり、こちらで昼食を取ることにしました。再び今来た道を戻ります。よさそうなお店を選び、甘エビやウニが乗った美味しい丼ぶりを味わいました。昼食を取り、お店を出れば、先ほどまでのどんよりとした鉛色の空がなんと青空に変わっています。再び機材を準備し、東尋坊の写真を撮り直しに出向きます。

絶景探しの旅 - 0458 雨のち晴れ 冬の東尋坊 (福井県 坂井市)

雨のち晴れ 冬の東尋坊 (福井県 坂井市)    Photo No.0458

食事を取っていた間に、東尋坊の空は雨から一転、日差しが差すとてもいい天気の空に変わっています。再び東尋坊での撮影を楽しみます。それにしても短い時間に何という幸運、一粒で二度美味しい東尋坊での撮影となりました。帰ろうとする頃には空が再び暗くなりつつあります。なんとも気まぐれな北陸の冬の空模様です。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 17mm f16 1.6s ISO50 PL + ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/08 00:00 ]   福井 | TB(-) | コメント(24)

青い地球の空のベール (フランス上空)


英国・ロンドンから、ブリティッシュエアウェイズ(英国航空/BA)機でイタリア・ミラノに向かいます。フランスを横切りジュネーブの南方を通ってミラノに向かうコースを飛行するようです。

絶景探しの旅 - 0459 青い地球の空のベール (フランス上空)

青い地球の空のベール (フランス上空)    Photo No.0459

フランス上空を通過中です。空の色はまるでフレンチブルー。その昔、ソビエト連邦のガガーリン大佐が宇宙から地球を見て、「地球は青かった」という名ゼリフを吐いたとう話が有名ですが、窓の外から見えるのはまさにその通りの景色で、その青い地球にうっすらとした雲がベールのように覆います。さらにこの景色のまま、スイスジュネーブのレマン湖の南を通過し、BA機はいよいよ次なるお楽しみに差し掛かります。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f5.6 1/640) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/09 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(22)

日本の登山家も挑んだアルプス山脈モンブラン山塊 雪のグランド・ジョラス (フランス上空)


ロンドンからミラノに向かうブリティッシュエアウェイズ機はフランス、スイス、イタリアなどの間に広がるアルプス山脈の真上を飛行していきます。天候に恵まれ眺めもよく、とても幸せな気分に浸っています。機内のモニターの飛行マップと地表を照らし合わせながら位置の確認をします。マッターホルンはちょっと遠くに確認です。窓の下の景色を見れば、特徴的な山々が見えます。なんだろう、調べればフランスとイタリアの国境の山、ヨーロッパアルプス三大北壁(アイガー、グランド・ジョラス、マッターホルン)のひとつグランド・ジョラス(Grandes jorasses)のようです。

絶景探しの旅 - 0460 日本の登山家も挑んだアルプス山脈モンブラン山塊 雪のグランド・ジョラス (フランス上空)

日本の登山家も挑んだアルプス山脈モンブラン山塊 雪のグランド・ジョラス (フランス上空)    Photo No.0460

アルプス山脈モンブラン山塊にあるアルプス三大北壁のグランド・ジョラスをフランス国境側から眺めています。グランド・ジョラス(Grandes jorasses)はフランスとイタリアの国境に位置していて最高峰の標高は4,208mにもなります。このグランド・ジョラスは約1kmにわたって、6つの頂があるそうです。最高峰のウォーカー峰(4208m)をはじめとして、ウィンパー峰(4184m)、クロ峰(4110m)、エレーヌ峰(4045m)、マルグリット峰(4066m)、ヤング峰(3996m)とおよそ4000m級の頂が連なります。この写真ですと、右端ギリギリのとがった山がウォーカー峰(Pointe Walker/4208m)、中央のとんがり出た山がウィンパー峰(Pointe Whymper/4184m)、左やや上がマルグリット峰(Pointe Margherita/4066m)と思われますが、違っていたらお教えいただけますと助かります。

私は空からちょいと頂上を簡単にひとまたぎしましたが、このグランドジュラスは、アルプス三大北壁の中では最難関と言われており、Wikipediaによりますと、日本の登山家の長谷川恒男氏は1979年3月にグランド・ジョラスの登攀(とうはん)の成功を以って、世界初のアルプス三大北壁の冬期単独登攀に成功したとのことです。その一方で、同じ日本の登山家森田勝氏は1980年2月に冬のグランド・ジョラスに挑戦したものの、約800mにわたって転落し、亡くなられたとのことです。グランド・ジョラスは写真で見てもその危険さが伝わってきます。

SONY RX100 69mm相当 AUTO (f7.1 1/800) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/10 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(20)

こんな写真を撮ってみたい!The Italian Way (イタリア ミラノ)


イタリア・ミラノの街を歩き、ウインドウショッピングをすれば、そのデザインセンスのよさに驚かされます。ファッションブランドの本店が多いのもうなづけます。そのセンスのよさを自分の写真に取り入れたくなってしまいます。ミラノの街を歩けば、こんなパネルを見かけました。

絶景探しの旅 - 0461 こんな写真を撮ってみたい!The Italian Way (イタリア ミラノ)

こんな写真を撮ってみたい!The Italian Way (イタリア ミラノ)    Photo No.0461

モノトーン調の街角に、黒い太文字のメッセージとモノトーン写真が並べられる光景に出会いました。@vogueitaliaとあります。芸術性に富んだファッション写真作品がたくさん載っているという VOGUEITALIA の広告もかねているのでしょうか。ここに並ぶ作品は、オリビエーロ・トスカーニ(Oliviero Toscani/イタリア 、ミラノ生まれの写真家)の1975年のモノクロ作品のようです。実に個性ある素敵な作品ですね。さすが、デザインと芸術の街、ミラノがはぐくんだ作者のものだと感心します。

ちなみにWikipediaによれば、オリビエーロ・トスカーニは、チューリッヒで写真を学び、ローマの広告代理店に入社、『エル』、『ヴォーグ』等の雑誌でファッション写真を撮り、1983年よりベネトン社と契約、ベネトンでは、およそ従来のファッションブランドの広告写真からはかけ離れたAIDS、人種差別、戦争、死刑制度等を正面から取り上げたそうです。

私もいつかこんな個性のある作品を撮れるようになりたいものです。  (世界の芸術品)

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f2.5 1/250) ISO320

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/11 00:00 ]   イタリア(ミラノ・北部) | TB(-) | コメント(16)

ミラノの休日 (スカラ座/イタリア ミラノ)


日本でオデオン座とか、スカラ座とかそんな名前をつけた映画館を聞いたり、利用したことがある人が多いのではないでしょうか。実にいい雰囲気の名前だと思っていれば、オリジナルのオデオン座はフランス・パリにある国立劇場で、スカラ座はイタリア・ミラノにある歌劇場のようです。

絶景探しの旅 - 0462 ミラノの休日 (スカラ座/イタリア ミラノ)

ミラノの休日 (スカラ座/イタリア ミラノ)    Photo No.0462

この日は土曜日。ミラノの休日をちょっとだけですが楽しみもうと夕暮れ時の市内の中心部にやってきました。まだ着いたばかりで慣れないということもあって確実に美味しい夕食をいただくためにドゥオーモ駅までホテル近くの駅から地下鉄を乗り継いでやってきたのです。駅の階段を上がり外に出ると目に入るのは長い歴史を感じさせる石畳の道を古めかしい黄色い路面電車が走ります。これぞミラノの休日と言いたくなるような雰囲気がいっぱいです。

ちなみに路面電車の右に黄色く輝くある建物がありますが、こちらが正真正銘のスカラ座でイタリアオペラ会の最高峰の劇場とのことです。それであれば、本場の一流のオペラを見たいとも思うのでが、いきなりでは、チケットも手に入らなさそうです。 (鉄道のある風景)

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/60) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/12 00:00 ]   イタリア(ミラノ・北部) | TB(-) | コメント(22)

夕暮れ時のミラノ大聖堂とドゥオーモ広場 (イタリア ミラノ)

イタリア・ミラノに来たらやって来るべき場所と言われるドゥオーモ広場にやって来ました。ドゥオーモ(Duomo)はイタリア語で、イタリアでのその街を代表する教会堂の事だそうです。ミラノの大聖堂はドゥオーモ・ディ・ミラーノ(Duomo di Milano、) と呼ばれ、大聖堂の前の広場は多くの人たちで賑わっていました。

絶景探しの旅 - 0463 夕暮れ時のミラノ大聖堂(イタリア ミラノ)

夕暮れ時のミラノ大聖堂とドゥオーモ広場 (イタリア ミラノ)   Photo No.0463

この日、ドゥオーモ広場に着いた時は夕暮れ時で、どんどんと辺りが暗くなって来ました。広場には人が集まる場所の割には灯りが少なく、自然に任せ暗くなっていきます。その暗くなる景色の中、大聖堂の1番高い塔の上の黄金のマリア像がライトを浴びて輝きだします。

SONY α7 Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS 24mm AUTO (f4.0 1/160 ISO800)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/13 00:00 ]   イタリア(ミラノ・北部) | TB(-) | コメント(12)

イタリアの田舎町の駅に降り立つ (アルクアータ・スクリーヴィア駅/イタリア アレッサンドリア)


欧州ではフランスがかなりの鉄道国の印象がありますが、ここイタリアもかなりの鉄道国です。ローマ、ミラノ、ナポリなどの大都市間への移動は新幹線級の高速鉄道がとても便利です。こちらの駅はミラノとジェノバの間にあるローカル駅ですがちゃんと電化されています。私が驚いたのはパンタグラフに電源を送る架線の形式です。日本の地方の私鉄の架線もなかなかシンプルですが、こちらも思いの外、シンプルだったりします。

絶景探しの旅 - 0464 イタリアの田舎町の駅に降り立つ (アルクアータ・スクリーヴィア駅 イタリア アレッサンドリア)

イタリアの田舎町の駅に降り立つ (アルクアータ・スクリーヴィア駅/イタリア アレッサンドリア)    Photo No.0464

ミラノのあるロンバルディア州の南のお隣のピエモンテ州アレッサンドリア県にある、人口6000人弱のアルクアータ・スクリーヴィアというコムーネ(自治体)の駅に降り立っています。アルクアータ・スクリーヴィアの街はとてもこじんまりした田舎町で一歩町の中に足を踏み込めば、細い道を取り囲むように家々が立ち並びます。お昼どきなのですが、駅の近くには食事をするお店も見当たらないし、この日は日曜日ということもあって駅の売店も閉まっていました。辺りをうろついてようやく開いている町の小さな売店を見つけたくらいです。駅からちょっと離れたところにでも行けば何かあるのかも知れません。 (鉄道のある風景)

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f5 1/250) ISO320

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/14 00:00 ]   イタリア(ミラノ・北部) | TB(-) | コメント(20)

閑散としたイタリアの田舎町 (セッラヴァッレ・スクリーヴィア/イタリア アレッサンドリア)


イタリアの田舎町について皆さん関心がおありのようでしたので、急遽1枚作品を追加することにしました。ちょっと開けた街並みから続く広かった道が急に狭くなってきました。一方通行の道なのですが、この道の狭さ感と両脇のいかにもイタリアの田舎の家屋らしい建物が私の旅心をくすぐります。

絶景探しの旅 - 0465 閑散としたイタリアの田舎町 (セッラヴァッレ・スクリーヴィア/イタリア アレッサンドリア)

閑散としたイタリアの田舎町 (セッラヴァッレ・スクリーヴィア/イタリア アレッサンドリア)    Photo No.0465

この写真の場所は、セッラヴァッレ・スクリーヴィア(Serravalle Scrivia)という町で人口は6000人ほどです。道をこの先に行けば、前回ご紹介のアルクアータ・スクリーヴィア駅の(ミラノに向かってひとつ手前の)お隣の駅「セッラヴァッレ・スクリーヴィア駅」に到着します。狭い道の両脇に建物が並ぶ様子がなかなかいい雰囲気です。この通りはいつもはにぎわっているでしょうか? それともこの写真と同じ?いずれにせよ、この日は日曜日の午後ということもあってか閑散としています。前を見れば、おじいさんがきちんと横断歩道を渡って道路を横断しています。さすがです。

SONY RX100 45mm相当 AUTO (f3.2 1/250) ISO500

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/15 00:00 ]   イタリア(ミラノ・北部) | TB(-) | コメント(16)

イタリアンデザインが冴えわたる建築物 (イタリア ミラノ)


ミラノの街を車で走っているときに見かけて気になっていました。アパートなのではないかと思うのですが、ひょっとしたらオフィスビルなのかも知れません。街歩きのときにも観察していたのですが見れば見るほど面白いです。まさに芸術の都らしい建築物ではないでしょうか。

絶景探しの旅 - 0466 イタリアンデザインが冴えわたる建築物 (イタリア ミラノ)

イタリアンデザインが冴えわたる建築物 (イタリア ミラノ)    Photo No.0466

ベランダがあまりにも複雑な組み合わせで階を積み上げて行っています。たぶんメゾネットタイプの部屋を持つものと思われます。ベランダや屋上には植物もあって鉄筋ながら緑もいっぱいです。さらに各階のベランダには明らかに木まで植えられていて枯れないものかと心配してしまいます。実にユニークです。ちなみにこのように張り出したベランダのビルがいくつか散見されました。

SONY RX100 45mm相当 AUTO (f3.2 1/250) ISO500

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/16 00:00 ]   イタリア(ミラノ・北部) | TB(-) | コメント(16)

花の都パリのプチホテル (フランス パリ)


欧州周遊は、フランス・パリに移動です。パリ在住の駐在員の方と話をすれば、秋冬の間のパリは朝も暗いし、日没も早いだけでなく、天気の悪い日が続き、夏のような青い空を見ることは少ないとのことです。そんなこともあって、今回のパリ訪問時は天気もあまりよくありませんでした。そんなパリの宿泊先と言えばプチホテルを選ばれる方も多いのではないでしょうか。プチホテルあこじんまりとした規模のものを指すようですが、その分、個性豊かな素敵なホテルが多くあります。ということで、今回のパリの宿泊もご多聞に漏れずプチホテルを選んでいます。

絶景探しの旅 - 0467 花の都パリのプチホテル (フランス パリ)

花の都のパリのプチホテル (フランス パリ)   Photo No.0467

薄明りの頃のパリのプチホテルの玄関です。ベランダの花と壁のライティングがとてもきれいです。凱旋門とセーヌ川の間くらいにあります。ホテル内は外からは想像もつかないと思うのですが、螺旋階段が中央にあって、部屋につながる廊下も螺旋階段を取り巻くような円形の廊下。屋内は赤を基調としており、なかなかいい感じです。ただ、前回、訪問した時は部屋には確かに冷蔵庫があったのですが、なぜか取り外されていました。そこにちょっと不満が残りますが、シャンゼリゼ通りにも歩いて行ける地の利のよいホテルです。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f2 1/100) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/17 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(20)

パリの朝食 (フランス パリ)


今回のパリはプチホテルでの滞在です。あまりにも早朝過ぎて、フロントの方に、玄関のドアのカギを外していただき、外に出かけました。満足のゆく撮影だったか否かは別にしまして、とりあえず朝のパリの様子を撮影してからホテルに戻ってきました。そろそろ朝食の時間ですので部屋にカメラを置いてから朝食をいただこうと思います。

>絶景探しの旅 - 0468 パリの朝食 (フランス パリ)

パリの朝食 (フランス パリ)    Photo No.0468

朝食を取るためにダイニングのある地下に向かいます。1階から螺旋階段を下りて行けば、こんな部屋に到着します。ここ以外のプチホテルにも宿泊したことがあるのですが、どこもそれぞれインテリアにこだわっていて、こんなところにもパリらしいこだわりを感じることができます。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/30) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/18 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(18)

100年の歴史 ギャラリー・ラファイエットのクーポール (フランス パリ)


フランス・パリに来れば行きたくなるところがいくつもあり、じっくり回ろうとすれば何日あっても足りない感じです。その中でもショッピングを楽しもうと思えば、欠かせないのが百貨店のギャラリー・ラファイエットパリ本店です。まるで劇場のような素晴らしい作りのギャラリー・ラファイエットですが、さらに上を見上げれば思わずうなってしまうのが豪華なクーポール(丸天井)です。

絶景探しの旅 - 0469 100年の歴史 ギャラリー・ラファイエットのクーポール (フランス パリ)

ギャラリー・ラファイエットのクーポール (フランス パリ)    Photo No.0469

とにかくまわりを見渡すだけでも撮影意欲がウズウズしてしまうのが、ギャラリー・ラファイエットの店内。そして、その店内でもひときわ存在感があって目を引くのは丸天井、クールポールです。たかが天井と思いきや、そのゴージャスな作りに感嘆します。この天井の巨大クーポールは1912年に作られ、その歴史は100年越えと聞き、2度驚くのでした。

Apple iPhone6s AUTO (29mm f2.2 1/100 ISO32)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/19 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(20)

巨大水蒸気雲が昇る冬の羽田空港の朝 (東京都 大田区)


冬の欧州周遊編はいったんお休みです。今週は出張であちこち出かけておりまして、これが休日の旅だったらどんなによかったのにと思うような行先もありました。ここのところ外せない新年会などありまして、前の日の現地入りができずに、翌朝早く、羽田空港からの出発となりました。この日はトラブルで予定の電車に乗り遅れまして、空港の保安検査への到着は出発15分前。ギリギリセーフは心臓によくないですね。

絶景探しの旅 - 0470 巨大水蒸気雲が昇る冬の羽田空港の朝 (東京都 大田区)

巨大水蒸気雲が昇る冬の羽田空港の朝 (東京都 大田区)    Photo No.0470

前の日の日中は暖かく、この日も暖かくなるとの予報でしたが、早朝は放射冷却もあり、寒さが身に沁みます。予定の電車を羽田空港の周りの埋め立て地の工場からはもくもくと大きな白い煙が雲のように立ち上がる冬らしい光景を目にすることができました。  (航空機のある風景)

SONY RX100 100mm相当 AUTO (f5 1/100) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2018/01/20 06:30 ]   東京(羽田・東京上空) | TB(-) | コメント(18)

雲海のような濃霧にすっぽりと覆われる街 (千葉県 君津市)


羽田空港を飛び立ったJAL機がこれから向かうのは大阪。行先にもよりますが時間により新幹線ではなく飛行機を利用することもよくあります。出張のためのチケット手配が遅くなることが多く、大阪便では富士山側の窓席がまず取れることがなく、空いていても反対側ということがほとんどですが、実は私にはその方がちょっとありがたかったりします?!

絶景探しの旅 - 0471 雲海のような濃霧にすっぽりと覆われる街 (千葉県 君津市)

雲海のような濃霧にすっぽりと覆われる街 (千葉県 君津市)    Photo No.0471

実はこの白い雲の下にどこまでも街が続いていると聞いたら信じますか?

JAL機は目的地に向かって房総半島の内房の海岸線に沿うように太平洋側に向かって進行しています。この日、1月18日は前日の暖かさで地表の温度が上がったところに朝の放射冷却で、関東のあちこちでは前が見えないくらいの濃霧が発生していました。こちらもそのようで、窓の外には我が目を疑うような景色が続きます。まるで山岳地谷で見かける雲海状態です。中央の大きな白く覆われているエリアは君津市です。地上では大混乱中のことと思いますが、こちらは空の上から珍しい光景を楽しむことができとてもラッキーでした。  (神秘の自然現象)

SONY RX100 80mm相当 AUTO (f5.6 1/800) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/21 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(14)

冬の大阪城絵巻 (大阪市)


大阪行くなら富士山が見える窓側席が取れなくても大丈夫!最初は海側で我慢でも、大阪空港(伊丹)への直前で大阪の中心部の景色がしっかり楽しめることが多くあります。特に夕方から夜に変わっていく様子は最高です。今回は朝ですが、どんな景色が見られるでしょうか。

絶景探し - 0472 冬の大阪城絵巻 (大阪市)

冬の大阪城絵巻 (大阪市)   Photo No.0472

この日のJAL機は険しい山々が続く奈良・吉野山地上空を越え、大阪エリアに入ってきました。大阪でも低い雲がたくさん出ています。その雲から顔を出しているあべのハルカスを横目に見ながら、大阪(伊丹)空港を目指し北上します。機内からの次なるお楽しみと言えば大阪城。この日の大阪城とその風景は、素晴らしい絵巻物を見ているような気分に浸れました。

SONY RX100 69mm相当 AUTO (f5.6 1/400) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/22 00:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(18)

現代のバベルの塔 薄雲から顔を出すあべのハルカス (大阪市)


日本の高い建物と言えば、1位が大阪のあべのハルカスで、地上60階で高さ300mを誇ります。それまで1位だった横浜ランドマークタワー(高さ296m)を2012年に抜き1位になったそうです。ちなみに鉄塔の部では東京タワーが333m、東京スカイツリーで634mとのことです。

絶景探しの旅 - 0473 現代のバベルの塔 薄雲から顔を出すあべのハルカス (大阪市)

現代のバベルの塔 薄雲から顔を出すあべのハルカス (大阪市)   Photo No.0473

JAL機は大阪城の横を通過した後、大阪城を回り込むように進路変更です。この日の低い薄雲のおかげで見える景色は別世界。手前には再現された江戸時代のバベルの塔「大阪城」、奥の方に突き出した、現代のバベルの塔「あべのハルカス」が印象的です。

SONY RX100 93mm相当 AUTO (f5.6 1/500) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/23 00:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(19)

夕日と大阪モノレール (千里中央駅/大阪府 吹田市)


無事、大阪での仕事を終え、これから大阪空港(伊丹)に向かいます。大阪モノレール千里中央駅で大阪空港行のモノレールを待ちます。

絶景探しの旅 - 0474 夕日と大阪モノレール (千里中央駅/大阪府 吹田市)

夕日と大阪モノレール (千里中央駅/大阪府 吹田市)   Photo No.0474

きれいな夕暮れ時になりました。もうすぐ夕日が沈みます。モノレールと夕日を狙おうとモノレールが来るのを待ちます。もう間に合わないかな?!と思っていたら、ギリギリのタイミングでモノレールが駅に向かって走ってきてくれました。 (鉄道のある風景)

SONY RX100 63mm相当 AUTO (f4.5 1/100) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/24 00:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(20)

夜の帳が下り始める東京ウォーターフロント (東京都 江東区)


先週、今週は連日出張に外出が続きます。先週末は東京湾の埋め立て地エリアの豊洲に出かけていました。仕事を終え、自宅に帰ろうと東京都の新交通システム「ゆりかもめ」に乗車しましたが途中に「市場前」という駅があり、気になって途中下車しました。この駅は今やすっかり全国的に有名になってしまった築地市場から移転する新しい豊洲市場の最寄り駅です。この付近から見える東京都心の写真を撮影した後は、今はがらんとした豊洲市場の建物の様子を見ながら歩きます。新豊洲市場は恐ろしいほど大きな建物で、いくら歩いてもなかなか端から端までたどり着かなかったくらいです。

絶景探しの旅 - 0475 夜の帳が下り始める東京ウォーターフロント (東京都 江東区)

夜の帳が下り始める東京ウォーターフロント (東京都 江東区)   Photo No.0475

市場前駅を降りるとそこはまだこれから新たに整備されそうな未整備の地が広がります。夜の帳が下り始める空の下、遠くに灯りが付き始める東京都心のオフィス街も見えます。目の前には前に向かって真っすぐ続く道路と海路をまたぐ橋も見えます。現在立ち入り禁止となっていますが、これが解放されれば素晴らしい東京ウォーターフロントの撮影スポットになりそうです。

SONY RX100 28mm相当 f1.8 1/30 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/25 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(18)

雷が落ちたような眺めのレインボーブリッジ (東京都 江東区)


前回に引き続き、東京湾の埋め立て地からです。豊洲市場を過ぎ、豊洲ぐるり公園にやってきました。ここまで来たら、レインボーブリッジを撮って帰ろう思います。

絶景探しの旅 - 0476 雷が落ちたような眺めのレインボーブリッジ (東京都 江東区)

雷が落ちたような眺めのレインボーブリッジ (東京都 江東区)   Photo No.0476

夜のとばりがとんどん落ちていくにつれ、レインボーブリッジが輝きを増していきます。そんなレインボーブリッジの後ろには、今そこに雷が落ちているように錯覚するような雲の切れ目ができていました。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/30) ISO500

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/26 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(16)

パレットタウン大観覧車 夜のお台場海浜公園駅前 (東京都 港区)


寒い海風を浴びながら埋め立て地散策をしているうちに辺りはもう真っ暗になりました。遠くに観覧車が見えます。観覧車の光に吸い寄せられるように、足は観覧車に向かいます。気が付けば、海浜公園駅前です。

絶景探しの旅 - 0477 パレットタウン大観覧車 夜のお台場海浜公園前 (東京都 港区)

パレットタウン大観覧車 夜のお台場海浜公園前 (東京都 港区)    Photo No.0477

埋め立て地の散策も風と寒さでもう限界です。そう考えながら地図アプリを見れば、ちょうどいいタイミングで、ゆりかもめ「海浜公園駅」に到着です。力を振り絞って最後のひと撮影です。カメラの特性で光がまるくふわっと撮れますので街灯と青信号を蛍の光のように取り込んで柔らかさも狙いました。ちなみにこの観覧車の高さは115mと言われており、これを6つ重ねれば東京スカイツリーを越えます。

SONY RX100 80mm相当 AUTO (f4.5 1/60) ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/27 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(16)

雪の大阪空港 (大阪府 伊丹市)


2日前の金曜日は、先週に引き続き大阪出張でした。この日の新幹線は関ケ原辺りの雪のために徐行していて東京から大阪へは1時間弱の遅れをとっていたようです。そのために、合流のはずの社員は肝心の重要な行事に遅刻・・・。私は時間に十分余裕を持って飛行機で移動していたので、遅刻もなしでした。用事を済ませて帰る頃、大阪市の北部エリアでは雪で前の視界が悪くなり始めました。16時に大阪伊丹空港に着いたのですが、空港にも雪がすごい勢いで降り続けています。さすがに焦ります。一本前の飛行機へのキャンセル待ちをかけますが、私の前でキャンセル待ちは終了・・・。こんなのアリ?!

絶景探しの旅 - 0478 雪の大阪空港 (大阪府 伊丹市)

雪の大阪空港 (大阪府 伊丹市)    Photo No.0478

こちらは16時台のJAL機です。たったちょっとの雪でもこんな作業をしなければいけないのですね。特殊な車がやってきて融雪液(塩化カルシウム水溶液と推測)を飛行機の翼に吹き付けて雪を溶かしています。この飛行機には乗れませんでしたが、しっかり写真は撮らせていただきました。ちなみに1時間後の便の時は、雪も上がっていて安心して東京に戻れましたので焦っただけ損でした。  (航空機のある風景)

SONY RX100 100mm相当 AUTO (f4.5 1/100) ISO160

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/28 00:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(22)

燃えるようなパリの空 セーヌ川に光るエッフェル塔 (フランス パリ)


再び、欧州編に戻ります。早朝、ホテルの鍵を開けていただいてセーヌ川に向かって歩きます。夜明け前のセーヌ川に着いてびっくり! 川の付近を強い風と細かい雨が吹き抜けています。カメラが風で揺れそうな状況なだけでなく持ってきたレンズは出目の広角ということもあって、油断をするとすぐにレンズに水滴が付いて画像が荒れます。構図を細かく考える以前で傘を差しながら、レンズを濡らさないようにするのが精いっぱいでした。

絶景探しの旅 - 0479 燃えるようなパリの空 セーヌ川に光るエッフェル塔 (フランス パリ)

燃えるようなパリの空 セーヌ川に光るエッフェル塔 (フランス パリ)    Photo No.0479

パリの街灯はほとんどがオレンジ色で、こんな雲が厚い夜間は空が街の灯りを拾ってオレンジ色に染まることがあります。予想外だったのですが、夜明け前まで一晩中エッフェル塔の灯りが点灯しているのですね。風が弱くなった瞬間に数枚シャッターを切ったところで、ライトアップが終了で真っ暗なエッフェル塔となりました。どうも朝の消灯時間となったようです。実にいいタイミングで撮影ができました。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 20mm相当 f4 4s ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/29 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(14)

夜明け前のエトワール凱旋門 (フランス パリ)


この日の早起きで向かう先はエトワール凱旋門。Wikipediaによりますと、エトワール凱旋門は、アウステルリッツの戦いに勝利した記念に1806年、ナポレオンの命によって建設が始まり、1836年に完成しましたが、ナポレオンは凱旋門が完成する前に既に死去しており、彼がこの門をくぐったのは1840年にパリに改葬された時であった。古代ローマの凱旋門に範を取ったもので、新古典主義の代表作の一つで、第二次世界大戦ではナチス・ドイツのパリ占領に際してハーケンクロイツが掲げられ、ドイツ軍兵士が凱旋した、とありました。

絶景探しの旅 - 0480 夜明け前のエトワール凱旋門 (フランス パリ)

夜明け前のエトワール凱旋門 (フランス パリ)    Photo No.0480

パリのシャンゼリゼ通りの西端に位置するエトワール凱旋門の周りは巨大なロータリーになっています。夜明け前から多くの車がロータリーをぐるぐる回って行きたい道に向かいます。とにかくパリの空の青さは格別で、以前、初めてここで見たマジックアワーの空の青さは今も忘れられません。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 16mm相当 f4 1/40 ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/30 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(18)

110mの巨大門 グランダルシュ新凱旋門 (フランス ラ・デファンス)


パリの北西の郊外のラ・デファンスという場所に高さ110m幅108mの巨大な建築物があります。この建築物は1989年に完成したアーチ状の建物で、正式な名称は「 la Grande Arche de la Fraternité (友愛の大アーチ)」とのことですが、グランダルシュ新凱旋門とも呼ばれます。パリには昨日ご紹介のエトワール凱旋門のほか、ルーブル美術館に隣接の小さなカルーゼル凱旋門があり、地図上で見てみると、この3つの凱旋門がほぼ一直線に並んでいることが確認できます。

絶景探しの旅 - 0481 110mの巨大門 グランダルシュ新凱旋門 (フランス ラ・デファンス)

110mの巨大門 グランダルシュ新凱旋門 (フランス ラ・デファンス)    Photo No.0481

グランダルシュ新凱旋門は辺りがだだっ広いので巨大さも半減ですが、真下に来ればその建物と門の内側の吹き抜けの空間の巨大さにびっくりします。エトワール凱旋門の上からもしっかり見えて、その街並みの景色は実にすばらしく感じます。パリ市内は、外観保全で目立つような新しいビルの建設は規制されているようですが、郊外の開発は実にすごくて今もこのような巨大な建築物が作り続けられています。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f10 1/640 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/31 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(14)