奥高尾縦走路から富士山を臨む (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0142 奥高尾縦走路から富士山を臨む (東京都 八王子市)

絶景探しの旅」  奥高尾縦走路から富士山を臨む (東京都 八王子市)  Photo No.0142

奥高尾縦走路(おくたかおじゅうそうろ)は高尾山山頂より北西に連なる小さな山々を結ぶ尾根のことで、東京・八王子市、神奈川・相模原市、東京・檜原村および東京・あきる野市の境界となっています。特に高尾山から続くこの縦走路約20km弱を6時間ほどかけて歩くエリアは高低差が少ないことから縦走登山の入門コースとしても人気があるとのことです。空気が澄む冬季は高尾山や奥高尾縦走路の山々からは遠く富士山の景色なども見ることができる日が多くあります。冬から春へと移り行く、そんな縦走路に立てば、この日も運よく富士山のある風景を見ることができました。

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM  24mm f8 1/20 (-0.7) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/28 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(16)

朝の光と影 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0141 朝の光と影高尾梅郷 (大下沢梅林拡大 東京都 八王子市)

絶景探しの旅」 朝の光と影 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)  Photo No.0141

本日も高尾梅郷での1枚です。早朝の高尾梅郷 の梅林 (大下沢梅林) にやって来ました。放射冷却で朝霜の降りてはいますが、それでも真冬の頃と違って、差し込む朝日が暖かく感じてやはり春がもうすぐそこに来ていることを感じます。

朝日の差し込む梅林には光と影のラインがしっかり入って、梅の花が浮き出しています。この素晴らしいひとときの目撃者は先着のカメラマンさんと私のたった二人だけ。贅沢な瞬間を楽しませていただきました。

SONY α99 70-200mm F2.8G   70mm f8 1/30 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/27 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(20)

春の訪れ 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0140 春の訪れ 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)

絶景探しの旅」 春の訪れ 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)  Photo No.0140

暖かい沿岸部と違って少々梅の遅れている東京・高尾梅郷ですが、里の方はまだまだ先かなというレベルでしたが、裏高尾に大下沢梅林という梅林が日当たりのいい場所にありますので行ってみようと思います。車でも行けますが、途中の梅林もチェックしながら行こうということで、電車に乗って高尾駅まで行って、そこから先は歩いて約1時間。やってきた大下沢梅林の梅は満開までもう少し。春の訪れを感じさせる、紅、ピンク、白の花びらをつけた梅の花が目の前に広がっていました。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3 207mm相当 f10 1/200 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/26 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(12)

満天の星輝く 夜明け前の富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)

絶景探しの旅 - 0139 満天の星輝く 富士山と本栖湖(山梨県 身延町)

絶景探しの旅」 満天の星輝く夜明け前の富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)  Photo No.0139

富士山の麓、富士五湖のひとつ 「本栖湖(もとすこ)」にやってきたときには真っ暗で辺りが見えません。車のドアを開けた瞬間、すごい!子どもの頃に見たような空一面の星空が目に飛び込んできました。当時は視力がとてもよかったのと、夜になれば自宅の周りもそう明るくなかったので、夜中に地面に仰向けになって星や天の川をよく眺めていました。そんなことをふと思い出してしまう瞬間でした。

何度か星空撮影を楽しんできましたが、こちらの星空撮影はバックに富士山なのでとにかく楽しめます。星空の撮影を条件をいろいろ変えて楽しむうちに、富士山の頂上辺りまで落ちた天の川の姿も薄くなってきて、だんだんと富士山の肩が明るんできました。あと1時間ちょっとで日の出の時間です。  (富士山のある風景) (世界遺産訪問)

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 20mm M f2.8 15s ISO3200 WB手動 ソフトF

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
風景写真ブログランキングへ
 本日も作品をご覧いただきありがとうございました。皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。
      [ 2017/02/25 05:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(18)

日の出輝く富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)

絶景探しの旅 - 0138  日の出輝く富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)

絶景探しの旅」 日の出輝く富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)  Photo No.0138

チリも空気中になく、雲のない富士山の日の出は空も焼けずに残念なところもあります。常連さんたちは、さっさと引き上げていきます。私はというと、せっかくやってきているので、これから日の出の瞬間を撮影です。富士山の肩辺りから徐々に日が差し込み、富士山に明暗をつけていくとともに、日の光が鮮やかに本栖湖の水面を照らしていきます。いよいよ富士山と富士五湖に活気があふれ始めます。 (富士山のある風景) (世界遺産訪問)

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 24mm 1/100 f22 ISO100 (-1)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/24 05:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(16)

静寂の夜明け 本栖湖と富士山 (山梨県 身延町)

絶景探しの旅 - 0137 静寂の夜明け 本栖湖と富士山 (山梨県 身延町)

絶景探しの旅」 静寂の夜明け 本栖湖と富士山 (山梨県 身延町)  Photo No.0137

今日、2月23日が富士山の日(山梨県/静岡県)と知りました。せっかくなので、この日に合わせて、数回に渡って富士山特集をしたいと思います。ブログ「絶景探しの旅」を始めていつも気になるのはお伺いする皆さんのブログの素晴らしい富士山の力作。あまりの素晴らしさにいつも感動いっぱいです。そんな力作に刺激され、今月は週末に何度か冬の早朝の富士山の写真を撮りに行ってきました。撮りに行くときは大体、朝3時に起き準備をして車で中央道を利用して目的地に向かいます。

この日は富士五湖のひとつ、本栖湖(もとすこ)に向かいました。氷点下-5℃前後の寒さの真っ暗闇の中の南巨摩郡身延町(みのぶちょう)の現場に到着し、朝4時台から撮影を開始です。富士山の脇に雲が流れて来たものの空にはまったく雲もなく、いいのか、悪いのかといった感じです。気がつけば東の空が明るくなって来ました。星が見えなくなり、これから夜明けを迎えようとする本栖湖と富士山の明け方の静けさの中の神秘的な風景を表現してみました。  (富士山のある風景) (世界遺産訪問)

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 18mm 0.5s f8 ISO100 (+1) WB手動

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/23 00:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(18)

吹雪が一瞬止んだ雪の金森赤レンガ倉庫 (北海道 函館市)

0136 吹雪が一瞬止んだ雪の金森赤レンガ倉庫 (北海道 函館市)

絶景探しの旅」 吹雪が一瞬止んだ雪の金森赤レンガ倉庫 (北海道 函館市)  Photo No.0136

この日は終日、吹雪の函館地方でした。前も見えないくらいの吹雪の道を恐る恐る運転しながら波止場付近にある、函館の人気スポットのひとつ、「金森赤レンガ倉庫」の辺りにやってきました。するとどうでしょう。私がここにやってきた瞬間に吹雪が一瞬ピタッと止み、お日さまが薄い雲の後ろから辺りを明るくします。さらに360度、この方向だけ、空に青空!まったく信じられません。

太陽の光もストロボにトレーシングペーパーをかませたような光のおかげで辺りをやさしく影も出すことなく照らし出しています。青い空に、青いアクセントをまとった2人もいて、なんというシチュエーションでしょうか。そしてこの付近での数カットを収め終えた頃、また吹雪に逆戻り・・・。 一見、普通の写真に見えますが、実はそんなラッキーな状況が濃縮された作品です。 ちなみに、観察していると函館の地元の人たちって、ウワサどおり、多くの方が雪でも傘さしていませんでした。 * 冬の函館編はいったんこちらで終了です。

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f16 1/40 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/22 05:00 ]   北海道(函館エリア) | TB(-) | コメント(18)

青白く輝く北の五芒星 五稜郭 (北海道 函館市)

絶景探しの旅 - 0135 青白く輝く北の五芒星 五稜郭 (北海道 函館市)

絶景探しの旅」 青白く輝く北の五芒星 五稜郭 (北海道 函館市)  Photo No.0135

さらに辺りの暗さが増し、五稜郭の輪郭がくっきりしてきました。光の見え方がまた少し変わってきます。ただ、私が当初、見たい!と思った航空会社の機内誌にあった、冬の青白く輝く五稜郭とは色合いが少々違うようです。現場でいろいろ考えてみたのですが、たぶん、わずかにWBの調整をしているか、ひょっとしたら電球の上に雪が覆いかぶさって発色が変わっていた時のものを写したのかも知れません。 青く輝く(条件の)五稜郭も素敵だったので、今回はWBで青を調整して、北の大地の冬らしいイメージのものも撮っておきました。

「五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション」 の輝きは2月28日まで。次シーズンは12月1日からになると思います。皆さんも冬の函館訪問を検討なされてはいかがでしょうか。その他、市内にもきれいなウィンターイルミネーションの輝きがいっぱいです。

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm 0.3s f16 ISO800 (WB手動)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/21 05:00 ]   北海道(函館エリア) | TB(-) | コメント(20)

夜の雪の大地に浮かび上がる巨大星 五稜郭 (北海道 函館市)

絶景探しの旅 - 0134 夜の雪の大地に浮かび上がる巨大星 五稜郭 (北海道 函館市)

絶景探しの旅」 夜の雪の大地に浮かび上がる巨大星 五稜郭 (北海道 函館市)  Photo No.0134

「白い五稜郭」 が光り輝く?!函館の五稜郭タワーにやってきたのは、冬限定の 「五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション」 が目的だったのです。展望台からのイルミネーションの眺めは、日没時間によって巨大な星が12月1日~1月上旬までは黒っぽく、1月中旬~2月28日までは青っぽく見えるとのことです。また、雪の有無や積もり方、天候によっても見え方が変わるそうでして、つまり、その日その日のオリジナルな光る五稜郭が楽しめるというわけです。 (光源のランプはLED電球の裸電球色のものでした。)その時期の日没時間や雪の状態などで見え方が違って見えるとのことで、私の目の前に現れるのはどのような風景でしょうか、とても楽しみです。

日没後、17時30分すぎに、皆の見守る中、いよいよ点灯開始です。真っ白な五稜郭が急に活気を得ました。暗くなっていく空の下で、イルミネーションが徐々に明るさを増していきます。夜の青い雪の大地に光る五稜郭の大きな星型が見事に函館の街に浮かびあがりました。その姿はあまりにも幻想的で感動たっぷりでした。

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm 1/4 f8 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/20 05:00 ]   北海道(函館エリア) | TB(-) | コメント(26)

白い五稜郭 (北海道 函館市)

絶景探しの旅 - 0133 白い五稜郭 (北海道 函館市)

絶景探しの旅」  白い五稜郭 (北海道 函館市)  Photo No.0133

駅に貼り出された宣伝ポスターやガイドブックに美しく紹介された名所の絶景を見れば、これは行ってみたい!と思うことってよくありますよね。昨年は北海道新幹線が開通して、函館が多くピックアップされていたように思います。東京でも、あちこちのJRの駅で、桜の五稜郭のポスターが大々的に貼り出されました。その様子のあまりの素晴らしさに、それにそそられて、つい、行ってしまいました(新幹線は満席でしたので飛行機)。今までイメージしていた、北島三郎(八王子市在住)の「函館の女」から想像していた演歌の町のイメージとは違って、見どころいっぱいのとても素敵な港街だということがわかるとともに、訪れた函館エリアの先々で会う素敵な風景に魅了され、以来、函館好きになってしまいました。北海道の美瑛、道東、函館、全部が私のお気に入り。まだまだ行ったことのない北海道エリアも多くて私的には楽しみいっぱいっというところです。

関東地方では春一番や春の訪れの話もあちこちで聞かれる一方で、函館の街はまだまだ冬が行ったり来たりで、この日、日没時間にやってきた五稜郭の大きな星は、まだまだ雪の女王が君臨していて、お堀もその中も全てが真っ白。そこはシンプルな色合いが素敵なモノトーン調の世界でした。

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm 1/5 f8 (+1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/19 05:00 ]   北海道(函館エリア) | TB(-) | コメント(24)