11月のニューヨークで雨に唄えば (マンハッタン)

0052 11月のニューヨークで雨に唄えば (マンハッタン)

絶景探しの旅」 11月のニューヨークで雨に唄えば (マンハッタン) - Photo No.0052

「雨に唄えば」と聞けば、ブロードウェイミュージカルを思い出す方も多いのではないかと思います。ブロードウェイと言えば、ニューヨークシティ!そんな11月のニューヨークにやってきました。米国の温暖な西海岸のロサンゼルスなどに比べ、東海岸のニューヨーク(NY)は私的には東京とよく似た気候だと感じます。空港に着いて無事入国審査を通過し、マンハッタンに着けば辺りは暗くなり雨が降っています。街のあちこちにかかる大きな星条旗。28mmで撮ってもこんな感じなので建物もとても巨大です。思わず、アンブレラを手に「雨に唄えば」の歌詞を口ずさんでスキップしたくなりそうですなアメリカ・ニューヨークマンハッタンの街角です。(West 56th Street)

SONY RX100 28mm相当 AUTO(f1.8 1/60) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/30 05:00 ]   USA(NY・NJ) | TB(-) | コメント(6)

11月の雪の名残り (多摩川/ 東京都 日野市)

絶景探しの旅 - 0051 11月の雪の名残り (多摩川/ 東京都 日野市)

絶景探しの旅」  11月の雪の名残り (多摩川/ 東京都 日野市) - Photo No.0051

今年、11月24日(木)には関東各地で初雪が観測されました。東京都心では、気象観測を始めた1875年以来初めて11月に積雪が確認されるとともに、1962年以来54年ぶりの11月の降雪となりました。写真を撮る方とすれば、同じ降るなら、祝日の11月23日(水)に降ってくれればいいのにと思った方も多いのではないかと思います。私もお昼休みに会社の裏にある都心の公園に雪の紅葉を撮影に行ってきたのですが、さして積もらず、雪も解けきっていて数枚とってすぐに退散状態でした。せっかくの降雪もこれじゃあという感じでした。一方、多摩地区と言えば、ニュースを見れば積雪の雪で空回りする車のタイヤを映したりでそれなりに積もった様子。ただ、自宅に夕方帰ってみれば、いったい、どこにそんな場所があったのかと思うくらい雪はなくなっていました。翌朝の通勤時に電車から、外の景色を見れば、浅川、多摩川とも朝日を浴びた河川敷には雪のベールが残り、輝きを放っていました。こういうときも、どうして昨日が金曜日でなかったのかと思ったりと、世の中、なかなかうまくいかないようです。さすがにこの暖かさじゃ2日後の土曜はもう無理かと思いつつも、早朝の多摩川(日野市)に来て見れば、河川敷にかすかに11月の雪の残りがありました・・・。 (鉄道のある風景)

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM 50mm f8 1/320 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/29 05:30 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(6)

晩秋の多摩川の朝 (東京都 日野市)

絶景探しの旅 - 0050 晩秋の多摩川の朝 (東京都 日野市)

絶景探しの旅」  晩秋の多摩川の朝 (東京都 日野市) - Photo No.0050

「絶景探しの旅」を開始してからちょうど50作品目になります。始めて以来、たくさんの皆さんの素敵な写真や記事を拝見させていただいたり、お越しいただいて応援をいただいたりと毎日がとても楽しみです。どうも皆さんありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

私は川の写真をよく撮りに行きます。皆さんもそうでしょうが、やはり行き慣れたところに行ってしまうものです。私が特によく行く場所には八王子市から日野市を流れる浅川という多摩川の支流があるのですが、そちらは水量も少なく、川幅も狭いこともあって、いかに景色をうまく切り抜いてそれらしく撮るかがいつも課題となっています。もうひとつよく来るのが多摩川のこちらの場所です。この辺りですと浅川のような心配が少なく撮影に没頭できたりします。この日は早朝から、久しぶりに多摩川のこの場所にやってきたのですが、困ったことに河川敷が舗装工事中で広範囲にオレンジのネットが設けられていて目障りな上に、行動範囲も狭められてしまっています。おそらく人々があまり河原に下りない冬場を狙っての工事でしょうが、私にとっては冬場こそよく訪れる時期なのでかなり困惑します。とはいうのは秋から冬の朝になるとこの辺りに朝霞がよく発生するのでそれが狙い目だったりするのです。日野市側の多摩川河川敷から、立日橋(たっぴばし)方面の風景です。下流方面に朝日を受けて走るのは多摩都市モノレールです。前述の浅川はこのいくらか先の高幡不動駅と聖蹟桜ヶ丘駅の中間くらいの場所で多摩川と合流します。 (鉄道のある風景)

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm f6.3 1/250 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/28 05:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(2)

落ち葉の絨毯 (国営昭和記念公園/ 東京都 立川市)

絶景探しの旅 - 0049 落ち葉の絨毯 (国営昭和記念公園 東京 立川)

絶景探しの旅」  落ち葉の絨毯 (国営昭和記念公園/ 東京都 立川市) - Photo No.0049

紅葉のピークも過ぎて寒さも増し、いよいよ冬に一直線の東京多摩地区です。勤労感謝の日に朝から電車を乗り継いで、JR青梅線「西立川」駅を下車し、駅から直結の国営昭和記念公園(東京都立川市・昭島市)に出かけてきました。昭和記念公園は東京ドーム40個分はあるという広大な公園で、昭和天皇在位五十年記念事業の一環として誕生したそうです。朝9時30分の開園時間になると、いろんな目的を持った人たちが門の前に集まってきます。列の先頭にはやはり写真目的の人たちが多いと感じます。そして開門と同時に目的地に足早に散って行きます(皆さん、足が早すぎてついていけず)。すでに紅葉やイチョウのピークも過ぎ、そのために、この日は落ち葉のピーク。朝一番ということもあって公園のあちこちに、落ち葉の絨毯(じゅうたん)が敷き詰められた状態になっていました。よいのか悪いのか、この日は曇り空。光量不足に冬のやや強い風も吹き、長時間露光は難しい条件です。細かい葉々のために画像の情報量も非常に多く、写真に荒さが目立ちます。雲の間から日が差し込む瞬間もあったのですが、そうすると日の当らない部分は落ち葉のじゅうたんが濡れているように感じ、イメージと違うかなという感じです。さらに暗く仕上げるか、明るめに仕上げるか、落ち葉のじゅうたんの写真は意外と難しいと実感です。今回の1枚は露出量を上げ明る目に仕上がったものを選んでみました。

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f5.6 1/125 (+0.7) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/27 05:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(12)

紅葉の高幡不動尊 (東京都 日野市)

絶景探しの旅 - 0048 紅葉の高幡不動尊(東京 日野)

絶景探しの旅」  紅葉の高幡不動尊(東京都 日野市) - Photo No.0048

今日のご紹介は関東三大不動と言われる東京都日野市の高幡不動尊からの1枚です。関東三大不動と聞けばまず思い出すのは初詣中継やテレビ宣伝でもお馴染みの成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ/千葉県成田市)ではないでしょうか。東京都日野市の高幡山金剛寺(たかはたさんこんごうじ)も関東三大不動尊のひとつとしてこの辺りでは高尾山薬王院と並んでとても有名な神社仏閣です。高幡不動尊では四季を通じてその時折の木々や植物を楽しむことができるとともに、京王線「高幡不動」駅を降りてすぐと、とても便利だったりします。ちょうど1週間前の早朝、朝日がのぼり始めた頃に、紅葉の色付きが最高潮となっている高幡不動尊の境内にやってきました。朝日を受けて紅葉も光り輝きだします。脇にある建物もお日様の暖かみを帯び、屋根の上から湯気が上がりはじめました。背景の建物はシンボルとなっている五重塔です。

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM 60mm f8 1/100 (+0.7) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/26 05:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(6)

秋を駆け抜ける (京王高尾線/八王子)

絶景探しの旅 - 0047 秋を駆け抜ける(京王高尾線/八王子)

絶景探しの旅」  秋を駆け抜ける (京王高尾線/八王子) - Photo No.0047

京王線の高尾駅から高尾山口駅間は、東京にまだ残るいくつかの単線のひとつです。この区間は単線といっても、ひと駅だけの区間で、すれ違い区間もなく、折り返し運転線と言った方が正解だったりします。おそらく、高尾山口駅真ん前のトンネルの関係もあって単線のままなのではないか思われます。今回はその区間で今がピークな高尾の紅葉と高尾山口駅から折り返して来る各駅停車新宿行きの電車を収めてみました。この電車は各駅停車とは言っても、ひとつ先の高尾駅ではJR中央線、この先の北野駅で京王八王子駅始発の特急新宿行きに接続します。また、快速系の電車も出ていますので都心方面から高尾山へ訪れる人たちのアクセスも良好です。私も時々利用しますが、この時期は高架の京王・高尾駅から見える甲州街道の黄金色のイチョウの木々、高尾山口駅に向かう車窓から見える山々の紅葉の景色に本当にワクワクさせられます。同じような気持ちになっている人もきっと多いのではないかと思います。 (鉄道のある風景)

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm f3.2 1/400 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/25 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(8)

紅葉狩りの帰路 (京王・高尾山口駅/八王子)

絶景探しの旅 − 0046 紅葉狩りの帰路 (京王・高尾山口駅/八王子)

絶景探しの旅」  紅葉狩りの帰路 (京王・高尾山口駅/八王子) - Photo No.0046

高尾山・薬王院の御紋などに紅葉が使われているほどですので、東京にお住まいの方には紅葉を見るなら高尾山といった印象が強い人も多いのではと思います。2007年出版の「ミシュランガイド東京 2008」で三つ星の「必ず見るべき」との評価を受けたのを機に、その頃から高尾山を訪れる海外の人も飛躍的に多くなったとともに、日本の方もとても多くなった印象です。そんなこともあって週末の高尾山はとにかく混雑しています。それに加え、高尾山の紅葉は今が見頃だとTVで報道されましたのですから、先週末の紅葉のピーク時は駅前からとにかく激混みで、これぞ“芋の洗い場”といった状態でした。高尾山にアクセスする京王高尾線「高尾山口」駅も午後からは人の流れも変わって、帰路となる上りの新宿方面行きがとにかく大混雑。始発駅で電車はもう満員状態。1駅先で乗り換えのJR高尾駅も東京方面行きが、始発駅にもかかわらず大混雑。それでも天候にも恵まれ、皆さん紅葉を楽しんだようで笑顔がいっぱいでした。ただ、駅も山もこのような感じですので、地元民からすれば、気楽なその辺の近所から、ちょっとよそ行きの場所になったような気もします。 (鉄道のある風景)

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm f2.8 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/24 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(8)

秋に染まる相模川(相模原市 藤野)

絶景探しの旅-0045 秋に染まる相模川(相模原市 藤野)

絶景探しの旅」  秋に染まる相模川(相模原市 藤野) - Photo No.0045

中央本線 梁川駅(山梨県大月市)から、東京方面に3駅戻り、藤野駅(神奈川県相模原市)に移動しました。藤野(旧 藤野町)は平成の大合併で、相模湖町などとともに相模原市と合併、相模原市緑区となりました。しかしながら、このエリアは相模原よりも、東京都八王子市との生活上の繋がりも深く、当初は八王子市との合併を希望していました。当時の八王子市長が、市民の間にそのような機運が形成されていないと返した、といういうな新聞記事を見たような記憶があります。さすがに八王子も神奈川県民の大切な水源エリアの町から東京になりたいと言われて苦慮したことでしょうね。こちらも駅から町歩きをすればすぐにこんな素敵な景色を見ることが出来ます。梁川では渓谷でしたが、こちらでは水面が広くなっています。朝から暑いくらいの日差しは、このときは厚い雲に隠れて一段落。空の青が足りませんが、それでも相模川の周りには色とりどりの紅葉がきれいに広がります。遠くに行かずともこんな身近に水面にせり出すような紅葉が見られるなんて思っても見ませんでした。釣り人のボートとともに、穏やかな相模川の水面には落ち葉の道が浮かびます。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f5.6 1/250(-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/23 05:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(4)

秋深し 梁川・桂川渓谷と成田エクスプレス (山梨県 大月市)

0044 秋深し 梁川桂川の渓谷(山梨県 大月市)

絶景探しの旅」  秋深し 梁川・桂川渓谷と成田エクスプレス (山梨県 大月市) - Photo No.0044

山中湖から相模湾に注ぐ相模川(さがみがわ)。山梨県・神奈川県を流れる相模川水系の本流で、延長109kmの川です。山梨県側では桂川と呼ばれ、猿橋辺りから長々と続く桂川渓谷が見事です。高尾駅から中央本線に乗り換えてしばらく、無人駅の梁川駅(やながわ)で下車すれば、そこは信じられないくらいの、360度広がるパノラマが見事な紅葉(こうよう)が楽しめます。紅葉の山に囲まれた川、田畑などの山里の風景はとても素晴らしいと感じます。先週末は紅葉がピークかと思っていたら、梁川では一足お先にすでに紅葉はクライマックスな印象で、ちょっと来る時期が遅れてしまった感がありますが、それでも見事な秋の景色に驚嘆です。写真は紅葉で覆い隠されて見るのも大変な桂川渓谷と川に沿うように走る中央本線に乗り入れの大月・河口湖方面に向かう成田エクスプレス8号をアクセントに入れたものです。 (鉄道のある風景)

SONY α77Ⅱ 70-200mm F2.8G 105mm相当 1/160 f4.5 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/22 05:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(4)

紅葉と山中湖 (山梨 富士箱根伊豆国立公園)

絶景探しの旅-0043 紅葉と山中湖(富士箱根伊豆国立公園)

絶景探しの旅」  紅葉と山中湖 (山梨 富士箱根伊豆国立公園) - Photo No.0043

中央道を走りながら山々を見れば、紅葉のピークは八ヶ岳方面からどんどん東に移り、今週末は大月辺りが最高潮の印象です。高架となって見晴らしがいい場所を走る中央道の道路に車を止めてじっくり撮影などしたいのですが、それができないのがつらいところです。その中央道を利用して、富士五湖のひとつ山中湖にやって来ました。逆さ富士が見える場所ですが、湖付近は強風で波が打ち寄せる状態で厳しい感じです。色づきがきれいな紅葉と富士山を一緒に。 (富士山のある風景) (世界遺産訪問)

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f11 1/250 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/21 05:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(4)