雨上がりのネモフィラ (昭和記念公園/東京都 立川市)

先週は土曜日まで台北に出かけていました。いつもこの花の時期に季節感のないような場所に出かけることが多く、がっかりしています。そんなこともあって日曜日は春の花を楽しみに行こうと決めていました。 昨年ミスった、地元の今熊神社のミツバツツジを楽しみにしていたのですが、今年は例年より相当早く終了との案内がありました・・・。そこで見に行こうと思ったのは近所の東京都立川市にある昭和記念公園。 同じ国営公園のひたち海浜公園よりネモフィラ畑の規模は相当に小さいですが、こちらでもそれなりに見られるとのことです。

絶景探しの旅 - 0557 雨上がりのネモフィラ (昭和記念公園/東京都 立川市)

雨上がりのネモフィラ (昭和記念公園/東京都 立川市)    Photo No.0557

今年はGWで混む前の4月21日に茨城県のひたち海浜公園に早めのネモフィラを見に行こうと計画をしていました。しかしながら何と今が見頃とか。ひたち海浜公園は職員の方が毎年GW期間に見頃が来るように計算されて植え付けをなさっていると聞いていたので、職員の方も落胆なされているかも知れませんね。

それはさておき、今週末の東京は残念ながら雨の予報でしたが、午前中には雨が上がり始めました。急いで、お財布とカメラを持って家を飛び出し中央線の電車に飛び乗ります。しかしながら現地についてびっくりの連発。財布には、日本円はなく台湾ドルオンリー・・・。入園料は財布にキャッシュカードが入っていたのでコンビニを探してお金をおろして入園できたのですが、花の前で絶望感いっぱいのカメラにメモリーカードなし・・・。そういえば、台湾で撮ったデーター出しのためにPCに差し込んだままで、カメラに戻していませんでした。 こんな悔しいことはありません・・・。で、やむなく i Phoneでの撮影となりました。 ちなみにネモフィラって朝顔より一回り程小さな花だと思っていたら、硬貨くらいのかなりの小ぶりの花なのですね。 こんな小さな花がひたち海浜公園の丘を覆いつくすなんてすごすぎです。

Apple iPhone6s AUTO (29mm f2.2 1/641 ISO25)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/04/16 00:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(28)

桜舞う道 (残堀川遊歩道/東京都 立川市)

先々週末にまだ7分咲きだった桜も先週末には満開を過ぎて花びらが散り始めていました。今年も毎年定点観測をしている東京・立川市の残堀川沿いの桜並木の遊歩道を訪ねました。ここはこの時期は桜と菜の花の川と中央線の電車が撮れる場所として重宝していたのですが、ここ数年は菜の花が激減となってしまっていてとても残念な状況です。今年はどうかなと淡い期待を持ちながらやってきました。

絶景探しの旅 - 0543 桜舞う道 (残堀川遊歩道/東京都 立川市)

桜舞う道 (残堀川遊歩道/東京都 立川市)    Photo No.0543

今年も菜の花が少なく、菜の花の残堀川と桜と中央線の写真はお預けとなりました。ただ、そうは言うもののこちらの桜の枝の下に沿って伸びる桜並木の遊歩道は健在でして、散った桜の花びらがピンクの道を作ってくれています。 ちょうど、こちらに足を踏み入れた瞬間、一瞬、春の風が強く吹き、目の前で花びらが舞う様子を楽しませてくれました。 (桜の咲く風景)

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 85mm f2.8 1/400 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/04/03 00:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(26)

今年最大の満月 初冬のスーパームーン (東京都 立川市)

絶景探しの旅 - 0423 今年最大の満月 初冬のスーパームーン (東京都 立川市)

今年最大の満月 初冬のスーパームーン (東京都 立川市)   Photo No.0423

2017年12月4日0時47分の月は今年、地球に最も近い満月(スーパームーン)とのことです。そして本日17時46分には近地点を通過します。暗くなり空に昇った月を見上げれば、なるほど本当に大きいです。2017年は6月9日22時10分の満月が一番小さかったそうですが、感覚的にはふた回りくらい大きい印象でしょうか。こちらは12月3日17時19分に立川の多摩川からも近い開けた場所にてのものです。初冬の木の枝と残った葉にピントを合わせて、ほぼ満月のスーパームーンをバックに撮影したものです。 

ちなみに2018年の最大の大きさとなるスーパームーンは、年明け早々の1月2日とのことです。また、1月31日の満月では、月が地球の影に隠れる皆既月食を全国で観察できるとのことです。 (神秘の自然現象)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当(さらに約2倍にトリミング) f6.3 1/640 (-2) ISO640

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/12/04 00:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(14)

梅雨の雨と紫陽花 (高幡不動尊/東京都 日野市)

絶景探しの旅 - 0262 梅雨の雨と紫陽花 (高幡不動尊/東京都 日野市)

梅雨の雨と紫陽花 (高幡不動尊/東京都 日野市)  Photo No.0262

アジサイ(紫陽花)と言えば、やっぱり、梅雨時の雨が似合うと思うのです。今朝、目を覚ませば、外は雨。昨夜遅く長い出張から帰ってきて眠いのですが、急いで着替えて、高幡不動尊に向かいます。もちろん、お目当ては雨のアジサイです。ところが、私が高幡不動に着くなり、この日で一番の大粒の雨が降り続きますが、それでも何故か気分は♪ピチピチ チャプチャプ ランランラン♪です。

小学生の頃、梅雨で雨が続く日の学校からの帰り道、黄色い傘をさしながら、この唄を歌いながら、アジサイとその葉に付くカタツムリをよく観察したものです。最近はアジサイは見かけますが、カタツムリはあまり見かけない印象です。農薬の関係でしょうか、いったいどうしたのでしょうかね?! 今回は雨の日の子ども目線と懐かしさのある作風を考えてみました。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 28mm相当 f8 1/320 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/26 00:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(18)

紫陽花と高幡不動尊の五重塔 (東京都 日野市)

0261 紫陽花と高幡不動尊の五重塔 (東京都 日野市)

紫陽花と高幡不動尊の五重塔 (東京都 日野市)  Photo No.0261

先日、会社のPCのWindows10の自動でころころ変わる開始の壁紙を見ていてびっくり!それは見慣れた高幡不動尊のお庭の景色。で、結局、高幡不動尊の壁紙はその日だけしか現れませんでしたが、あの写真って誰が提供しているんだろうと思ってしまいました。そんな東京都日野市にある高幡不動尊ではこの時期境内のあちこちや山肌一面のたくさんの紫陽花を見ることができます。梅雨時期と言えばやっぱり雨にしっとりと濡れる紫陽花の花がいいと思うのですが、今年の梅雨も晴れの日が多いくちょっとがっかりしています。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f2.8 1/1000 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/25 00:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(16)

日本さくら名所100選 「井の頭恩賜公園」 桜の井の頭池 (東京都 武蔵野市)

絶景探しの旅 - 0184 日本さくら名所100選 「井の頭恩賜公園」 桜の井の頭池 (東京都 武蔵野市)

日本さくら名所100選 「井の頭恩賜公園」 桜の井の頭池 (東京都 武蔵野市)  Photo No.0184

井の頭恩賜公園は大正6年に開園し、平成29年の今年2017年には100周年となるそうです。公園の案内によりますと、公園の中心となっている「井の頭池」の命名は、三代将軍徳川家光によるものと伝えられ、その意味は「上水道の水源」「このうえなくうまい水を出す井戸」という二つの説があります。「井の頭池」は初めて江戸にひかれた水道、神田上水の源であり、以前は人々の飲み水として使われていたそうです。 1990年には「日本さくら名所100選」にも選ばれました。

そんな井の頭公園の中心にある、井の頭池の花筏の中で餌を探しながら進むカルガモの様子です。井の頭公園では以前、オシドリと桜の花びらの写真を撮ったことがあって、久々にそれを楽しみにやってきたのですが、どうも、ここ2、3年はこちらの池で桜とオシドリを見ることはないようです。 (野鳥のいる風景)

SONY α99 70-200mm F2.8G  150mm f2.8 1/500 ISO800 PL

井の頭公園 日本さくら名所100選 「井の頭恩賜公園」


本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。


絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/11 05:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(16)

花筏とカルガモ (井の頭恩賜公園/東京都 武蔵野市)

絶景探しの旅 - 0183 花筏とカルガモ (井の頭恩賜公園/東京都 武蔵野市)

花筏とカルガモ (井の頭恩賜公園/東京都 武蔵野市)  Photo No.0183

昨日は関東地方のあちこちで午後から春の雨が止んだようです。 私もそのタイミングを見計らって、JR中央線の吉祥寺駅からすぐの井の頭恩賜公園(いのがしらおんちょうこうえん)に出かけて来ました。  井の頭公園は都心からもそう遠くなく、まさに都会のオアシスといった感じでしょうか。 井の頭公園では雨が上がったということもあって、井の頭池を取り巻くように咲く桜の花を楽しもうと大勢の人たちでにぎわっていました。 そして、先ほどまでの雨や風のために落ちた桜の花びらが、井の頭池のよどみの部分にどんどん集まって来て、ピンクの花筏(はないかだ)がところどころにできていました。

花筏って本当にきれいですよね。 実は今年のGWスタートの前日に休みを取って弘前公園の花筏を見ようと画策していたのですが、飛行機のチケットが取れずにがっかりしていました。そんな中で、規模は違っていても花筏とカルガモの作品を撮ることができてとてもよかったと思います。 (野鳥のいる風景)  (桜の咲く風景)

SONY α99 70-200mm F2.8G  200mm f2.8 1/500 ISO800 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。


絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/10 05:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(26)

光と影、氷と水の大噴水 (払沢の滝付近/東京都 桧原村)

絶景探しの旅 - 0115 光と影、氷と水の大噴水 (払沢の滝付近/東京都 桧原村)

絶景探しの旅」 光と影、氷と水の大噴水 (払沢の滝付近/東京都 桧原村) Photo No.0115

日本の滝百選 「払沢の滝 (ほっさわのたき)」 への山道の手前のセト沢の脇に、ちょぼちょぼと水が噴出す場所がありました。最初は天然の噴泉塔のようなものだと思っていたのですが、よく見ると布で巻かれたホースの途中から水が噴出しています。そしてホースの手前には四角い茶色な木の枠のようなものがあり、竹ぼうきのようなものが入れてあります。調べてみるとどうもこの竹ぼうきに水をかけて凍らせ、「氷のキャンプファイヤー」という企画を行なっているようです。

朝、来たときは確かに小さなちょろちょろの吹き出しでしたが、午後になって日が当り出した頃にここを通れば、吹き出す水が大きな音を立てて大暴れ状態です。どうしてこんな状況になっているのかはわかりませんが、噴水の水が日の光と木々の影を受けて、幻想的に輝きだします。熱心に写真を撮っているとやがて噴水は再び、しょぼしょぼな状態になってきました。この大暴れ噴水はたまたまなものか、それとも日の光と影と氷と水の組み合わせを意図的して楽しませてくれたのか、実際のところは不明ですが、何はともあれ、氷と水の大噴水のショーの瞬間をたっぷりと楽しませていただきました。

SONY α99 70-200mm F2.8G  70mm f8 1/4(ー0.7) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/01 05:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(22)

冬氷のセト沢 (東京都 桧原村)

0114 冬氷のセト沢 (東京都 桧原村)

絶景探しの旅」 冬氷のセト沢 (東京都 桧原村) Photo No.0114

東京の西部に位置する、東京都西多摩郡檜原村(ひのはらむら)の 日本の滝百選 「払沢の滝 (ほっさわのたき)」 から流れ落ちた水はセト沢の小さな流れとして多摩川水系北秋川に流れ込みます。滝つぼからの流れは徐々に水かさを増していくのですが、その最初の辺りには、川の両脇から氷が伸びている場所を数ヶ所見かけることができます。

そしてその氷の端を見れば、まるで雪の結晶構造にも似た不思議な模様の氷がツララの塊となってせり出します。飛び跳ねた小さな水滴が氷の上に飛び、それが氷の先までに流れるうちに少しづつ凍って伸びていったのではないかと推測です。こちらも見所のひとつではないかと思います。

SONY α99 70-200mm F2.8G  140mm f8 1.3s (-0.7) ISO200 (ND)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/31 05:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(16)

払沢の滝 半結氷の名滝 (東京都 桧原村)

絶景探しの旅 - 0113 払沢の滝 半結氷の名滝 (東京都 桧原村)

絶景探しの旅」 払沢の滝 半結氷の名滝 (東京都 桧原村) Photo No.0113

東京の西部、東京都西多摩郡檜原村にこの前の土曜日に行ってきました。檜原村(ひのはらむら)の観光資源としては東京都でただひとつ選定されているという、「日本の滝百選」 の 「払沢の滝 (ほっさわのたき)」 が知られています。払沢の滝は大きな落差26mの大滝があってその先にほんの小さな落差が3段あり、合わせて4段の全長60メートルの滝の流れとなっています。滝の落ちる場所は日中を通して日光があまり当らないこともあってか、冬になると凍る滝としても有名で、例年、払沢の滝が最大結氷する頃にTV中継が入ったりしています。ちなみに払沢の滝が完全凍結になったのは2006年1月でTVでニュースになったのを記憶しています。その後、完全結氷はなく、直近の最高は2012年の95%だそうです。

先週の金曜日の朝、TVを見ていると、払沢の滝からの中継があり、滝の結氷が木曜日に今季最大の65%になったとのことです。しかし、金曜から数日間は3月並みの気温まで上がるとか・・・。今年はどのくらい結氷するかなと思っていた矢先に、これはひょっとしたら今年一番の結氷は今かも知れないと思い、土曜日の朝からお昼過ぎまで檜原村の払沢の滝に行ってきたという次第です。行ってみたところ、暖かさの為に少しずつ氷が落ちてきたり、滝つぼの氷の割れが広がったりと、見ているうちから氷が崩れていって、最後は結氷率が40%レベル(桧原村発表)まで減ってしまいました。そんな2017年の払沢の滝の半結氷の様子です。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f11 2.5s (-1) ISO50 (ND)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/30 05:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(20)