富良野岳の見える丘 (北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0285 富良野岳の見える丘 (北海道 美瑛町)

富良野岳の見える丘 (北海道 美瑛町)  Photo No.0285

美瑛に来れば、雄大な十勝連峰を眺めることが出来ます。そんなこともあって、美瑛の丘と山々の風景を収めるのも楽しみのひとつです。十勝連峰には、美瑛岳、十勝岳、富良野岳、オプタテシケ山、上ホロカメットク山などがあって、土地勘の少ない私としては、どれがどれなのか、なかなか区別がつきにくかったりします。

今日も初夏の頃のものですが、雪を被った大きな山々と美瑛の丘からです。こちらはおそらく富良野岳ではないかと思うのですが、目の前に大きくそびえる雄姿をバックに丘の風景を収めてみました。(もし、違っていたらご指摘いただけますと助かります。)

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f7.1 1/1300 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/07/19 00:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(18)

ブルーリバーに架かる橋 (北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0281 ブルーリバーに架かる橋 (北海道 美瑛町)

ブルーリバーに架かる橋 (北海道 美瑛町)  Photo No.0281

美瑛・青い池から少々上流の白金温泉エリアでは、美瑛川が渓谷になっていて、その美瑛川に落ちる落差30メートルの白ひげの滝が人気スポットになっています。そして、その辺りを流れる美瑛川の水の色は青い池同様にきれいなブルーに輝くことからブルーリバーとも呼ばれているそうです。今、ブルーリバーに架かる吊り橋「ブルーリバー橋」を渡っています。

橋の上から美瑛川を覗き込めば、朝の光に、橋の影が川に架かります。 覗き込む人たちの影と一緒に。

SONY α99 24-70mm F2.8 ZA SSM 45mm f6.3 1/160 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/07/15 00:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(12)

釧路エゾシカ30万頭 (釧路湿原国立公園) 

0067 釧路エゾシカ30万頭 (釧路湿原国立公園)

絶景探しの旅」  釧路エゾシカ30万頭 (釧路湿原国立公園) Photo No.0067

釧路地区には昔から、たくさんのエゾシカが生息しています。しかし、ある時期から急増して今では、大繁殖。とてもよく見かけると聞きます。トヨタレンタリース釧路空港店の情報によりなすと、釧路エリアのエゾシカの数は驚くなかれなんと30万頭!その数はエリア人口とほぼ同じと書いてありました。そんなこともあって、エゾシカと車との衝突事故がとても多いそうです。シカとの衝突は自損事故と同じ扱いで保険の面でも本当に厄介ですね。ちなみに、シカの数え方ですが、1匹、1蹄(いってい)で数えることもあるようです。

私の印象では、急に道に飛び出してくるものだと思っていましたが、今回、何度か出会ったエゾシカたちは、そんなこともなく、道路で実に堂々としていることが多く驚きました。そして、これまた思ったより巨漢。どうみても奈良公園や宮島のシカとはひと回りかふた回り大きい印象で、逃げるのもスローなので、これではとても危ないと感じました。この写真は釧路湿原の未舗装道路を走っているときのもので、エゾシカの群れと遭遇しましたが、これまたマイペースで移動していてちょっと困りました。一応、一部が草むらに入って逃げて、残りのシカたちはこのように道の中央をあけてくれましたが人をそれほど恐れてもいないようでした。以前、札幌で食べたシカ肉はこういったシカたちのものだったのですね。 (野生動物のいる風景)

SONY α77Ⅱ 70-300mm F4.5-5.6G SSM 112mm相当 f5.6 1/250 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/15 05:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(10)

赤い空と雌阿寒岳を背に (釧路湿原国立公園)

0066 赤い空と雌阿寒岳 (釧路湿原国立公園)

絶景探しの旅」  赤い空と雌阿寒岳 (釧路湿原国立公園) Photo No.0066

釧路湿原の未舗装路を走っていると、タンチョウの家族が仲良く採餌していました。バックが雌阿寒岳(めあかんだけ)な上に、東側の朝焼けを拾って反対側の空はサーモンピンクの赤い空に染まっています。空が少しくすんでいますが、原因はちょっとわかりません。調べてみたら、雌阿寒岳(めあかんだけ)は標高1,499mの活火山で、現在もさかんに活動しているとのことです。空のくすみはひょっとしたら、火山活動のせいでしょうか?それにしても、標準ズームの最望遠域(120mm相当)でも視野がこんなに広い釧路湿原です。日の出時間(6時40分ごろ)を10分ほど回った風景ですが、早い勢いで空の色がどんどん変わっていきます。今回はめまぐるしく変わる様々な空の色が楽しめた釧路湿原の旅でした。 (野鳥のいる風景)

SONY α77Ⅱ DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 120mm相当 f4.5 1/250 (-0.7) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/14 05:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(8)

朝焼けの始まり (釧路湿原国立公園)

0065 朝焼けの始まり(釧路湿原国立公園)

絶景探しの旅」  朝焼けの始まり(釧路湿原国立公園) Photo No.0065

前回、釧路湿原の塘路湖での同じ位置の写真を見ていただきましたが、その後、日の出もさらに近づき、いよいよこれから朝焼けが始まりそうです。空の色が大胆にどんどん変化していく、この上ない朝の光景に出会うことができて本当にラッキーな1日のスタートでした。

SONY α77Ⅱ DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 120mm相当 f11 6S ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/13 05:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(16)

青い朝 (釧路湿原国立公園)

0064 青い朝 (釧路湿原国立公園)

絶景探しの旅 青い朝 (釧路湿原国立公園) Photo No.0064

早起きは三文の徳という言葉がありますが、特に北海道に来ればそれを強く感じます。実際、早朝から夕方まで目が離せないので1日フル活用状態です。北海道で写真をやっている人たちが羨ましいとともに、休む暇がないんじゃないかと少し心配になったりもします。基本的に車の駐車に困らないところが多いのも羨ましいところです。夜明け前の湿原を流れる釧路川につながる塘路湖のたもとに立てば、こんな素敵な朝の景色を収めることができました。手元の枯れ草の草むらがもう少し味わいのあるものだとよかったように思います。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/12 05:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(8)

夜の釧路川 (釧路市)

0063 夜の釧路川 (釧路市)

絶景探しの旅 夜の釧路川(釧路市) Photo No.0063

タンチョウや釧路湿原をたっぷり満喫した後に、釧路市内に戻ってきました。空もすでに真っ暗ですが、実は17時30分だったりします・・・。冬の北海道の夜は実に早く日が落ちます。12月上旬で15時50分前後で日没です。この日の最後は釧路市内中心部を流れる釧路川の様子の撮影をしばし、さゆうさんと一緒に行います。大きな湿原を流れてきた釧路川もここ釧路市で海に注ぎます。それにしてもこの日の釧路市内の夜は風も強くて体感温度もどんどん下がり続けます。釧路川は強い風の影響を受け波も高くて水面は少々荒れ模様。しかしながら、川の上には三日月に金星が輝きます。寒々しい風に耐えながらの手持ち撮影ですがこちらもうまく止まってくれて幸運でした。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 27mm相当 f4 1/6 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/11 05:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(10)

冬のマジックアワー (釧路湿原国立公園)

0062 冬のマジックアワー (釧路湿原国立公園)

絶景探しの旅」  冬のマジックアワー (釧路湿原国立公園) Photo No.0062

12月の釧路湿原の日暮れがどんどん進みます。すでに日は15時40分に山陰に落ちていきました。そこから1時間は冬のマジックアワーが楽しめます。タンチョウを楽しんだ後はこれから釧路市内に戻ろうと湿原の未舗装路を走ります。窓の外の湿地帯には地平線から空まで幻想的な鮮やかな空の色が広がります。さゆうさんとともにこれは儲けものですね、と車から降りてシャッターを押します。カメラもレンズも手ぶれ補正機能なく手ぶれ覚悟の手持ち撮影ですが無事撮影成功です。私が初めて釧路に来た時に湿原で見たあの冬の透き通った夜空の風景、もう一度見たいと念願していた吸い込まれそうなマジックアワーの空と大地がそこにありとても感動でした。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f4 1/8 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/10 05:30 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(12)

三日月に飛ぶ (鶴居村/釧路湿原)

0061 三日月に飛ぶ(鶴居村 釧路湿原)3

絶景探しの旅」  三日月に飛ぶ(鶴居村/釧路湿原)- Photo No.0061

夕暮れ時になってきれいな三日月が浮かび上がります。タンチョウたちはサンクチュアリから大きなグループからつがいまで何班にも分かれてねぐらに戻ります。車の後ろに回り、ツルたちを刺激しないように戻る様子を観察します。飛ぶ位置があちこちばらつく中で、運がいいことに三日月に飛ぶつがいを収めることが出来ました。 (野鳥のいる風景)

SONY α77Ⅱ DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 75mm相当 f4.5 1/320 ISO1250

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/09 06:30 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(14)

タンチョウ空へ (鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ/ 釧路湿原)

0060 タンチョウ空へ (鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ/ 釧路湿原)

絶景探しの旅」 絶景探しの旅 - 0060 タンチョウ空へ (鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ 釧路湿原) - Photo No.0060

昨日の釧路湿原の鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリでのタンチョウコマ送りシリーズの続編です。こちらもコマ送りのように見えますが、6羽が同時の1枚です。サンクチュアリから飛び立つときもコマ送りで助走、飛び出していきましたが、空に浮いてもコマ送りのような動きを見ることができました。この写真はタンチョウが浮いて沈む動きのようにも見えてとてもユーモラスです。それにしてもタンチョウは集団で移動するときも統制が取れていたりするので驚きです。集団移動のときはV字飛行をすることもありますし、巨大な体でもやはり鳥なのだなとも思います。

鶴居村エリアには鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリでなくとも、周辺の畑や民家近くで採餌しているつがいや親子がいたり、集団で眠るタンチョウのねぐらなどあったり、車であちこち移動してみればタンチョウをいろんなところで見かけることが出来ます。ただ、タンチョウがいるとうれしくなって、そのまま車から降りていきなりカメラを向けますと、サンクチュアリとは異なり警戒して逃げて行ってしまったりしますので、人影をタンチョウたちに見せないような配慮が必要だとさゆうさんに教わりました。釧路湿原に来ればタンチョウ目線で行動したいものですね。  (野鳥のいる風景)

SONY α55 70-300mm F4.5-5.6G SSM 375mm相当 f5.6 1/2000 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/08 05:30 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(10)