高敞邑城の孟宗竹の竹林を見上げる (韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0246 高敞邑城の孟宗竹の竹林を見上げる (韓国 全羅北道)

高敞邑城の孟宗竹の竹林を見上げる (韓国 全羅北道)  Photo No.0246

朝鮮時代の遺産「高敞邑城(コチャンウプソン)」の敷地は広大で、少々裏手を歩けば見事な孟宗竹の竹林がありました。中の散策がOKとのことですのでゆっくり中に入ってみました。こちらでは、皆さんもご存知のNHKで何度か放送された大人気韓国ドラマ 「チャングムの誓い」の撮影にも使われたそうです。孟宗竹の竹林を露出オーバーで撮影して初夏らしさを表現してみました。

* 初夏の韓国 全羅北道(チョンラブット) 高敞郡 (コチャンクン)の旅の特集はこちらまでです。お付き合いありがとうございました。

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 24mm相当 f4 1/30 (+2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/10 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(20)

赤いツツジの城壁の続く高敞邑城 (高敞邑城韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0244 赤いツツジの城壁の続く高敞邑城(高敞邑城韓国 全羅北道)

赤いツツジの城壁の続く高敞邑城 (高敞邑城韓国 全羅北道)  Photo No.0245

引き続き、朝鮮時代の遺産「高敞邑城(コチャンウプソン)」からです。こちらの高敞邑城は初夏はきれいなツツジの咲く城壁が人気となっています。こちらの城壁の周囲は1,684mで、1500年代後半ごろの建造物で、残っていた城壁は最近の補修工事で円形に近い形に再現されたそうです。朝鮮時代には、湖南(ホナム)内陸の軍事的要衝地で、朝鮮初期には西海岸を通した倭寇からの防衛対策として、また、豊臣秀吉の命による朝鮮出兵の壬辰倭乱(文禄の役)のときには日本の加藤清正らとの攻防の場所のひとつになったと聞きました。

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 60mm相当 f5.6 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/09 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(16)

初夏の高敞邑城(コチャンウプソン)の城壁 (韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0244 初夏の高敞邑城(コチャンウプソン)の城壁 (韓国 全羅北道)

初夏の高敞邑城(コチャンウプソン)の城壁 (韓国 全羅北道)  Photo No.0244

引き続き、初夏の韓国・全羅北道(チョルラプクト/ぜんらほくどう)の高敞郡高敞邑(コチャンクン コチャンウプ)からです。朝鮮時代の遺産、「高敞邑城(コチャンウプソン)」にやってきました。こちらの高敞邑城は1453年頃から造られ、そのうち城壁なども造られ、その城壁が見事です。こちらの城壁には興味深い歴史があるようで、それは次の写真であわせてご紹介しますね!

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 105mm相当 f5.6 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/08 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(22)

朝鮮半島に咲くツツジの王様「クロフネツツジ」 (高敞邑城/韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0243 朝鮮半島に咲くツツジの王様「クロフネツツジ」 (高敞邑城韓国 全羅北道)

朝鮮半島に咲くツツジの王様 「クロフネツツジ」 (高敞邑城/韓国 全羅北道)  Photo No.0243

引き続き、初夏の韓国・全羅北道 高敞郡(コチャンクン)からの作品です。こちらは前回の禅雲寺と同じ高敞郡にありまして、高敞邑( コチャンウプ)にあることから、「高敞邑城(コチャンウプソン)」と呼ばれるお城の跡からです。お城の紹介は、この後の作品のときにするとしまして、今日は、こちらに咲く淡いピンクのツツジ 「チョルチュク」と呼ばれるクロフネツツジ(カラツツジ)の写った写真の紹介です。

Wikipediaによりますと、クロフネツツジは、中国東北部、ロシア極東部および朝鮮半島に自生し、日本には江戸時代初期の1668年に朝鮮半島から渡来したとされているそうです。大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれるそうです。

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 67mm相当 f4.5 1/640 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/07 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(18)

韓国・禅雲寺の色鮮やかな魚鼓 (韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0242 韓国・禅雲寺の色鮮やかな魚鼓 (韓国 全羅北道)

韓国・禅雲寺の色鮮やかな魚鼓 (韓国 全羅北道)  Photo No.0242

新しくご紹介の旅の作品は、初夏の韓国・全羅北道(チョルラプクト/ぜんらほくどう)高敞郡(コチャンクン)からのものです。全羅北道は韓国の中央部の西の黄海に近い場所に位置しています。

立ち寄ったのは、韓国仏教の最大宗派である曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の第24教区本寺の「禅雲寺(ソヌンサ/ぜんうんじ)」です。ご本尊は釈迦如来となっておりまして、寺の創建は577年(百済威徳王24年)とも、新羅の真興王が創建したとの説もあるそうです。その後、ハングル文字を開発したという世宗王による仏教弾圧による廃寺、豊臣秀吉の朝鮮出兵「文禄・慶長の役」による建物の消失など、いくつかの紆余曲折を経て1614年から6年かけて再建されたとされています。(Wikipedia)

こちらはその禅雲寺の鐘楼で大きな鐘がぶら下がっている脇にある魚鼓(木魚の原型と言われています)で口に金の玉をくわえています。これぞ、本当の木の魚「木魚」ですね!これを見ているとお腹の辺りがすり減っているので、中にバチでも入れてたたいたりするのでしょうかね!?

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 30mm相当 f4 1/40 ISO125

全羅北道高敞郡MAP 全羅北道 禅雲寺 全羅北道高敞郡の位置と「禅雲寺」

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/06 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(20)