古代エジプトのミイラ (パリ・ルーブル美術館)

絶景探しの旅 - 0154 古代エジプトのミイラ (パリ・ルーブル美術館)

「絶景探しの旅」  古代エジプトのミイラ (パリ・ルーブル美術館)  Photo No.0154

パリと言えば、欠かせない訪問先はやっぱり、ルーブル美術館ということで、この日はルーブル美術館にやってきました。世界中から集めた最高傑作の芸術品がここに集います。モナリザは絶対に見ますし、見るのを欠かせない絵画、彫刻が多数ありすぎて見切れません。 その中でどうしても見て帰ってしまうのが、古代エジプトの展示です。 とにかくエジプトの古代文明には子どもの頃から憧れがありまして、いつかはピラミッド、スフィンクス、ナイル川上流の大神殿、ツタンカーメンの黄金のマスクなどを見たいと思っています。 一方で、治安の問題や衛生問題、蚊に刺されて発熱したりとかそんな怖い話に加え、今はISの問題もあり、いつまで経っても行けそうにありません。しかしながら、大英博物館やルーブル美術館に来ればその雰囲気をたっぷり味わうことができます。

ルーブル美術館によりますと、こちらのミイラはプトレマイオス朝時代(前332-前30年)の男性のミイラで、保存状態がきわめて良好なものだそうです(顔の横にあるのはマスク)。遺体はこの時代の風習に従って、亜麻の包帯で丁寧に巻かれ、なかでも顔面は芸術的なまでに見事な仕上げとなっています。 古代エジプトでは、一握りの幸運な人たちのみが、来世での永生をさらにかたく約束される埋葬や葬祭儀式によって遺体を保存されましたが、多くの一般的な人々は砂漠に掘られた単なる穴に埋められ、質素な供物が置かれるだけだったとのことです。 * パリ編は一旦、こちらで終了です。  (世界の芸術品)

SONY α7(E) FE 24-70mm F4 ZA OSS 70mm AUTO (f4.0 1/125 ISO6400)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/12 05:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(18)

ムーランルージュ パリの赤い風車 (パリ・モンマルトル)

絶景探しの旅 - 0153  ムーランルージュ パリの赤い風車 (パリ・モンマルトル)

「絶景探しの旅」  ムーランルージュ パリの赤い風車 (パリ・モンマルトル)  Photo No.0153

パリの3大ナイトショーと言えば、クレージーホース、リド、そしてムーランルージュでしょうか。 この日はパリの夜の息抜きを楽しもうとムーランルージュにやってきました。建物の前に来て見ればすごい迫力。 「ムーランルージュ」はフランス語で、「赤い風車」という意味だそうです。実際、建物にはしっかりと赤い風車が回っていたりします。昼間はそれなりに街の風景に溶け込んでいますが、夜になると、真っ赤に光り輝き、俄然、その存在感を示しだします。 

Wikipediaによれば、ムーランルージュは1889年に誕生したキャバレーで、女性ダンサーたちによる歌やダンスなどハイクオリティーなショーが魅力となっています。そして、特にこちらのフレンチカンカンは歴史もあり有名とのことです。画家のロートレックがここに通いつめ、踊り子たちをモデルに描いた数々のポスターを描き続けました。 第一次・第二次世界大戦下でも営業を続け、第二次世界大戦中にパリがドイツ軍の占領下に置かれた際も、多くのドイツ軍将兵でにぎわったとされます。また、エルビス・プレスリー、フランク・シナトラなどもここで活躍したそうです。 「ムーランルージュ」にまつわる映画もこれまでいくつも製作され、私も2001年に公開のニコール・キッドマン主演の映画の「ムーラン・ルージュ」が好きで、DVDまで買ってしまいました・・・。 

*パリのムーランルージュのショーが気になる方は、こちら (YouTube / 2分程度)で!

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/200) ISO640

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/11 05:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(20)

エッフェル塔の夜景 (フランス・パリ)

絶景探しの旅 - 0152 エッフェル塔の夜景 (フランス・パリ)

「絶景探しの旅」 エッフェル塔の夜景 (フランス・パリ)  Photo No.0152

パリと言えば、凱旋門、シャンゼリゼ通り、エッフェル塔があまりにも有名です。エッフェル塔は日本の東京タワーと比べ見る人が多いのではないかと思いますが、その夜の電飾はパリの街の色と同様に電球色だったりします(通常時)。また、塔の先からは斜めに光るサーチライトのような光がくるくる回るように発せられていたり、特定時間になるとチカチカと白い星のような光が点滅したりと日本のタワーとは違った、シンプルだけど心地いい演出もあったりします。

SONY α7(E) FE 24-70mm F4 ZA OSS 70mm AUTO (f4.0 1/50 ISO6400)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/10 05:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(28)

オルセー美術館 大時計とパリの風景 (フランス・パリ)

絶景探しの旅 - 0151 オルセー美術館 大時計とパリの風景 (フランス・パリ)

「絶景探しの旅」 オルセー美術館 大時計とパリの風景 (フランス・パリ)  Photo No.0151

いきなりパリ編です。フランス・パリのオルセー美術館の大時計の前に立っています。オルセー美術館は、フランスのパリにある19世紀の美術作品が多く収蔵されていることで有名です。印象派の作品が数く、おなじみ、ゴッホやゴーギャン、ミレーなどの作品の観賞に浸れます。私の最大のお目当ては、いくら見ても見飽きない、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」です。

セーヌ川の湖畔にどんと構えるオルセー美術館は、実はオルセー駅だった駅舎を美術館にしてしまっていますので、ところどころでその雰囲気を残しています。駅舎を丸ごと感じる展示ホールはもちろんですが、この大時計もその名残りかと思います。その大時計の裏からは手前にセーヌ川、そして、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」の舞台となったモンマルトルの丘辺り(寺院の見える丘)が見えたりします。

SONY RX100 35mm相当 AUTO (f 5.6 1/250) ISO250

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/09 05:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(20)