夕日の共演 ビッグベンとロンドン・アイ (英国 ロンドン)

絶景探しの旅 - 0444 夕日の競演 ビッグベンとロンドンアイ (英国 ロンドン)

夕日の共演 ビッグベンとロンドン・アイ (英国 ロンドン)   Photo No.0443

クリスマスイブは皆さんいかがお過ごしだったでしょうか。先日は、ロンドンの大観覧車のスポンサーがコカ・コーラになったことに触れましたが、今や日本はもちろんのことおなじみのサンタクロースの赤い服はコカ・コーラの広告が起源なんですよね~。

気が付けば、ロンドンの街もすっかり日が傾いてきました。この日の夕暮れ時をテムズ川沿いのレストランで食事をとることにしました。ちょっとその前に、せっかくなので夕日の写真を1枚撮ろうと思います。巨大な観覧車「ロンドン・アイ」と「ビッグベン」がいい具合に収まる場所を見つけました。夕日を浴びるロンドンの2大ランドマークの共演です。これぞ、ロンドンという感じですね。ちなみに、よく見ると25人乗りのカプセルにはコカ・コーラのマークが入っていますね。私が以前に乗ったときはブリティッシュ・エアウェイズの配色とロゴでした。

SONY α77Ⅱ Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 39mm相当 f18 1/25 ISO200

■ ロンドン編はこちらまでです。お付き合いいただきましてありがとうございました。ロンドンから次に向かうのは? 欧州編はまだまだ続きますが、国内編にしばらくの間、戻したいと思います。お楽しみに。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/12/25 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(20)

ピカデリーサーカス (英国 ロンドン)

絶景探しの旅 - 0443 ピカデリーサーカス (英国 ロンドン)

ピカデリーサーカス (英国 ロンドン)   Photo No.0443

世界各国には、その街に行ったら立ち寄らねばいけないような気分にさせる場所があります。ニューヨークのタイムズスクエアもそんな場所として全米や世界中から人々が集まります。欧州ではバルセロナのカタルーニャ広場、パリのシャンゼリゼ通り、ミラノのドゥオーモ広場なんかも用事もないのについ行ってしまいます。

世界的にタイムズスクエアと双璧をなすと言われるのは、英国・ロンドンのピカデリーサーカスです。私も毎回というわけではないですが、時間に余裕ができれば、ピカデリーサーカスについ人を見に来てしまいます。こちらはそんなピカデリーサーカスの代表的なモニュメントとしておなじみのエロスの像と噴水の前の広場です。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f5 1/800 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/12/24 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(12)

黄金に輝く現代のピラミッド ザ・シャード (英国 ロンドン)

0442 黄金に輝く現代のピラミッド ザ・シャード (英国 ロンドン)

黄金に輝く現代のピラミッド ザ・シャード (英国 ロンドン)   Photo No.0442

テムズ川の対岸にピラミッドを垂直に引き伸ばしたデザインだというEUで一番高いガラス張りのビル「ザ・シャード」(The Shard/310m)」が見えます。驚くべきことに、ザ・シャードは、昇り行く朝の光を浴び、本来の色を失い、黄金の輝きを発しています。そしてまた新たなるピラミッドのような高層ビルが建つのでしょうか、風にたなびくユニオンジャックの旗と共に何本かの建設クレーンが見えます。EU離脱に向かって舵を切る英国ですが、黄金の古代エジプト文明のように最後のひと輝きを放ちながら終焉に向かうのでしょうか?栄華を極めたイギリスのこの先の行方を見守りたいと思います。

LUMIX GX7MK2 G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 193mm相当 f5.6 1/2000 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/12/23 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(14)

朝焼けのロンドン・アイ (英国 ロンドン)

絶景探しの旅 - 0441 朝焼けのロンドン・アイ (英国 ロンドン)

朝焼けのロンドン・アイ (英国 ロンドン)   Photo No.0441

この日の朝はロンドン・アイの朝の風景を撮りにやってきました。テムズ川沿い立つ巨大なホイールの背後からどんどんと夜が明け、綺麗な朝焼けの空とロンドン・アイの景色を楽しみました。

ロンドンのランドマークといえば間違いなくこの世界最大級の規模の観覧車「ロンドン・アイ」もそのひとつだと思います。ロンドン・アイは2000年頃に営業開始で、今年で17年経過です。私も出来てしばらくの時に予約して観覧カプセルに乗りました。当時はブリティッシュエアウェイズ ロンドン・アイと呼ばれていましたので、てっきりブリティッシュエアウェイズが経営しているとばかり思っていたのですが、実はスポンサーだったと後で知りました。ちなみに今はスポンサーも代わり、コカコーラ・ロンドンアイという名称としているようです。

LUMIX GX7MK2 G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 93mm相当 f4.5 1/800 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/12/22 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(22)

朝日に輝くタワーブリッジ (英国 ロンドン)

絶景探しの旅 - 0440 朝日に輝くタワーブリッジ (英国 ロンドン)

朝日に輝くタワーブリッジ (英国 ロンドン)   Photo No.0440

テムズ川に架かる橋の中で最も特徴的な橋がタワーブリッジです。2層式の橋で、1段目は船の往来の度に羽根のように橋が跳ね上がるとか。この日の早朝散歩のゴールは朝日のタワーブリッジ。地下鉄が動き始める前から動き始めたということもあって徒歩でやってきたのですがホテルから4km以上もテクテク歩いて来たようです。

そろそろ空が明るくなってきました。目的だったタワーブリッジに朝日が被る時間に無事間に合いました。お日様が輝き始めます。橋に近寄ったり、離れたりしながら、撮影ができる喜びをかみしめていたのもつかの間、ポツポツと雨が降り出してきました。マジ?!こんなに晴れているのに、どういうこと?!これから、急いでホテルに戻ります・・・。ロンドンの天気は変わりやすいのです。

SONY α77Ⅱ Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 30mm相当 f18 1/80 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/12/21 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(16)

4日間街が燃え続けた ロンドン大火記念塔 (シティ/英国 ロンドン)

絶景探しの旅 - 0439 4日間街が燃え続けた ロンドン大火記念塔 (シティ/英国 ロンドン)

4日間街が燃え続けた ロンドン大火記念塔 (シティ/英国 ロンドン)   Photo No.0439

空が幾分か明るくなってきました。朝の暗いうちから歩き始め、いったい何キロ歩いたことでしょうか。地下鉄モニュメント駅近くのロンドン大火記念塔 (A Monument to the Great Fire of London)にやってきました。このロンドン大火記念塔は、1666年9月1日に起きた、ロンドン大火と呼ばれる大火災の翌年1667年に復興を記念して建てられたものだそうです。

Wikipediaによりますと、ロンドン大火はなんと4日間も燃え続け、ロンドン市内の家屋のほとんど(約85% /1万3200戸)を焼失した大火災でした。これは当時のロンドンの家がほとんどが木造で、街路も狭かったことが原因だそうです、その後、家屋の木造建築は禁止、煉瓦造りまたは石造りに限るという建築規制が引かれるなどし復興作業が行われたそうです。なお、この塔の高さは高さ62mで、この高さと同じ62m離れた場所に出火元のパン屋のかまどがあったそうです。

そんなロンドン大火記念塔を背景に当時の様子が想像される燃えるような朝焼けが始まろうとしています。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 16mm相当 f5 1/160 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/12/20 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(22)

蒼い朝のセント・ポール大聖堂 (英国 ロンドン)

絶景探しの旅 - 0438 蒼い朝のセント・ポール大聖堂 (英国 ロンドン)

蒼い朝のセント・ポール大聖堂 (英国 ロンドン)   Photo No.0438

テムズ川を渡り、次に向かったのはセント・ポール大聖堂。少しずつ夜が明けてい行く蒼い朝にその姿を見ることができました。セントポール大聖堂は1981年のチャールズ王太子とダイアナ元妃の結婚式や、2013年のマーガレット・サッチャー首相の葬儀が行われた場所としても有名です。

SONY RX100 76mm相当 AUTO (f4 1/80) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/12/19 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(22)

夜明けのテムズ川 (英国 ロンドン)

絶景探しの旅 - 0437 夜明けのテムズ川 (英国 ロンドン)

夜明けのテムズ川 (英国 ロンドン)   Photo No.0437

ロンドン市内を縦断するA201ロードを南から北に歩きます。テムズ川を渡ろうとブラックフライアーズ橋を行こうと思うのですが、まずはその前に右折して、ブラックフライアーズ駅の前の河岸から、夜明け前のテムズ川の風景を撮ります。セントポール寺院などが見える夜明け前のテムズ川の岸壁の上に三脚とカメラをセットするのですが、この日は横風が強くてカメラが微ブレしますので、枚数を多めに撮影しました。

SONY α77Ⅱ Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 24mm相当 f8 6s ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/12/18 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(16)

EUで一番高いビル「ザ・シャード」と夜明け前の街 (英国 ロンドン)

絶景探しの旅 - 0436 EUで一番高いビル「ザ・シャード」とロンドンの夜明け前の街 (英国 ロンドン)

EUで一番高いビル「ザ・シャード」とロンドンの夜明け前の街 (英国 ロンドン)   Photo No.0438

朝早く、ロンドンの街を散策しようと思います。A201ロードと呼ばれるロンドンの中心部を南北縦断する通りを南から北に歩きます。通りを歩いていると右側に折れた道路の先に光輝くロンドンの新しいランドマーク「ザ・シャード(The Shard)」が見えます。

Wikipediaによれば、ザ・シャードは2012年にできたばかりの高さ310m、地上87階建てのタワービルでEUで最も高いビルで、関西国際空港旅客ターミナルビルと同じイタリア人建築家レンゾ・ピアノ(Renzo Piano)の設計です。ピラミッドを垂直に引き伸ばしたような形状をしており、外壁は英語で「破片」を意味する"Shard"の名の通りガラス張りの外壁となっています。手前は鉄道橋のトンネルと道路片側ど真ん中での路上駐車です。  (*参考:あべのハルカス300m/60階)

SONY RX100 50mm相当 AUTO (f3.2 1/30) ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/12/17 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(14)

曲線道路が美しいリージェントストリート (英国 ロンドン)

絶景探しの旅 - 0435 曲線道路が美しいリージェントストリート (英国 ロンドン)

曲線道路が美しいリージェントストリート (英国 ロンドン)   Photo No.0435

緩やかなカーブとそれを取り囲むような建物が美しいロンドンの「リージェントストリート」に来ています。こちらは19世紀初頭に整備され、今や年間5000万人以上の人々が訪れるロンドンの有名な通りです。Wikipediaによりますと、リージェント・ストリートは当初からショッピング・ストリートとして設計されていて、居住スペースが設けられたことがないそうです。そして、この通りのすべての土地・建物はイギリス王室の不動産を管理する会社が独占管理するイギリス王室の資産とのことです。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f5 1/1600 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/12/16 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(12)