武蔵野陵参道 木漏れ日の青紅葉 (東京八王子)

絶景探しの旅-0029 武蔵野陵参道 木漏れ日の青紅葉 (東京八王子)

「絶景探しの旅」 武蔵野陵参道 木漏れ日の青紅葉 (東京八王子) - Photo No.0029

昨年の自宅のある街の平地の紅葉は12月初旬頃が見ごろだったような気がしますが、ここ数日寒くなってきたので、市内のいくつかの場所を選んで、木々の色付きの様子を見て回ってきました。そのうちのひとつとして、JR中央線西八王子駅と高尾駅の間に位置する武蔵陵墓地にも行ってきました。武蔵陵墓地には、大正天皇の多摩陵(たまのみささぎ)と、昭和天皇の武蔵野陵(むさしののみささぎ)などがあり、昨日もぱらぱらとではありますが、人々が途切れることなく訪れていました。入口から武蔵野陵に向かう北参道を歩くのですが、参道の脇の植林を見上げれば、高い木々に混じって、日の光を浴びたまだ青い紅葉(もみじ)が広範囲に浮かびあがっていました。御陵エリアの紅葉は日の当る部分はいくらか色づき始めているのですが、木陰のものは色づくのはまだ先のようです。この日はマイクロフォーサーズの超広角レンズを持ち歩いていたのですが、光芒を強くするとゴーストが目立つように映りこむので撮影に苦労しました。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f14 1/50 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/07 05:40 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(4)

「ルリビタキ」未完成な1枚 (都立小宮公園/八王子市)

絶景探しの旅-0033 ルリビタキ (都立小宮公園/八王子市)

絶景探しの旅ルリビタキ (都立小宮公園/八王子市) - Photo No.0033

これは常に私の頭に残しているカットです。かなり以前になりますが、野鳥の写真を熱心に撮影している時期がありまして、その時に日本野鳥の会バードショップ(自由が丘/当時)での叶内拓哉先生(野鳥写真家)の写真教室に出席させていただく機会がありました。野鳥は撮り上げるより、横から、または撮り下げるといいとか、ミラーブレを抑える方法、プロはこんな位置を探して撮っているなど充実した内容でした。その教室で私が都立小宮公園(八王子市)で獲ったルリビタキ♀を見つけ収めたこの写真を講義中に講評していただきました。我ながらうまく撮れた気がした1枚でしたが、「よく撮れているが、足りないものがある・・・。」との指摘がありました。先生からいただいたひと言は「難しいが、枝に葉っぱ1枚でもあったなら写真が仕上がる。」でした。写真構成のコツに気が付くとともに、プロはそういう場所に鳥が来るのを狙って撮るんだと認識しました。それから写真全般に対しての考え方が変わりました。まだまだ発展途上ですが、この1枚の写真から得たものを写真ジャンルが変わった今でも活かすように励んでいます。 (野鳥のいる風景)

CANON EOS1N EF500mm F4.5L f4.5 1/60 ISO80 (コダックエクタクロームダイナ EB)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/11 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(6)

スーパームーンとスーパーあずさ (八王子 浅川)

絶景探しの旅 – 0036 スーパームーン とスーパーあずさ(八王子)

スーパームーンとスーパーあずさ (八王子 浅川) Photo No.0036

満月の写真は難しいですが、私がよく狙う被写体のひとつです。今日、2016年11月14日の満月は68年ぶりに大きく明るいスーパームーンとなるそうです。しかし、今夜の東京地方は雨の予報もありますし、風景の中で月の模様を収めるとなれば日没前後しかチャンスがありませんから、どちらにせよ会社勤めには厳しい限りです。しかしながら、前回も満月が休日に絡んでいましたし、今回も1日早いですが、休日に絡んでいてチャンスです。正確にはスーパームーンではありませんが、この日は、久しぶりに雲もあまりないとてもよい条件です。童謡夕焼け小焼けの山村にて狙うか、この場所で中央線を狙うか迷ったのですが、月が昇り始める時間帯にスーパーあずさの車両が2本浅川(多摩川支流)を渡りますのでスーパーつながりで行こうと決めここにやってきました。この日は浅川の水量が少なく残念でしたが、16時29分にスーパーあずさが新宿方面から八王子、松本方面に向けて、輝きを増しつつある月をバックに浅川鉄橋を通過していきました。列車を止めつつLEDの電光掲示板を写しこむためにシャッタースピード1/160を意識しています。 (鉄道のある風景)

SONY α99 70-200mm F2.8G 70mm 1/160 f8 (-1) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/14 05:30 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(4)

紅葉のアーチ (元八王子)

絶景探しの旅-0037 紅葉の大アーチ(元八王子)

絶景探しの旅 紅葉のアーチ (元八王子) - Photo No.0037

八王子市は東京都においては面積が大きな自治体のひとつです。その広大な八王子の北西部に元八王子(もとはちおうじ)といわれる場所があります。首都圏の方なら朝のNHKのニュースの高速道路の渋滞情報でよく聞く地名だと思います。ところで何故、「元」が付くのかを考えたことがありますが、この元八王子エリアに於いて、今からちょうど1100年前の916年 に八王子権現が祀られたころから始まり、1587年には北条氏照によって八王子城築城、1590年に豊臣方の八王子城攻めによって八王子城落城、その後、まもなく城下町が現在の八王子中心部に移って行ったという歴史があったそうです。なるほど、ここが元々の八王子だったのですね。JR・京王高尾駅から、東京霊園や八王子城跡、前田真三の実家の町方面に向かうときにこちら元八王子の紅葉(こうよう)の大きなアーチの美山通りを通ることになります。植林された広葉樹の葉が車道を覆うように広がっています。夏は木陰が涼しく、秋はきれいに色づいた紅葉のアーチを楽しみながら長い上り下り上り下りの道を1~2kmほど走り続けることができます。

SONY α77Ⅱ 70-200mm F2.8G 270mm相当 f2.8 1/2000 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/15 05:30 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(6)

甲州街道いちょう並木 (八王子 高尾)

絶景探しの旅- 0038 甲州街道いちょう並木(八王子)

絶景探しの旅 甲州街道いちょう並木 (八王子 高尾) - Photo No.0038

秋になると通り行く人たちの目を和ませてくれるのが、甲州街道(国道20号線)のいちょう並木。私もこの甲州街道のいちょう並木を見るのが毎年の楽しみとなっています。八王子市によりますと、このいちょう並木は昭和4年(1929年)に大正天皇の御陵(多摩陵/たまのみささぎ)の造営を記念し植えられたものだそうです。八王子市内の中心部付近の追分交差点付近から高尾駅前にかけて763本もの黄金色に輝くいちょうの木々がおよそ4kmにわたって続きます。

昭和54年(1979年)からは、街道のいちょうの色づくころに「いちょう祭り」が開催され、例年、盛り上がっています。2016年は今週末の11月19日(土)、20日(日)に実施されます。日当たりのいい高尾駅側から黄金色のピークにづき始めまして市内の方に色づきのピークが移っていきます。先週の日曜日の午後には高尾駅付近でもこんな感じでまだ青い葉がありましたが、かえってそれがきれいなグラデーションのようになって私の目を楽しませてくれました。今週末のおまつりの時にはここのいちょうはきっと黄金色に輝いていることと思います。高尾駅から歩いたところにある町田街道入口の陸橋からの1枚です。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 22mm 1/80 f8 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/16 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(2)

秋の裏高尾を行くかいじ (八王子)

ミシュランガイド紹介で、東京エリアの人々以外にも大きく知られることになった東京・八王子の高尾山。手軽な山登りができる山として、今は外国人の方もたくさん訪れていまして、年間を通して混雑しています。

絶景探しの旅-0039 秋の裏高尾を行くかいじ (八王子)

秋の裏高尾を行くかいじ (八王子) Photo No.0039

八王子市内から甲州街道(国道20号線)を歩き、京王・高尾山口駅の手前で右折して小仏峠方面を歩きます。峠に向かう細い道路が続くのですが、その脇を民家が並んでいます。このエリアは裏高尾と呼ばれ、日陰的な印象があるのですが、実は江戸時代に甲州街道と言えば、こちらであり、交通の要所で関所(小仏関)も置かれました。Wikipediaによれば、東京から甲府方面に向かう国道選定についてはこの道は勾配が急で車道化が困難とのことで、1888年(明治21年)に現在の道路が国道20号線となりましたが、地形的に直線的なルートということで、中央自動車道とJR中央本線は従来の甲州街道に沿って設定されているとのことです。そんな小仏峠に向かう裏高尾では秋に染まる山をバックに走る「かいじ」など身近に見ることができたりします。 (鉄道のある風景)

SONY α77Ⅱ 70-200mm F2.8G 300mm相当 1/125 f11 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/17 06:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(4)

紅葉狩りの帰路 (京王・高尾山口駅/八王子)

絶景探しの旅 − 0046 紅葉狩りの帰路 (京王・高尾山口駅/八王子)

絶景探しの旅」  紅葉狩りの帰路 (京王・高尾山口駅/八王子) - Photo No.0046

高尾山・薬王院の御紋などに紅葉が使われているほどですので、東京にお住まいの方には紅葉を見るなら高尾山といった印象が強い人も多いのではと思います。2007年出版の「ミシュランガイド東京 2008」で三つ星の「必ず見るべき」との評価を受けたのを機に、その頃から高尾山を訪れる海外の人も飛躍的に多くなったとともに、日本の方もとても多くなった印象です。

そんなこともあって週末の高尾山はとにかく混雑しています。それに加え、高尾山の紅葉は今が見頃だとTVで報道されましたのですから、先週末の紅葉のピーク時は駅前からとにかく激混みで、これぞ“芋の洗い場”といった状態でした。高尾山にアクセスする京王高尾線「高尾山口」駅も午後からは人の流れも変わって、帰路となる上りの新宿方面行きがとにかく大混雑。始発駅で電車はもう満員状態。1駅先で乗り換えのJR高尾駅も東京方面行きが、始発駅にもかかわらず大混雑。それでも天候にも恵まれ、皆さん紅葉を楽しんだようで笑顔がいっぱいでした。ただ、駅も山もこのような感じですので、地元民からすれば、気楽なその辺の近所から、ちょっとよそ行きの場所になったような気もします。  (鉄道のある風景)

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm f2.8 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/24 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(8)

秋を駆け抜ける (京王高尾線/八王子)

絶景探しの旅 - 0047 秋を駆け抜ける(京王高尾線/八王子)

絶景探しの旅」  秋を駆け抜ける (京王高尾線/八王子) - Photo No.0047

京王線の高尾駅から高尾山口駅間は、東京にまだ残るいくつかの単線のひとつです。この区間は単線といっても、ひと駅だけの区間で、すれ違い区間もなく、折り返し運転線と言った方が正解だったりします。おそらく、高尾山口駅真ん前のトンネルの関係もあって単線のままなのではないか思われます。

今回はその区間で今がピークな高尾の紅葉と高尾山口駅から折り返して来る各駅停車新宿行きの電車を収めてみました。この電車は各駅停車とは言っても、ひとつ先の高尾駅ではJR中央線、この先の北野駅で京王八王子駅始発の特急新宿行きに接続します。また、快速系の電車も出ていますので都心方面から高尾山へ訪れる人たちのアクセスも良好です。私も時々利用しますが、この時期は高架の京王・高尾駅から見える甲州街道の黄金色のイチョウの木々、高尾山口駅に向かう車窓から見える山々の紅葉の景色に本当にワクワクさせられます。同じような気持ちになっている人もきっと多いのではないかと思います。 (鉄道のある風景)

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm f3.2 1/400 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/25 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(8)

浅川の朝日を渡る八高線 (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 − 0087 浅川の朝日を渡る八高線

絶景探しの旅」 浅川の朝日を渡る八高線 (東京都 八王子市) Photo No.0087

新春特集の最終日です。2015年2月の日曜日の早朝、八王子市と日野市を流れる、多摩川の支流のひとつの浅川(あさかわ)にやってきました。狙っている写真のイメージがあり、その写真撮影のために訪れたのです。

前もって日の出の位置と八王子と高崎(群馬県)を結ぶ八高線(はちこうせん)の電車の通過時刻を計算してやってきたのですが、寒さと寝不足に加え日々の運動不足のせいか、河川敷の急な土手を降りる時に、ブチっという音とともになんと足の肉離れが起きてしまいました。このまま引き返そうとも思ったのですが、とにかく本数がとても少ない電車なので、このチャンスを逃すわけにはいけないと、痛くて歩くのもやっとな足をひきづり一歩づつ、そのまま川の足場のある場所に移動、何とか狙い通りの1枚を収めることができました。引き上げ時はまさに地獄、足が完全に治癒する迄に数ヶ月を要するというまさに執念の1枚です。

作品名は「朝日の浅川を渡る八高線」としようと思ったのですが、ここは虹を渡るオズの魔法使いではないですが、夢のある「浅川の朝日を渡る八高線」としました。ちなみに、なぜ、空をこんなに多く写しているのかと言いますと川幅が狭く水量も少ないだけでなく、絵にならないものが左右、手前にあるので余計なものを排除した苦肉の策なのです。こちらは八王子市と日野市の2市が主催の広域のフォトコンテストである「第5回あさかわ写真コンクール」に応募、第1次選考で選ばれたのち、両市内のいくつかの場所での市民投票による最終選考が行われた結果、佳作入賞となり、足を犠牲にしてでもシャッターを押した甲斐がありました。 (鉄道のある風景)

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f6.3 1/160 ISO100

■「第5回 あさかわ写真コンクール」佳作入賞(2015年 / 八王子市・日野市主催)

あさかわ写真コンクール募集要項 

数ある入賞作の中から、2016年八王子市・日野市カレンダー(非売品)に採用、第6回募集要項にこの作品を使用していただきました。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/04 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(18)

萌える弁財天 八王子七福神 「了法寺」 (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0088 萌える弁財天 八王子七福神 「了法寺」 (東京都 八王子)

絶景探しの旅」 萌える弁財天 八王子七福神 「了法寺」 (東京都 八王子市) Photo No.0088

八王子には市内中心部の寺院に七福神のそれぞれの神さまをあてがって、それを祀るお寺めぐりをするという「八王子七福神めぐり」という行事があり、市民の皆さんの中にはそれを楽しむ人がたくさんいます。その中でも異色なのが、弁財天(弁才天)を祀る 「了法寺(りょうほうじ)」です。私もここ数年初詣に通っていまして、通いだしてからそれなりにいいことがおきたりしているとともに、弁財天は琵琶を奏でることから諸芸上達の神様とも言われますので写真の腕が上がるようにと思い通っています。で、何が異色なのかというと、萌えオタ(オタク)の方にはかなり有名なお寺でして、そこはもうアニメの世界があったりします。4日までオリジナルグッズを売る萌え衣装の巫女さんのワゴン売店も出て、お寺の風景としては別の意味で絶景ですね。4日の午後に初詣に出かけたのですが、この日はNHKの取材も入っていてインタビューを受けたりしました・・・(私のはお蔵入り予定)。

以下Wikipediaからです。了法寺(りょうほうじ)は、東京都八王子市日吉町に所在する寺院。宗派は日蓮宗。山号を松栄山(しょうえいざん)と号し「松栄山・了法寺」を正式名称とする。八王子七福神の一つである新護弁財天が祀られている。了法寺が「萌え寺」と呼ばれるようになったのは、2009年5月に寺の入口に萌え系美少女イラストが描かれた看板が設置されたことによる。誰でも気軽に入れる雰囲気作りのため、また、祀られている新護弁財天が音楽・芸術の神であることから、住職の十数年来の友人で檀家の孫である広告企画会社八福社長三井一仁の紹介により、声優・イラストレーターのとろ美が起用され、弁財天をモチーフにした「とろ弁天」など、とろ美のイラストによる案内看板・携帯サイトを製作する。2010年8月には了法寺レコードレーベルにより、とろ弁天のコスプレ姿でとろ美が歌う了法寺CMテーマソング、「寺ズッキュン!愛の了法寺!」が完成(YouTubeで見ることができます)。ちなみに住職は最初イラストを見た際は愕然したというが設置に関しては家族や檀家にも相談したが「かわいいからいいんじゃない?」と特に反対もなくあっさり決まったという。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f8.0 1/160 ISO100

「了法寺」売店&取材 「了法寺」オリジナルお守り

お正月4日までワゴンで買える了法寺の萌えお守り。NHK取材中に私は今年も「あげぽよ(運気をあげるお守り)」を購入しました。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/05 06:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(10)

夕焼け小焼けの里から (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0089 夕焼け小焼けの里から (東京都 八王子市)

絶景探しの旅」 夕焼け小焼けの里から (東京都 八王子市) Photo No.0089

新春の縁起物と言えば、七福神。そして忘れていけないのは招き猫(年中?)。今月に少々狙っているものがあり、新春ロケハンにやってきたのは、八王子市の恩方エリア。風景写真家の前田真三氏の故郷辺りの下恩方町を過ぎて、お隣の上恩方エリアの山間部を走っていたら、道路脇の招き猫の風景がちらっと目に入りました。左隣のゴミ出し所らしき場所にありますが、ゴミではなく、近くの工房の置物のようにも思えます。そして、その様子が何か物悲しい雰囲気を漂わせています。こちらの上恩方町(かみおんがたまち)は、童謡「夕やけこやけ」の作詞者として知られる中村雨紅(なかむらうこう/1897- 1972)の故郷で、そのため、「夕焼け小焼けの里」と呼ばれています。この歌の情景は、雨紅の故郷である上恩方のものとされています。

昨年の大ヒットアニメ映画 『君の名は』 の中での登場人物たちのセリフ「こんな町(岐阜の山間部と思われる)、本屋もないし歯医者もないし。電車は2時間に一本やしバスは一日に2本やし、コンビニは9時に閉まるし。そのくせスナックは二軒もあるし。雇用はなし、嫁は来ないし、日照時間は短いし」というのがありましたが、こちら上恩方町も山と山の間隔が狭く、明らかに日照時間が短そうです。そしてふと思ったのが、はたしてここって歌に歌われるような夕焼け空が見えるのだろうか・・・。ひょっとしたら夕焼け空の前に日が山影に隠れる?!いったいどんな夕焼け空がここでは見ることが出来るのでしょうか。機会があれば確かめてみたいと思います。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm f2.8 1/250 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/06 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(16)

夕焼け小焼けの里のどんど焼き (東京都八王子市)

絶景探しの旅 - 0093 夕焼け小焼けの里のどんど焼き

絶景探しの旅」 夕焼け小焼けの里のどんど焼き (東京都八王子市) Photo No.0093

この三連休は全国各地ではどんど焼き(左義長/さぎちょう)が行われたところが多いのではないでしょうか。昨年、通りがかりに見かけ気になっていたのが、夕焼け小焼けの里でお馴染みの八王子市上恩方町(かみおんがたまち)の北浅川の河原に置かれたどんど焼きの準備の様子。どんど焼きではお正月飾りやお札、だるまなどを焼くようです。

今年はどんど焼きのために準備された物が焼かれる前にじっくり見たい、ということで、昨日は上恩方町(かみおんがたまち)に出かけてきました。私としたことが日にちを勘違いしていて危ういところでしたが、こじんまりとしたものがちゃんとできていました。無事に見ることができ、ホッと一安心。こちらの地区では、だるまも焼くようで、この中にもだるまが3体確認できています。Wikipediaによれば、だるまを焼くかどうかは、.縁起物を天にかえすために焼く、いやいや、目がつぶれるので一切焼かないなど、地域によって扱いが違うようです。ちなみに町の人と話す機会もなく、上恩方のこの場所ではいったいいつ焼くのかは不明なままでした。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 20mm f16 1/25 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/10 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(12)

月と東に向かう朝 (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0102 月と東に向かう朝 (東京都 八王子市)

絶景探しの旅」 月と東に向かう朝 (東京都 八王子市) Photo No.0102

満月だった翌朝です。冬型も強くなり、東京地方では朝から晴天が見込まれます。早起きして八王子駅のホームに久しぶりに朝日と中央線の写真を撮りに行こうと歩き始めたのですが、振り向けば、2日前に新宿の高層ビルと高層ビルの隙間から輝いていたお月様が今度は中央線高尾駅方向にぽっかり浮かんでいます。急遽、作戦変更で場所を移動し、日の出を背に、お月様と中央線の電車の写真を撮ることにしました。太陽が顔を出す寸前の紫色の空。その上に最後の輝きを放つ月に出会えてラッキーでした。同じ月なのに見る場所、見る時刻で随分雰囲気も感じ方も違います。また、電車の正面の窓に東の空の様子が映し出されています。 (鉄道のある風景)

本日から数回にわたっての「冬の中央線の風景編」がスタートです。お楽しみに。

SONY α99 70-200mm F2.8G 110mm f8 1/160s ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/19 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(22)

マジックアワーのシルエット富士とスーパーあずさ (東京都 八王子市)

0105 マジックアワーのシルエット富士とスーパーあずさ (東京都 八王子市)

マジックアワーのシルエット富士とスーパーあずさ (東京都 八王子市) Photo No.0105

冬型気圧配置の強くなったこの日、日が西の空に沈み、夕暮れ時の透き通るようなマジックアワーの空になって来ました。背後にもしっかりとシルエット富士(富士山)。辺りも静かに暗くなり始め、街の明かりも灯り始めました。スーパーあずさがおなじみのエンブレムを光らせながら八王子駅から新宿駅に向かって走り出します。(鉄道のある風景)(富士山のある風景)

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f4 1/160 ISO640

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/22 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(18)

天狗様の終着駅 (高尾駅 /東京都 八王子市)

0106 天狗の終着駅(高尾駅 東京都 八王子駅)

絶景探しの旅」  天狗様の終着駅 (高尾駅 /東京都 八王子市) Photo No.0106

JR中央線(快速)の高尾駅にやってきました。高尾駅は東京を出発して早い電車で1時間ちょっとで到着なのですが、通常はこちらが終点の駅ということになっています。高尾駅は、昔から酔っ払いの終着駅と表現されることがあり、酔っ払いの人たちが電車で寝込んでしまってつい終点まで乗り越してしまうのです。私も今よりもっとお酒が飲めたころは、新宿で下りの高尾行きの電車に乗ったはずなのに、気がつけば上りの電車で中野駅(*注:オレンジ色の快速電車では下り方向の1つ目の駅です)で目が覚めてあわてて、電車を飛び降りて、再び下りの最終電車に飛び乗った経験もあります。

先週も会社の帰りに席に座れたのはいいのですが、疲れきっていたためか眠ってしまい、自分の最寄駅を2駅乗り越して、気がつけば終点の高尾駅。お酒も飲んでいないのに、久しぶりにやってしまいました。高尾駅と言えば、高尾山。高尾山と言えば、天狗様ということで、駅にはこんな天狗様の大きな顔の彫刻がホームに設けられています。あ~、しまったと思いつつ、天狗様を拝ませていただき、折り返し出発の東京行きの快速電車に乗り、再び自宅へ向かったのでした。 *本記事でいったん「冬の中央線の風景編」は終了です。お付き合いいただきまして、ありがとうございました。  (鉄道のある風景)  
 
SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 35mm f2.8 1/200 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/23 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(14)

春の訪れ 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0140 春の訪れ 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)

絶景探しの旅」 春の訪れ 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)  Photo No.0140

暖かい沿岸部と違って少々梅の遅れている東京・高尾梅郷ですが、里の方はまだまだ先かなというレベルでしたが、裏高尾に大下沢梅林という梅林が日当たりのいい場所にありますので行ってみようと思います。車でも行けますが、途中の梅林もチェックしながら行こうということで、電車に乗って高尾駅まで行って、そこから先は歩いて約1時間。やってきた大下沢梅林の梅は満開までもう少し。春の訪れを感じさせる、紅、ピンク、白の花びらをつけた梅の花が目の前に広がっていました。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3 207mm相当 f10 1/200 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/26 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(12)

朝の光と影 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0141 朝の光と影高尾梅郷 (大下沢梅林拡大 東京都 八王子市)

絶景探しの旅」 朝の光と影 高尾梅郷 (大下沢梅林/東京都 八王子市)  Photo No.0141

本日も高尾梅郷での1枚です。早朝の高尾梅郷 の梅林 (大下沢梅林) にやって来ました。放射冷却で朝霜の降りてはいますが、それでも真冬の頃と違って、差し込む朝日が暖かく感じてやはり春がもうすぐそこに来ていることを感じます。

朝日の差し込む梅林には光と影のラインがしっかり入って、梅の花が浮き出しています。この素晴らしいひとときの目撃者は先着のカメラマンさんと私のたった二人だけ。贅沢な瞬間を楽しませていただきました。

SONY α99 70-200mm F2.8G   70mm f8 1/30 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/27 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(20)

奥高尾縦走路から富士山を臨む (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0142 奥高尾縦走路から富士山を臨む (東京都 八王子市)

奥高尾縦走路から富士山を臨む (東京都 八王子市)  Photo No.0142

奥高尾縦走路(おくたかおじゅうそうろ)は高尾山山頂より北西に連なる小さな山々を結ぶ尾根のことで、東京・八王子市、神奈川・相模原市、東京・檜原村および東京・あきる野市の境界となっています。特に高尾山から続くこの縦走路約20km弱を6時間ほどかけて歩くエリアは高低差が少ないことから縦走登山の入門コースとしても人気があるとのことです。空気が澄む冬季は高尾山や奥高尾縦走路の山々からは遠く富士山の景色なども見ることができる日が多くあります。冬から春へと移り行く、そんな縦走路に立てば、この日も運よく富士山のある風景を見ることができました。  (富士山のある風景)

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM  24mm f8 1/20 (-0.7) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/28 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(16)

梅林の郷を走るスーパーあずさ (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0146 梅林の郷を走るスーパーあずさ (東京都 八王子市)

絶景探しの旅」 梅林の郷を走るスーパーあずさ (東京都 八王子市)  Photo No.0146

高尾山の裏側の小仏峠に向かう裏高尾にやってきました。 このエリアはこの時期は高尾梅郷として多くの人々が梅の花を楽しみにやってきます。そんな高尾梅郷のエリアを走る中央線と梅が撮影できる所を探してみました。線路脇に白とピンクの梅の花、線路の奥の方にも梅を見る場所がありました(結局、紅葉のときと同じ場所です)。梅がきれいに入る場所をと位置を前後するのですが、電柱などの邪魔モノが入ったりで、結局、この位置での撮影です。スーパーあずさと一緒に。 (鉄道のある風景)

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 1/160 f10 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/04 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(12)

高尾梅郷と京王高尾線 (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 0147 高尾梅郷と京王高尾線 (東京都 八王子市)

絶景探しの旅」  高尾梅郷と京王高尾線 (東京都 八王子市)  Photo No.0147

この日は京王高尾線の高尾駅と高尾山口駅の間の高尾梅郷の入り口辺りにある南浅川の河原にやってきています。この場所は梅の花が満開だととてもきれいな写真を撮ることができます。昨年は梅の花の咲きが不調でいいカットの写真を撮ることができませんでした。今年は満開の頃にこちらに来ることができませんので、ちょっと早めにやってきたというわけです。 (鉄道のある風景)

SONY α99 70-200mm F2.8G   70mm f8 1/125 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/05 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(20)