雲の衣をまとう富士山 (静岡県上空)

絶景探しの旅 - 1125 雲の衣をまとう富士山 (静岡県上空)

雲の衣をまとう富士山 (静岡県上空)   Photo No.1125

飛行機の窓から富士山を見るのが楽しみのひとつです。この日も富士山が見える側の席を確保しています。位置情報ではそろそろ富士山が見える頃ですが、雲で陸地が覆われ富士山は無理かなと思いながら窓を眺めていました。しかし、よく見てみれば、その位置に雲の衣をまとう富士山の姿がしっかりとそこにありました。   (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  105mm f4 1/8000 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/11/05 00:00 ]   静岡 | TB(-) | コメント(22)

吉野川橋梁を行くアンパンマン列車 (土讃線/徳島県 三好市 山城町)

今回の秋の徳島秘境の旅はこちらで最後の1枚としたいと思います。アンパンマンの作者として知られる「やなせたかし」が高知育ちということもあり、JR四国ではそのヒット作品アンパンマンをラッピングしたアンパンマン列車を予讃線、土讃線で走らせています。

絶景探しの旅 - 1124 吉野川橋梁を行くアンパンマン列車 (土讃線/徳島県 三好市 山城町)

吉野川橋梁を行くアンパンマン列車 (土讃線/徳島県 三好市 山城町)   Photo No.1124

雨上がりの第2吉野川橋梁です。朝日が差し始めるとともに山肌から靄が立っています。そろそろ列車がやって来る時刻です。遠くからガタゴトという音が聞こえ始めました。大きなカーブを曲がりながら橋梁に向かってやって来たのはアンパンマン列車です。カラーリングも綺麗な列車の正面にはまあるいアンパンマンの顔が描かれています。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  104mm f4.5 1/400 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/11/04 00:00 ]   徳島 | TB(-) | コメント(20)

秘境への玄関口 大歩危駅の秋の風景 (徳島県 三好市 西祖谷山村)

絶景探しの旅 - 1123 秘境への玄関口 大歩危駅の秋の風景 (徳島県 三好市 西祖谷山村)

秘境への玄関口 大歩危駅の秋の風景 (徳島県 三好市 西祖谷山村)   Photo No.1123

天空の集落や吉野川も見える土讃線(どさんせん)の大歩危駅(おおぼけえき)の風景です。茶色く色づいているのは桜の葉ですので、これを見れば春の桜のお花見にやって来たくなってしまいます。ちょうど今、香川方面から高知方面に向かう列車が入って来たところです。こちらの駅は、祖谷のかずら橋、祖谷渓への玄関口ともなっており、その為だと思うのですが、すべての特急を始めとした列車が停車します。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  61mm f8 1/200 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/11/03 00:00 ]   徳島 | TB(-) | コメント(16)

秋の祖谷川 (徳島県 三好市 西祖谷山村)

徳島の秘境、祖谷渓(いやけい/祖谷渓谷)エリアからです。こちらは祖谷渓方面とかずら橋方面の分岐点に架かる橋の新葛橋の上からです。流れる川は吉野川支流の祖谷川です。

絶景探しの旅 - 1116 秋の祖谷川 (徳島県 三好市 西祖谷山村)

秋の祖谷川 (徳島県 三好市 西祖谷山村)   Photo No.1116

剣山に水源を持つという祖谷川は、さすが日本三大秘境を流れる川ということで水のきれいさが違います。先程まで小雨が降って暗い空模様だったのですが、雲越しにお日様の光がさし始め、急に辺りが眩しくなるとともに、水面にもその輝きが映ります。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  24mm f8 1/25 (-0.7) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/10/27 00:00 ]   徳島 | TB(-) | コメント(18)

天空に続く集落 (徳島県 三好市 山城町)

もうあきらめていますが、とにかく今年は私が出かける週末の天気が悪くて凹んでいます。そんな中、先週末は秋の風景を求めて徳島県の秘境の町が点在する三好市を訪ねました。スタート地点の徳島市の天気は信じられないくらいの土砂降りで泣きたいくらいでした。徳島市内から吉野川に並行するように車で走っておおよそ2時間,、大歩危(おおぼけ)エリアに向かいました。

絶景探しの旅 - 1114 天空に続く集落 (徳島県 三好市 山城町)

天空に続く集落 (徳島県 三好市 山城町)   Photo No.1114

こちらのエリアを行けば、あちこちで山の中腹や山の上に天空の家を見かけることが多く、その秘境っぷりに私の気分もヒートアップです。そんな秘境の山道を登って来た山城町の天空の集落からです。日々生活をするのは大変だろうと思うような高さにまで集落があり、驚くばかりです。途中で小さな祠を見つけました。天に続く道に住む人々を守っているように感じます。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  49mm f4 1/500 (-1) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/10/25 00:00 ]   徳島 | TB(-) | コメント(22)

焼失した2枚目のゴッホのひまわり (大塚国際美術館/徳島県 鳴門市)

続いて徳島の鳴門市の大塚国際美術館に展示のゴッホのひまわりのレプリカからです。全部で7点描かれたとされるゴッホのひまわりですが、最初の作品は、前回ご紹介させていただきましたが、今回のご紹介は2枚目のひまわりです。こちらのひまわりは何と日本人が所有していましたが、1945年(昭和20年)8月6日、アメリカ軍の芦屋の空襲を受けて焼失したそうです。

絶景探しの旅 - 1113 焼失した2枚目のゴッホのひまわり (大塚国際美術館/徳島県 鳴門市)

焼失した2枚目のゴッホのひまわり (大塚国際美術館/徳島県 鳴門市)   Photo No.1113

こちらの2枚目のゴッホの購入価格は2万円だそうです。2万円と聞けば、えっ!?と思いますが、現在の価値ですとおよそ2億円とも3億円とも言われています。こちらは白樺という芸術誌のB5版のページに残った写真をベースに実際の絵を見た専門家や毎日のようにこの作品を眺めていた所有者のお嬢さんなどの監修のもと再現された貴重な1枚でもあります。   *この写真の各種の権利は大塚国際美術館にあります。 (世界の芸術品)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  31mm f4.5 1/100 (-1) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/10/24 00:00 ]   徳島 | TB(-) | コメント(18)

幻の1枚目のゴッホのひまわり (大塚国際美術館/徳島県 鳴門市)

徳島の鳴門市の大塚国際美術館にやってきています。こちらでは世界の名画の所有者や著作権者に許可を得た名画を陶板に描き(信楽で焼いていると聞いています)、専門家のチェックを受けながら本物に忠実な原寸大の作品を展示しているとのことです。そしてその数はおよそ1000余点、世界26ヵ国190を超える美術館などの所有品を楽しむことができます。今年の夏は天気も悪く、ひまわりの写真をしっかりと撮ることができなかったのでこちらでしっかりとゴッホのひまわりの写真を撮ってきました。

絶景探しの旅 - 1112 幻の1枚目のゴッホのひまわり (大塚国際美術館/徳島県 鳴門市)

幻の1枚目のゴッホのひまわり (大塚国際美術館/徳島県 鳴門市)   Photo No.1112

ゴッホのひまわりは全部で7点描かれたとされています。1888年の8月中旬頃から夜明けとともに、実際のひまわりを見ながら1週間で最初の4枚を描いたそうです。そして残りの3枚は夏を過ぎた冬に自分の描いたひまわりを自ら模写し描いたとのことです。それから時が流れ、現在は最初の2枚については残念ながら我々がオリジナルを見ることはできません。こちらはその最初の1枚です。アメリカの個人が所有しており非公開となっているそうですが、撮られた写真を基に制作されたそうです。大塚国際美術館ではこれら幻の2作品を含む全7作品を一堂に楽しむことができます。  *この写真の各種の権利は大塚国際美術館にあります。  (世界の芸術品)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  71mm f4.5 1/125 (-1) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/10/23 00:00 ]   徳島 | TB(-) | コメント(18)

大正橋からの四日市コンビナート夜景 (三重県 四日市市)

霞ヶ浦緑地・四日市ドームエリアの次の目的地は大正橋です。大型トラックがビュンビュンと走り抜ける国道23号の暗い歩道を2㎞ほど歩き、到着した大正橋付近から見る工場夜景は、オレンジ色の光と緑色に輝く橋、鉄塔の赤い光、アクセントの青い光などの様々な光が組み合わさったとても贅沢なものでした。

絶景探しの旅 - 1108 大正橋からの四日市コンビナート夜景 (三重県 四日市市)

大正橋からの四日市コンビナート夜景 (三重県 四日市市)   Photo No.1108

大正橋の上からの撮影の1枚です。大正橋はかなり頑丈な橋で普通車くらいならびくともしませんが、重いものを積んだ長距離の大型トラックが来れば、さすがに頑丈な橋でも揺れます。前後の信号が赤になり、車が途切れた時にシャッターを切っています。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  59mm f16 10s (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/10/19 00:00 ]   三重 | TB(-) | コメント(16)

蒼い夜に輝く 四日市コンビナート (三重県 四日市市)

今回の三重県鈴鹿市で開催のF1日本GP観戦のために、近鉄四日市駅前のホテルに宿泊しました。せっかく四日市に来ているということもあり、カメラと三脚を持って、タクシーに乗り、四日市コンビナートの夜景撮影のスポットに出かけてきました。

絶景探しの旅 - 1106 蒼い夜に輝く 四日市コンビナート (三重県 四日市市)

蒼い夜に輝く四日市コンビナート (三重県 四日市市)   Photo No.1106

霞ヶ浦緑地・四日市ドームエリアから伊勢湾越に撮った1枚です。こちらのエリアではあちこち異なった夜景が楽しめるようですが、今回はあまり無理をせずにこの場所からの撮影としました。円柱のタンクは東ソー、丸いタンクは協和油化、緑のきれいな明かりのプラントは上野製薬の事業所とのことです。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  37mm f16 10s  ISO100 WBマニュル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/10/17 00:00 ]   三重 | TB(-) | コメント(18)

夕暮れの滑走路に向かう (成田空港/千葉県 成田市)

以前はデジタル製品は離発着時に使用が不可でしたが、その時は離陸後の安定飛行に移って機内にポーンと言う音がなるまでは我慢の子でした。今はデジタルカメラの撮影が基本いつでもOKとなりましたので、滑走路や移動路での撮影が思う存分撮れるようになりました。

絶景探しの旅 - 1100 夕暮れの滑走路に向かう (成田空港/千葉県 成田市)

夕暮れの滑走路に向かう (成田空港/千葉県 成田市)    Photo No.1100

それからと言うもの楽しみが増えました。今まで撮ることの出来なかった時代を知っているからこそ、ありがたく思いながら飛行機の窓からの撮影を楽しんでいます。  (航空機のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  61mm f8 1/1250 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/10/11 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(18)









FC2 Management