「五稜郭」 北の大地に浮き出す満開の桜の星 (北海道 函館市)

絶景探しの旅 - 0200  「五稜郭」 北の大地に浮き出す満開の桜の星 (北海道 函館市)

「五稜郭」 北の大地に浮き出す満開の桜の星 (北海道 函館市)  Photo No.0200

いよいよ、今週末からGWですね!皆さんもあちこち出かけられるのではないでしょうか。ちょうど、昨年の今頃は、北海道新幹線開通に沸く函館に行ってきました。今年もほぼ昨年と同様の時期の満開予想のようですので、このまま順調に行けば、GW前半戦の今週末に桜がピークになるのではないでしょうか。昨年もまったく今年の予想通りの日にばっちり満開がきまして、函館の五稜郭の桜をしっかり楽しむことができました。

昨年は新幹線の指定席が満席で取れませんでしたが、運よくそのあおりを受け飛行機の予約が簡単に取れてしまいました。連休の2日目、4月30日の朝一番の飛行機に乗り、函館空港に到着です。真っ先に目指すは函館・五稜郭タワー。長い駐車の列や展望台への列を乗り越えた甲斐がありました。五稜郭タワーの展望デッキから見た五稜郭の桜は、函館の街に浮き出した巨大な桜の星となっていて、言葉を失いました!もう、これだけで函館は思い残すことはないくらいの北の大地の桜の絶景が楽しめました。

ここからは、昨年のGWの函館エリアの旅と桜の特集をしたいと思います。(現地に行かれる方がいらっしゃいましたら今年のGWの参考にしていただければと思います。)

LUMIX GM1 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f7.1 1/400 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/27 05:00 ]   北海道(函館エリア) | TB(-) | コメント(9)

満開の山高神代桜 樹齢2000年といわれる日本三大桜の銘木 (山梨県 北杜市)

絶景探しの旅 - 0191 満開の山高神代桜 樹齢2000年といわれる日本三大桜の銘木 (山梨県 北杜市)

満開の山高神代桜 樹齢2000年といわれる日本三大桜の銘木 (山梨県 北杜市)  Photo No.0191

今回の桜を求めての旅で訪れたもうひとつの桜は、東京から長野伊那へ向かう中央道の途中の山梨県北杜市(ほくとし)にある、日本三大桜で日本初の天然記念物指定という、エドヒガンザクラの山高神代桜(じんだいざくら)です。こちらは山梨県武川町の実相寺境内にありまして、福島県の三春滝桜、 岐阜県の淡墨桜と並んで日本三大桜といわれています。そして、その中でも神代桜は樹齢がもっとも古く約2000年といわれ、ヤマトタケルノミコトが植えたという伝説もあるようです。

こちらはちょうど満開ということもあって多くの人たちで賑わっていました。神代桜の下から桜の隅間から顔を出すお日さまを入れ、周りの桜とともに撮り上げてみました。太い古木から咲く桜は実に見事なものでした。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f16 1/800 ISO800  *逆光補正

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/18 05:00 ]   山梨(八ヶ岳エリア) | TB(-) | コメント(32)

桜咲く神田川と都電荒川線 (東京都 豊島区)

絶景探しの旅 - 0177  桜満開の神田川と都電荒川線 (東京都 豊島区)

桜咲く神田川と都電荒川線 (東京都 豊島区)  Photo No.0177

日曜日に東京都心の桜(ソメイヨシノ)が、満開とのニュースを受けたものの、本当かな、と半信半疑でした。朝一の天気予報では午後は下り坂との情報もありましたので、いつも楽しみにしている桜のスポットを数ヶ所を急いで回ろうと思います。 最初に一番のお楽しみの東京都心を横断し流れる神田川と都電荒川線の様子を見にやってきました。いつもだと神田川での撮影は何ヶ所か場所を変えて楽しむのですが、雨の降らないうちにということもありますので、今回の神田川では、このエリアひとつに絞って撮影しました (結果的に朝の天気予報ははずれで夕方までしっかり晴天でした・・・。)。  

やって来たいつもの神田川のスポットでは思いのほか桜の開花が進んでいました。都電荒川線(三ノ輪橋 ⇔ 早稲田)のペイント車両が神田川に架かる小さな鉄橋を渡ります。きっと都電の窓からもこちらに向かってきれいな桜が楽しめていることと思います。 (鉄道のある風景)

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 16mm相当 f8 1/500 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/04 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(20)

3つの顔の「太陽」 (横浜市 西区)

絶景探しの旅 - 0118 3つの顔の「太陽」 (横浜市 西区)

絶景探しの旅」 3つの顔の「太陽」 (横浜市 西区) Photo No.0118

先日、そごう横浜店に行ってきました。ちょっとした催事のために八王子出身の友人がやってきているということで、久しぶりに顔を見に行ってきたのです。イベントの様子を見たり、色々な話に花を咲かせたりと楽しい時間もあっという間でした。せっかくきたので向かうは屋上広場。ご存知の方も多いかと思いますが、ここにはあの芸術家の岡本太郎氏の黄金の彫刻作品の「太陽」があるのです。岡本太郎美術館によれば、1985年のそごう横浜店開店を記念して制作された作品で、太陽の顔が3面あり、それぞれが、朝のやさしさ(下の写真の中央)、昼の力強さ(メインの写真)、夜のおだやかさ(下の写真の右)を表現しているそうです。岡本太郎は太陽をモチーフとした作品をいくつか製作したそうですが、無限に、そして無条件にエネルギーを与える太陽を、自分の芸術の思想的な核としていたそうです。

そんな岡本太郎の「太陽」を寒々とした青い世界と幾何学的なモチーフで仕上げてみました。 (世界の芸術品)

LUMIX GM5 G VARIO 7-14mm/F4.0 20mm相当 f6.3 1/250 ISO200

岡本太郎「太陽」


本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/04 05:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(12)

冬の高層ビル街の満月 (東京都 新宿区)

絶景探しの旅 - 0100 冬の高層ビル街の満月 (東京都 新宿区)

絶景探しの旅」 冬の高層ビル街の満月 (東京都 新宿区) Photo No.0100

あれこれこの日の撮影を終え、身にしみる冬の寒さに耐え、新宿都庁からJR新宿駅に続く道をうつむきながら足早に歩きます。ふと顔を上げてみればビルの隙間の先には満月の月が輝いていました。高層ビルから見る満月はきっと素敵だろうなと思いながら空を見ながら駅に向かいます。駅から電車に乗れば、その先には暖かい自宅が待っています。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f8 0.6s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/17 05:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(14)

釧路発 AIRDO 沖止め (羽田空港)

0068 釧路発 AIR DO 沖止め(羽田空港)

絶景探しの旅」  釧路発 AIR DO 沖止め (羽田空港) Photo No.0068

今回の釧路の旅はANAで予約を入れましたが、実際の搭乗は、AIRDO(エア・ドゥ)でした。いわゆるコードシェア便というやつですね。AIRDOは、1996年に北海道国際航空として設立、2012年からはAIR DO(エア・ドゥ)に社名変更。「DO」は北海道の「道」と英語の「DO」を掛けたものだそうです。AIRDOはLCCなのか、一般的な航空会社なのか・・・、どうも一般的な航空会社のようです。

行きは確かにボーディングデッキから搭乗したのですが、帰りは油断していました。何と予想外の沖止め!ブリッジ使用料が安く押さえることが出来るからなのか、それともボーディングブリッジがふさがっていたのか不明ですが、個人的には沖止めも悪くないと思っています。理由は今では体験出来そうで出来ない、思いっきり生の空港の空気を吸えることと、こんなふうに航空機(B737-700)の姿を間近に捉えることができたり、バスに乗れば、たくさん歩くことなく、出口近くまで届けていただけたりと楽しめたりします。それにしても釧路の旅は本当に楽しかったです。また来年も行くぞ~、と気合が入ってしまうそんな素敵な場所でした。さゆうさん、1日と半日もの間、ご一緒していただき本当にありがとうございました。 (航空機のある風景)

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f4 1/20 ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/16 05:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(14)

夜の釧路川 (釧路市)

0063 夜の釧路川 (釧路市)

絶景探しの旅 夜の釧路川(釧路市) Photo No.0063

タンチョウや釧路湿原をたっぷり満喫した後に、釧路市内に戻ってきました。空もすでに真っ暗ですが、実は17時30分だったりします・・・。冬の北海道の夜は実に早く日が落ちます。12月上旬で15時50分前後で日没です。この日の最後は釧路市内中心部を流れる釧路川の様子の撮影をしばし、さゆうさんと一緒に行います。大きな湿原を流れてきた釧路川もここ釧路市で海に注ぎます。それにしてもこの日の釧路市内の夜は風も強くて体感温度もどんどん下がり続けます。釧路川は強い風の影響を受け波も高くて水面は少々荒れ模様。しかしながら、川の上には三日月に金星が輝きます。寒々しい風に耐えながらの手持ち撮影ですがこちらもうまく止まってくれて幸運でした。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 27mm相当 f4 1/6 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/11 05:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(10)

冬のマジックアワー (釧路湿原国立公園)

0062 冬のマジックアワー (釧路湿原国立公園)

絶景探しの旅」  冬のマジックアワー (釧路湿原国立公園) Photo No.0062

12月の釧路湿原の日暮れがどんどん進みます。すでに日は15時40分に山陰に落ちていきました。そこから1時間は冬のマジックアワーが楽しめます。タンチョウを楽しんだ後はこれから釧路市内に戻ろうと湿原の未舗装路を走ります。窓の外の湿地帯には地平線から空まで幻想的な鮮やかな空の色が広がります。さゆうさんとともにこれは儲けものですね、と車から降りてシャッターを押します。カメラもレンズも手ぶれ補正機能なく手ぶれ覚悟の手持ち撮影ですが無事撮影成功です。私が初めて釧路に来た時に湿原で見たあの冬の透き通った夜空の風景、もう一度見たいと念願していた吸い込まれそうなマジックアワーの空と大地がそこにありとても感動でした。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f4 1/8 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/10 05:30 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(12)

釧路湿原 朝の鼓動 (コッタロ展望台/ 釧路湿原国立公園)

絶景探しの旅 - 0058 釧路湿原 朝の鼓動 (コッタロ展望台/ 釧路湿原国立公園)

絶景探しの旅」 釧路湿原 朝の鼓動 (コッタロ展望台/ 釧路湿原国立公園) - Photo No.0058

朝日の昇る釧路湿原を見るためにコッタロ展望台(コッタロ湿原第1展望台)にやってきました。小さな高台の下に車を止めて丸太の階段を上がって行きます。足元の土は表面が凍り固まっていて、しっかりと歩きやすい状態ということもあって、すんなり展望台に登ることができました。雲ひとつない冬の澄み切った空気の中、朝日が地平線の向こうから顔を出し始め、湿原を照らし始めて行きます。昇りつつある朝日を浴び、息を吹き返すように鼓動し始め、どんどんその姿を現してゆく釧路湿原の風景はなんとも素晴らしいものでした。レンズの大きなフレアが朝の光で釧路湿原を包み込んでくれます。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f4.0 1/1300 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/12/06 05:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(10)

秋に染まる相模川(相模原市 藤野)

絶景探しの旅-0045 秋に染まる相模川(相模原市 藤野)

絶景探しの旅」  秋に染まる相模川(相模原市 藤野) - Photo No.0045

中央本線 梁川駅(山梨県大月市)から、東京方面に3駅戻り、藤野駅(神奈川県相模原市)に移動しました。藤野(旧 藤野町)は平成の大合併で、相模湖町などとともに相模原市と合併、相模原市緑区となりました。しかしながら、このエリアは相模原よりも、東京都八王子市との生活上の繋がりも深く、当初は八王子市との合併を希望していました。当時の八王子市長が、市民の間にそのような機運が形成されていないと返した、といういうな新聞記事を見たような記憶があります。さすがに八王子も神奈川県民の大切な水源エリアの町から東京になりたいと言われて苦慮したことでしょうね。こちらも駅から町歩きをすればすぐにこんな素敵な景色を見ることが出来ます。梁川では渓谷でしたが、こちらでは水面が広くなっています。朝から暑いくらいの日差しは、このときは厚い雲に隠れて一段落。空の青が足りませんが、それでも相模川の周りには色とりどりの紅葉がきれいに広がります。遠くに行かずともこんな身近に水面にせり出すような紅葉が見られるなんて思っても見ませんでした。釣り人のボートとともに、穏やかな相模川の水面には落ち葉の道が浮かびます。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f5.6 1/250(-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2016/11/23 05:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(4)









FC2 Management