湖上の古城 新柳河原発電所 (富山県 黒部市)

絶景探しの旅 - 0324 湖上の古城 新柳河原発電所 (富山県 黒部市)

湖上の古城 新柳河原発電所 (富山県 黒部市)   Photo No.0324

黒部川沿いに走る黒部渓谷鉄道トロッコ電車はいくつかの発電所の横を走って行くのですが、始点の宇奈月駅を出発してしばらくしてみることのできるのが新柳河原発電所です。この発電所の建物は、なかなか印象的でそれはまるでヨーロッパの古城のようです。タイトルでは古城としていますが、1993年4月より運用開始された比較的新しい発電所で、湖上に浮かぶお城をイメージして造られているそうです。

ちょうどこちらに差し掛かった時は、前日の雨のためか山にはガスが残っている状態で、古城を表現するのにちょうどいい雰囲気でした。走行しながら、狙いを定めての撮影です。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 22mm相当 f6.3 1/800 (-2/3) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/08/27 00:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(18)

梅雨の雨と紫陽花 (高幡不動尊/東京都 日野市)

絶景探しの旅 - 0262 梅雨の雨と紫陽花 (高幡不動尊/東京都 日野市)

梅雨の雨と紫陽花 (高幡不動尊/東京都 日野市)  Photo No.0262

アジサイ(紫陽花)と言えば、やっぱり、梅雨時の雨が似合うと思うのです。今朝、目を覚ませば、外は雨。昨夜遅く長い出張から帰ってきて眠いのですが、急いで着替えて、高幡不動尊に向かいます。もちろん、お目当ては雨のアジサイです。ところが、私が高幡不動に着くなり、この日で一番の大粒の雨が降り続きますが、それでも何故か気分は♪ピチピチ チャプチャプ ランランラン♪です。

小学生の頃、梅雨で雨が続く日の学校からの帰り道、黄色い傘をさしながら、この唄を歌いながら、アジサイとその葉に付くカタツムリをよく観察したものです。最近はアジサイは見かけますが、カタツムリはあまり見かけない印象です。農薬の関係でしょうか、いったいどうしたのでしょうかね?! 今回は雨の日の子ども目線と懐かしさのある作風を考えてみました。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 28mm相当 f8 1/320 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/26 00:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(18)

初夏の黒部ダムと槍ヶ岳 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0239 初夏の黒部ダムと槍ヶ岳 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

初夏の黒部ダムと槍ヶ岳 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)   Photo No.0239

立山黒部アルペンルートの旅はいよいよクライマックスを迎えます。ロープウェイを降り、ケーブルカーに乗り換えて、黒部湖駅に到着です。ついに憧れの黒部ダムにやってきました。黒部ダムは、こちらに設けられている発電所が黒部第四発電所となりますので、黒四ダムとも呼ばれたりします。アーチ状のダムの上を歩い手前(左側)やってきました。こちらに次の乗り換えのトローリーバス乗り場があります。最後の切符を入手し、時間までダムの展望台に登って、その全景を見渡します。

手前右は立山連峰で、一番奥の方に見えるとがった高く白い山はおそらく「槍ヶ岳(3,180m)」で、右側の奥には昔、一世を風靡したという野口五郎の名の由来の「野口五郎岳(2,924m)」も見えているんじゃないかと思います。また、写真でよく見るダムの放水は、今年(2017年)は6月26日から10月15日までとなっていますので、ちょっと早く来すぎたかなという感じですが、目玉の雪の大谷と黒部ダムの観光放水は上手い具合にダブらないようになっているようです。ちなみに黒部ダムの観光放水は長野県側からすぐなのでまた見に来ようと思います。今からとても楽しみです。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f11 1/500 (-2/3) ISO200

黒部ケーブルカー この黒部ケーブルカーで黒部湖駅に到着。次の乗り換えはダムのアーチを歩いて渡ってからです。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/04 05:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(20)

針ノ木岳と黒部湖を望む立山ロープウェイ (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0238 針ノ木岳と黒部湖を望む立山ロープウェイ (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

針ノ木岳と黒部湖を望む立山ロープウェイ (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)   Photo No.0238

乗り物を乗り継いで立山連峰を縦断するのが、立山黒部アルペンルートの旅です。ずいぶん、乗り物を乗り継いで、大観峰までやってきました。大観峰で針ノ木岳と黒部湖の壮大な眺めを楽しんだら、次に乗るのは立山ロープウェイです。今回は標高2316mの大観峰駅から1828mと488mの黒部平駅へと標高差を降りていきます。

先ほど大観峰駅のターミナルの屋上から見た針ノ木岳と黒部湖を横目に眺めながら降りていく立山ロープウェイからの眺めはとっても最高でした。この後は降りた「黒部平駅」から、黒部ケーブルカーに乗り換えて、黒部ダムに移動です。(乗りもには少し飽きてきました・・・。)

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 18mm相当 f11 1/1300 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/03 12:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(18)

断崖絶壁「大観峰」から繰り出す (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0237 断崖絶壁「大観峰」から繰り出す (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

断崖絶壁「大観峰」から繰り出す (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)   Photo No.0237

トローリーバスからの乗り換えのロープウェイに乗車しました。混み合うロープウェイの窓から後ろを振り返れば、何とも、すごいところにロープウェイの駅があります。立山ロープウェイの「大観峰駅」は、なんと立山の中腹の断崖絶壁にせり出すようにして建っていました。ロープウェイのロープの先の小さな建造物の上の辺が展望台です。なるほど、それで、先ほどの屋上以外、外へ出ることはできなかったようです。そんな危なく恐ろしい場所に穴をよくも堀ったり、建造物を作ったものだと感心します。自然保護に観点からすれば、立山のどてっ腹によくもまあと思いますが、おかげでこのように観光気分で行き来できるというのは本当にありがたくも感じます。こちらのロープウェイは1970年(昭和45年)7月25日開通とのことです。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 20mm相当 f11 1/2000 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/03 05:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(14)

大観峰から垣間見る神々の空間 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0236 大観峰から垣間見る神々の空間 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

大観峰から垣間見る神々の空間 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)  Photo No.0236

立山を貫通する3.7kmの立山トンネルを走る立山トローリーバスから降りれば、そこは立山の反対側!ここで、ロープウェイに乗り換えです。待ち時間にロープウェイ 「大観峰駅」の上にある、とても狭い展望台に立ちますが、猫の額ほどの展望台は押すな押すなのすし詰め状態。しかしながら、そこから見える景色は実に雄大で、シーンと静まり返った空間にそびえ立つ、後立山連峰の針ノ木岳に黒部湖の風景は、神聖な雰囲気でいっぱいで大感激!その様子はまるで垣間見る神々の空間のようにも感じました。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 22mm相当 f11 1/1600 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/02 05:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(20)

青と白コントラスト 初夏の立山室堂 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 233 青と白コントラスト 初夏の立山室堂  (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

青と白コントラスト 初夏の立山室堂 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)  Photo No.0233

初夏の立山名物、高い雪の壁が魅力の雪の大谷を体験で私の満足感も最高潮です。しかし、それだけに満足して、日本人も海外からの皆さんとも、それ以上動こうとしない方が多くて実にもったいないことだと思います。おそらくマスコミの雪の大谷の集中報道の影響でしょうね。ここはせっかく立山室堂にきていますので、室堂エリアの散策も忘れずにと思います。

この室堂は立山の標高3015mのうちの2450m地点ですのでおおよそ8合目のエリアです。宇宙に近いところはとにかく空気がきれいなこともあって、空の青さが違いすぎます。このときの外気温は10℃(7℃くらいだったと記憶しています。)を切っていましたが、ひとり半そでで元気に初夏の雪原を上を、みくりが池方向に、汗をかきながら散策していました。皆さんダウンとかヤッケを着用しているくらいなのに、私ひとり暑すぎるのは、カメラやらレンズやら、三脚など重いものを持ち過ぎじゃないかという説もあります!?目の前の室堂はとにかくだだっ広くて、こんな高いところによくもまあこんなにも平らな場所があったものだと感動して歩いていると、いきなり私の背後から・・・。が~ん! いったい何が起きたのでしょうか?!続きをお楽しみに。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f10 1/3200 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/05/30 05:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(30)

透き通る空気と静寂の合掌造りの空間 (岐阜県 白川村)

絶景探しの旅 - 0225 透き通る空気と静寂の合掌造りの空間 (岐阜県 白川村)

透き通る空気と静寂の合掌造りの空間 (岐阜県 白川村)  Photo No.0225

白川郷合掌集落の荻町集落の散策の途中ですが、合掌造りのカフェに入ります。白川郷は地域の人たちが普通に生活していることもあって17時には駐車場もお店も閉まってしまいます。そのためにカフェが閉まらないうちに、ゆっくり美味しい飲み物をいただこうと立ち寄ったのです。今回立ち寄ったのは村の中心部近くにある「落人(おちうど)」さん。こちらのカフェの人気は囲炉裏で暖めているぜんざいです。美味しいぜんざいを自分ですくいながらおかわりがいくらでもできるのが魅力だったりします。こちらはONEPIECEの尾田栄一郎さんもやってきていて、ONEPIECE第566話 (コミックス58巻) に登場していることでも有名だそうです。

合掌造りのカフェ、「落人」さんで、美味しいひと時を過ごした後は、上階にある合掌造り空間を拝見させていただきます。昔の人たちがこんな空間で暖を取り、深い雪に囲まれる厳しい冬を乗り切っていたのだと思うと感慨深いものがあります。 (世界遺産訪問)

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f4 1/25 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/05/22 05:00 ]   岐阜 | TB(-) | コメント(20)

輝きだす雲龍山と田園のブルーアワー (石川県 白山市)

絶景探しの旅 - 0217 輝きだす雲龍山と鏡の水田 (石川県 白山市)

輝きだす雲竜山と田園のブルーアワー (石川県 白山市)  Photo No.0217

山を降りて撮影のためにやってきたのは雲龍山(484m)と山々がクロスするように見える場所です。山に囲まれたエリアゆえ、日の出を見ることができるのはもっと日が高くなってからなのですが、前日通過した時にこの場所の反射が気になっていました。しばらく待機します。急に空の色が輝き出しました。雲龍山の後ろに太陽が上りつつあるようです。この瞬間に、山の影や空の光が鏡の水田に映り輝き出し始めました。山々に囲まれた山村がきれいな朝のブルーアワーにオレンジの光が混ざって行く瞬間です。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f5 1/160 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/05/14 05:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(26)

高原郷の三奇石・長倉の杖石の山頂 (岐阜県 高山市)

絶景探しの旅 - 0211 高原郷の三奇石・杖石の山頂 (岐阜県 高山市)

高原郷の三奇石・杖石の山頂 (岐阜県 高山市)  Photo No.0211

国道471号線を岐阜から富山方面に走ります。途中の高山市上宝(旧上宝村)に通りかかったところでいつも目に入り気になっている巨大な岩がありました。いつも通り過ぎるだけなのですが、今回はGWの後半戦初日の陽気に誘われて、この巨大岩を探検してみようと思います。

立て看板によれば、「高原郷の三奇石」のひとつ杖石と呼ばれているそうです。 その昔、弘法大使が北国(ほっこく)から飛騨路に入り高原川を さかのぼったときに不要になった杖を地面に突き立てて行かれたそうです。その後、人々の平和を心に念じながら「私の教化に、もしも霊験があるなら、これらを化して石となしたまえ」と呪文を唱えると 不思議なことにこれらはたちまち大きな岩となってしまったそうです。この功徳によって この地方の妖怪変化の類はあとを絶ち、人々は安心して暮らすことができるようになったそうです。

手前の駐車場に車を止め、この岩山の細くて急な小道を鎖をしっかり手に取りながら岩の頂上に向かいます。高さ約70m。頂上は3方を川に挟まれていて、思ったより狭い感じです。安全柵も設置するスペースもないため、夢中になって転げ落ちないように注意しながら撮影をします。脇がすぐに崖ですので高所恐怖症ぎみな私にとっては結構なスリルです。頂上の祠(ほこら)の中の弁財天さんにお祈りをしてから、油断せずに堅実に下に降りて行きました。国道471号線沿いにはこの他にもいろいろ見所があります。次の機会には少し脇に入り、久しぶりに新穂高ロープウェイに乗ってみようかとも思います。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f7.1 1/320 ISO200

杖石 杖石への道 右の山が杖石。急な山道は鎖が手摺代わり。 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/05/08 05:00 ]   岐阜 | TB(-) | コメント(14)









FC2 Management