雨の錦川の風景 (山口県 岩国市)

鵜飼見物が終わった後、宿に入ってゆっくりとしていると大粒の雨の音が窓の外から聞こえてきます。そしてその雨は夜通し続き、今朝は山口県、広島県地方に大雨注意報が出されています。ちょっとした時間差でしたが、前夜には鵜飼を見ることが出来ただけでも有り難く思うようにせねばいけないようです。

絶景探しの旅 - 0978 雨の錦川の風景(山口県 岩国市)

雨の錦川の風景 (山口県 岩国市)   Photo No.0978

夜があけても豪雨が続きます。出発間際に雨の勢いが少し緩くなった瞬間です。川岸で撮った錦川と錦帯橋の雨の朝の風景ですが、穏やかな水面には橋や靄が映っています。いつもなら嬉しい瞬間ですが、その水面の様子をぶち壊すように大粒の雨が落ちてきています。出発間際のRX100での手持ちと言うこともあって、今回は手ブレ対策優先で十分な長時間露光撮影も出来ずこれまた不完全燃焼でした。

SONY RX100 40mm相当 AUTO (f2.8 1/25 (-1) ISO400)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/06/11 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(18)

串門子日式海鮮串燒 (台湾 高雄市)

台湾編の再開です。撮影の舞台は台北から南の高雄(カオシュン)に移ります。台北から高雄への移動手段として有名なのは、オレンジカラーの台湾新幹線ですよね。座席はお馴染みの2-3列シートで、各車両に敬老優先席もあります。乗り心地はもちろん日本の新幹線同様で快適でした。

絶景探しの旅 - 0755 串門子日式海鮮串燒 (台湾 高雄市)

串門子日式海鮮串燒 (台湾 高雄市)   Photo No.0755

高雄で食事を取りにやってきました。お店はまるでスタジオのセットの中にあるような日本式(日式)の海鮮炉端焼きのお店「串門子日式海鮮串燒」です。もちろん、セットの中ではなく屋外のお店で、お店の軒先で食べたい魚や貝を選んで調理してもらいます。外の空気を楽しみながらの食事がなかなかイケたりします。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/80 ISO800)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/10/31 00:00 ]   台湾 | TB(-) | コメント(16)

淡水の民族漁船 (台湾 新北市)

台北の北にある夕日の綺麗さがウリの東洋のベニスと呼ばれる淡水という場所にやってきました。前日、予約した駅前のホテルに入ったのですが、あいにくの曇り空が朝まで続いて夕日も朝日もお預けとなっていました。

絶景探しの旅 - 0741 淡水の民族漁船 (台湾 新北市)

淡水の民族漁船 (台湾 新北市)   Photo No.0741

朝9時を過ぎてようやく空が明るくなってきましたので河岸にやってきました。そこでつながれた民族船をあしらったようなデザインの漁船を発見。面白い色使いやデザインに思わず見とれてしまいます。ちなみにこの後に雨が降り出してしまって、これが淡水での貴重な写真となってしまいました。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f5.6 1/160 ISO125)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/10/17 00:00 ]   台湾 | TB(-) | コメント(20)

台湾の竜宮城 (台北圓山大飯店/台湾 台北市)

本日より撮り溜めたままとなっていました台湾からの写真をお届けします。台北圓山大飯店(円山大飯店)は日本統治時代剣潭山に建立されていた台湾神宮の跡地を利用して建設されました。Wikipediaによりますと、建設に際しては龍の彫刻を多用していることから龍宮とも言われているそうです。また龍以外にも石獅、梅花をふんだんに用い、中国建築の特徴を前面に出した装飾が特徴となっているとのことです。

絶景探しの旅 - 0737 台湾の竜宮城 (台北圓山大飯店/台湾 台北市)

台湾の竜宮城 (台北圓山大飯店/台湾 台北市)   Photo No.0737

台北圓山大飯店は1952年に台湾大飯店として開業し、1968年には、米・フォーチュン誌によって、世界10大ホテルに選定されたこともあるそうです。ホテルの本館は台北のランドマークとなっており、台北の街の中に浮き出るように建っているその姿につい目が行ってしまいます。そして世界の政治の主要人物や世界のトップスターなどもこちらを訪れています。尚、こちらは竜宮城(圓山大飯店)の離れの建物と渡り廊下なります。

SONY RX100 28mm相当 f1.8 1/100 ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/10/13 00:00 ]   台湾 | TB(-) | コメント(10)

バイクの街 (ベトナム ホーチミン・シティ)

ベトナム ホーチミン・シティの街角スナップからです。ベトナムに来て驚くのはとにかくバイクが多いことです。台湾でもバイクが多すぎるといつも思うのですが、ベトナムはそんなものではないです。とにかく市内では車の方が肩身が狭いです。

絶景探しの旅 - 0727 バイクの街 (ベトナム ホーチミン・シティ)

バイクの街 (ベトナム ホーチミン・シティ)   Photo No.0727

早朝・夜間を除いては幹線道路はバイクの大行列に驚くばかり。これがベトナムの空気をよどませている原因でしょうか。走っている人たちはほとんど色とりどりのマスクを着用しています。よく日本人はマスクをした人が多く、何か病気でも流行っているのか?と海外からやってきた人に聞かれることも多いのですが、ベトナムの人とは理解もあり気が合いそうです。

* 1週間ほど遠隔地に出かけていますので、皆さまへの訪問やお返事が遅くなりますがお許し願います。

SONY RX100 100mm相当 AUTO ( f5 1/200 ISO250 )

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/10/03 00:00 ]   ベトナム | TB(-) | コメント(16)

カオスな街を行く天秤を担ぐ女性 (ベトナム ホーチミン・シティ)

ベトナムと言えば、やっぱり街角スナップが楽しいということでホーチミン・シティとハノイの様子をスナップ写真でお届けしたいと思います。ベトナムの女性は男性以上によく働くと言われています。東南アジア全般的なことでしょうか。いつも頭が下がる思いです。

絶景探しの旅 - 0726 カオスな街を行く天秤を担ぐ女性 (ベトナム ホーチミン・シティ)

カオスな街を行く天秤を担ぐ女性 (ベトナム ホーチミン・シティ)   Photo No.0726

ベトナムと言えば天秤を担ぐ人がいないかなとつい探してしまいます。 あっ、いました。カオスな街の風景とともに天秤をかつぐ女性を発見です。 この天秤で運んだものは同じような人たちが集まってくる路上でちょっとしたマーケットのように販売したりします。ちょっとしたお買い物もしているようなので、帰り道かなとも思います。 今日はたくさん売れたのでしょうかね!

SONY RX100 60mm相当 f3.5 1/250 ISO400

* 本日より1週間ほど遠方に出かけます。そのため皆さまへの訪問やお返事が遅くなりますがお許し願います。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/10/02 00:00 ]   ベトナム | TB(-) | コメント(16)

サイゴン川と夜明けのグラデーション (ベトナム ホーチミン・シティ)

明け方のサイゴン川の向こうに三ケ月が見えます。
いつもは空気がかすむホーチミンですが、この日の朝は空気も澄んでいそうです。

<strong>絶景探しの旅</strong> - 0725 夜明けのグラデーション (ベトナム ホーチミン・シティ)

サイゴン川と夜明けのグラデーション (ベトナム ホーチミン・シティ)   Photo No.0725

日本で見るお月様も海外で見る月も同じですね。どの国も同じ地球の上にあると実感です。

SONY RX100 34mm相当 f2.8 1/40 ISO640

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/10/01 00:00 ]   ベトナム | TB(-) | コメント(18)

朝の光に包まれるサイゴン川 (ベトナム ホーチミン・シティ) 

日本や世界の風景や街角スナップなどをご紹介している間にベトナムに2回ほど行ってきました。ベトナム社会主義共和国は北から南まで細長くS字のように伸びる国土を持っていて、北には首都のハノイ、南には同国最大の都市ホーチミン・シティがあります。その両方に1回ずつ行ってきましたが、天気も微妙な上に空気もモヤモヤしていて、コントラストも低くなりがちな撮影にかなり手こずりました。

<strong>絶景探しの旅</strong> - 0724 朝の光に包まれるサイゴン川 (ベトナム ホーチミン・シティ)

朝の光に包まれるサイゴン川 (ベトナム ホーチミン・シティ)   Photo No.0724

ベトナムは以前は、北ベトナム、南ベトナムに別れていたこともあり、その時の南の首都がサイゴンで、今はホーチミン・シティと呼ばれます。現在は首都は北のハノイ(人口約790万人)ですが、ホーチミンは人口約850万人のベトナム最大の都市となっています。そんな南の街、ホーチミン・シティを流れるサイゴン川の朝の風景です。大きな船が往き来したりしていました。上流で雨でも降ったのか、川の上には次から次へと流されたような枝葉丸ごとの根っこ付きの木々がぷかぷかと流れてきている様子にはちょっと驚きでした。

SONY RX100 28mm相当 f11 1/320 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/30 05:00 ]   ベトナム | TB(-) | コメント(18)

大時計裏の光が差し込むカフェ (オルセー美術館/フランス パリ)

先日、パリの街を見渡せるモンマルトルの丘に立つサクレクール寺院の1枚をご紹介しましたが、そういえば面白い場所からサクレクール寺院が見えるところがあることを思い出しました。以前にパリを訪ねた時のものを1枚差し込みます。その場所はどこかと言いますとセーヌ川沿いのオルセー美術館です。ルノワール、ゴッホ、ゴーギャンなどの作品の所蔵が有名ですが、その建物は1900年のパリ万国博覧会の時に建設された駅舎を改装し使用されていることでも知られています。そのために、広々と上階には採光も兼ねた大きな時計の文字盤があり、その文字盤の向こうにモンマルトルの丘が見えたりするのです。

絶景探しの旅 - 0626 大時計裏の光が差し込むカフェ  (オルセー美術館/フランス パリ)

大時計裏の光が差し込むカフェ (オルセー美術館/フランス パリ)   Photo No.0626

その採光も兼ねた大時計の文字盤はいくつかありまして、そのひとつは美術館のカフェ「Café Campana(カフェ カンパナ)」にもあります。そしてそのカフェは文字盤を透過して差し込む光がとても印象的な空間となっています。ちなみにこちらのカフェはスイーツもランチも楽しくいただけたりするようです。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/125 ISO500)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/24 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(18)

関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

北九州市門司に出かけて来ました。せっかくなので関門海峡沿いにある和布刈神社(めかり神社)に立ち寄ってみました。Wikipediaによりますと、神社名となっている「和布刈(めかり)」とは「ワカメを刈る」の意味だそうです。毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える「和布刈神事」(めかりしんじ)が行われ、和銅3年(710年)には神事で供えられたワカメが朝廷に献上されているとの記述が残っているそうで、福岡県の無形文化財に指定されているとのことです。

絶景探しの旅 - 0616 関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)   Photo No.0616

仲哀天皇9年(200年)に創建とされ、古くは「隼人明神」とも呼ばれ、壇ノ浦の戦いの前夜には平家一門が酒宴を開いたとのことです。海峡の守護神として崇敬を集め、建武3年(1336年)足利尊氏、応永年間(1394年~1428年)大内義弘、天正3年(1575年)仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられている。現社殿は明和4年(1767年)小倉藩主小笠原忠総の再建によるものだそうです。今はこの狛犬が関門橋のたもとで、関門海峡を往来する700隻/日とも言われる多くの船の航行を見守ってくれています。

SONY RX100 51mm相当 AUTO (f5.6 1/640 ISO125)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/14 00:00 ]   福岡 | TB(-) | コメント(20)









FC2 Management