大時計裏の光が差し込むカフェ (オルセー美術館/フランス パリ)

先日、パリの街を見渡せるモンマルトルの丘に立つサクレクール寺院の1枚をご紹介しましたが、そういえば面白い場所からサクレクール寺院が見えるところがあることを思い出しました。以前にパリを訪ねた時のものを1枚差し込みます。その場所はどこかと言いますとセーヌ川沿いのオルセー美術館です。ルノワール、ゴッホ、ゴーギャンなどの作品の所蔵が有名ですが、その建物は1900年のパリ万国博覧会の時に建設された駅舎を改装し使用されていることでも知られています。そのために、広々と上階には採光も兼ねた大きな時計の文字盤があり、その文字盤の向こうにモンマルトルの丘が見えたりするのです。

絶景探しの旅 - 0626 大時計裏の光が差し込むカフェ  (オルセー美術館/フランス パリ)

大時計裏の光が差し込むカフェ (オルセー美術館/フランス パリ)   Photo No.0626

その採光も兼ねた大時計の文字盤はいくつかありまして、そのひとつは美術館のカフェ「Café Campana(カフェ カンパナ)」にもあります。そしてそのカフェは文字盤を透過して差し込む光がとても印象的な空間となっています。ちなみにこちらのカフェはスイーツもランチも楽しくいただけたりするようです。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/125 ISO500)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/24 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(18)

関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

北九州市門司に出かけて来ました。せっかくなので関門海峡沿いにある和布刈神社(めかり神社)に立ち寄ってみました。Wikipediaによりますと、神社名となっている「和布刈(めかり)」とは「ワカメを刈る」の意味だそうです。毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える「和布刈神事」(めかりしんじ)が行われ、和銅3年(710年)には神事で供えられたワカメが朝廷に献上されているとの記述が残っているそうで、福岡県の無形文化財に指定されているとのことです。

絶景探しの旅 - 0616 関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)   Photo No.0616

仲哀天皇9年(200年)に創建とされ、古くは「隼人明神」とも呼ばれ、壇ノ浦の戦いの前夜には平家一門が酒宴を開いたとのことです。海峡の守護神として崇敬を集め、建武3年(1336年)足利尊氏、応永年間(1394年~1428年)大内義弘、天正3年(1575年)仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられている。現社殿は明和4年(1767年)小倉藩主小笠原忠総の再建によるものだそうです。今はこの狛犬が関門橋のたもとで、関門海峡を往来する700隻/日とも言われる多くの船の航行を見守ってくれています。

SONY RX100 51mm相当 AUTO (f5.6 1/640 ISO125)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/14 00:00 ]   福岡 | TB(-) | コメント(20)

稲妻光る海辺の夜 (タイ シラチャ)

タイ・シラチャの海の見えるシーフードレストランで夕食を取っています。外の見えるテーブルをお願いしました。暗闇に辺りが包まれるタイランド湾を眺めながらのひと時を過ごします。

絶景探しの旅 - 0582 稲妻光る海辺の夜 (タイ シラチャ)

稲妻光る海辺の夜 (タイ シラチャ)   Photo No.0582

タイランド湾の夜の景色を眺めていると、あちこちで空が光り始めました。音は聞こえませんので、かなり遠くでの落雷かと思いますが、現地滞在の日本人に聞けば、たまに見られる光景とか。雨が降るときはスコールのように短時間にどっと豪雨が降るタイならではのことかも知れませんね。 (神秘の自然現象)

SONY RX100 34mm相当 AUTO( f4 1s ISO800 )

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/11 00:00 ]   タイ | TB(-) | コメント(22)

プルメリアの夕暮れ (タイ シラチャ)

今回からタイ編のスタートとなります。季節感のある場所を優先してUPしていますので東南アジアの国々はつい後回しにしてしまいがちです。ようやくタイ編を始めることができました。直近のものや以前のものを織り交ぜましてご紹介したいと思います。引き続きお付き合いいただけますようよろしくお願いします。

絶景探しの旅 - 0581 プルメリアの夕暮れ (タイ シラチャ)

プルメリアの夕暮れ (タイ シラチャ)   Photo No.0581

タイ・バンコクのおよそ東南方向にあるレムチャバン港の近くの街、シラチャの海岸に来ています。夕日を受けるプルメリアにこれから始まるタイでのひとときに、素敵な予感がいっぱいです。

SONY RX100 34mm相当 f4 1/400 ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/10 00:00 ]   タイ | TB(-) | コメント(24)

上海の歴史西洋建造物の連なる街並み (中国 上海)

中国・上海の外灘(バンド)と呼ばれるエリアの表通りに立っています。あの裏通りの反対側がこれですので驚きです。裏通りを見て驚き、表通りを見て驚くのが外灘です。昔、私が訪れたときは今よりも古臭かったのですが、改修が行われたり、夜のライトアップが行われているせいでしょうか、古くても新しく感じる街並みが続きます。

絶景探しの旅 - 0560 上海の歴史西洋建造物の連なる街並み (中国 上海)

上海の歴史西洋建造物の連なる街並み (中国 上海)    Photo No.0560

Wikipediaによりますと、外灘は上海の旧市街の北に位置する、もともとは英国租界です。1854年に英国・米国の両租界が合同して共同租界となり、その後、19世紀末から20世紀前半にかけて、東アジアにおける金融のハブとなったとのことです。そのため、外灘には、建築ラッシュが訪れ、これらの建物は英国・フランス・米国・ドイツ・日本・オランダ・ベルギーなどの銀行や、英国やロシアの領事館、新聞社、上海クラブやフリーメーソンのクラブなどとして使われたようです。租界時代の市政府もこの場所にあった。1940年代までには、中華民国で活動していた銀行のほとんどが外灘に本店を置きました。国共内戦の結果共産党が勝利したことにより、金融機関は徐々に外灘から移転し、ホテルやクラブも閉鎖されて他の用途に転用されたとのことです。

なるほど、それで今の上海の垢抜けた繁栄があるのですね。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/30) ISO250

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/04/19 00:00 ]   中国(上海・江蘇省) | TB(-) | コメント(18)

旧世界と新世界の境界線 (中国 上海)

中国・上海の外灘(バンド)と呼ばれるエリアにて夜風を浴びています。そして、これから 昔ながらの古臭い裏通りから、上海のシンボリックな新世界のように発展した表通りの景色を見に行くために移動します。

絶景探しの旅 - 0559 旧世界と新世界の境界線 (中国 上海)

旧世界と新世界の境界線 (中国 上海)    Photo No.0559

古い街並みを楽しんだ後は、表通りに移動です。道の先には新世界のような現代的な風景が見え隠れします。 この通りのこの場所は、時代に取り残された旧世界と新世界との境界線のような区切りの場所でもあります。これから、中華料理はひと休みして上海に住む日本の人たちとこの近くにある日本食のレストランに向かいます。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/60) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/04/18 00:00 ]   中国(上海・江蘇省) | TB(-) | コメント(18)

上海旧市街地の裏通り (中国 上海)

再び、3月の中国の風景に戻ります。今回からいよいよ上海市の旧市街地の外灘(バンド)と言われるエリアからです。私が駆け出しの頃に、初めての海外旅行先としてやってきたのが中国の上海・蘇州・無錫でした。当時の中国は自転車天国で道路を埋め尽くすように走る自転車軍団を見て衝撃を受けたものです。それでも当時から上海は私から見てもかなりの大都会でした。そしてその時立ち寄ったのがまさにこれからご紹介する外灘(バンド)と呼ばれるエリアだったような気がします。

絶景探しの旅 - 0558 上海旧市街地の裏通り (中国 上海)

上海旧市街地の裏通り (中国 上海)    Photo No.0558

ちょっとレトロな、そして当時を思い出されるような懐かしい一本奥の通りの散策を行ったのちに、これから向かうのは表の大通り。その途中の裏通りには、ちょっと古臭い昔の中国らしい雰囲気の家並みを見ることができました。中国で一番の大都会「上海」の旧市街の中心地にはまだこんな景色が残っているのには大きな衝撃を受けました。旧市街地だからこそ残っているものがあるのかも知れません。

SONY RX100 33mm相当 AUTO (f2.5 1/8) ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/04/17 00:00 ]   中国(上海・江蘇省) | TB(-) | コメント(16)

長江デルタの新興都市の夕刻 (中国 江蘇省 南通市)

先月は中国で最も発展している場所のひとつと言われる長江デルタエリアを訪問していました。訪問先は上海市および江蘇省南通市です。 透き通るような空が綺麗なフィンランド・ヘルシンキ編の途中ですが、差し込みで中国編をスタートさせたいと思います。まず紹介させていただくのは江蘇省(チャンスーシァン) 南通市(ナントンシイー)からのものです。

絶景探しの旅 - 0555 長江デルタの新興都市の夕刻 (中国 江蘇省 南通市)

長江デルタの新興都市の夕刻 (中国 江蘇省 南通市)   Photo No.0555

南通市は四国の半分弱の面積で、人口はおよそ750万人ほどの大きな都市です。江蘇省の東南部に位置し、東は黄海、南は長江に面し、対岸の蘇州、上海に接します。南通市は中国でもトップレベルの発展を今も続けているそうで、日本企業も数多く進出しています。空気については北京エリアほどではないにしろ、PM2.5などの大気汚染のために視界がそれほどよくない印象です。 この日の予定を済ませ、ホテルに帰る途中で見かけた光景ですが、夕刻の赤みのかかった埃っぽい空気に、建設中の新しいアパート群と取り壊され壁を残すのみとなった古い建物の跡などに現在の中国をよく表しているように感じます。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/250) ISO640

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/04/14 00:00 ]   中国(上海・江蘇省) | TB(-) | コメント(16)

プロバンスのローズ&ジャスミン農家の庭先 (グラース/南フランス)


グラース市内中心部に向かう途中で立ち寄った花のオーガニック栽培農家。農場の案内やお土産物なども販売しています。また、こちらの生産農家はディオールやシャネルの香水に使われるローズやジャスミンの契約栽培を行っているとのことです。

絶景探しの旅 - 0512 プロバンスのローズ&ジャスミン農家の庭先 (グラース/南フランス)

プロバンスのローズ&ジャスミン農家の庭先 (グラース/南フランス)    Photo No.0512

農家の家と思えないようなきれいな色彩の建物です。こちらの庭の反対側に広がる緩やかな斜面にちょうど摘み取り時期を迎えたジャスミン花畑が広がります。まさにこの日は早朝からご近所の女性たちが応援にやってきてジャスミン摘みをやっています。こちらの農家の花畑で摘み取られたローズ(この時は季節外)やジャスミンは蒸留所に運ばれて高級香水に配合されるオイルになります。

SONY RX100 37mm相当 AUTO (f4.5 1/100) ISO125

ジャスミン こちらはデイオールの高級香水になるという朝摘みのジャスミンの花。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/03 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(16)

グラースへの山道で (グラース/南フランス)


ニースを離れてグラースに向かいます。グラースは山の中腹にあり、その街の眺めが素晴らしいということでそんな街の様子を見るのがとても楽しみです。

絶景探しの旅 - 0511 グラースへの山道で (グラース/南フランス)

グラースへの山道で (グラース/南フランス)    Photo No.0511

グラースの中心地へと続く山道の途中です。山道と言っても日本の峠道のようではなく、ちょっとした町が点在しています。そしてそちらで見える建物はいかにも南仏・プロバンスで、窓や壁のパステルカラーがかわいくもあります。

SONY RX100 100mm相当 AUTO (f5.6 1/200) ISO125

*現在、海外に出かけています。そのため、コメントのお返事等は帰国後になる見込みです。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/03/02 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(16)









FC2 Management