プロヴァンス上空を行く (マルセイユ/南フランス) 


南仏編を再開します。これから南フランスを横断飛行します。トゥールーズ・ブラニャック空港 (Aéroport de Toulouse – Blagnac) から、エールフランス系列のLCC航空会社の 「HOP!(オップ!)」のプロペラ機・ATR 72-600機に搭乗し、南フランスの空の旅を楽しもうと思います。今回の席は窓からプロペラも見えワクワクモード全開です。ということで、南フランス空の旅をお伝えしますのでお楽しみに~。

絶景探しの旅 - 0503 プロヴァンス上空を行く (マルセイユ/南フランス)

プロヴァンス上空を行く (マルセイユ/南フランス)    Photo No.0503

南フランス空の旅編です。しばらくの間平野部を飛んでいたフランスのLCC 「HOP!(オップ)」機は、目的地に向け、海辺の上空に差し掛かりました。プロヴァンス上空の旅は今どこでしょうか?地図を確認します。どうもフランス最大の港湾都市でフランス第2の都市マルセイユ上空のようです。地中海に臨む港も見えますね。丘の上にあるノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院はいつも憧れです(一応、とても小さく写っています)。 Googleによれば、マルセイユはフランス南部の港湾都市で、紀元前 6 世紀頃にギリシア人が築いて以来、移民が集まる交易が盛んな町となっているとのことです。  (航空機のある風景)

SONY RX100 32mm相当 AUTO (f5.6 1/400) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/22 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(16)

雪降る停車場 北陸鉄道「鶴来駅」 (石川県 白山市)


鉄道のある風景編続きます。今年の2月に入っての北陸地方の大雪にはびっくりさせられます。連日のニュースで福井県と石川県の県境の国道8号線で車が3日も動かなくなったなんて驚きでした。石川県の白山麓でも五九豪雪を上回るとも思えるような何十年来のすさまじい積雪になっているとのことです。

絶景探しの旅 - 0492 雪降る停車場 北陸鉄道「鶴来駅」 (石川県 白山市) 

雪降る停車場 北陸鉄道「鶴来駅」 (石川県 白山市)   Photo No.0492

石川県白山麓にある北陸鉄道「鶴来(つるぎ)」駅のホームとホーム脇の停車場です。ここに並ぶ主力の電車は、その昔は京王井の頭線や東急電鉄の車両として雪のほとんど降らない都会を快走していました。到着した頃、雪がすごい勢いで降り始めてきました。それでも雪が積もらなければいいのでしょうが、今年はあいにくの大豪雪。ここのところの連日の除雪作業に鉄道関係者の皆さんはへとへとではないでしょうか。   (鉄道のある風景)

SONY RX100 100mm相当 AUTO (f4.9 1/100) ISO160

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/11 00:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(12)

雪の大阪空港 (大阪府 伊丹市)


2日前の金曜日は、先週に引き続き大阪出張でした。この日の新幹線は関ケ原辺りの雪のために徐行していて東京から大阪へは1時間弱の遅れをとっていたようです。そのために、合流のはずの社員は肝心の重要な行事に遅刻・・・。私は時間に十分余裕を持って飛行機で移動していたので、遅刻もなしでした。用事を済ませて帰る頃、大阪市の北部エリアでは雪で前の視界が悪くなり始めました。16時に大阪伊丹空港に着いたのですが、空港にも雪がすごい勢いで降り続けています。さすがに焦ります。一本前の飛行機へのキャンセル待ちをかけますが、私の前でキャンセル待ちは終了・・・。こんなのアリ?!

絶景探しの旅 - 0478 雪の大阪空港 (大阪府 伊丹市)

雪の大阪空港 (大阪府 伊丹市)    Photo No.0478

こちらは16時台のJAL機です。たったちょっとの雪でもこんな作業をしなければいけないのですね。特殊な車がやってきて融雪液(塩化カルシウム水溶液と推測)を飛行機の翼に吹き付けて雪を溶かしています。この飛行機には乗れませんでしたが、しっかり写真は撮らせていただきました。ちなみに1時間後の便の時は、雪も上がっていて安心して東京に戻れましたので焦っただけ損でした。  (航空機のある風景)

SONY RX100 100mm相当 AUTO (f4.5 1/100) ISO160

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/28 00:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(22)

パレットタウン大観覧車 夜のお台場海浜公園駅前 (東京都 港区)


寒い海風を浴びながら埋め立て地散策をしているうちに辺りはもう真っ暗になりました。遠くに観覧車が見えます。観覧車の光に吸い寄せられるように、足は観覧車に向かいます。気が付けば、海浜公園駅前です。

絶景探しの旅 - 0477 パレットタウン大観覧車 夜のお台場海浜公園前 (東京都 港区)

パレットタウン大観覧車 夜のお台場海浜公園前 (東京都 港区)    Photo No.0477

埋め立て地の散策も風と寒さでもう限界です。そう考えながら地図アプリを見れば、ちょうどいいタイミングで、ゆりかもめ「海浜公園駅」に到着です。力を振り絞って最後のひと撮影です。カメラの特性で光がまるくふわっと撮れますので街灯と青信号を蛍の光のように取り込んで柔らかさも狙いました。ちなみにこの観覧車の高さは115mと言われており、これを6つ重ねれば東京スカイツリーを越えます。

SONY RX100 80mm相当 AUTO (f4.5 1/60) ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/27 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(16)

雷が落ちたような眺めのレインボーブリッジ (東京都 江東区)


前回に引き続き、東京湾の埋め立て地からです。豊洲市場を過ぎ、豊洲ぐるり公園にやってきました。ここまで来たら、レインボーブリッジを撮って帰ろう思います。

絶景探しの旅 - 0476 雷が落ちたような眺めのレインボーブリッジ (東京都 江東区)

雷が落ちたような眺めのレインボーブリッジ (東京都 江東区)   Photo No.0476

夜のとばりがとんどん落ちていくにつれ、レインボーブリッジが輝きを増していきます。そんなレインボーブリッジの後ろには、今そこに雷が落ちているように錯覚するような雲の切れ目ができていました。

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f1.8 1/30) ISO500

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/26 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(16)

夜の帳が下り始める東京ウォーターフロント (東京都 江東区)


先週、今週は連日出張に外出が続きます。先週末は東京湾の埋め立て地エリアの豊洲に出かけていました。仕事を終え、自宅に帰ろうと東京都の新交通システム「ゆりかもめ」に乗車しましたが途中に「市場前」という駅があり、気になって途中下車しました。この駅は今やすっかり全国的に有名になってしまった築地市場から移転する新しい豊洲市場の最寄り駅です。この付近から見える東京都心の写真を撮影した後は、今はがらんとした豊洲市場の建物の様子を見ながら歩きます。新豊洲市場は恐ろしいほど大きな建物で、いくら歩いてもなかなか端から端までたどり着かなかったくらいです。

絶景探しの旅 - 0475 夜の帳が下り始める東京ウォーターフロント (東京都 江東区)

夜の帳が下り始める東京ウォーターフロント (東京都 江東区)   Photo No.0475

市場前駅を降りるとそこはまだこれから新たに整備されそうな未整備の地が広がります。夜の帳が下り始める空の下、遠くに灯りが付き始める東京都心のオフィス街も見えます。目の前には前に向かって真っすぐ続く道路と海路をまたぐ橋も見えます。現在立ち入り禁止となっていますが、これが解放されれば素晴らしい東京ウォーターフロントの撮影スポットになりそうです。

SONY RX100 28mm相当 f1.8 1/30 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/25 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(18)

夕日と大阪モノレール (千里中央駅/大阪府 吹田市)


無事、大阪での仕事を終え、これから大阪空港(伊丹)に向かいます。大阪モノレール千里中央駅で大阪空港行のモノレールを待ちます。

絶景探しの旅 - 0474 夕日と大阪モノレール (千里中央駅/大阪府 吹田市)

夕日と大阪モノレール (千里中央駅/大阪府 吹田市)   Photo No.0474

きれいな夕暮れ時になりました。もうすぐ夕日が沈みます。モノレールと夕日を狙おうとモノレールが来るのを待ちます。もう間に合わないかな?!と思っていたら、ギリギリのタイミングでモノレールが駅に向かって走ってきてくれました。 (鉄道のある風景)

SONY RX100 63mm相当 AUTO (f4.5 1/100) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/24 00:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(20)

現代のバベルの塔 薄雲から顔を出すあべのハルカス (大阪市)


日本の高い建物と言えば、1位が大阪のあべのハルカスで、地上60階で高さ300mを誇ります。それまで1位だった横浜ランドマークタワー(高さ296m)を2012年に抜き1位になったそうです。ちなみに鉄塔の部では東京タワーが333m、東京スカイツリーで634mとのことです。

絶景探しの旅 - 0473 現代のバベルの塔 薄雲から顔を出すあべのハルカス (大阪市)

現代のバベルの塔 薄雲から顔を出すあべのハルカス (大阪市)   Photo No.0473

JAL機は大阪城の横を通過した後、大阪城を回り込むように進路変更です。この日の低い薄雲のおかげで見える景色は別世界。手前には再現された江戸時代のバベルの塔「大阪城」、奥の方に突き出した、現代のバベルの塔「あべのハルカス」が印象的です。

SONY RX100 93mm相当 AUTO (f5.6 1/500) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/23 00:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(18)

冬の大阪城絵巻 (大阪市)


大阪行くなら富士山が見える窓側席が取れなくても大丈夫!最初は海側で我慢でも、大阪空港(伊丹)への直前で大阪の中心部の景色がしっかり楽しめることが多くあります。特に夕方から夜に変わっていく様子は最高です。今回は朝ですが、どんな景色が見られるでしょうか。

絶景探し - 0472 冬の大阪城絵巻 (大阪市)

冬の大阪城絵巻 (大阪市)   Photo No.0472

この日のJAL機は険しい山々が続く奈良・吉野山地上空を越え、大阪エリアに入ってきました。大阪でも低い雲がたくさん出ています。その雲から顔を出しているあべのハルカスを横目に見ながら、大阪(伊丹)空港を目指し北上します。機内からの次なるお楽しみと言えば大阪城。この日の大阪城とその風景は、素晴らしい絵巻物を見ているような気分に浸れました。

SONY RX100 69mm相当 AUTO (f5.6 1/400) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/22 00:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(18)

雲海のような濃霧にすっぽりと覆われる街 (千葉県 君津市)


羽田空港を飛び立ったJAL機がこれから向かうのは大阪。行先にもよりますが時間により新幹線ではなく飛行機を利用することもよくあります。出張のためのチケット手配が遅くなることが多く、大阪便では富士山側の窓席がまず取れることがなく、空いていても反対側ということがほとんどですが、実は私にはその方がちょっとありがたかったりします?!

絶景探しの旅 - 0471 雲海のような濃霧にすっぽりと覆われる街 (千葉県 君津市)

雲海のような濃霧にすっぽりと覆われる街 (千葉県 君津市)    Photo No.0471

実はこの白い雲の下にどこまでも街が続いていると聞いたら信じますか?

JAL機は目的地に向かって房総半島の内房の海岸線に沿うように太平洋側に向かって進行しています。この日、1月18日は前日の暖かさで地表の温度が上がったところに朝の放射冷却で、関東のあちこちでは前が見えないくらいの濃霧が発生していました。こちらもそのようで、窓の外には我が目を疑うような景色が続きます。まるで山岳地谷で見かける雲海状態です。中央の大きな白く覆われているエリアは君津市です。地上では大混乱中のことと思いますが、こちらは空の上から珍しい光景を楽しむことができとてもラッキーでした。  (神秘の自然現象)

SONY RX100 80mm相当 AUTO (f5.6 1/800) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/21 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(14)









FC2 Management