神秘な二つの池 名勝・天然記念物「通り池」 (沖縄県 宮古島市 下地島)

絶景探しの旅 – 0158 神秘な二つの池 名勝・天然記念物「通り池」 (沖縄県 宮古島市 下地島)

「絶景探しの旅」  神秘な二つの池 名勝・天然記念物「通り池」 (沖縄県 宮古島市 下地島)  Photo No.0158

ややこしい話になりますが、宮古島(みやこじま)に到着して、伊良部大橋を利用して伊良部島(いらぶじま)に渡り、そこから隣接する下地島(しもじじま)にやってきました。

この下地島には北部の海岸近くに、海側と陸側の二つの池を合わせて、「通り池」 という池がありまして、2006年に国の名勝及び天然記念物に指定されました。海側の池(直径75m、水深45m)と陸側の池(直径55m、水深25m)の二つの池は地下でつながり、海側の池は洞穴で海と通じていることから、「通り池」という名が付いたそうです。そのため、潮の干満につれて水面が上下し、池の中のサーモクライン(水温の温度差)などによって色が変化して見える神秘的な景観が人気のスポットです。

こういうときに上空から二つの池を同時に撮れるドローンでもあればと思うのですが、持ってもいませんので、フィッシュアイレンズで陸側の池を撮ってみました。この日の池の色は深緑のように見えたり、空の色や雲を映した影の部分が青く見えたりと、とても神秘的な色合いを楽しむことができました。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f7.1 1/250 ISO200

通り池   上空から見た「通り池」


本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/16 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(22)

エメラルド色の海の島 (沖縄県 宮古島上空)

絶景探しの旅 - 0156 エメラルド色の海の島 (沖縄県 宮古島上空)

「絶景探しの旅」  エメラルド色の海の島 (沖縄県 宮古島上空)  Photo No.0156

私を乗せた飛行機の目的地は沖縄県の宮古島です。この日は空から富士山がきれいに見えて、これは運がいいことが起きるんじゃないかと思っていたら、週間天気予報では曇りの予想だった宮古島は青空が広がるいい天気となっています。途中の沖縄本土上空は雲に覆われ、こちらも直前まで、辺り一面の雲り空でしたので、なんともラッキーです。

宮古島上空に来て、窓の外から見える景色は、エメラルド色の海。思わず、吸い込まれそうになります。これを宮古ブルーというのでしょうか。いきなりの青い海と青空のお出迎えにかなり興奮気味。夏本番前の春の宮古島を楽しもうと思います。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f8 1/400 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/14 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(22)

夜明けの幻想 (石川県 白山市)

絶景探しの旅 - 0131 夜明けの幻想  (石川県 白山市)

絶景探しの旅」  夜明けの幻想 (石川県 白山市)  Photo No.0131

ムソルグスキーの管弦楽交響詩 「禿山の一夜」を初めて聞いたときに、こんな曲もあるのかと衝撃が走ったことを今も思い出します。夜中に魔物たちの踊りが始まり、夜明けとともにどこかに消え去っていく・・・、なんてそんなストーリーを曲にしたと聞き、そのイメージがあまりにも伝わってきて2度驚いた記憶があります。

この夜明けの幻想的な空の色を枯れた木々の枝とかぶせてみました。その様子に禿山の一夜のそんなシーンを想像しながらの撮影となりました。 *まだまだお見せしたい景色がありますが、石川県白山麓エリア編は一旦こちらまで。お付き合いありがとうございました。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f3.5 1/160 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/17 05:00 ]   北陸 | TB(-) | コメント(24)

蒼白の御仏供杉 樹齢680年の名木百選さかさ杉 (石川県 白山市)

絶景探しの旅 - 0130 蒼白の御仏供杉 樹齢680年の名木百選さかさ杉 (石川県 白山市)

絶景探しの旅」 蒼白の御仏供杉 樹齢680年の名木百選さかさ杉 (石川県 白山市)  Photo No.0130

こちらは樹齢約680年とも言われる国指定天然記念物日本の名木百選に選定されている「御仏供杉」です。呼び名はおぼくすぎとも言われますが地元では「おぼけすぎ」と読んでいるようです。白山市の紹介によれば、何本もの枝を広げている姿が圧巻の大きな杉の木で、白山市吉野の山中に祇陀寺を開いた大智禅師がこの地を去る時に杉の小枝をさかさに地面に挿して植えたと言われていることから「さかさ杉」とも呼ばれ、仏飯を盛ったようなその形から御仏供杉という名がついたということです。

そんな長い時間を見守って来た銘木「御仏供杉」の歴史を語るようなモノトーン調の冬の早朝の薄暗さ。そして、足元の雪、空の雲、まだ明るさの残る半月。この一瞬の全ての風景がこの木の重みを表現するためにあるような、そんな印象の風景を切り取ることができました。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f3.5 1/160 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/16 05:00 ]   北陸 | TB(-) | コメント(18)

青い朝 冬の白山連峰を望む田園風景 (石川県 白山市)

絶景探しの旅 - 0129 青い朝 冬の白山連峰を望む田園風景(石川県 白山市)

絶景探しの旅」 青い朝 冬の白山連峰を望む田園風景 (石川県 白山市)  Photo No.0129

そろそろ春も近いというのに、雪国の2月は大雪が降ったりします。それにしても今年の山陰地方の雪は異常ですね。一方、北陸地方の豪雪地帯は、それほどでもないとも聞きます。この後はどうなるかわかりませんが、雪もほどほどにお願いしたいところです。私も先月はたくさんの雪の作品を楽しみにしていたのにがっかりでした。本来は豪雪エリアなのですが雪がわずかな雪国・石川県白山市の白山麓エリアで撮り置きしたものがありますのでそちらを数回にわたってご紹介したいと思います。

日本百名山の山々のひとつ白山(はくさん/2,702m)。夜明けにこちらにやってきたのですが、ここからは天気がいいと手前の山々の奥に白山がくっきりと顔を出しますが、この日はかすかに見えるレベルのようです。一般的には写真には邪魔と嫌われる鉄塔と送電線ですが、冬の白山連峰を望む田園風景に大胆に取り込んでみました。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 33mm相当 f3.5 1/200 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/15 05:00 ]   北陸 | TB(-) | コメント(18)

3つの顔の「太陽」 (横浜市 西区)

絶景探しの旅 - 0118 3つの顔の「太陽」 (横浜市 西区)

絶景探しの旅」 3つの顔の「太陽」 (横浜市 西区) Photo No.0118

先日、そごう横浜店に行ってきました。ちょっとした催事のために八王子出身の友人がやってきているということで、久しぶりに顔を見に行ってきたのです。イベントの様子を見たり、色々な話に花を咲かせたりと楽しい時間もあっという間でした。せっかくきたので向かうは屋上広場。ご存知の方も多いかと思いますが、ここにはあの芸術家の岡本太郎氏の黄金の彫刻作品の「太陽」があるのです。岡本太郎美術館によれば、1985年のそごう横浜店開店を記念して制作された作品で、太陽の顔が3面あり、それぞれが、朝のやさしさ(下の写真の中央)、昼の力強さ(メインの写真)、夜のおだやかさ(下の写真の右)を表現しているそうです。岡本太郎は太陽をモチーフとした作品をいくつか製作したそうですが、無限に、そして無条件にエネルギーを与える太陽を、自分の芸術の思想的な核としていたそうです。

そんな岡本太郎の「太陽」を寒々とした青い世界と幾何学的なモチーフで仕上げてみました。 (世界の芸術品)

LUMIX GM5 G VARIO 7-14mm/F4.0 20mm相当 f6.3 1/250 ISO200

岡本太郎「太陽」


本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/04 05:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(12)

マジックアワーのシルエット富士とスーパーあずさ (東京都 八王子市)

0105 マジックアワーのシルエット富士とスーパーあずさ (東京都 八王子市)

絶景探しの旅」  マジックアワーのシルエット富士とスーパーあずさ (東京都 八王子市) Photo No.0105

冬型気圧配置の強くなったこの日、日が西の空に沈み、夕暮れ時の透き通るようなマジックアワーの空になって来ました。背後にもしっかりとシルエット富士(富士山)。辺りも静かに暗くなり始め、街の明かりも灯り始めました。スーパーあずさがおなじみのエンブレムを光らせながら八王子駅から新宿駅に向かって走り出します。(鉄道のある風景)(富士山のある風景)

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 24mm相当 f4 1/160 ISO640

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/22 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(18)

西高東低 夕日を浴びる新宿高層ビル群 (東京都 新宿区)

0098 西高東低 夕日を浴びる新宿高層ビル群 (東京都 新宿区)

絶景探しの旅」 西高東低 夕日を浴びる新宿高層ビル群 (東京都 新宿区) Photo No.0098

今回の年末年始があまりにも暖かすぎて、今年は昨シーズンに引き続いて暖冬かなと思っていたら急に冬型の気圧配置となり、東京の最低気温も氷点下となりました。映画「君の名」ではきれいな夕日の色の新宿などが描写されていましたが、設定時期は夏。このときも空や街の色が夕日の色に染まってきているのですが、冬ならではの西高東低の気圧配置のために、透き通るような寒々しい夕日の色になっています。いつもはこの辺りからはかすんで見える新宿高層ビル群ですが、この日は空気が乾燥してすっきりくっきり、はっきりと見ることができます。今週末は名古屋でも雪になっていますが、東京では場所によっては雪が舞うかも知れないレベルのようです。私は冬の東京地方の晴天時には、いつもこの天候をありがたいと感謝するとともに、こちらの分の湿度を雪としても落とされ、対処に苦労している豪雪地帯の人々のことを忘れないようにしています。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 72mm相当 f8 1/200 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/15 05:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(16)

奥飛騨の城下町の朝 (岐阜県 飛騨市)

絶景探しの旅 - 0092 奥飛騨の城下町の朝 (岐阜県 飛騨市)

絶景探しの旅」 奥飛騨の城下町の朝 (岐阜県 飛騨市) Photo No.0092

冬の夜が明け、どんどん明るくなってくる飛騨市神岡の町です。岐阜県北部の高原川が流れるこのエリアは奥飛騨地方の中でも住む人の多い開けた場所のひとつです。町の中央を静かに流れるのは高原川(神通川支流)で、高台のお城は神岡城です。神岡城が見下ろす、水彩画のような淡く静かな奥飛騨の町の朝の風景に感動して思わずため息が出てしまいそうです。

LUMIX GM5 G X VARIO 12-35mm/F2.8 70mm相当 f2.8 1/80 ISO250

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/09 05:00 ]   岐阜・飛騨 | TB(-) | コメント(22)

西へ向かう AM 07:03 (東京都 日野市)

絶景探しの旅 - 0084 西へ向かう(AM 07 : 03)

絶景探しの旅」 西へ向かう AM 07:03 (東京都 日野市) Photo No.0084

新年明けましておめでとうございます。本年も写真ブログ「絶景探しの旅」をよろしくお願いします。今年も皆さんにとって素晴らしい年になりますよう、お祈り申し上げます。

現在は、これはという風景の1枚を ブログ「絶景探しの旅」で皆さんにご紹介する一方で、フォトコンテストへの応募が楽しみのひとつとなっています。フォトコンテスト応募を始めたきっかけは、カメラをやめて数年経った2011年に初めてデジタル時代のデジ一眼として購入したSONY αシリーズでの本格撮影が久しぶりに再開されたことによります。とにかく撮影が楽しくて、その時に撮った作品をたまたまコンクールに応募したら運よく入選となりました。以来、1年の総集編として、身近なフォトコンテストに応募するようになりました。まだまだ実力不足ですが、新春特集として、数日の間、ここまでのコンテストでの入選作品のご紹介させていただければと思います。

新春らしいということで、まずはこの1枚からです。こちらは昨年1月の日曜日に日野市の平山城祉公園駅からすぐの陸橋にて、撮影しました。この日は昇ったばかりの朝陽を受け、空の色や富士山の浮き出しがとても綺麗で、願ってもないチャンスになりました。明るくなりつつある空の下を京王線の特急電車が西へ走り抜けます。日曜日の朝、もっと家でゆっくりしたいのでしょうが、朝早くからそれぞれの事情のために移動する人々。そんな人たちの想いをこの作品で伝えようとタイトルを「西に向かう(AM 07:03)」としました。電車が主体のような写真はコンテストの応募条件ではないとの明記があったのですが、見落としていました。しかし、富士山と空の色に加え、移動感があるように電車が撮れているのがよかったのか、カレンダーへの採用はありませんでしたがKEIO賞の入賞となりました。この撮影では、陸橋の金網のすき間から撮影しなければなりませんので、レンズ径が小さく網の目の大きさに合うとともに、長さの変わらないLUMIXの45-175mmレンズを用いています。(鉄道のある風景)(富士山のある風景)

LUMIX GM1S G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 93mm相当 f4 1/40 (-2/3) ISO100

入選 ■「2017年京王グループカレンダー京王線・井の頭線沿線の風景フォトコンテスト」(2016年)KEIO賞入賞

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/01 00:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(22)









FC2 Management