朝焼けに染まるヴェールの丘(北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0312 朝焼けに染まる霞む丘 (北海道 美瑛町)

朝焼けに染まるヴェールの丘(北海道 美瑛町)  Photo No.0312

余談ですが、地元にいつも賑わう人気の洋菓子店がありまして我が家でも地元産と言うことで、ちょっとしたお使い物に重宝しています。お店の名は、ヴェールの丘と言います。気になってどういう意味だろうと調べてみれば、フランス語で緑の意味だそうです。なるほど、緑の丘と聞くより、ヴェールの丘と聞けば雰囲気も違いますね。美瑛の空が朝焼けとともにどんどん明るくなって行きます。今は美瑛のヴェールの丘にかかった霞のベールがどんどん取れ行く状態です。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f4 1/250 ISO500

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/08/15 00:00 ]   北海道(美瑛・富良野) | TB(-) | コメント(12)

幻想の丘 (北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0296 幻想の丘 (北海道 美瑛町)

幻想の丘 (北海道 美瑛町)  Photo No.0296

早朝4時になりました。そろそろ日の出も近いようです。昨晩、空が見たことのないような輝きを見せていた丘ですが、今はすっかり静まりかえって、いかにも美瑛らしい幻想的な様子を見せてくれています。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  228mm相当 f8 1/250 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/07/30 00:00 ]   北海道(美瑛・富良野) | TB(-) | コメント(10)

夜に彩る丘 (北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0294 夜に彩る丘 (北海道 美瑛町)

夜に彩る丘 (北海道 美瑛町)  Photo No.0294

日没時間になって雨はかなりの土砂降りになって来ました。丘の向こうから溢れでる比較を収めようと望遠レンズに布を掛けて車の窓から焼ける丘を狙います。夜に向かう空の色がすごい勢いでピンクから紫、紺、灰色、黒へとどんどん変わって行きます。土砂降りゆえ、三脚も立てられず手持ちとなっていますが、無我夢中でシャッターを切り続けます。これぞまさに美瑛の丘ならではの醍醐味。マジックアワーから夜の空の彩りのショーを堪能できました。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f4 1/180 ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/07/28 00:00 ]   北海道(美瑛・富良野) | TB(-) | コメント(18)

孤独な木と3時の影 (北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0291 孤独な木と3時の影 (北海道 美瑛町)

孤独な木と3時の影 (北海道 美瑛町)  Photo No.0291

再び、初夏の美瑛特集に戻ります。 美瑛らしい風景と言えば、広々とした土地に立つ一本の風景を上げる人も多いのではと思います。美瑛をはじめとする北海道の各地でよく見られる広大な土地の中の一本の木や木々は、所有の土地の境目を示す目印としていると聞きました。広大な土地で孤独に立ち続ける木を見れば、いつもドラマを感じてしまいます。

今回見つけたのは、ちょうど時計の針で3時の位置に影が伸びる一本の木。大きな空の下で、過酷な北の大地の天気にも耐えながらも力強く立ち続ける様子、そしてちょっとした虚しさも表現しようと空を広めに遠景に収めてみました。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f6.3 1/1000 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/07/25 00:00 ]   北海道(美瑛・富良野) | TB(-) | コメント(18)

富良野岳の見える丘 (北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0285 富良野岳の見える丘 (北海道 美瑛町)

富良野岳の見える丘 (北海道 美瑛町)  Photo No.0285

美瑛に来れば、雄大な十勝連峰を眺めることが出来ます。そんなこともあって、美瑛の丘と山々の風景を収めるのも楽しみのひとつです。十勝連峰には、美瑛岳、十勝岳、富良野岳、オプタテシケ山、上ホロカメットク山などがあって、土地勘の少ない私としては、どれがどれなのか、なかなか区別がつきにくかったりします。

今日も初夏の頃のものですが、雪を被った大きな山々と美瑛の丘からです。こちらはおそらく富良野岳ではないかと思うのですが、目の前に大きくそびえる雄姿をバックに丘の風景を収めてみました。(もし、違っていたらご指摘いただけますと助かります。)

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f7.1 1/1300 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/07/19 00:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(18)

ターコイズブルー 「青い池」 (北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0278 ターコイズブルー 「青い池」 (北海道 美瑛町)

ターコイズブルー 「青い池」 (北海道 美瑛町)  Photo No.0278

今日の5〜7月の北海道の旅の紹介シリーズは人気の北海道・美瑛の青い池からです。この日の水の色は、とてもきれいなターコイズブルーとなっています。Wikipediaによりますと、青い池の付近の湧水には水酸化アルミニウムなど、主に白色系の微粒子が含まれており、美瑛川本流の水と混ざることによって分散され一種のコロイドが生成される。水中に差し込んだ太陽光がコロイドの粒子と衝突散乱して水の吸収による青色の透過光が加わり、美しい青色に見えると言われています。 水の青さと立ち枯れた木々の幻想的な景観から、その存在がカメラマン等を中心に口コミで広がり、いつの頃から誰からともなく「青い池」と呼ばれるようになったとのことです。

すっかり有名になった「青い池」は、天候や時間帯による光の反射などによって、青いその色が、微妙に違って見えたりして、それもここを訪れる人々の楽しみのひとつだったりするようです。そんな青い池が昨年の8月に、台風の影響で「青い池」が青い池でなくなった時は、もう青い池が復活しないかもしれないと心配した人も多かったのではと思います。その後、無事、復活で私も胸をなでおろした一人でした。実は今週、またまた美瑛で洪水警報が出ていたとか・・・。どうも雨雲は東に抜けたようです・・・。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f4 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/07/12 00:00 ]   北海道(札幌・道央エリア) | TB(-) | コメント(24)

北の森の小さな住人 (滝川公園/北海道 滝川市)

絶景探しの旅 - 0276 北の森の小さな住人 (滝川公園/北海道 滝川市)

北の森の小さな住人 (滝川公園/北海道 滝川市)  Photo No.0276

北海道の滝川市(たきかわし)の滝川公園にやってきました。公園の草原の道を越え、木々の生い茂る林の中を散策すれば、ちょっと大きめの木の幹の前で、三脚を据え長い望遠レンズを向けている方がいらっしゃいました。 ちょうどいま、この木にエゾリスいるとのことです。構えられた望遠レンズの先を目で追います。どこかな~と、探してみれば・・・、あっ!いました。樹洞(じゅどう)から小さなかわいい顔が出ていました。しばらくの間、その方と一緒に撮影をさせていただきましたが、その間、北の森の小さな住人、エゾリスの愛嬌いっぱいの様子にこちらの顔も緩みっ放しでした。 (野生動物のいる風景)

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f6.3 1/320 ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/07/10 00:00 ]   北海道(札幌・道央エリア) | TB(-) | コメント(18)

明治神宮野球場 (東京都 新宿区)

0260 明治神宮野球場 (東京都 新宿区)

明治神宮野球場 (東京都 新宿区)  Photo No.0260

明治神宮野球場、通称、神宮球場に出かけて来ました。この日は、セパ交流戦最終日でした。対戦は北海道日本ハムファイターズ VS 東京ヤクルトスワローズです。出張と出張の谷間の貴重な1日でしたが、お目当てはもちろん、日ハムの大谷選手で、事前にチケットを入手していましたが、大谷選手の長期故障のため、見ることはありませんでした。13:00雲空の下、プレイボール!照明に灯りも入りました。この日の雨は夕方からの予報だったのですが、予報より早く中盤5回からすごい雨になりました。雨で中断もありましたが、最終回まで試合が行われ、北海道日本ハムファイターズが東京ヤクルトスワローズを6-3で下しました。

この天候のため、温度的には涼しく快適に久しぶりの野球観戦を楽しむことができました。フィッシュアイレンズで、球場のアイドルたちを手前に配置してみました。

LUMIX G7 G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f8 1/250 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/24 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(10)

梅雨の晴れ間を飛ぶ 空からの白山 (岐阜県上空から)

絶景探しの旅 − 0259  梅雨の晴れ間を飛ぶ 空からの白山 (岐阜県上空から)

梅雨の晴れ間を飛ぶ 空からの白山 (岐阜県上空から)  Photo No.0259

この日は梅雨の晴れ間。今回のフライトコースで、しっかり楽しむことができたのは白山。岐阜県上空を通過中です。左に石川県の手取川扇状地や手取川ダムなども見えます。白山を上空から見るのは久しぶりです。知った場所の上空を飛ぶのは分かりやすくていいものですね。白山上空を見ながら、飛行機は福井県の九頭竜川、福井平野を横切り日本海に抜けて行きます。 (航空機のある風景)

LUMIX G7 G X VARIO 12-35mm/F2.8 50mm相当 f4 1/4000 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/23 00:00 ]   岐阜 | TB(-) | コメント(14)

針ノ木岳と黒部湖を望む立山ロープウェイ (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0238 針ノ木岳と黒部湖を望む立山ロープウェイ (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

針ノ木岳と黒部湖を望む立山ロープウェイ (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)   Photo No.0238

乗り物を乗り継いで立山連峰を縦断するのが、立山黒部アルペンルートの旅です。ずいぶん、乗り物を乗り継いで、大観峰までやってきました。大観峰で針ノ木岳と黒部湖の壮大な眺めを楽しんだら、次に乗るのは立山ロープウェイです。今回は標高2316mの大観峰駅から1828mと488mの黒部平駅へと標高差を降りていきます。

先ほど大観峰駅のターミナルの屋上から見た針ノ木岳と黒部湖を横目に眺めながら降りていく立山ロープウェイからの眺めはとっても最高でした。この後は降りた「黒部平駅」から、黒部ケーブルカーに乗り換えて、黒部ダムに移動です。(乗りもには少し飽きてきました・・・。)

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 18mm相当 f11 1/1300 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/03 12:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(18)









FC2 Management