空気が揺らぐ 着陸寸前の巨大旅客機A380 (さくらの山公園/千葉県 成田市)

3連休皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。今日は東京地方ではお盆のお墓参りでして、せっかくの3連休ですが中日がつぶれますので、近場の日帰り旅(遠征)のスケジュールを組みました。千葉と言っても往復400㎞は走る感じです。この日は朝の3時に起きて千葉方面に向かいました。あれこれ計画を組んではいますが、お天気相手の商売ということもあり、東京アクアラインでの日の出は東の空の雲も厚くていきなり撮影に至らずで出足をくじかれました。さらに猛暑にさらされ、思考回路もさっぱりで勘も働かないそんな18時間でした。それでは夏の千葉編はこちらの1枚から始めたいと思います。

絶景探しの旅 - 0647 空気が揺らぐ 着陸寸前の巨大旅客機A380 (さくらの山公園/千葉県 成田市)

空気が揺らぐ 着陸寸前の巨大旅客機A380 (さくらの山公園/千葉県 成田市)   Photo No.0647

大阪国際空港(伊丹空港)の千里川土手まで遠征(仕事帰り)まで遠征した私としては、onorinbeckさんもよく撮影に行かれている成田空港の飛行機撮影のメッカ「さくらの山公園」にどうしても行きたいと思っていました。こちらも千里川土手と同じで、次にどんな機種の飛行機が飛んで来るのか都度教えてくれるんですよね。駐車場も立派だし、空の駅(道の駅?!)を通り抜ければそこは老若男を問わず、多くの人々でにぎわう人気の撮影スポットでした。

フェンス際の空いている場所にすかさず入り込んで航空機を狙うのですが、本数が多いので、すぐにゲップが出るくらい楽しめました。あれこれ2時間程撮って、次の場所に向かうために車に戻り荷物をかたずけていると、タイ航空の総2階建ての巨大旅客機エアバスA380が利根川を越えて旋回、あと3分程でさくら山公園の上を通るとの案内が耳に入りました。いちばん撮りたいと思っていた機種のひとつでしたので、すかさず準備をし直して、元いたフェンス際の撮影場所まで、猛暑の中をダッシュして 戻って撮った1枚です。 ちなみにA380はアシアナ航空さんからのご招待で搭乗したことがあります。 (航空機のある風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f8 (-2/3) 1/640 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/15 07:30 ]   千葉 | TB(-) | コメント(4)

オホーツクの農耕地の夕刻 (北海道 大空町)

先週末は自宅に眠らせていた使用頻度の低いカメラやレンズを思い切って大整理しました。思うところあって機種を1台購入したいと思ったのですが、さすがにカメラ貯金も底をついていましたので、まとめて下取りに出したというわけです。ちりも積もれば山となるで、相当な金額になったため、無事に目的がかないました。

それはさておき、今週の土曜日の夜中に北海道の旅から帰ってきました。3月に申し込みを済ませていた、ある体験のための旅でしたが、私の訪問予定期間の週間天気予報は、あいにくの荒れ模様の雨で、下手すれば山間部で雪という非情な予報となっています。日本全国同様だったかと思うのですが、皆さんのエリアではいかがでしたでしょうか? 数か月もの間、楽しみに待っていたのに、こんな天気予報なんて悔しい限りです。天気が悪ければ悪いなりの作戦を練ろうと思うのですが、その結果についてはお楽しみになさってくださいね。 それでは常夏のようなタイ編の途中ですが、まだ寒い5月のオホーツク編を開始したいと思います。

絶景探しの旅 -  0591 オホーツクの農耕地の夕刻(北海道 大空町)

オホーツクの農耕地の夕刻 (北海道 大空町)   Photo No.0591

日没時間にさしかかり始めた北海道オホーツクエリアの町、大空町(2006年女満別町と東藻琴村が合併)での光景ですが、そろそろ暗くなってきた農耕地です。広大な土地を耕し続けていた農家の方に「お疲れさまでした」の一言をかけてあげたくなります。 写真の右下をお気づきでしょうか。今回訪問のこの時期はオホーツクエリアではちょうど桜の咲くいていまして、日本列島のラストを飾る桜を見ることができてうれしい限りでした、また、天気も雨や曇りの予報だったのですが、このように少し明るい空にもちょっぴり会うことができました。

LUMIX GX7MK2  LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f6.3 (-2/3) 1/100 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/20 05:00 ]   北海道(オホーツクエリア) | TB(-) | コメント(18)

波に飛ぶアオバト (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)

神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸にアオバトを見にやってきました。アオバトが海の水を飲みに飛来するピークの時期はまだ先のようですが、待つことしばし、初夏の晴れ間にアオバトたちが磯の岩場にやって来てくれました。調査の結果、20~30kmほど離れた丹沢山地から飛来していると聞きました。また、もっともっと遠く奥多摩方面からやって来るものもいると以前何かで読んだ記憶があります。

絶景探しの旅 - 0585 波に飛ぶアオバト (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)

波に飛ぶアオバト (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)   Photo No.0584

釣り人たちを避けて離れた岩場に着地のアオバトですが、大磯町のサイトによれば、海水を飲む理由はアオバトの食べ物(果実)にナトリウムがほとんど含まれておらず、果実からの栄養分や水分を体内に吸収するために海水吸飲(体内のナトリウム・カリウム濃度を確保)を行っているとありました。大磯の照ヶ崎海岸の岩礁には小さなくぼみがいっぱいあるので、海水がたまりやすくなっていることから、飲みやすく、アオバトたちには好都合になっているようです。  (野鳥のいる風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f6.3 (-2/3) 1/1600 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/14 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(26)

海ほたるからの巨大朝日の眺め (東京湾アクアライン/千葉県 木更津市)

早朝の東京湾アクアラインにやってきました。神奈川県川崎市方面から千葉県木更津市へ向かって東京湾の海底トンネルをくぐり海の上に出てきた場所にある海ほたると呼ばれる海に浮かぶパーキングエリアに車を止めます。この日は快晴の天気が続く連休前半戦ということもあって、素晴らしい満月や朝日が期待できそうです。

絶景探しの旅 - 0579 海ほたるからの巨大朝日の眺め (東京湾アクアライン/千葉県 木更津市)

海ほたるからの巨大朝日の眺め (東京湾アクアライン/千葉県 木更津市)   Photo No.0579

東京湾に沈み行く満月を楽しみます。それまで西の空に黄金色に輝いていた月が白く変わり見えなくなってきました。そろそろ日の出です。すぐに回れ右をしてこれから東から昇る朝日を楽しみます。房総半島の工業地帯の向こうからとても大きな朝日が昇り始めました。大気のレンズ効果もあるのでしょうか。水平線(地平線?)付近で今まで見たことのないつぶれたような大きな楕円形のお日様が見られ、すごい!を連発しながら撮影し続ける私でした。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f6.3 1/200 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/08 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(30)

激しくクロヅルを威嚇するタンチョウ (北海道 鶴居村)


鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリにやってきました。いつものようにたくさんのタンチョウが集まってきています。こちらはタンチョウの数が多いということもあって、これはというシーンに余計な映りこみが発生しやすいといつも感じています。そう思いつつも何故か足を運んでしまうサンクチュアリでの今回の楽しみはクロヅルの撮影。前回の訪問の時に音羽橋で見かけたクロヅルがタンチョウに交じってここにやってきているとのことです。クロヅルは鳥類レッドリストにも載っていて鶴居村でも30年ぶりという珍客なのですが、この日の光景にびっくり。鶴居村でのタンチョウたちとクロヅルの関係は少し悲しくもありました。

絶景探しの旅 - 0500 激しくクロヅルを威嚇するタンチョウ (北海道 鶴居村)

激しくクロヅルを威嚇するタンチョウ (北海道 鶴居村)    Photo No.0500

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリに着いてまず探すのはクロヅルの姿。いないのかな~と探していますが見当たらりません。 どうやら雪原の脇の林に隠れているようです。 しばらく観察していると、クロヅルが真ん中に出てきそうになると、一部のタンチョウたちが威嚇をし林にクロヅルを追いやるという行為を繰り返していました。 私的には、お願いだからひとりぼっちのクロヅルを暖かく迎え入れて欲しいと思うのですが、タンチョウはタンチョウで、種の保存のためでしょうか、似てはいてもどこか違うよそ者の排除を本能的にやっているようにも思えました。

それでもあきらめないクロヅルは嫌がらせをするタンチョウの目を盗んで雪原の餌をついばみに林から出てきました。すると一羽のタンチョウがクロヅルに攻撃を開始、2羽が絡みながら他のタンチョウが映りこまない雪原の丘に躍り出てきました。相手に危害を加えるレベルまでは行かないものの、その時のタンチョウの形相は実に怖いものでした。 この後、クロヅルは再び林の中に押し込まれましたが、14時の餌付けの時間には、嫌がらせ係(?)のタンチョウたちも餌に夢中ということもあって、クロヅルは雪原に出てトウモロコシをしばらくついばむも早々に自ら再び脇の林に入って行きました。  (野鳥のいる風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  548mm相当 f7.1 1/1300 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/19 00:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(16)

北の線路を行くキタキツネ (北海道 浦幌町)


線路の上を行くのは列車だけというわけでもないようです。鉄道のある風景特集は北の大地のSLから、そのまま冬の北海道・道東編に移ります。

絶景探しの旅 - 0496 北の線路を行くキタキツネ (北海道 釧路市)

北の線路を行くキタキツネ (北海道 浦幌町)    Photo No.0496

根室本線(浦幌町直別)の踏み切り付近からです。踏み切りで左右の安全確認をすると、線路の上をまっすぐに歩くキタキツネを発見。その先に車を止め戻ってきて撮りました。物音で振り返るキタキツネです。雪道を歩くより、こちらの方が歩きやすいのかな?   (野生動物のいる風景)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  519mm相当 f5.4 1/320 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/15 00:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(20)

霧氷の雪原を行く 「ルパン三世ラッピングトレイン」 (北海道 標茶町)


鉄道のある風景特集は、雪の北陸から北の大地に飛びます。平昌オリンピックの開幕式に合わせて(?)、待ちに待った道東・釧路にやってきました。 今回もとても短い滞在でしたが、相変わらずのラッキー連発のぎゅっと楽しみが圧縮された素晴らしいひと時を過ごすことができました。 この日の早朝は寒さが半端なく頬に寒さが突き刺さって痛いという感じでした。マフラーも息のかかるところは凍ったりで、オリンピックの行われている平昌エリアと同じような体験ができた気がします。そんな極寒の朝の日の出のひと時を楽しんだ後は、ルパン列車と呼ばれる、「ルパン三世ラッピングトレイン」がこの日は釧路湿原を走るようだという情報をもあり、釧網線(せんもうせん)塘路駅(とうろえき)の近くのエリアに撮影に向かいます。

絶景探しの旅 - 0493 霧氷の雪原を行く 「ルパン三世ラッピングトレイン」 (北海道 標茶町)

霧氷の雪原を行く 「ルパン三世ラッピングトレイン」 (北海道 標茶町)    Photo No.0493

雪原となった冬の釧路湿原の道路に降り立ちました。きれいな霧氷の木々が立ち並び、その絶景が人々の目を楽しませてくれます。この日の釧路地方の天気は、朝のみ晴れで、そのあとは曇りが続く予報です。また日中は温度も暖かくなる予報ということもあって、過ごしやすくなっています。さらに朝の極寒でできた霧氷が、その曇り空のためか、日の光が当たらずに溶けずに長く残っているのです。これはラッキーです。霧氷の木々の間を走るルパン列車の写真が撮れそうな予感です。ここで何でルパン列車なの?という質問も出そうですが、原作者のモンキー・パンチの出身がこのエリアの北海道厚岸郡浜中町ということからだそうです。

しばらくすると列車の走る音が山の向こう側から響いてきます。次の瞬間、山間の丘から顔を出したルパン列車が滑るようにこちらに向かってきます。走るルパン列車が霧氷の木の立ち並ぶ雪原となった釧路湿原を走り過ぎて行きます。冬の道東らしい素晴らしい光景を目の当たりにすることができました。  (鉄道のある風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  250mm相当 f6.3 1/320 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/12 00:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(22)

赤黒く輝く赤銅色の月 ブラッドムーン (東京都 八王子市)


前回に続いて、赤銅色の皆既月食のお月さまの写真です。2018年1月31日の皆既月食はスーパーブルーブラッドムーンと呼ばれる記憶に残るような鮮烈な印象を私たちに与えてくれました。それにしても、翌日の夜は東京でもみぞれの混じる天気のところもありましたので本当にラッキーでした。

絶景探しの旅 - 0483 赤黒く輝く赤銅色の月 ブラッドムーン (東京都 八王子市)

赤黒く輝く赤銅色の月 ブラッドムーン (東京都 八王子市)    Photo No.0483

皆既月食の月は、赤黒いく輝く赤銅色になることが多いそうです。理由を調べてみれば、太陽からの光が地球の影に隠れ、月に直接届かなくなり、満月の輝きを失うことになります。しかしながら、地球の大気を通過する太陽光のうちの波長の長い赤い色だけが月を照らすからだそうです。そして、地球の大気に含まれるチリの量が少ないと多くの光が大気を通り抜けて赤銅色の中でも明るいオレンジ色に近くなり、逆にチリが多いと黒っぽくなるとのことです。中国のPM2.5の影響もあるのでしょうか。今回の皆既月食は肉眼ではかなり濃い色のように感じました。  (神秘の自然現象)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f7.1 1.3s (-2) ISO800 WB 太陽光

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/02 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(26)

月食とスーパーブルーブラッドムーン (東京都 八王子市)


2018年1月31日の朝のNHKのニュースでは東京地方でも薄雲の隙間からスーパーブルーブラッドムーンが見られるかも知れないとのことでした。せっかくの35年ぶりの天体ショーにも関わらず、なんともがっかりの天気予報でしたが・・・。

絶景探しの旅 - 0482 月食とスーパーブルーブラッドムーン (東京都 八王子市)

月食とスーパーブルーブラッドムーン (東京都 八王子市)    Photo No.0482

それがどっこい、皆既月食が始まる頃には雲もなくきれいな夜空となり、お月さまも無事にスタンバイ。ブルームーン(1月2度目の満月)となったスーパームーン(通常より大きな月)が、20時40分過ぎから月の下部からだんだん暗くなってきて、ハイライト時にはブラッドムーン(皆既月食による真っ赤なお月さま)に変わって行きました。この月の3つの現象が重なることがとても奇跡的という「スーパーブルーブラッドムーン」を自宅から見ることができました。 (神秘の自然現象)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当
(左から、以下4カット貼り合わせ) 
まずは欠けを楽しみます。どんどん月が欠けて行きます。
①21時15分 *f8.0 1/160 (-3 1/3) ISO200  WB AUTO
②21時40分 *f6.3 1/30  (-4 2/3) ISO200  WB AUTO
ここからは暗い部分の色合いを楽しもうと思います。
③21時45分 *f7.1 2s ISO200 WB 太陽光
食が最大の頃。赤銅色がきれいです。
④22時30分 *f7.1 1.3s (-2) ISO800 WB 太陽光

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/01 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(26)

雪降る北の大地の守り神 エゾフクロウ (北海道 阿寒郡)


自然の中で生きるフクロウが見たい!と思ってもう何年にもなります。北海道ではそのチャンスが高いと楽しみに出かけることも多いのですが、あちこちで最近はあまり見かけなくなったという話をよく聞きます。北海道を連続して襲った台風以来、特にそんな傾向があるという話も聞きました。そんな中でついに長年の夢がかなう瞬間がやって来たのです。現場に来れば、あ!いる〜、と大感激。嬉しさを抑えて、近寄りすぎず離れた場所から刺激せずに静かにエゾフクロウを見守ります。

絶景探しの旅 - 0453 雪降る北の大地の守り神 エゾフクロウ (北海道 阿寒郡)

雪降る北の大地の守り神 エゾフクロウ (北海道 阿寒郡)   Photo No.0453

雪が降りしきる中、動かず、じっとしているつがいのエゾフクロウです。観察した人の情報として聞いたのは小さい方がオスだそうです。雪が降り続き寒さが増しますがお互いに体を寄せ合えば少しは暖かそうです。また、時々、お互いに毛づくろいなどしてあげるそうですが、そんな話を聞けば寒さも忘れてほのぼのした気分になります。短い時間ではありますが、時々うっすらと目を開けたり閉じたりする姿を感謝しながら眺めさせていただき、早々に引き上げました。   (野鳥のいる風景)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f8 1/500 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/03 00:00 ]   北海道(釧路・道東) | TB(-) | コメント(26)









FC2 Management