明治神宮野球場 (東京都 新宿区)

0260 明治神宮野球場 (東京都 新宿区)

明治神宮野球場 (東京都 新宿区)  Photo No.0260

明治神宮野球場、通称、神宮球場に出かけて来ました。この日は、セパ交流戦最終日でした。対戦は北海道日本ハムファイターズ VS 東京ヤクルトスワローズです。出張と出張の谷間の貴重な1日でしたが、お目当てはもちろん、日ハムの大谷選手で、事前にチケットを入手していましたが、大谷選手の長期故障のため、見ることはありませんでした。13:00雲空の下、プレイボール!照明に灯りも入りました。この日の雨は夕方からの予報だったのですが、予報より早く中盤5回からすごい雨になりました。雨で中断もありましたが、最終回まで試合が行われ、北海道日本ハムファイターズが東京ヤクルトスワローズを6-3で下しました。

この天候のため、温度的には涼しく快適に久しぶりの野球観戦を楽しむことができました。フィッシュアイレンズで、球場のアイドルたちを手前に配置してみました。

LUMIX G7 G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f8 1/250 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/24 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(10)

16mの雪の壁 「雪の大谷」 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0232 16mの雪の壁 「雪の大谷」 (立山黒部アルペンルート富山県 立山町)

16mの雪の壁 「雪の大谷」   Photo No.0232

私を乗せた立山高原バスはどんどんくねくねした山道を登っていきます。室堂近くで、お待たせ「雪の大谷」を通過していきます。窓から外を見るのですが、皆さんバスと一緒に雪の大谷の撮影をしていました。私もバスを降りて雪の大谷に向かいます。この日5月上旬の雪の壁「雪の大谷」の最も高い部分の高さは、なんと16m!見ての通りの迫力です。ホントにフィッシュアイレンズを持って来てよかったです。

ここに来れば、もう気持ちの中ではこの旅は終わりと言っても過言ではありません。生きててよかった・・・。 ちなみに2017年の開通時は19mで、ここ数年、最高は14m~19mですので、この日は結構うれしい高さです。また、この雪の大谷は4月下旬から6月中旬が見所で、雪の上からまるでカンナで木の皮を剥いていくように上から削って道を作って行くようです。ちなみにこの除雪の費用は1.5億円ほどだそうです! (立山黒部アルペンルート)

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f9 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/05/29 05:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(32)

抜けるようなブルーの波打ち際 (池間大橋/沖縄県 宮古島市)

0196 抜けるようなブルーの波打ち際 (池間大橋/沖縄県 宮古島市)

抜けるようなブルーの波打ち際 (池間大橋/沖縄県 宮古島市)  Photo No.0196

いよいよ、今回の宮古島の旅シリーズ最終章です。いったいどれだけ長い間、滞在したのかと思われる方も多いのではと思いますが、実は2泊3日の旅でした。いく先々、あまりの素敵な景色でついたくさん撮影してしまいました。宮古島は綺麗な海の島の中でも群を抜く、まさに日本のお宝のような島だと強く思いました。

これから宮古島に隣接する最も北にある島、池間島(いけまじま)に向かいます。池間島に行くには1.425kmの池間大橋を渡って行くわけですが、渡る前に橋の袂にある展望所に立ち寄りました。とにかく宮古島と周りの島を結ぶ橋はどれも巨大で写真に収め切るのが至難の技です。今回は波打ち際付近まで来て池間大橋と抜けるような綺麗なブルーの海をしっかりと収めてみました。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f13 1/400 ISO200


*次回で一旦、宮古島特集は終了です。最後の1作品もお楽しみに。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/23 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(30)

丸い地球の灯台からのパノラマ風景 (平安名埼灯台/沖縄県 宮古島市)

絶景探しの旅 - 0174 丸い地球の灯台からのパノラマ風景 (平安名埼灯台/沖縄県 宮古島市)

丸い地球の灯台からのパノラマ風景 (平安名埼灯台/沖縄県 宮古島市) Photo No.0174

宮古島の東平安名岬(ひがしへんなざき)のランドマーク、平安名埼灯台(へんなさきとうだい)からの風景はいかがでしたでしょうか。最後にもう1枚、灯台の真上からの眺めをフィッシュアイで捉えた作品で締めくくりたいと思います。左に津波岩、上に珊瑚礁のサークルなど灯台からの様子がよくわかるかと思います。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f7.1 1/640 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/01 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(20)

神秘な二つの池 名勝・天然記念物「通り池」 (沖縄県 宮古島市 下地島)

絶景探しの旅 – 0158 神秘な二つの池 名勝・天然記念物「通り池」 (沖縄県 宮古島市 下地島)

「絶景探しの旅」  神秘な二つの池 名勝・天然記念物「通り池」 (沖縄県 宮古島市 下地島)  Photo No.0158

ややこしい話になりますが、宮古島(みやこじま)に到着して、伊良部大橋を利用して伊良部島(いらぶじま)に渡り、そこから隣接する下地島(しもじじま)にやってきました。

この下地島には北部の海岸近くに、海側と陸側の二つの池を合わせて、「通り池」 という池がありまして、2006年に国の名勝及び天然記念物に指定されました。海側の池(直径75m、水深45m)と陸側の池(直径55m、水深25m)の二つの池は地下でつながり、海側の池は洞穴で海と通じていることから、「通り池」という名が付いたそうです。そのため、潮の干満につれて水面が上下し、池の中のサーモクライン(水温の温度差)などによって色が変化して見える神秘的な景観が人気のスポットです。

こういうときに上空から二つの池を同時に撮れるドローンでもあればと思うのですが、持ってもいませんので、フィッシュアイレンズで陸側の池を撮ってみました。この日の池の色は深緑のように見えたり、空の色や雲を映した影の部分が青く見えたりと、とても神秘的な色合いを楽しむことができました。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f7.1 1/250 ISO200

通り池   上空から見た「通り池」


本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/16 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(22)

エメラルド色の海の島 (沖縄県 宮古島上空)

絶景探しの旅 - 0156 エメラルド色の海の島 (沖縄県 宮古島上空)

「絶景探しの旅」  エメラルド色の海の島 (沖縄県 宮古島上空)  Photo No.0156

私を乗せた飛行機の目的地は沖縄県の宮古島です。この日は空から富士山がきれいに見えて、これは運がいいことが起きるんじゃないかと思っていたら、週間天気予報では曇りの予想だった宮古島は青空が広がるいい天気となっています。途中の沖縄本土上空は雲に覆われ、こちらも直前まで、辺り一面の雲り空でしたので、なんともラッキーです。

宮古島上空に来て、窓の外から見える景色は、エメラルド色の海。思わず、吸い込まれそうになります。これを宮古ブルーというのでしょうか。いきなりの青い海と青空のお出迎えにかなり興奮気味。夏本番前の春の宮古島を楽しもうと思います。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f8 1/400 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/14 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(22)

朝日を越える! (多摩川/東京都 立川市)

絶景探しの旅 - 0104 朝日を越える! (多摩川/東京都 立川市)

絶景探しの旅」 朝日を越える! (多摩川/東京都 立川市) Photo No.0104

日の出と中央線の写真を撮ろうと夜明け前の真っ暗な細道を歩いてやって来た多摩川の河原です。すでに3名ほど現場の河原にて折りたたみ椅子に座る人たちが目の先にいます。当初、暗闇の中、釣り人だとばかり思っていましたがいずれにせよ、その三人を画像から排除するように奥の方に下がって構図を決め、撮影準備を始めたのはいいのですが、目の前に次から次へと人がやって来ます。ええ~っ!私の構図に人々が入って、自分の作画イメージを修正し、端の位置に移動することにしました。空が少しずつ明るくなり、集まってきた皆さんの目的が撮影ということが判明です。同趣味なら皆で楽しみを分かち合いたいですよね。

それにしても今まで、この場所に数人いるのは経験があるのですが、ここまでは見たことがありません。いい天候なのでたまたまでしょうか、固まって撮っていらっしゃるので写真サークルの撮影会なのかはでしょうか。標準系レンズの他、長玉の人たちもいて何の写真を撮るのだろうかと見ていたら、皆さん、中央線の電車が来る度にシャッターを押している人もいますので私と同じような人もいるようです。私は河川端の氷の位置にいたため、昨日の1枚のような作品を得ることができました。そして、日の出の時間になって雲がどんどん増え始めたものの、こちらも作戦変更、魚眼レンズ使用で楽しむことにしました。ちょっとした不運をラッキーにかえることができた寒い朝の出来事でした。  (鉄道のある風景)

LUMIX G7 G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f6.3 1/400 ISO200

多摩川撮影の現場

この日は他の方の画に入り込まないようにすると共に、私の魚眼の視野が180度ですので、左右の真横の人たちが入らないように前のめりで腕伸ばしで苦労の上の1枚となりました。日の出とともに皆さんがあっという間に帰っていきましたので日の出と電車と思っているのですが、本当のターゲットはわかりません。でもきっと皆さんも思い思いのイメージの1枚をモノにできたことと思います。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/21 05:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(14)

桜色に輝く新宿駅西口 (東京都 新宿区)

絶景探しの旅 - 0101 桜色に輝く新宿西口 (東京都 新宿区)

絶景探しの旅」 桜色に輝く新宿駅西口 (東京都 新宿区) Photo No.0101

「この色は何?!ちょっと下品よね~。」 西口を訪れた年配の奥様方の声が聞こえてきます。なんと新宿駅の西口がピンク色に染まっているのです。こちらのカラフルな外壁は、小田急百貨店や小田急ハルクのビルのライティングの演出のようです。このライティングを下品と感じるのは、おそらく近隣の歌舞伎町の影響を受けているのかも知れません。私もこのピンクの照明演出を最初見たときは、一瞬そのように思ったものの、今はまるで桜の季節が来たようで、カラフルでいいんじゃないのと思ったりしています。寒波到来の日々ですが、皆さんより一歩お先に春を感じさせるような夜桜を堪能させていただきました。

LUMIX G7 G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f16 1.0s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/18 05:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(14)

西新宿サインリング (東京都 新宿区)

絶景探しの旅 - 0099 西新宿サインリング(東京都 新宿区)

絶景探しの旅」 西新宿サインリング (東京都 新宿区) Photo No.0099

映画 「君の名は」では、新宿区内の各所が美しいアニメーション画像で大画面に映し出されていました。そして、その中でもこちらの道路に浮かぶ大きなリング状オブジェの「西新宿サインリング」も幾度となく美しく描き出されていました。西新宿サインリングは新都心として動き始めた新宿を象徴するようなオブジェと聞いています。このリングは交差点の上に少し芯をずらしたように浮かぶように設置されていまして、信号、街灯、行き先表示なども取り付けられていて、とても印象的なものです。今回は、高層ビルとともにサインリングの夜景に挑戦。いつものように手持ちでの撮影となりました。

数日間にわたって映画 「君の名は」の登場の場所をご紹介しました。映画にはこの他にも都内の場所がたくさん登場します。この作品には二人の主人公が登場しまして、女子高校生の主人公の宮水三葉(みやみず みつは)は地方の美しい山村(岐阜県糸守町)に住み、男子高校生の主人公の立花瀧(たちばな たき)は都心の東京タワーが見える街に住んでいる設定です。画面いっぱいに山村と都会の風景が交互に対比的にきれいに映し出されていまして、今まではただ通り過ぎるだけの場所の見所再発見の機会を与えてくれたことに感謝したいと思います。  *映画に登場の諏訪湖・新宿新都心の風景を紹介の「君の名は」風景シリーズはこちらでいったん終わります。

LUMIX G7 G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f8 0.5s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/16 05:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(18)









FC2 Management