迎賓館赤坂離宮 白い門の秘密 (東京都 港区)


先日、東京赤坂の迎賓館の解放時に建物内部の見学に行ってきました。残念ながら館内は撮影禁止。格式高い館内は素晴らしさを感じることあるとともに、西洋文化をかじろうとしていた明治の頃の日本を感じることができました。そして、たくさんある部屋には、その場所で何が行われたかがわかるようにと最新の写真展示などがありました。トランプ大統領の訪問時の写真もあって、その場の雰囲気を想像するのも楽しいひと時でした。ちなみに建物やお庭の噴水の撮影はOKなのですが、この日は雲ひとつない青空で写真を撮るにはちょっと残念な日でもありました。

絶景探しの旅 - 0502 赤坂迎賓館の白い門 (東京都 港区)

迎賓館赤坂離宮 白い門の秘密 (東京都 港区)    Photo No.502

こちらは赤坂迎賓館の正面と呼ばれている白い門です。太陽の輝きと門の影を取り込みながらフィッシュアイでデフォルメ写真を撮って見ました。本来はここが入り口なのですが、館内見学者はこの門の脇が見学コースの出口となります。さてこちらの門についてですが、明治42年(1909年)に建設された、およそ110年の歴史の門のようです。見れば見るほど細部にまで凝ったものだとわかりますが、その当時の日本人が考えたにしてはちょっとセンスが違うような気もします。気になって調べて見ましたら、迎賓館便りに宮内庁宮内公文書館に残る建設時の資料から判明したという、その秘密が記されていました。

この写真に写る菊の紋章を掲げた正面扉と両脇の小扉の部分は、明治39年8月にパリの装飾鉄製品の会社シュワルツ・ミューラー (Schwartz & Meurer)社から購入したことがわかったそうです。当時のデザイン画には、採用されたもののほかに、両脇に騎士の乗ったデザイン の哨舎が付いているものもあったとことです。また資料からは、同じくパリのバルダン社(L.Bardin)との2社コンペであったことがわかっているそうです。改めてこの門を見れば、なるほどと納得のデザインです。そして今の時代でも日本人にはちょっと無理なデザインのようにも感じました。 *ご注意-写真は魚眼での撮影です。実際は四角い門です。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f7.1 1/2000 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/21 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(16)

樹海の主に遇う (青木ヶ原樹海/山梨県 鳴沢村)

絶景探しの旅 - 0398 樹海の主に遇う (青木ヶ原樹海/山梨県 鳴沢村)

樹海の主に遇う (青木ヶ原樹海/山梨県 鳴沢村)  Photo No.0398

樹海の中に入り歩道を歩きます。なだらかな坂を上っていけば、そこに広い空間があり、大きな木が、その空間の中央に鎮座していました。その存在感はまるでこの樹海の主のようにも感じます。雨がしとしとと降り続く中、主が私に何かを語りかけてくるようです。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f3.5 1/200 ISO400

写真ライフ2017冬号 ■写真誌掲載 写真ライフ2018冬号 (No.111号) / 株式会社日本写真企画発行

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/11/09 00:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(12)

雲海の向こう側 (白山白川郷ホワイトロード/岐阜県 白川村)

絶景探しの旅 - 0329 雲海の向こう側 (白山白川郷ホワイトロード/岐阜県 白川村)

雲海の向こう側 (白山白川郷ホワイトロード/岐阜県 白川村)   Photo No.0329

石川県と岐阜県の県境をちょうど過ぎた岐阜県側にある白山白川郷ホワイトロードの最高地点(標高1,450m)の三方岩駐車場に車を停車させました。岐阜県側を眺めようとすれば、どんどん辺りが雲海に包まれて行きます。停めた時は、適度な霧が発生した状態で、霧と青空と山々のバランスが絶妙な撮影タイミングだったのですが、カメラを取り出して、撮影条件設定や構図決めなどをやっているうちにあっという間に、辺りが雲海に包まれました。

かなり焦りつつも、かろうじて向こう側の山々の1枚を押さえましたが、時すでに遅しという感じでしょうか。さらにこの1枚のあとは辺りは何も見えない真っ白な景色となりました。山の天気は変わりやすいものとは聞いていましたがこんなに早く変わることもあるものなのですね。

LUMIX GX7MK2 G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f4.5 1/640 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/09/01 00:00 ]   岐阜 | TB(-) | コメント(16)

天空へと続く道 「白山白川郷ホワイトロード」 (石川県 白山市)

絶景探しの旅 - 0328 天空へと続く道 「白山白川郷ホワイトロード」 (石川県 白山市)

天空へと続く道 「白山白川郷ホワイトロード」 (石川県 白山市)   Photo No.0328

初夏から秋の間にだけ利用することができる石川県南部から岐阜県の白川郷や飛騨高山地方へと抜ける、秘密(?)の超・近道があります。それが白山白川郷ホワイトロード(旧白山スーパー林道)と呼ばれる、標高600m~1450m、全長33.3km、巾員6.5mの完全舗装された有料の山岳道路です。

この日、朝一番7:00の石川県側のゲート開門時間に合わせてやってきました。朝一番はさすがに車も少なくマイペースであちこちをゆっくり眺めながらの走行が可能です。道路脇にはいくつも名滝がありまして、訪れる人たちの目を楽しませています。もちろん、こちらも来るなら秋が一番最高だと思います。私の運転する車はもうすぐで最高標高ポイント1450mに近づきます。車を道路脇に止め、来た道を振り返れば、それはもう天空へと続く道のようでした。

LUMIX GX7MK2 G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f4.5 1/125 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/08/31 00:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(10)

明治神宮野球場 (東京都 新宿区)

0260 明治神宮野球場 (東京都 新宿区)

明治神宮野球場 (東京都 新宿区)  Photo No.0260

明治神宮野球場、通称、神宮球場に出かけて来ました。この日は、セパ交流戦最終日でした。対戦は北海道日本ハムファイターズ VS 東京ヤクルトスワローズです。出張と出張の谷間の貴重な1日でしたが、お目当てはもちろん、日ハムの大谷選手で、事前にチケットを入手していましたが、大谷選手の長期故障のため、見ることはありませんでした。13:00雲空の下、プレイボール!照明に灯りも入りました。この日の雨は夕方からの予報だったのですが、予報より早く中盤5回からすごい雨になりました。雨で中断もありましたが、最終回まで試合が行われ、北海道日本ハムファイターズが東京ヤクルトスワローズを6-3で下しました。

この天候のため、温度的には涼しく快適に久しぶりの野球観戦を楽しむことができました。フィッシュアイレンズで、球場のアイドルたちを手前に配置してみました。

LUMIX G7 G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f8 1/250 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/24 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(10)

16mの雪の壁 「雪の大谷」 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0232 16mの雪の壁 「雪の大谷」 (立山黒部アルペンルート富山県 立山町)

16mの雪の壁 「雪の大谷」   Photo No.0232

私を乗せた立山高原バスはどんどんくねくねした山道を登っていきます。室堂近くで、お待たせ「雪の大谷」を通過していきます。窓から外を見るのですが、皆さんバスと一緒に雪の大谷の撮影をしていました。私もバスを降りて雪の大谷に向かいます。この日5月上旬の雪の壁「雪の大谷」の最も高い部分の高さは、なんと16m!見ての通りの迫力です。ホントにフィッシュアイレンズを持って来てよかったです。

ここに来れば、もう気持ちの中ではこの旅は終わりと言っても過言ではありません。生きててよかった・・・。 ちなみに2017年の開通時は19mで、ここ数年、最高は14m~19mですので、この日は結構うれしい高さです。また、この雪の大谷は4月下旬から6月中旬が見所で、雪の上からまるでカンナで木の皮を剥いていくように上から削って道を作って行くようです。ちなみにこの除雪の費用は1.5億円ほどだそうです! (立山黒部アルペンルート)

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f9 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/05/29 05:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(32)

抜けるようなブルーの波打ち際 (池間大橋/沖縄県 宮古島市)

0196 抜けるようなブルーの波打ち際 (池間大橋/沖縄県 宮古島市)

抜けるようなブルーの波打ち際 (池間大橋/沖縄県 宮古島市)  Photo No.0196

いよいよ、今回の宮古島の旅シリーズ最終章です。いったいどれだけ長い間、滞在したのかと思われる方も多いのではと思いますが、実は2泊3日の旅でした。いく先々、あまりの素敵な景色でついたくさん撮影してしまいました。宮古島は綺麗な海の島の中でも群を抜く、まさに日本のお宝のような島だと強く思いました。

これから宮古島に隣接する最も北にある島、池間島(いけまじま)に向かいます。池間島に行くには1.425kmの池間大橋を渡って行くわけですが、渡る前に橋の袂にある展望所に立ち寄りました。とにかく宮古島と周りの島を結ぶ橋はどれも巨大で写真に収め切るのが至難の技です。今回は波打ち際付近まで来て池間大橋と抜けるような綺麗なブルーの海をしっかりと収めてみました。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f13 1/400 ISO200


*次回で一旦、宮古島特集は終了です。最後の1作品もお楽しみに。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/23 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(30)

丸い地球の灯台からのパノラマ風景 (平安名埼灯台/沖縄県 宮古島市)

絶景探しの旅 - 0174 丸い地球の灯台からのパノラマ風景 (平安名埼灯台/沖縄県 宮古島市)

丸い地球の灯台からのパノラマ風景 (平安名埼灯台/沖縄県 宮古島市) Photo No.0174

宮古島の東平安名岬(ひがしへんなざき)のランドマーク、平安名埼灯台(へんなさきとうだい)からの風景はいかがでしたでしょうか。最後にもう1枚、灯台の真上からの眺めをフィッシュアイで捉えた作品で締めくくりたいと思います。左に津波岩、上に珊瑚礁のサークルなど灯台からの様子がよくわかるかと思います。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f7.1 1/640 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/01 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(20)

神秘な二つの池 名勝・天然記念物「通り池」 (沖縄県 宮古島市 下地島)

絶景探しの旅 – 0158 神秘な二つの池 名勝・天然記念物「通り池」 (沖縄県 宮古島市 下地島)

神秘な二つの池 名勝・天然記念物「通り池」 (沖縄県 宮古島市 下地島)  Photo No.0158

ややこしい話になりますが、宮古島(みやこじま)に到着して、伊良部大橋を利用して伊良部島(いらぶじま)に渡り、そこから隣接する下地島(しもじじま)にやってきました。

この下地島には北部の海岸近くに、海側と陸側の二つの池を合わせて、「通り池」 という池がありまして、2006年に国の名勝及び天然記念物に指定されました。海側の池(直径75m、水深45m)と陸側の池(直径55m、水深25m)の二つの池は地下でつながり、海側の池は洞穴で海と通じていることから、「通り池」という名が付いたそうです。そのため、潮の干満につれて水面が上下し、池の中のサーモクライン(水温の温度差)などによって色が変化して見える神秘的な景観が人気のスポットです。

こういうときに上空から二つの池を同時に撮れるドローンでもあればと思うのですが、持ってもいませんので、フィッシュアイレンズで陸側の池を撮ってみました。この日の池の色は深緑のように見えたり、空の色や雲を映した影の部分が青く見えたりと、とても神秘的な色合いを楽しむことができました。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f7.1 1/250 ISO200

通り池   上空から見た「通り池」


本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/16 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(22)

エメラルド色の海の島 (沖縄県 宮古島上空)

絶景探しの旅 - 0156 エメラルド色の海の島 (沖縄県 宮古島上空)

エメラルド色の海の島 (沖縄県 宮古島上空)  Photo No.0156

私を乗せた飛行機の目的地は沖縄県の宮古島です。この日は空から富士山がきれいに見えて、これは運がいいことが起きるんじゃないかと思っていたら、週間天気予報では曇りの予想だった宮古島は青空が広がるいい天気となっています。途中の沖縄本土上空は雲に覆われ、こちらも直前まで、辺り一面の雲り空でしたので、なんともラッキーです。

宮古島上空に来て、窓の外から見える景色は、エメラルド色の海。思わず、吸い込まれそうになります。これを宮古ブルーというのでしょうか。いきなりの青い海と青空のお出迎えにかなり興奮気味。夏本番前の春の宮古島を楽しもうと思います。

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f8 1/400 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/14 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(22)









FC2 Management