映し出される心 金銅弥勒菩薩半跏思惟像 (国立中央博物館/韓国 ソウル)

芸術品つながりということで、韓国・ソウルに飛びます。やって来たのはソウル市龍山区二村洞にある国立中央博物館です。前回の写真の時に話題に出た俵屋宗達の国宝 「風神雷神図屏風」ですが、国宝登録番号は48のようです。やはり素晴らしい作品は番号が若いですね。となると気になるのは国宝登録番号1は何かですよね。1号は皆さんご存知の京都・広隆寺の「木造弥勒菩薩半跏像」でして、飛鳥時代(592~710年)頃の作品だそうです。とても素晴らしい作品で、その微笑みのたたずまいは人々の心を魅了してやみません。それと同じようなものがソウルの国立中央博物館にも所蔵されています。こちらは高句麗、百済、新羅の三国時代(紀元前1世紀から紀元後7世紀)の金銅製のもので、韓国でも国宝83号に指定されています。

0620 映し出される心 金銅弥勒菩薩半跏思惟像(国立中央博物館 韓国 ソウル)

映し出される心 金銅弥勒菩薩半跏思惟像 (国立中央博物館/韓国 ソウル)   Photo No.0620

韓国でも「金銅弥勒菩薩半跏思惟像」もかなり貴重なようで、私が訪ねたときも広くて暗い部屋にこれ1体のみの展示でした。ガラスケースに入れての展示でしたが、横に回った時に見たガラスに映し出されている弥勒菩薩半跏思惟像の様子が、まるで悟りの心を映し出しているようにも感じられました。  (世界の芸術品)

SONY α77 70-300mm F4.5-5.6G SSM 105mm相当 f4.5 1/6 ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/18 00:00 ]   韓国(ソウル) | TB(-) | コメント(20)

かすむ大地の国後富士 「爺爺岳」 (北海道 羅臼町)

知床半島の先端部にある羅臼町から船に乗り沖合に出ています。この日は今回の最大の目的のシャチを見るためにやってきたのですが、3日ほど前に目撃されていたシャチは見られず残念な結果になってしまいました。この日の成果はツチクジラの群れだけでした。シャチは国後と羅臼との中心ラインを越えて向こう側に行っているのではないかとのことです。さすがに現状ではそのラインは越えられないとのことでした。しかし、結果的には、国後島にかなり近づくことができ、それだけでも大満足でした。それにしても空の天気も面白くて、国後側は雲もない快晴で、北海道羅臼側は依然雲に包まれているという状態でした。

絶景探しの旅 - 0597 かすむ大地 国後富士 「爺爺岳」 (北海道 羅臼町)

かすむ大地の国後富士 「爺爺岳」 (北海道 羅臼町)   Photo No.0597

北方領土「国後島」の山々で気になっていたのがこの不思議な形をした爺爺岳(ちゃちゃだけ)です。標高は1,822mだそうです。噴火が終わった山に、時間をおいてからまた噴火が起きてこうなったのでしょうか。冬の冠雪時は富士山のようにも見えることから国後富士とも呼ばれているそうです。海の上から見る「爺爺岳」もかすんで見えて、そこにある山に簡単に行くことができないもどかしさと重なるようでした。  

SONY α99Ⅱ 70-300mm F4.5-5.6G SSM 300mm f5.6 1/4000 (-1) ISO400 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/26 05:00 ]   北海道(オホーツクエリア) | TB(-) | コメント(18)

北方領土「国後島」を望む (北海道 羅臼町)

知床半島の先端部にある羅臼町に入りました。海岸線の道路を走ります。羅臼では至る所から今はロシアに実行支配されている北方領土「国後島」を見ることができます。

絶景探しの旅 - 0596 国後島を望む (北海道 羅臼町)

北方領土「国後島」を望む (北海道 羅臼町)   Photo No.0596

Wikipediaによりますと、国後島の島の名前の由来は、アイヌ語の「クンネ・シリ(黒い・島→黒い島)」または、「キナ・シリ/キナ・シル(草の・島→草の島)」からではないかとされているそうです。この島に先住していたアイヌ人はアイヌ語で「クナシル」と呼んでおり、日本語名「国後島」もロシア語名「」クナシル島」も国際標記「Kunashir」もこれに起源を持つとのことです。  (野鳥のいる風景)

SONY α99Ⅱ 70-300mm F4.5-5.6G SSM 70mm f8 1/1600 ISO400 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/25 05:00 ]   北海道(オホーツクエリア) | TB(-) | コメント(28)

神宿る聖地 カムイ・ワタラ (帽子岩/北海道 網走市)

滞在中の網走は雨や雲の予報です。そんなこともあって、朝はダメでもダメージの低い近場で撮る作戦としました。前日から雨雲レーダーを見ていると雨雲は網走より南の方を動いており、網走エリアでは必ずしも天気予報の通りにはならないのではという予感もありますし、雨や曇りの日でも朝夕に焼けたことを何度か体験しています。念のために日の出時刻の30分ほど前のAM3:00に目覚ましをセットして寝ました。深い眠りから起こされ目を覚ますと、やはり空が明らんで来ています!急いで宿泊先を飛び出して、オホーツク海に面した網走港の道の駅に向かいます。

絶景探しの旅 - 0594 神宿る聖地 ワカムイ・ワタラ (帽子岩/北海道 網走市)

神宿る聖地 カムイ・ワタラ (帽子岩/北海道 網走市)   Photo No.0594

こちらは「帽子岩」と呼ばれる高さ40mほどの大きな岩です。朝日デジタルの記事によれば、ここは元来アイヌたちの神聖な場所で、「カムイ・ワタラ(神の岩)」 呼ばれていたとのこと。そんなことから、現在も帽子岩と併記で「渡良岩(わたらいわ)」と表記されることもあるそうです。そして、この岩はアイヌ語で「チパ・シリ」(幣場〈ぬさば〉のある場所)とも呼ばれ、アイヌたちが、明けに沖へ猟に出る前に岩に登って祈りを捧げていたとのことです。このチバシリという呼び名こそが網走の語源になったとのではとの説もあるようです。 誰もいない静かな時間にそんな神聖なるアイヌたちの祈りのシーンを思い浮かべながら、帽子岩と水平線の焼けを眺めていました。  (野鳥のいる風景)

SONY α99Ⅱ 70-300mm F4.5-5.6G SSM 230mm f8 1/200 (-1) ISO800 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/23 05:00 ]   北海道(オホーツクエリア) | TB(-) | コメント(22)

朝焼けの土佐湾 (高知市 高知市)

絶景探しの旅 - 0406 朝焼けの土佐湾 (高知市 高知市)

朝焼けの土佐湾 (高知市 高知市)   Photo No.0406

土佐湾の支湾のひとつである浦戸湾付近にやってきました。高知の日の出と言えば桂浜ということで、高知市内からおよそ20~30分かけて桂浜に早朝やってきましたが、なんと桂浜に行くための公園のゲートがしっかり閉まっていまして、中に入ることができません。何とも残念なことになりました。う~ん、早朝解放は初日の出の時だけなのかな?!しかし、せっかく海までやってきましたので、桂浜からも近い海岸線の道路沿いの駐車場に車を止め、夜明け前から夜明けの土佐湾の風景を楽しむことにしました。

真っ暗なうちに到着したのですが、撮影準備をしているうちに、空が焼けながらどんどん明るくなってきます。漁船の灯りだけが目立っていた海の上でしたが、気が付けば船の影が光の中に浮き出してきました。よく見ると、シラス漁でしょうか、小さな2隻の船が並走してゆっくり動きながら網を引いて行く様子も見ることができました。

SONY α77Ⅱ 70-300mm F4.5-5.6G SSM 315mm相当 f8 1/20 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/11/17 00:00 ]   四国 | TB(-) | コメント(22)

日の出の光に包まれるイスラム寺院 (韓国 ソウル)

絶景探しの旅 - 0390 日の出の光に包まれるイスラム寺院(韓国 ソウル)

日の出の光に包まれるイスラム寺院 (韓国 ソウル)  Photo No.0390

イスラムの朝はコーランから始まる印象があります。こちらは、まるでイスラムの国の朝のひと時に見えますが、こちらはお隣の国、韓国・ソウルの外国人たちが多く住み集う、龍山区(ヨンサング)の梨泰院(イテウォン)という街に大きなイスラム寺院があります。小高い丘の上にそびえるそのイスラムのモスクが今、上り始めたばかりの朝の光に包まれています。

SONY α55 70-300mm F4.5-5.6G SSM 450mm相当 f5.6 1/500 ISO160

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/11/01 00:00 ]   韓国(ソウル) | TB(-) | コメント(20)

霧に浮かぶ大鳴門橋 (徳島県 鳴門市)

絶景探しの旅 - 0333 霧に浮かぶ鳴門大橋 (徳島県 鳴門市)

霧に浮かぶ大鳴門橋 (徳島県 鳴門市)   Photo No.0333

この日は天気も回復し、晴れの予報です。早朝から徳島・鳴門市にやってきました。MAPでチェックして鳴門海峡に架かる大鳴門橋がよく見える場所にやってきたはずなのに、大鳴門橋がありません。あれっ、って感じです。そのとき、うすらうすら何かが空から見えたり隠れたりしているのに気がつきました。あれは蜃気楼?!

そうなのです。海の上に霧がかかっていまして、その霧の一部から大鳴門橋がかすかに見えているのです。しばらくして橋はまた霧に包まれ見なくなりました。たぶん、かなり後に霧が完全に抜ける瞬間があるのだと思います。ここで粘れば間違いなくもっと霧と橋の絡んだいい写真が撮れるはず。そうは思うのですが、この日は“あるものの時間”にあわせて移動スケジュールを決めています。名残惜しいですが、こんな幻想的な景色を見れたことに感謝し、こちらを離れます。

SONY α99 70-300mm F4.5-5.6G SSM 250mm f8 1/250 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/09/05 00:00 ]   四国 | TB(-) | コメント(16)

霧の丘に昇る (北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0313 霧の丘に昇る (北海道 美瑛町)

霧の丘に昇る (北海道 美瑛町)  Photo No.0313

霧の美瑛からの1枚を連日ご紹介させていただいています。車で道を走っていると見上げた丘の木の向こうが眩しく輝いています。霧の向こうにお日様がどんどん昇っているのです。肉眼ではお日様の輪郭が見える実にダイナミックな光景です。お日様の輪郭を収めるために設定条件をいろいろ調整しながらの撮影でした。

SONY α77Ⅱ 70-300mm F4.5-5.6G SSM 202mm相当 f7.1 1/8000 (-5) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/08/16 00:00 ]   北海道(美瑛・富良野) | TB(-) | コメント(12)

霧の朝 (北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 0311 霧の朝 (北海道 美瑛町)

霧の朝 (北海道 美瑛町)  Photo No.0311

美瑛では昼夜の寒暖差で早朝に霧や靄が発生しやすいと聞きました。うっすらとした霧のベールを見るのもとても楽しみだったりします。睡眠時間不足に弱い私ですが、この早朝のドラマを楽しもうと睡眠時間もわずかに再び早朝の美瑛の丘にやって来ました。この日は特別に霧が強く出ていて撮影の条件的には厳しいのですが、それでも微かに見える木々や丘にかぶる薄い羽衣のような霧に美瑛のスーッとした空気感に興奮しながら撮影活動スタートです。

SONY α77Ⅱ 70-300mm F4.5-5.6G SSM 240mm相当 f7.1 1/250 ISO160

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/08/14 00:00 ]   北海道(美瑛・富良野) | TB(-) | コメント(12)

マジックアワーの東京タワーと六本木ヒルズ (東京都 港区)

絶景探しの旅 - 0266 マジックアワーの東京タワーと六本木ヒルズ (東京都 港区)

マジックアワーの東京タワーと六本木ヒルズ (東京都 港区)  Photo No.0266

浜松町からのマジックアワーの頃の東京タワーの風景です。日没と同時に点灯が始まりました。スカイツリーが出来ても東京タワーもまだまだ存在感がいっぱいです。これから奥の六本木ヒルズとともに東京の夜景をきれいに飾ってくれます。

SONY α99 70-300mm F4.5-5.6G SSM 70mm f4.5 1/100 ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/30 00:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(20)









FC2 Management