珊瑚礁の海に浮かぶ「津波岩」 (東平安名岬/沖縄県 宮古島市)

絶景探しの旅 - 0168 珊瑚礁の海に浮かぶ 「津波岩」 (東平安名岬/沖縄県 宮古島市)

珊瑚礁の海に浮かぶ 「津波岩」 (東平安名岬/沖縄県 宮古島市) Photo No.0168

宮古島の絶景の人気スポット、東平安名岬(ひがしへんなざき)にやってきました。こちらは島の最東端にあるだけでなく、道が一本程度の細長い突き出しが2kmも続く、珍しい地形にもなっています。そしてその最先端には平安名埼灯台(へんなさきとうだい)があります。駐車場に車を止めて、先端の灯台まで歩きます。

歩き始めたときに珊瑚の海を見てびっくり!そこには、大きな岩がいくつか固まってまるで珊瑚の海に浮かんでいるような風景が広がります。 調べてみたら、この岩は1771年(江戸時代中期の明和8年)の「明和の大津波」で打ち上ったものだと言われ、「津波岩」と呼ばれているとありました。 つまり、江戸時代にはすでに宮古島で起きていることは日本に知らされていたということですね。東平安名岬に着いていきなり眼下に広がる巨大岩が珊瑚にのっかかるというあまりの珍しい風景に見とれてしばし眺め続けていました。

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 28mm 1/60 f11 ISO100 PL

東平安名崎  東平安名崎 (ひがしへんなざき)


本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/26 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(18)

サトウキビ畑と青い空 (沖縄県 宮古島市)

絶景探しの旅 - 0167 さとうきび畑と青い空 (沖縄県 宮古島市)

サトウキビ畑と青い空 (沖縄県 宮古島市) Photo No.0167

宮古島はサトウキビ畑がいっぱい。大きくなったら刈って、また植えてを年中繰り返しているんでしょうね。道を走れば、道路には刈り入れた山盛りのサトウキビを荷台に積んで工場に運向かう大きなトラックがいっぱい走ります。そんなこともあって、荷台から落ちたサトウキビの破片が道によく落ちているのですが、落ちたサトウキビを後続の車がタイヤで踏むたびに甘いいい香りがあたりに広がったりします。

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 35mm 1/125 f11 ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/25 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(22)

オレンジの空と宮古ブルーな水平線 (砂山ビーチ/沖縄県 宮古島市)

絶景探しの旅 - 0164 オレンジの空と宮古ブルーな水平線 (砂山ビーチ/沖縄県 宮古島市)

オレンジの空と宮古ブルーな水平線 (砂山ビーチ/沖縄県 宮古島市) Photo No.0164

砂浜に映し出された空の雲が満ち潮の波で少しずつ打ち消されていきます・・・。そろそろ砂山ビーチに日没が迫りますが、こんな赤い夕日の時なのに、それでも海や波は悔しいほどにコバルトブルーのまま・・・。宮古ブルー、あまりにも素敵過ぎます・・・。

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm 1/50 f11 ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/22 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(20)

満ち潮の鏡の砂浜 (砂山ビーチ/沖縄県 宮古島)

絶景探しの旅 - 0163 満ち潮の鏡の砂浜 (砂山ビーチ/沖縄県 宮古島)

満ち潮の鏡の砂浜 (砂山ビーチ/沖縄県 宮古島)  Photo No.0163

夕暮れ時が近づくにつれ、砂浜の色もオレンジの光を受け微妙に変わっていくとともに、満ち潮に向かって波が寄せながら浜辺を徐々に濡らしていきます。そして、そのキメの細かい砂のビーチに海水が残れば、まるで鏡のように人々や空、周りの崖を映し出していきます。 刻々変わりゆくその風景は多くの人々に驚きと感動を与えてくれます。

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm 1/160 f8 ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/21 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(16)

アーチ岩と夕日 (砂山ビーチ/ 沖縄県 宮古島)

絶景探しの旅 - 0162 アーチ岩と夕日 (砂山ビーチ / 沖縄県 宮古島)

アーチ岩と夕日 (砂山ビーチ/ 沖縄県 宮古島)  Photo No.0162

今回は砂山ビーチのアーチ岩の間からの夕日はどこをどう粘っても無理な時期でした。とはいうものの、やはりアーチ岩と夕日の組み合わせを撮りたいと思います。引いて撮るとあまりにもたくさんの人々が写り込みますので、アーチの外側を少しいただいて、きれいな空・海・砂浜との組み合わせでこんなふうに仕上げてみました。

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm 1/400 f8 ISO80 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/20 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(26)

隆起サンゴの天然のアーチ岩 (砂山ビーチ / 沖縄県 宮古島市)

絶景探しの旅 - 0161 隆起サンゴの天然のアーチ岩 (砂山ビーチ 沖縄県 宮古島)

隆起サンゴの天然のアーチ岩 (砂山ビーチ 沖縄県 宮古島)  Photo No.0161

海の中の散策を終え、夕暮れ時を楽しもうとやって来たのは、宮古島の北部にある砂山ビーチ。余裕を持って、日没の1時間以上前にやってきました。駐車場に車を止め、まずは白くてとてもキメの細かい砂の丘の道を越えるのですが、サラサラがすごくてアリ地獄に落ちたような感じ。わずかな距離なのに歩くのに骨が折れます。そのために、砂山ビーチと呼ばれるのかも?!

小さな丘の道を越えてようやくたどりついた世界は、まるで別世界。そこに広がるのは真っ白な砂浜に信じられないほどのきれいなブルーの海。それは今まで生きてきた中で見るもっともきれいで素敵なビーチでした・・・(言葉も出ません)。 さらに名物のアーチ岩がとても印象的です。こちらのアーチ岩は隆起サンゴの天然岩が長い時間をかけて、自然の波風で少しずつ真ん中が削られていったとか。季節によってはこのアーチの中にすっぽり夕日が入ってそれがまたまた見所とか。日常を忘れて、このきれいな砂浜を散策したり、アーチ岩の中に入って砂浜を眺めたりして楽しみます。そろそろ夕暮れショーが始まりそうな感じです。

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm 1/200 f8 ISO100 PL

砂山ビーチ 砂山ビーチのアーチ岩


本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/19 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(24)

朝霞の日の出 富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)

絶景探しの旅 - 150 朝霞の日の出 富士山と本栖湖(山梨県 身延町)

「絶景探しの旅」 朝霞の日の出 富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)  Photo No.0150

霞のかかる本栖湖と富士山を目の前にしています。辺りがさらに赤く染まりいよいよ日の出の瞬間です。コントラストのしっかりしたダイナミックな朝焼けに出会いたいところでしたが、こんな優しく淡い空間の中にも力強さも感じる日の朝焼けに日の出もそう出会えるものではないだろうと、これはこれで感動の日の出となりました。また、次回への撮影意欲も高まる朝霞の富士山と本栖湖の朝の風景でした。 (富士山のある風景) (世界遺産訪問)

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 22mm f22 30s (+0.7) ISO50 WB手動 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/08 05:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(20)

空明るむ 朝霞の富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)

絶景探しの旅 - 0149 空明るむ 朝霞の富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)

「絶景探しの旅」 空明るむ 朝霞の富士山と本栖湖 (山梨県 身延町)  Photo No.0149

今年の冬の富士五湖への撮影はピーカンの日ばかりで、今度こそはと朝焼けを期待して、やってきた本栖湖(もとすこ)。精進湖で何枚か撮影した後に本日の目的地にやってきたのです。この日の精進湖は湖面の波も穏やかなので、星空の次は、うまく焼ければ霞の中のきれいな逆さ富士が期待できそうです。とはいうもののこの時期の精進湖ではお日さまの出る位置が富士山にまったくかぶりませんので、日の出狙いなら、やっぱり本栖湖ということで移動してきたのです。

しかし、こちらもあいにく霞の中で富士山が不鮮明でやや気落ち気味・・・。どうする?!今なら間に合う、精進湖に戻ろうか・・・。ここが運命の分かれ道。しかし、初志貫徹で本栖湖リベンジでこちらに骨を埋める(?)ことにしました。この霞の中じゃ、焼けるけど厳しい写真しか撮れないだろうと弱音も吐きつつ日の出時刻までの1時間弱を待ちます。それまでがっかりだった空が明るんでくるとともに、みるみる間に雰囲気が変わってきます。薄く霞のかかる中の朝焼け空がそこに広がり始めました。  (富士山のある風景) (世界遺産訪問)

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 22mm f11 3.2s ISO100 WB手動 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/07 05:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(22)

星の雪降る精進湖と富士山 (山梨県 富士河口湖町)

絶海探しの旅 - 0144 星の雪降る精進湖と富士山  (山梨県 富士河口湖町)

絶景探しの旅」  星の雪降る精進湖と富士山 (山梨県 富士河口湖町)  Photo No.0144

今年の冬の富士五湖への撮影はいわゆるピーカンの日ばかりで、今度こそはと朝焼けを期待して、本栖湖に向かうことにしました。せっかくここまで来たのだからと通り道にある精進湖(しょうじこ)に立ち寄ってみました。

しかし、どうも夜の霞が広い範囲でこの辺りを覆っていて、ちょっとやそっとでは取れないような状態です。一方で、星の輝きも見えているし、それが逆さ富士とともに、湖面にも反射しているという不思議な光景がそこにありました。コントラストが低く、撮影条件が厳しい感じですが、いろいろ試してみて、富士山の姿をしっかり出すように露出をオーバー気味に設定し撮影を行いました。その仕上がりは星が雪のようにも感じて、まるで星降る精進湖と富士山のようです。精進湖は来る度に神秘的な景色を私に見せてくれます。その奥の深さに感動せずにはいられません。 (富士山のある風景) (世界遺産訪問)

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 35mm M 10 10s ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/02 05:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(16)

満月の光を浴びる精進湖からの富士山 (山梨県 富士河口湖町)

0143 満月の光を浴びる精進湖からの富士山 (山梨県 富士河口湖町) 

絶景探しの旅」  満月の光を浴びる精進湖からの富士山 (山梨県 富士河口湖町)  Photo No.0143

この日の朝は富士五湖のひとつ精進湖 (しょうじこ)に出かけました。本栖湖(もとすこ)にこの精進湖は絶景地と知られていて、この日も夜中のうちから多くの人々が集まっていました。この日は2月11日から12日にかけての満月です。満月なので星空はあきらめていますが、その反面、満月が西の空に落ちかけ、山陰に隠れるまで富士山を煌々と照す姿が楽しめました。月の光の反射を受けた富士山が精進湖の水面に映る姿がなかなかの絶景でした。

Wikipediaによりますと、精進湖は、富士山の火山活動によって形成された堰止湖で、かつては単一の大きな湖であったと考えられていて、本栖湖・西湖と同じ水位だそうです。溶岩流でまず南西の本栖湖と分断され、864年の貞観大噴火の溶岩流によって西湖と分断されたとされています。同じ富士五湖の西湖、本栖湖と同一の水脈を有しているので水面標高も同じく約900mで、湖水の水位が連動する傾向があるとのことです。 (富士山のある風景) (世界遺産訪問)

SONY α99 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm M f2.8 15s ISO400 WB手動 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/01 05:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(22)









FC2 Management