立山別山と池塘の風景 (立山室堂/富山県 立山町)

立山室堂のミクリガ池の向こう側の尾根を歩きます。夏空の下で見る立山連峰の景色はとてもすがすがしくもあり気分もリフレッシュです。

絶景探しの旅 - 0686 立山別山と池塘の風景 (立山室堂/富山県 立山町)

立山別山と池塘の風景 (立山室堂/富山県 立山町)   Photo No.0686

室堂には湿地帯もあるようで、そこには小さな池のような池塘(ちとう)も見られます。丸い模様となった池塘と立山三山のひとつ別山(べっさん)を組み合わせて撮ってみた1枚です。  (立山黒部アルペンルート)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 70mm f2.8 1/5000 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/08/23 00:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(18)

夏山に誘われて (立山室堂/富山県 立山町)

こんな私でも2,450mの室堂まで簡単にやってくることができるのが立山のいいところです。私はハイキングモードなのですが、半分くらいの人々は、山登りに挑戦モードで、これから立山の雄山山頂(3003m)などを目指し、約2時間の登山に向かって行きます。

絶景探しの旅 - 0685 夏山に誘われて (立山室堂/富山県 立山町)

夏山に誘われて (立山室堂/富山県 立山町)   Photo No.0685

この時期はグループで登山を楽しむ人も多いようです。室堂を出発後に、まず、この下りを通り過ぎます。その後山の麓まで歩き、その後は急な苦しい上りが待っていますが、その分、山頂に着いた時の達成感は最高なことだと思います。  (立山黒部アルペンルート)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 70mm f2.8 1/5000 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/08/22 00:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(18)

立山ミクリガ池のサンゴ礁 (立山室堂/富山県 立山町)

立山室堂のシンボルと言えばやっぱりミクリガ池(みくりが池)でしょうか。 チングルマの花穂(果穂)の撮影はひと休みし、霧がどんどん取れて行くみくりが池を撮ろうと急いで池に向かいますが、 そこでもしっかりチングルマを発見です。 雨に濡れる立山室堂のチングルマ3部作の最後はこの1枚です。

絶景探しの旅 - 0683 立山ミクリガ池のサンゴ礁 (立山室堂/富山県 立山町)

立山ミクリガ池のサンゴ礁 (立山室堂/富山県 立山町)   Photo No.0683

ミクリガ池の写真を何枚か撮って歩き出します。池を眺めながら歩いていると、池の斜面に水玉いっぱいのひと塊のチングルマが目に入りました。ひらめきました。ライチョウ用にと持ってきた望遠レンズを撮り出し、バックに池の水の青色と根雪の白を画面に取り込むように撮影開始です。それはまるでミクリガ池のサンゴ礁のようです。今回、肝心のライチョウは見ることができませんでしたが、こちらの撮影に望遠レンズが役に立ちました。  (立山黒部アルペンルート)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  581mm相当 f6.3 1/500 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/08/20 00:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(18)

雨上がりの立山室堂のチングルマ (富山県 立山町)

チングルマの雨に濡れた花穂(果穂)がとにかく可愛いくて瞬間に心を奪われました。ザーと降り出した立山の雨でしたが、思ったほど長続きせずにいきなり空の端から青空がのぞき始めました。これはうれしいものの、急いで撮らないとせっかくのチングルマの水玉がすぐに消えてしまいます。雨が降ったら降ったで文句を言うくせに、上がれば上がったらで文句を言うという、気まぐれなカメラマン心理です。雨に濡れる立山室堂のチングルマ3部作の2つ目です。

絶景探しの旅 - 0682 雨上がりの立山室堂のチングルマ (富山県 立山町)

雨上がりの立山室堂のチングルマ (富山県 立山町)   Photo No.0682

願いが天に通じたのか、雨も上がり青空が雲の間から見え始めました。傘をしまったので、撮影の自由度が大幅に増しました。可愛いチングルマの生えている場所を探しながら、せっかくの水玉が消えないうちにと撮影を急ぎます。  (立山黒部アルペンルート)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 70mm f2.8 1/1000 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/08/19 00:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(8)

雨に濡れる立山の可憐な赤い風車 チングルマ (立山室堂/富山県 立山町)

絶景探しの旅はオランダで撮った風車(ふうしゃ)の写真から、日本の風車(かざぐる)の写真に移りたいと思います。 今年のお盆休みは8月16日、17日を休めば、11日から19日までの9連休の方も多かったのではないかと思います。 私もお休みを+αでいただいて長い夏休みの予定でした。しかしながら16日、17日に出張が入ってしまったばかりでなく、お盆休み前半ものろのろ台風のおかげで雨にたたられていました。それでも前半戦には計画通りに立山室堂のトレッキングに行ってきました。今回も到着するなり雨が降り始めました。今年の旅は行けば雨や雪が降ることが多いのですが、毎回最後には予報が外れてお日様が顔を出してくれていますので、今回もそこを期待しています。

絶景探しの旅 - 0681 雨に濡れる立山の可憐な赤い風車 チングルマ (立山室堂/富山県 立山町)

雨に濡れる立山の可憐な赤い風車 チングルマ (立山室堂/富山県 立山町)   Photo No.0681

霧に包まれる立山室堂に着くなり、いきなり大粒の雨が降り始めました。がっかりしながらも傘を取り出して室堂の遊歩道を散策します。そんな雨の中、高山植物の小さな赤い花を見つけました。花と表現しましたが、実はそれは花ではなく、花が落ちた後のチングルマの花穂(果穂)だそうです。ススキの実のような毛の生えた状態で、それが小さな風車(かざぐるま)のように見えることからチングルマ(珍車、稚児車)という名前が付いたとのことです。 降り続く雨に打たれるチングルマの姿がとても可愛く、見た瞬間に気に入ってしまいました。こちらは降りしきる雨の中で撮った立山室堂での最初の1枚です。白く見えるのは夏にもまだ残る根雪です。  (立山黒部アルペンルート)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 70mm f2.8 1/3200 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/08/18 00:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(18)

黒部ダム観光放水と二重の虹 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0365 黒部ダム観光放水と二重の虹 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

黒部ダム観光放水と二重の虹 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)   Photo No.0365

高ボッチ高原の夜明けを楽しんだ後に向かうのは黒部ダム。目的は黒部ダムの観光放水と虹を見ることです。長野県大町市の立山黒部アルペンルートのトローリーバス「扇沢駅」にWEB予約した時刻(8:30)に遅れないように急ぎます。

せっかく行って外れては意味がありませんので、週末に秋晴れの日が続く予報を待っていました。まさにこの日が願ってもないチャンスになりそうと2日前に、待ち時間がないようにと予約を入れておきました。黒部ダムでは初夏から秋まで観光放水イベントをやっていまして、虹を見るには晴れの日の午前中がその時のようです。

早い時間に扇沢駅に着きましたので、1本早めの便に変更させていただいてトローリーバスに乗り込みます。黒部ダムに到着後、あれこれ撮影場所の検討をつけます。紅葉はもう少しで残念でしたが、しばらくすると山影から少しずつ日光がダムに差し込み始め、時間とともに光がダムの放水部分に当たり始めました。放水の加減や風の状況で虹が見えたり見なかったりと不安定ながらも、秋晴れの好天に恵まれ、大きな虹や二重の虹なども見ることもできとてもラッキーでした。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm f22 15s ISO50 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/10/07 00:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(19)

立山黒部アルペンルートの終・起点 「扇沢駅」 (立山黒部アルペンルート/長野県 大町市)

絶景探しの旅 - 0241 立山黒部アルペンルートの終・起点 「扇沢駅」  (立山黒部アルペンルート/長野県 大町市)

立山黒部アルペンルートの終・起点 「扇沢駅」 (立山黒部アルペンルート/長野県 大町市)  Photo No.0241

富山県側からスタートした、立山黒部アルペンルートの旅は長野県で終了です。立山黒部アルペンルートの終・起点である、関電トローリーバスの「扇沢駅」 の 目の前の風光明媚な場所に大きな駐車場があります。ここからは、マイカーで帰路に向かう人、路線バスで大町駅に向かう人、ツアーバスに乗り込む人たちのそれぞれの旅が終わろうとしています。わずか1日でしたが、とても密度の濃い旅となりました。せっかく土地勘も身に付いたことですし、今度は夏に始まる、黒部ダムの観光放水(だけ)を楽しみに、こちらから再び、立山黒部アルペンルートを楽しもうと思います。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 26mm f8 1/1000 ISO100 WB手動 PL

立山MAP(ゴール) 立山黒部アルペンルートの旅はここまでです。

* 約1ヶ月に渡っての初夏の北陸・飛騨の旅特集はいかがでしたでしょうか。今回の特集はこちらで一旦終了です。長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/05 05:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(12)

最後の大トンネル 赤沢岳を貫く関電トンネルトローリーバス (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0240 最後の大トンネル 赤沢岳を貫く関電トンネルトローリーバス (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

最後の大トンネル 赤沢岳を貫く関電トンネルトローリーバス (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)   Photo No.0240

立山黒部アルペンルートの旅もこちらが最後の乗り物になります。これから、赤沢岳(2678m)を貫く関電トンネル(旧大町トンネル)を含む区間6.1kmを県境を越えて約16分で終点の長野県大町市の扇沢駅まで走ります。トンネルの途中にはいよいよクライマックスを迎えます。こちらのトンネルはダムと電源工事の為に作られたものですが、この工事中にトンネル内の破砕帯から大量の冷水が噴出し、死者が多数出る大変な難工事となったことは多くの人々が知ることとなりました。

トローリーバスのすれ違い区間です。向こう側から4台、こちら側から4台のトローリーバスのすれ違いを行っている最中です。立山黒部アルペンルートの旅の終点ももうあと少しです!

SONY α99 70-200mm F2.8G 200mm f2.8 1/320 (-0.7) ISO6400 WB手動

関電トンネル トローリーバス 「扇沢駅」付近では地上も走る関電トンネルトローリーバス。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/04 18:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(6)

初夏の黒部ダムと槍ヶ岳 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0239 初夏の黒部ダムと槍ヶ岳 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

初夏の黒部ダムと槍ヶ岳 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)   Photo No.0239

立山黒部アルペンルートの旅はいよいよクライマックスを迎えます。ロープウェイを降り、ケーブルカーに乗り換えて、黒部湖駅に到着です。ついに憧れの黒部ダムにやってきました。黒部ダムは、こちらに設けられている発電所が黒部第四発電所となりますので、黒四ダムとも呼ばれたりします。アーチ状のダムの上を歩い手前(左側)やってきました。こちらに次の乗り換えのトローリーバス乗り場があります。最後の切符を入手し、時間までダムの展望台に登って、その全景を見渡します。

手前右は立山連峰で、一番奥の方に見えるとがった高く白い山はおそらく「槍ヶ岳(3,180m)」で、右側の奥には昔、一世を風靡したという野口五郎の名の由来の「野口五郎岳(2,924m)」も見えているんじゃないかと思います。また、写真でよく見るダムの放水は、今年(2017年)は6月26日から10月15日までとなっていますので、ちょっと早く来すぎたかなという感じですが、目玉の雪の大谷と黒部ダムの観光放水は上手い具合にダブらないようになっているようです。ちなみに黒部ダムの観光放水は長野県側からすぐなのでまた見に来ようと思います。今からとても楽しみです。

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f11 1/500 (-2/3) ISO200

黒部ケーブルカー この黒部ケーブルカーで黒部湖駅に到着。次の乗り換えはダムのアーチを歩いて渡ってからです。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/04 05:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(20)

針ノ木岳と黒部湖を望む立山ロープウェイ (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0238 針ノ木岳と黒部湖を望む立山ロープウェイ (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

針ノ木岳と黒部湖を望む立山ロープウェイ (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)   Photo No.0238

乗り物を乗り継いで立山連峰を縦断するのが、立山黒部アルペンルートの旅です。ずいぶん、乗り物を乗り継いで、大観峰までやってきました。大観峰で針ノ木岳と黒部湖の壮大な眺めを楽しんだら、次に乗るのは立山ロープウェイです。今回は標高2316mの大観峰駅から1828mと488mの黒部平駅へと標高差を降りていきます。

先ほど大観峰駅のターミナルの屋上から見た針ノ木岳と黒部湖を横目に眺めながら降りていく立山ロープウェイからの眺めはとっても最高でした。この後は降りた「黒部平駅」から、黒部ケーブルカーに乗り換えて、黒部ダムに移動です。(乗りもには少し飽きてきました・・・。)

LUMIX G7 G VARIO 7-14mm/F4.0 18mm相当 f11 1/1300 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/03 12:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(18)









FC2 Management