奈良の大仏級の高さ ワット・ポーの黄金の寝釈迦仏 (タイ バンコク)

1784年にラーマ1世が当時の建築技術を最大限に利用して建設したというワット・ポーにやってきました。こちらのワット・ポーには、ラーマ3世が作らせたという全身が金で覆われた全長46m、高さ15mの寝釈迦仏を見学にやってきたのです。

絶景探しの旅 - 0601 奈良の大仏級の高さ ワット・ポーの黄金の寝釈迦仏 (タイ バンコク)

奈良の大仏級の高さ ワット・ポーの黄金の寝釈迦仏 (タイ バンコク)   Photo No.0601

高さが奈良の大仏級とほぼ同じ15mですので、どれだけ大きいことか。お顔もなかなか美しくて素敵でした。

SONY α55 DT 35mm F1.8 SAM 52mm相当 f2  1/60 ISO125

* タイ編はこちらまでとなります。お付き合いいただきありがとうございました。只今、1週間ほど遠出中につき、コメントのお返事や皆様へのご訪問は週末の予定です。ご理解のほどよろしくお願いします。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/30 00:00 ]   タイ | TB(-) | コメント(16)

ワットプラケオ(王宮)の鬼「ヤック」と猿神「モック」 (タイ バンコク)

タイ編に戻ります。バンコクの人気スポット、ワットプラケオ(王宮)からです。ワット・プラシーラッタナサーサダーラームという名称で、王宮の宮殿と接し、本堂にはプラ・ケオ (エメラルド仏)が安置されていることからワットプラケオとか、エメラルド寺院などとも呼ばれています。ただ、寺院と言っても王室専用の仏教儀式の場であるため僧侶もいないそうです。普段は観光地として開放されていて、人気のスポットとして多くの人々が訪れています。

絶景探しの旅 - 0600 ワットプラケオ(王宮)の鬼「ヤック」と猿神「モック」 (タイ バンコク)

ワットプラケオ(王宮)の鬼「ヤック」と猿神「モック」 (タイ バンコク)   Photo No.0600

エメラルド寺院はきれいな黄金のドーム型の仏塔が印象的です。寺院内にはいろんな像が設置されていてそちらも見ごたえがあります。そしてその像の中でも特に目を引くのは金の塔を支えている、鬼(ヤック)と 猿神(モック)像です。その見事で手の込んだ像は人々の関心を引かずにはいられません。

SONY α55 DT 35mm F1.8 SAM 52mm相当 f5.6  1/500 ISO100

⋆ これから深夜便で遠路に出発します。1週間ばかり留守となりますが、写真と記事は日々更新されますので、ご覧いただければうれしく思います。またコメントのお返事や皆さまへの訪問は帰ってきてからになりますのでご理解のほどよろしくお願いします。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/29 00:00 ]   タイ | TB(-) | コメント(20)

日の出の光に包まれるイスラム寺院 (韓国 ソウル)

絶景探しの旅 - 0390 日の出の光に包まれるイスラム寺院(韓国 ソウル)

日の出の光に包まれるイスラム寺院 (韓国 ソウル)  Photo No.0390

イスラムの朝はコーランから始まる印象があります。こちらは、まるでイスラムの国の朝のひと時に見えますが、こちらはお隣の国、韓国・ソウルの外国人たちが多く住み集う、龍山区(ヨンサング)の梨泰院(イテウォン)という街に大きなイスラム寺院があります。小高い丘の上にそびえるそのイスラムのモスクが今、上り始めたばかりの朝の光に包まれています。

SONY α55 70-300mm F4.5-5.6G SSM 450mm相当 f5.6 1/500 ISO160

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/11/01 00:00 ]   韓国(ソウル) | TB(-) | コメント(20)

赤炎の閻魔大王 青森県五所川原立佞武多 (韓国 ソウル市)

絶景探しの旅 - 0301 赤炎の閻魔大王 五所川原立佞武多 (韓国 ソウル市)

赤炎の閻魔大王 青森県五所川原立佞武多 (韓国 ソウル市) Photo No.0301

ねぶたシリーズ第2弾は、これまたソウル生活のときに見て迫力いっぱいで圧倒された、ねぷたの閻魔大王様です!今回の写真は昨日ご紹介のものより前の年のものですが、ソウル中心部を流れる清渓川(チョンゲチョン)に静置された立ちねぷたのすごい迫力に見る人々は圧倒されっぱなしでした。

この年は、青森4大祭りで有名な「五所川原立佞武多 (ごしょがわらたちねぷた)」の展示で、ちょうど会場にいらっしゃっていた五所川原の団長さんとこの閻魔大王様を作ったという若い方に話を伺いました。この閻魔大王様は実際に使用された23メートルのものを半分サイズに製作しなおしたそうです。それでもあまりの大きさゆえ、日本でパーツ組みをして、分割したままの状態で、約1ヶ月かけてコンテナーで韓国に輸送、その後、ソウルの現場で最終組み立てをおこなったそうです。 なお本場、青森ではいよいよ本日8月4日から8日まで「五所川原立佞武多」が開催とのことです。

SONY α55 Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 39mm相当 f4.5 1/60 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/08/04 00:00 ]   韓国(ソウル) | TB(-) | コメント(16)

高敞邑城の孟宗竹の竹林を見上げる (韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0246 高敞邑城の孟宗竹の竹林を見上げる (韓国 全羅北道)

高敞邑城の孟宗竹の竹林を見上げる (韓国 全羅北道)  Photo No.0246

朝鮮時代の遺産「高敞邑城(コチャンウプソン)」の敷地は広大で、少々裏手を歩けば見事な孟宗竹の竹林がありました。中の散策がOKとのことですのでゆっくり中に入ってみました。こちらでは、皆さんもご存知のNHKで何度か放送された大人気韓国ドラマ 「チャングムの誓い」の撮影にも使われたそうです。孟宗竹の竹林を露出オーバーで撮影して初夏らしさを表現してみました。

* 初夏の韓国 全羅北道(チョンラブット) 高敞郡 (コチャンクン)の旅の特集はこちらまでです。お付き合いありがとうございました。

SONY α55 Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 24mm相当 f4 1/30 (+2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/10 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(20)

赤いツツジの城壁の続く高敞邑城 (高敞邑城韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0244 赤いツツジの城壁の続く高敞邑城(高敞邑城韓国 全羅北道)

赤いツツジの城壁の続く高敞邑城 (高敞邑城韓国 全羅北道)  Photo No.0245

引き続き、朝鮮時代の遺産「高敞邑城(コチャンウプソン)」からです。こちらの高敞邑城は初夏はきれいなツツジの咲く城壁が人気となっています。こちらの城壁の周囲は1,684mで、1500年代後半ごろの建造物で、残っていた城壁は最近の補修工事で円形に近い形に再現されたそうです。朝鮮時代には、湖南(ホナム)内陸の軍事的要衝地で、朝鮮初期には西海岸を通した倭寇からの防衛対策として、また、豊臣秀吉の命による朝鮮出兵の壬辰倭乱(文禄の役)のときには日本の加藤清正らとの攻防の場所のひとつになったと聞きました。

SONY α55 Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 60mm相当 f5.6 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/09 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(16)

初夏の高敞邑城(コチャンウプソン)の城壁 (韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0244 初夏の高敞邑城(コチャンウプソン)の城壁 (韓国 全羅北道)

初夏の高敞邑城(コチャンウプソン)の城壁 (韓国 全羅北道)  Photo No.0244

引き続き、初夏の韓国・全羅北道(チョルラプクト/ぜんらほくどう)の高敞郡高敞邑(コチャンクン コチャンウプ)からです。朝鮮時代の遺産、「高敞邑城(コチャンウプソン)」にやってきました。こちらの高敞邑城は1453年頃から造られ、そのうち城壁なども造られ、その城壁が見事です。こちらの城壁には興味深い歴史があるようで、それは次の写真であわせてご紹介しますね!

SONY α55 Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 105mm相当 f5.6 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/08 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(22)

朝鮮半島に咲くツツジの王様「クロフネツツジ」 (高敞邑城/韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0243 朝鮮半島に咲くツツジの王様「クロフネツツジ」 (高敞邑城韓国 全羅北道)

朝鮮半島に咲くツツジの王様 「クロフネツツジ」 (高敞邑城/韓国 全羅北道)  Photo No.0243

引き続き、初夏の韓国・全羅北道 高敞郡(コチャンクン)からの作品です。こちらは前回の禅雲寺と同じ高敞郡にありまして、高敞邑( コチャンウプ)にあることから、「高敞邑城(コチャンウプソン)」と呼ばれるお城の跡からです。お城の紹介は、この後の作品のときにするとしまして、今日は、こちらに咲く淡いピンクのツツジ 「チョルチュク」と呼ばれるクロフネツツジ(カラツツジ)の写った写真の紹介です。

Wikipediaによりますと、クロフネツツジは、中国東北部、ロシア極東部および朝鮮半島に自生し、日本には江戸時代初期の1668年に朝鮮半島から渡来したとされているそうです。大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれるそうです。

SONY α55 Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 67mm相当 f4.5 1/640 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/07 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(18)

韓国・禅雲寺の色鮮やかな魚鼓 (韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0242 韓国・禅雲寺の色鮮やかな魚鼓 (韓国 全羅北道)

韓国・禅雲寺の色鮮やかな魚鼓 (韓国 全羅北道)  Photo No.0242

新しくご紹介の旅の作品は、初夏の韓国・全羅北道(チョルラプクト/ぜんらほくどう)高敞郡(コチャンクン)からのものです。全羅北道は韓国の中央部の西の黄海に近い場所に位置しています。

立ち寄ったのは、韓国仏教の最大宗派である曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の第24教区本寺の「禅雲寺(ソヌンサ/ぜんうんじ)」です。ご本尊は釈迦如来となっておりまして、寺の創建は577年(百済威徳王24年)とも、新羅の真興王が創建したとの説もあるそうです。その後、ハングル文字を開発したという世宗王による仏教弾圧による廃寺、豊臣秀吉の朝鮮出兵「文禄・慶長の役」による建物の消失など、いくつかの紆余曲折を経て1614年から6年かけて再建されたとされています。(Wikipedia)

こちらはその禅雲寺の鐘楼で大きな鐘がぶら下がっている脇にある魚鼓(木魚の原型と言われています)で口に金の玉をくわえています。これぞ、本当の木の魚「木魚」ですね!これを見ているとお腹の辺りがすり減っているので、中にバチでも入れてたたいたりするのでしょうかね!?

SONY α55 Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 30mm相当 f4 1/40 ISO125

全羅北道高敞郡MAP 全羅北道 禅雲寺 全羅北道高敞郡の位置と「禅雲寺」

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/06 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(20)

小雪のソウル駅 (ソウル市 中区)

絶景探しの旅 – 0086 小雪のソウル駅 (ソウル市 中区)

絶景探しの旅」 小雪のソウル駅 (ソウル市 中区) Photo No.0086

韓国・ソウルの緯度は仙台くらいで、夏は本州レベルですが、冬の寒さが半端なく北海道超えの日も多く、ー10℃以下がよくあったり、郊外ではー20℃以下も何度も体験したことがあります。降雪はあまり多くなく、ひと冬に数回降るレベルです。1月のこの日は久しぶりの雪が午後から降り出しました。会社が終わって大急ぎで家に帰り、カメラと三脚を持ってソウル駅に向かいます。現在のソウル駅の隣に並ぶ旧ソウル駅舎の撮影が今回の目的です。旧駅舎には雪が降っている時に押さえたいと思っているイメージがあるのです。現地に到着し、道向かいのバスターミナルの端に三脚とカメラをセットしているうちに、雪が小康状態になり焦りましたが、狙っていたスポットライトのラインが雪のために屋根の上に浮き出している様子を何とかとらえることができました。そして、タクシーの列や、シャーベット状の道路に映し出された街灯の光がそれに組み合わされ幻想的な作品となりました。

ちなみに旧ソウル駅舎は日本の統治下の1925年に作られたもので、設計者は東京帝国大学教授の塚本靖と朝鮮総督府の建築家ゲオルグ・ラランデ(ドイツ人)によるもので、アムステルダム中央駅やヘルシンキ中央駅を参考にしたとされています。この作品は、ソウルグローバルセンターが主催するフォトコンテスト 「2013 外国人ソウル写真展」に応募、ソウル市龍山区役所内のアートホールでの展示を通して多くの人々に見ていただくことができました。 

SONY α55 Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 24mm相当 f3.5 1/30 ISO800

■ 第6回世界人の日記念 2013 外国人ソウル写真展 入選展示

龍山区役所展示

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。


絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/03 05:00 ]   韓国(ソウル) | TB(-) | コメント(14)









FC2 Management