高敞邑城の孟宗竹の竹林を見上げる (韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0246 高敞邑城の孟宗竹の竹林を見上げる (韓国 全羅北道)

高敞邑城の孟宗竹の竹林を見上げる (韓国 全羅北道)  Photo No.0246

朝鮮時代の遺産「高敞邑城(コチャンウプソン)」の敷地は広大で、少々裏手を歩けば見事な孟宗竹の竹林がありました。中の散策がOKとのことですのでゆっくり中に入ってみました。こちらでは、皆さんもご存知のNHKで何度か放送された大人気韓国ドラマ 「チャングムの誓い」の撮影にも使われたそうです。孟宗竹の竹林を露出オーバーで撮影して初夏らしさを表現してみました。

* 初夏の韓国 全羅北道(チョンラブット) 高敞郡 (コチャンクン)の旅の特集はこちらまでです。お付き合いありがとうございました。

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 24mm相当 f4 1/30 (+2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/10 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(20)

赤いツツジの城壁の続く高敞邑城 (高敞邑城韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0244 赤いツツジの城壁の続く高敞邑城(高敞邑城韓国 全羅北道)

赤いツツジの城壁の続く高敞邑城 (高敞邑城韓国 全羅北道)  Photo No.0245

引き続き、朝鮮時代の遺産「高敞邑城(コチャンウプソン)」からです。こちらの高敞邑城は初夏はきれいなツツジの咲く城壁が人気となっています。こちらの城壁の周囲は1,684mで、1500年代後半ごろの建造物で、残っていた城壁は最近の補修工事で円形に近い形に再現されたそうです。朝鮮時代には、湖南(ホナム)内陸の軍事的要衝地で、朝鮮初期には西海岸を通した倭寇からの防衛対策として、また、豊臣秀吉の命による朝鮮出兵の壬辰倭乱(文禄の役)のときには日本の加藤清正らとの攻防の場所のひとつになったと聞きました。

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 60mm相当 f5.6 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/09 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(16)

初夏の高敞邑城(コチャンウプソン)の城壁 (韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0244 初夏の高敞邑城(コチャンウプソン)の城壁 (韓国 全羅北道)

初夏の高敞邑城(コチャンウプソン)の城壁 (韓国 全羅北道)  Photo No.0244

引き続き、初夏の韓国・全羅北道(チョルラプクト/ぜんらほくどう)の高敞郡高敞邑(コチャンクン コチャンウプ)からです。朝鮮時代の遺産、「高敞邑城(コチャンウプソン)」にやってきました。こちらの高敞邑城は1453年頃から造られ、そのうち城壁なども造られ、その城壁が見事です。こちらの城壁には興味深い歴史があるようで、それは次の写真であわせてご紹介しますね!

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 105mm相当 f5.6 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/08 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(22)

朝鮮半島に咲くツツジの王様「クロフネツツジ」 (高敞邑城/韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0243 朝鮮半島に咲くツツジの王様「クロフネツツジ」 (高敞邑城韓国 全羅北道)

朝鮮半島に咲くツツジの王様 「クロフネツツジ」 (高敞邑城/韓国 全羅北道)  Photo No.0243

引き続き、初夏の韓国・全羅北道 高敞郡(コチャンクン)からの作品です。こちらは前回の禅雲寺と同じ高敞郡にありまして、高敞邑( コチャンウプ)にあることから、「高敞邑城(コチャンウプソン)」と呼ばれるお城の跡からです。お城の紹介は、この後の作品のときにするとしまして、今日は、こちらに咲く淡いピンクのツツジ 「チョルチュク」と呼ばれるクロフネツツジ(カラツツジ)の写った写真の紹介です。

Wikipediaによりますと、クロフネツツジは、中国東北部、ロシア極東部および朝鮮半島に自生し、日本には江戸時代初期の1668年に朝鮮半島から渡来したとされているそうです。大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれるそうです。

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 67mm相当 f4.5 1/640 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/07 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(18)

韓国・禅雲寺の色鮮やかな魚鼓 (韓国 全羅北道)

絶景探しの旅 - 0242 韓国・禅雲寺の色鮮やかな魚鼓 (韓国 全羅北道)

韓国・禅雲寺の色鮮やかな魚鼓 (韓国 全羅北道)  Photo No.0242

新しくご紹介の旅の作品は、初夏の韓国・全羅北道(チョルラプクト/ぜんらほくどう)高敞郡(コチャンクン)からのものです。全羅北道は韓国の中央部の西の黄海に近い場所に位置しています。

立ち寄ったのは、韓国仏教の最大宗派である曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の第24教区本寺の「禅雲寺(ソヌンサ/ぜんうんじ)」です。ご本尊は釈迦如来となっておりまして、寺の創建は577年(百済威徳王24年)とも、新羅の真興王が創建したとの説もあるそうです。その後、ハングル文字を開発したという世宗王による仏教弾圧による廃寺、豊臣秀吉の朝鮮出兵「文禄・慶長の役」による建物の消失など、いくつかの紆余曲折を経て1614年から6年かけて再建されたとされています。(Wikipedia)

こちらはその禅雲寺の鐘楼で大きな鐘がぶら下がっている脇にある魚鼓(木魚の原型と言われています)で口に金の玉をくわえています。これぞ、本当の木の魚「木魚」ですね!これを見ているとお腹の辺りがすり減っているので、中にバチでも入れてたたいたりするのでしょうかね!?

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 30mm相当 f4 1/40 ISO125

全羅北道高敞郡MAP 全羅北道 禅雲寺 全羅北道高敞郡の位置と「禅雲寺」

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/06/06 05:00 ]   韓国(地方) | TB(-) | コメント(20)

海辺の北の大地 (北海道 白糠町)

絶景探しの旅 - 0128 海辺の北の大地 (北海道 白糠町)

絶景探しの旅」 海辺の北の大地 (北海道 白糠町)  Photo No.0128

AIRDO機は関東から東北地方を北上。本州を過ぎ、機体は高度を下げ、いよいよ釧路空港への着陸の最終態勢。滑走路はすぐそこです。海から内陸の白糠町に入りました。眼下には北の雪の大地。朝の天気は晴れ。現地の人たちの強制労働(雪かき)もひといきついているようです。白糠を抜ければ、そこは釧路市のたんちょう釧路空港です。

釧路にせっかくやってきたので、せめてSLをひと目見ようと夕方の帰り際に、東釧路の北にある道路と線路が平行して走るスポットでSLが釧路駅に戻ってくる雄姿を待ち受けたのですが、定刻になってもいっこうにSLがやってきません。なんと機関車にに異常が見つかったとか・・・。よりによってこんな日に・・・。TT  * AIRDOの白クマキャラ 「ベア・ドゥ」 と空の旅編はこれにて終了です。 (航空機のある風景)

SONY α77Ⅱ DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 24mm相当 f8 1/640 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/14 05:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(14)

白い絶景 東京大海原とスカイツリー (東京都)

絶景探しの旅 - 0127 白い絶景 東京大海原とスカイツリー (東京都)

絶景探しの旅」 白い絶景 東京大海原とスカイツリー (東京都)  Photo No.0127

私を乗せたAIRDO機は羽田空港を離陸後、東京上空で向きを北に切ります。すごい!思わず窓の外の景色を見て身震いします。東京の街に低い雲がかかり、東京の街がまるで、大海原のようにも見えます。そしてその雲の中から顔を出すのは東京スカイツリー。朝の東京の白い絶景を楽しみながら雲の白い大地から雪の白い大地,、北海道釧路に向かいます。 AIRDOの白クマキャラ「ベア・ドゥ」と空の旅編、続きます。 (航空機のある風景)

SONY α77Ⅱ DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 52mm相当 f8 1/250 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/13 05:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(18)

ベア・ドゥと空の旅 空から羽田空港第2ターミナル (東京都 大田区)

絶景探しの旅 - 0126 ベア・ドゥと空の旅 空から羽田空港第2ターミナル (東京都 大田区)

絶景探しの旅」 ベア・ドゥと空の旅 空から羽田空港第2ターミナル (東京都 大田区)  Photo No.0126

各地で大荒れの2月の天候が続いています。今回は冬型の気圧配置がいつもより西に下りているようでして、本来の雪国はそうでもないのが、山陰地方では大荒れとなっているようです。東京地方でもこの前の木曜日は小雪がちらつきました。その翌日の金曜日、ちょっとした用事があってAIRDO(エア・ドゥ)で、日帰りで釧路空港に向かうことになりました。私を乗せたAIRDO機はこれから離陸です。急なことゆえ、席の予約を心配したのですが、運よく窓際の席がひとつ空いていました。これが本当にラッキーなことでして、この日の窓の外の景色は小雪の舞った後ということもあってか、出発時に空から見える景色はコントラストもしっかりしていて見通しもよく離陸時は絶景な風景が続く感動のひとときでした。そんなまたとない素敵な風景を皆さんにもおすそわけしたいということで、AIRDOの白クマキャラ「ベア・ドゥ」と空の旅編をお届けします。

離陸時の上空から見た羽田空港第2ターミナルの風景です。いつもは滑走路を東京湾に向けて飛ぶことが多かったのですが、この日の朝は風の向きのためなのか、はたまた東北方面に向かうためなのか、久しぶりに内陸の方に飛び出しました。そのおかげで、最近はほとんど見ていなかった羽田空港第2ターミナル上空景色を見ることができました。管制塔や赤いブリッジ、駐機場のAIRDO機、ソラシドエア機、ANA機が見られます。これだけでも感激なのにこの先にも素晴らしい景色が待っていました。やっぱり青空っていいですね。 (航空機のある風景)

SONY α77Ⅱ DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 24mm相当 f3.5 1/1250 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/12 05:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(14)

夕暮れシルエットの大阪城 (大阪市 中央区)

絶景探しの旅 - 0122 夕暮れシルエットの大阪城 (大阪市 中央区)

絶景探しの旅」 夕暮れシルエットの大阪城 (大阪市 中央区)  Photo No.0122

大阪城の写真を撮るために夕暮れ迫る大阪城公園駅にやってきました。気持ちは夕日の大阪城でしたがあいにく夕日は雲の中。しかしながら黄金色の雲となっておりますので、夕暮れシルエットの大阪城を収めさせていただきました。

昨年人気の「真田丸」は私も毎週のように楽しませていただきました。その真田丸でたびたび登場の大阪城(大坂城)ですが、太閤秀吉の頃の大坂城はいったいどんなお城だったのでしょうか。また、その当時も城下からはこんなふうにお城が見えたのでしょうか。こちらは通天閣とは違って、運よくライトアップ前の落ち着いた状態での撮影ができ、ラッキーでした。

SONY α77Ⅱ DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 90mm相当 f8 1/640 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/08 05:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(22)

通天閣の見える風景 (大阪市/天王寺駅前)

絶景探しの旅 - 0121 通天閣の見える風景 (大阪市/天王寺駅前)

絶景探しの旅」 通天閣の見える風景 (大阪市/天王寺駅前)  Photo No.0121

せっかく大阪に来ているので、大トモ(大阪時代の友人)と合流して、街の撮影に付き合っていただきました。夕暮れ時のサインが灯りだした通天閣を撮ろうと考え、大阪環状線に乗り、あれこれロケハンしたのですが、結局、天王寺駅前の空中歩道から、大阪環状線を入れた景色を狙うことにしました。しかしです。夕暮れ時間になって、そろそろ点灯かなと思って見ているのですが点灯しません。点灯情報を調べれば、運が悪いことにちょうどこの時期は大きく通天閣のライティングを変更するための改修中で、ネオンはお預けということが判明・・・。これって貴重な点灯ナシの夕暮れの風景ってこと?!それなりに気合のカットを撮りましたが、やっぱりネオンが欲しかった・・・。新しくなったらまた撮りにこようと思います。ネオンと夕日の通天閣を断念し、夕暮れ時を楽しめる別の場所にすぐに移動します。

以下は、ネオンに関する通天閣からのお知らせです。通天閣株式会社が運営する通天閣のネオン広告は通天閣が再建された翌年の1957年7月より日立が掲出しており、約5年のサイクルでリニューアルしています。13回目のリニューアルとなる今回は従来の6色から12色でのライトアップが可能となり、1年を12色のバリエーションで表現。また大時計を従来のアナログ式からLEDビジョンにすることで、季節に応じた動画ビジョンの表示が可能となります。新広告開始は、2月10日(“ツウテン”カクの日)からだとか。  (鉄道のある風景)

SONY α77Ⅱ DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 42mm相当 f8 1/250 ISO400

通天閣新広告 通天閣の新しいライティングはこんな感じだそうです。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/02/07 05:00 ]   大阪 | TB(-) | コメント(18)









FC2 Management