手押し転車台で方向転換するトーマス (千頭駅/静岡県 川根本町)

静岡・川根本町(かわねほんちょう)にある大井川鉄道の「千頭駅(せんずえき)」にやってきました。千頭駅は大井川の上流にあるトーマス号の運行の終着駅なのです。こちらの駅の転車台で、折り返し運転のために機関車トーマスの向きを変える作業を行うのでそれを見にやってきたのです。さすが山間部ということもあって晴天だった空が山の天気のように曇ってきました。

絶景探しの旅 - 0654 手押し転車台で方向転換するトーマス (千頭駅/静岡県 川根本町)

手押し転車台で方向転換するトーマス (千頭駅/静岡県 川根本町)   Photo No.0654

上りの折り返し運転のための作業中です。トーマスファッションに包まれた職員たちも作業員の方々と一緒に丸い転車台で、一生懸命に手押しでトーマスの向きを変えています。トーマスの時は見ている子どもたちやファンのためにサービスで2周回転してくれました。

大井川鉄道の「千頭駅転車台」は、明治30年に英国で作られたもののようで、大井川鉄道のサイトによれば、日本国内の英国製転車台で製造所が判明している現存最古 (ややこしい表現ですね)のものとのことです。 昭和55年に新潟から大井川鐵道へ移設され、ほぼ毎日機関車の向きを手押しで回して変える作業を行っているそうです。大井川鉄道のトーマス号の始発駅の「新金谷駅(しんかなやえき)」にも転車台があるそうですが、そちらは電動/手動の切り替えができるそうです。  (鉄道のある風景)

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f7.1 1/200 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/22 00:00 ]   静岡 | TB(-) | コメント(20)

黒煙上げ大井川第一橋梁を行く機関車トーマス (静岡県 島田市)

大井川鉄道の線路に沿ってロケハンをしながら北上していきます。トーマス号の撮影はもちろんですが、桜の時期とSLの分も合わせて、いくつかこれはという撮影スポットを確認します。この日のトーマスの運転は1往復のみということもあって、走行写真を撮れるのは2回だけ。そんなこともあって初心者の私としては最初の場所は定番中の定番での撮影をすることとしました。川根温泉道の駅(川根温泉笹間渡駅そば)の脇にかかる大井川第一橋梁を走るトーマスを狙います。1時間ほど前から猛暑のお日様が照らし続ける場所で陣取りを始めましたが、熱中症で倒れそうです・・・。

絶景探しの旅 - 0653 黒煙上げ大井川第一橋梁を行く機関車トーマス (静岡県 島田市)

黒煙上げ大井川第一橋梁を行く機関車トーマス (静岡県 島田市)   Photo No.0653

そろそろトーマス号の通過時刻です。遠くから音が聞こえ始めました。木々の隙間を抜け、煙を上げながら大井川に架かる大井川第一橋梁を渡りこちらに向かってきます。こちらに向かってトーマスに乗った運転手さんや子供たちが手を振りながら目の前を通り過ぎて行く様子がとても印象的でした。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 51mm f8 1/1000 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/21 05:00 ]   静岡 | TB(-) | コメント(16)

機関車トーマスの整備工場 (大井川鉄道 新金谷駅/静岡県 島田市)

日本なのに海外にいるようなシリーズ第2弾は、夏の静岡・大井川鉄道からです。大井川鉄道と言えばSLの運行が有名で、桜の季節、大井川を走るSLと桜の風景が魅力の人気スポットです。今回は桜と大川鉄道ではありませんが、こちらも夏の人気のきかんしゃトーマスと大井川鉄道の風景を追ってみました。

絶景探しの旅 - 0652 機関車トーマスの整備工場 (大井川鉄道 新金谷駅/静岡県 島田市)

機関車トーマスの整備工場 (大井川鉄道 新金谷駅/静岡県 島田市)   Photo No.0652

ト-マス列車運行の始発駅の静岡県島田市にある大井川鉄道「新金谷駅 (しんかなやえき)」にやってきました。新金谷駅にあるの整備場の様子です。トーマスの運行前に車両のお掃除、各所の点検が念入りに続けられています。

Wikipediaによりますと、きかんしゃトーマス号として使用されているのは蒸気機関車(SL) 「C11-227号機」 で、1942年(昭和17年)に日本車輌製造で製造されたC11形の1両で、大井川鐵道に入線する以前は、日本国有鉄道(国鉄)で使用されていたとのことです。  (鉄道のある風景)

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 200mm f8 1/100 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/20 05:00 ]   静岡 | TB(-) | コメント(22)

沈む夕日に染まる風車 (佐倉ふるさと広場/千葉県 佐倉市)

千葉・佐倉市の佐倉ふるさと広場にやって来ています。そろそろ日没時間です。お日様がどんどんと西の空の先に沈んで行きます。

絶景探しの旅 - 0651 沈む夕日に染まる風車 (佐倉ふるさと広場/千葉県 佐倉市)

沈む夕日に染まる風車 (佐倉ふるさと広場千葉県 佐倉市)   Photo No.0651

空が赤く変わっていきます。ずっと見たかったこの夕日の瞬間をついに見れたことに至福のひと時を感じて止みませんでした。夜のライトアップのための明かりが灯り始めました。夜景もしっかり楽しみたいところですが、それはまた今度のお楽しみにして家路に着きました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 44mm f8 1/320 ISO100

* 夏の千葉の絶景探しの旅編はこちらにて終了です。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/19 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(22)

ひまわり畑と風車のある風景 (佐倉ふるさと広場/千葉県 佐倉市)

この時期の佐倉ふるさと広場の目玉と言えば、ひまわりと風車の風景です。午前中にこちらで青空の風景を楽しみ、昼間は成田のさくらの山公園に飛行機を撮りに行って、この日の1番の目的だった夕刻のひまわりと風車の写真を撮ろうとこちらに戻ってきました。

絶景探しの旅 - 0650 ひまわり畑と風車のある風景 (佐倉ふるさと広場/千葉県 佐倉市)

ひまわり畑と風車のある風景 (佐倉ふるさと広場/千葉県 佐倉市)   Photo No.0650

日没の時間が近づいています。夕方の光がひまわり畑と風車を染め始めます。アムステルダムでは夕日と風車の風景を撮ることができませんでしたので、この景色に出会えたことがとても嬉しく感じましす。それにしてもここが千葉県だとは思えず、まるで再びオランダに戻って来たかのような気分でした。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 24mm f8 1/400 (-2/3) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/18 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(22)

本物の本格風車とオランダのような風景 (佐倉ふるさと広場/千葉県 佐倉市)

厳選の千葉の絶景スポット旅の3カ所目は、昼間と夕方に2度立ち寄ったというほどの超お気に入りの場所です。その場所は「佐倉ふるさと広場」です。こちらの目玉はオランダ風車です。時々、成田空港に向かうスカイライナーの窓から見ていて、オランダ風(ふう)の風車かと思っていたのですが、実際には正真正銘のオランダ風車でした。

絶景探しの旅 - 0649 本物の本格風車とオランダのような風景 (佐倉ふるさと広場/千葉県 佐倉市)

本物の本格風車とオランダのような風景 (佐倉ふるさと広場/千葉県 佐倉市)   Photo No.0649

ここはどこで撮った写真だと思いますか?!思わず、そんな質問をしたくなるくらいです。私的にはオランダ風車はアムステルダム編で初公開としたかったのですが、完全に発表順序が入れ替わりました。こちらの風車の風景は私がアムステルダムで見てきたものと比べて、決して引けを取らない素晴らしいものでした。それもそのはず、コアとなる風車のパーツは実際にオランダで作って輸入し、日本で組み上げたものだそうです。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 33mm f8 1/400  ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/17 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(12)

光芒が差し込む亀岩の洞窟 (千葉県 君津市)

今回は厳選の千葉の絶景スポット3カ所に立ち寄りました。1つは昨日ご紹介の「さくらの山公園」で、2つ目は今日これからご紹介するこちらのスポットです。 暗いうちに起きて自宅から車で約120㎞先にある「亀岩の洞窟」をまずは目指しました。こちらは君津の洞窟として有名で、そこはまるでジブリの世界のようだとも言われています。濃溝の滝」と見所は日の出時刻から1時間~2時間後に現われるという光芒が見せてくれる世界と言われています。この情報をもとにすれば、現在の首都圏の日の出時刻はおおよそ4時35分くらいですので5時30分~6時30分くらいの時刻がターゲット時間と思われます。私の現場への到着は6時ちょっとすぎとなりました。地元の方や遠方からの方など、すでに10人ほどのカメラマンが三脚を構えてその時を待っていましたが、残念なことに、雲が空の広い面積を覆いつくして日の光をさえぎっている状態が続いています。

絶景探しの旅 - 0648 光芒が差し込む亀岩の洞窟 (千葉県 君津市)

光芒が差し込む亀岩の洞窟 (千葉県 君津市)   Photo No.0648

あと30分程までが見頃かなとどなたかが話しています。その時までにお日様の光が差し込み光芒ができますようにと祈ります。まさに天に祈るような気持ちとはこのことですね。しかし、30分後経っても皆さんがお待ちかねの強い光も差すこともなく、大半の人たちが徐々に撤収してしまいました。とはいうものの時々差し込む弱い光の角度から計算すれば、ネット情報とは異なりますが、あと30分はチャンスがあるのではと推測されます。そして残った3名ほどで待つこと30分、ついに滝の水が流れる洞窟の中に強い光が差し込み始め、光芒が見え始めました。このところの暑さでしょうか、水面に藻などが繁殖しているには残念ですが、まずは夢にまで見た光景を写真に収めることができました。この日はあきらめずに待ってよかったとつくづく思いました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM 60mm f8 (+2/3) 8s ISO100 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/16 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(20)

空気が揺らぐ 着陸寸前の巨大旅客機A380 (さくらの山公園/千葉県 成田市)

3連休皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。今日は東京地方ではお盆のお墓参りでして、せっかくの3連休ですが中日がつぶれますので、近場の日帰り旅(遠征)のスケジュールを組みました。千葉と言っても往復400㎞は走る感じです。この日は朝の3時に起きて千葉方面に向かいました。あれこれ計画を組んではいますが、お天気相手の商売ということもあり、東京アクアラインでの日の出は東の空の雲も厚くていきなり撮影に至らずで出足をくじかれました。さらに猛暑にさらされ、思考回路もさっぱりで勘も働かないそんな18時間でした。それでは夏の千葉編はこちらの1枚から始めたいと思います。

絶景探しの旅 - 0647 空気が揺らぐ 着陸寸前の巨大旅客機A380 (さくらの山公園/千葉県 成田市)

空気が揺らぐ 着陸寸前の巨大旅客機A380 (さくらの山公園/千葉県 成田市)   Photo No.0647

大阪国際空港(伊丹空港)の千里川土手まで遠征(仕事帰り)まで遠征した私としては、onorinbeckさんもよく撮影に行かれている成田空港の飛行機撮影のメッカ「さくらの山公園」にどうしても行きたいと思っていました。こちらも千里川土手と同じで、次にどんな機種の飛行機が飛んで来るのか都度教えてくれるんですよね。駐車場も立派だし、空の駅(道の駅?!)を通り抜ければそこは老若男を問わず、多くの人々でにぎわう人気の撮影スポットでした。

フェンス際の空いている場所にすかさず入り込んで航空機を狙うのですが、本数が多いので、すぐにゲップが出るくらい楽しめました。あれこれ2時間程撮って、次の場所に向かうために車に戻り荷物をかたずけていると、タイ航空の総2階建ての巨大旅客機エアバスA380が利根川を越えて旋回、あと3分程でさくら山公園の上を通るとの案内が耳に入りました。いちばん撮りたいと思っていた機種のひとつでしたので、すかさず準備をし直して、元いたフェンス際の撮影場所まで、猛暑の中をダッシュして 戻って撮った1枚です。 ちなみにA380はアシアナ航空さんからのご招待で搭乗したことがあります。 (航空機のある風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f8 (-2/3) 1/640 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/15 07:30 ]   千葉 | TB(-) | コメント(4)

薄雲に覆われる横浜港と富士山の風景 (神奈川県沖上空)

羽田空港を飛び出した飛行機はすぐに横浜沖の上空に差し掛かりました。
雲の向こうから頭を出した富士山のある風景を眺めます。

絶景探しの旅 - 0646 薄雲に覆われる横浜港と富士山の風景(神奈川県沖上空)

薄雲に覆われる横浜港と富士山の風景 (神奈川県沖上空)   Photo No.0646

羽田空港から離陸です。横浜港の埋め立て地と富士山の見える景色がとても印象的です。それにしても、富士山の風景があればいつもついレンズを向けたくなってしまいます。  (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ 70-200mm F2.8G 70mm f8 1/1250 (-2/3) ISO800  (LA-EA3) 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/14 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(16)

トワイライト 多良岳と有明海 (熊本県 玉名市上空)

今回の熊本・阿蘇&大分・由布院の絶景探しの旅の写真もいよいよクライマックス。今回の特集のラストは熊本上空からの長崎と有明海の日没時の風景です。

絶景探しの旅 – 0645 トワイライト 多良岳と有明海(熊本県 玉名市)

トワイライト 多良岳と有明海 (熊本県 玉名市上空)   Photo No.0645

長崎って、佐賀のお隣のイメージがあるのですが、有明海をぐるっと取り巻くように南に延び、熊本の真向かいにあったのですね。そんなモヤっとしていた位置関係がよくわかりました。ということで熊本上空から見た有明海と長崎・多良岳の風景です。トワイライトタイムの多良岳シルエットもとても素晴らしく窓の外の景色にくぎ付けでした。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm f2.8 1/125 ISO800

* 熊本・阿蘇、大分・由布院からの特集はこちらまでとなります。お付き合いいただきましてありがとうございました。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/13 00:00 ]   熊本 | TB(-) | コメント(18)